とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月20日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦、戦評

3月20日、VS【福岡ソフトバンクホークス】戦、in『札幌ドーム』
●『3-5』・・・開幕戦、勝利でダッシュを狙うもの敗戦・・・。
13奪三振で完投した【ダルビッシュ 有】投手でしたが、勝利を挙げることは出来ませんでした・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

さあ、いよいよ待ちに待ったレギュラーシーズン開幕!
昨年は3連敗スタートでしたが、今シーズンは初戦から気持ち良く勝利をしていただきましょう!

3年目の【中田 翔】選手が開幕一軍入りと共に、開幕スタメンの席もゲット、7番レフトで先発出場です。
2番には指名打者で【二岡 智宏】選手が起用され、他のメンバーは昨年とほぼ同じスタメンです。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(指)【二岡 智宏】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(中)【糸井 嘉男】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(左)【中田 翔】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【ダルビッシュ 有】投手

===《試合経過》===

2010年レギュラーシーズン、いよいよ開幕!
先発投手の【ダルビッシュ 有】投手は初回、2奪三振を含む三者凡退でスタート!
ところが2回表、【小久保】選手、【多村】選手に連続単打を打たれてノーアウト1塁2塁とされると、新加入の【李】選手にきっちりと送りバントを決められて1アウト2塁3塁。
続く【長谷川】選手の打球はファーストゴロも、本塁封殺を焦った【高橋 信二】選手がその打球をファンブルして1失点『0-1』で、しかもオールセーフで1アウト1塁3塁。
さらに続く【松田】選手の打球はバウンドの高いショートゴロで、セカンドはアウトにできるも、ファーストはヘッドスライディングした【松田】選手の執念でセーフとなり、その間にサードランナーが返って1失点『0-2』・・・。
守備の乱れから、序盤に2失点です。

さらに3回表、1アウトから【川崎】選手が単打で出塁すると、すぐさま盗塁を決められて1アウト2塁。
続く【オーティズ】選手を三振に打ち取るも、【小久保】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-3』
やはり今シーズンのホークスは、足を絡めて攻撃してきます・・・。

3点を追うファイターズ打線は3回裏、2アウトから【金子 誠】選手が単打で出塁し、【田中 賢介】選手が四球を選んで出塁すると、今日2番指名打者で起用された【二岡 智宏】選手が期待に応えてレフト前へタイムリーヒット『1-3』
4回裏には1アウトから、【糸井 嘉男】選手が初球を叩いてライト前ヒットで出塁し、続く【小谷野 栄一】選手がツーベースヒットを放って1アウト2塁3塁。
続くスタメンレフトで起用された【中田 翔】選手が四球を選んで1アウト満塁とし、同点、逆転のチャンスを掴むも、【鶴岡 慎也】選手が空振りの三振、【金子 誠】選手はボテボテのピッチャーゴロで無得点・・・。
【ダルビッシュ 有】投手を援護する事が出来ません。

粘りたい【ダルビッシュ 有】投手ですが5回表、1アウトから再び【川崎】選手に単打を打たれると、またもや盗塁を許して1アウト2塁。
続く【オーティズ】選手は3打席連続の三振に切って取るも、続く【小久保】選手にこの日3安打目となるタイムリーツーベースヒットを打たれて『1-4』・・・。
また3点差へと放されてしまいました・・・。

何とか逆転を狙いたいファイターズ打線は6回裏、この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が四球を選んで出塁すると、【小谷野 栄一】選手が単打で出塁してノーアウト1塁2塁。
この場面で、【杉内】投手が打席の【中田 翔】選手の足元へ投じた球がワイルドピッチとなり、ランナーそれぞれ進塁でノーアウト2塁3塁。
打席の【中田 翔】、最後は詰まりながらも振り抜いた打球は、センター前へポトリと落ちる、2点タイムリーヒットで『3-4』
試合は中盤にきて、1点差へと縮みました。

6回以降の【ダルビッシュ 有】投手、6回・7回・8回はヒットを許さず、許したランナーは8回表、名手【金子 誠】選手のエラーでのランナーのみ。
しかもその間の9つのアウトのうち、三振が4個で、内野ゴロが3個に、内野フライ1個。
ところが9回表、1アウトから【松田】選手にスリーベースヒットを打たれると、犠牲フライで1失点『3-5』
最終回に来て再び2点差と広げられるも、打線の最終回の反撃に期待をかけます。

6回裏に1点差まで詰め寄ったファイターズ打線は、7回裏もこの回先頭打者の【二岡 智宏】選手がこの日猛打賞となる3安打目を放って出塁。
続く主将【稲葉 篤紀】選手が三振に倒れるも、1アウトランナー1塁で、打席には【高橋 信二】選手。
2回表の守備での挽回を!と思うも、内野ゴロ併殺打で無得点・・・。
8回裏にも【糸井 嘉男】選手、途中代走から守備についていた【村田 和哉】選手のヒットなどで1アウト1塁2塁とするも、後続が倒れて無得点・・・。
8回までホークスの『7安打』を上回る『11安打』を放つも追い付けないファイターズ打線。
結局9回裏、一番【田中 賢介】選手から始まる好打順も、三者凡退で終わって試合終了・・・。
2010年のレギュラーシーンズン開幕戦を、白星で発進する事は出来ませんでした・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【ダルビッシュ 有】投手、9イニング完投で、被安打7、失点5(自責点3)も、奪三振13と素晴らしかったのですが、ちょっと変化球の多さが目立ちましたね。
球数147球は、【ダルビッシュ 有】投手にしては多目。
ストレートで力強く・・・というよりは、スライダーでかわして・・・って感じのピッチングに、個人的に本来の姿を感じられませんでした。
調子が悪そうには見えなかったのですが・・・。
とは言えまだ開幕初戦、これからビシバシと勝利を重ねていただきましょう!

この試合で大きな節目となったであろう場面は2回表。
連打と送りバントで1アウト2塁3塁の場面、【長谷川】選手のファーストゴロを、ファースト【高橋 信二】選手が本塁封殺を焦ってファンブルし、結局1失点のオールセーフとなった場面でしょう。
さらに1アウト1塁3塁となったところで、【松田】選手のバウンドの高いショートゴロ、さらに【松田】選手のファーストへのヘッドスライディングで併殺が崩れて追加の1失点・・・。
あそこで冷静にキャッチしていれば、確実に本塁封殺が奪え、そのまま無失点で切り抜けられた場面だったと思われ、実にもったえない失点でした。

この日の打撃陣で調子が良かったのは、指名打者で起用された【二岡 智宏】選手と、【小谷野 栄一】選手ですかね。
【二岡 智宏】選手は常にひょうひょうとした表情で、この日は5打数3安打1打点!
やはり実力を持っている選手ですね、改めてそう感じさせていただきました。
足の状態から守備での起用はあまりないと思われますが、ファイターズ2年目の今シーズン、指名打者や代打での活躍を期待しています、頑張ってください。

【小谷野 栄一】選手はこの日4打数2安打で、チーム総安打数11本の中で、唯一の長距離であるツーベースヒットを放ちました。
そのツーベースヒットも、あと少し角度が上がっていればスタンドインと思われた打球。
やはりパワーを感じますね。
今シーズンもそんなパワーでの活躍を、そして今シーズンは本塁打の量産を期待しています、頑張って下さい。

3年目にして初の開幕スタメンをゲットした【中田 翔】選手、第1打席は左投手の投げる足元へのスライダーに三振を喫してしまいましたが、2打席目の選んだ四球はなかなかなもの。
手を出しそうな高目の釣り球を、よく見逃しての四球でした。
そして3打席目、四球と単打、さらに暴投でノーアウト2塁3塁の場面で、追い込まれながらもしぶとくセンター前へポトリと落ちる2点タイムリーヒット!
本来のパワーヒッティングとはいきませんでしたが、それでもしっかり振り抜いての打球で、これは評価が高いですね。
この打席のあと代走が送られて交代となりましたが、今シーズンの出だしは2打数1安打2打点の活躍。
今シーズンはこの調子で活躍し、ぜひともまだ権利の残っている『新人賞』を狙ってもらいたく思います。
そして魅力である本塁打を早く一軍で披露してくれますように、さらなる活躍を期待します。

それにしてもこの日は、全体的にちょっとチグハグな内容。
2回裏、【高橋 信二】選手が単打で出塁し、続く【糸井 嘉男】選手のセンターに抜けようかと思うゴロを、ショートの【川崎】選手に好捕されての2塁封殺。
そして1塁に残った【糸井 嘉男】選手ですが、【杉内】投手の巧妙な牽制球に誘い出されて結局牽制死・・・。

先述した【高橋 信二】選手のタイムリーエラーに、名手【金子 誠】選手にも失点とかには絡みませんでしたがエラーが記録され、鉄壁な内野陣が本来の姿を発揮できていませんでした。
テレビ中継を観ていた限りでは、選手の方々にそれほど緊張とかは見られなかったのですが・・・。

主将【稲葉 篤紀】選手、選手会長【田中 賢介】選手が共にこの日はノーヒット。
このふたりにヒットが生まれると、流れもガラっと変わってくるのでしょうが・・・。

どうあれ黒星スタートで開幕した2010年のレギュラーシーズン。
明日こそ勝利を目指して、頑張っていただきましょう!

===《最後に》===

この日はファームも開幕で、【北海道日本ハムファイターズ】は【千葉ロッテマリーンズ】と『ロッテ浦和球場』にて開幕戦。
試合は『4-7』で敗戦したものの、4番【鵜久森 淳志】選手が、第1打席に初球ホームランとの現地からの情報。
ただ先発した【八木 智哉】投手が、5イニングを被安打9、失点6(自責点6)の敗戦投手ですか・・・。
一軍4枚目の先発ローテーションの予定ですからね、ぜひとも頑張ってもらいたいものです。

一軍も二軍も黒星スタートの2010年レギュラーシーズン。
早く共に初勝利しますように・・・今シーズンもとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/707-4530cd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。