とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月20日VS【オリックスバファローズ】戦、戦評

9月20日VS【オリックスバファローズ】戦in『京セラドーム大阪』
●『2-7』・・・与四球11と締まりの無い試合で敗戦・・・。
優勝マジック『11』のまま、札幌に戻ります。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『京セラドーム大阪』にて、VS【オリックスバファローズ】戦。
スイープ目指して、今日も勝利を願います。

今日の先発投手は、エース【ダルビッシュ 有】投手VS、3年目右腕【小松】投手。
まだ本調子ではない【ダルビッシュ 有】投手ですが、今日は好投を期待しましょう。

スタメンマスクはいつもの【鶴岡 慎也】選手で、それ以外は特に変わり無し。
今日はスタメンライトに【稲葉 篤紀】選手が起用され、【ターメル スレッジ】選手が指名打者です。

また、【糸数 敬作】投手が先発ローテーションの関係で登録抹消され、代わって【江尻 慎太郎】投手が一軍登録されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(遊)【二岡 智宏】選手
9番(捕)【鶴岡 慎也】選手
先発投手【ダルビッシュ 有】投手

===《試合経過》===

昨シーズン15勝を挙げ、見事新人賞を取ったバファローズ【小松】投手も、今シーズンは1勝9敗と不甲斐ない成績・・・。
ところが今日は好投を見せ、2回には2三振を奪われてしまいました。

逆にファイターズ先発投手、エースの【ダルビッシュ 有】投手は、初回から不安定なピッチング。
初回は1アウトから連続四球で1アウト1塁2塁。
続く【ローズ】選手を打ち取るも、今度はワイルドピッチで進塁を許し、2アウト2塁3塁のピンチも、とりあえずは無失点に切り抜けます。

ところが2回裏、単打と犠打、連続四球などで2アウトながら満塁のピンチを招くと、【阿部】選手に押し出しの四球を与えて『0-1』
3回裏にも1アウトから四球を与え、後続を併殺打に打ち取るも、3イニングまでに早くも与四球6の乱調です。

そんな制球に苦しむエース【ダルビッシュ 有】投手を援護したい打線は4回表、この回先頭打者の4番【高橋 信二】選手がツーベースヒットで出塁すると、続く【ターメル スレッジ】選手の外野フライでタッチアップして1アウト3塁。
その場面で続く【小谷野 栄一】選手がタイムリーヒットを放って『1-1』の同点にと、試合を振り出しに戻しました。

ところが依然不安定なピッチングのエース【ダルビッシュ 有】投手はその裏の4回裏、この回先頭打者の【下山】選手に、今日7個目となる四球を与えて出塁を許すと、犠打と内野後の間に進塁を許して2アウト3塁とされると、好調【坂口】選手にタイムリーヒットを打たれて『1-2』
再び試合をリードされてしまいました。

結局先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、5回終了後に早々に降板。
今シーズン最も早く降板し、5イニングを被安打2ながら、与四球7で失点2(自責点2)の成績。
中盤以降のマウンドはブルペンに託し、打線の逆転を願います。

何とか逆転をしたいファイターズ打線は7回表、ここまで被安打6、1失点(自責点1)と好投してきた【小松】投手に代わってこの回から登板の2番手【加藤】投手から、この回先頭打者の【小谷野 栄一】選手が単打で出塁をすると、続く【糸井 嘉男】選手の犠打で1アウト2塁。
続く【二岡 智宏】選手が内野フライに倒れるも、続く【鶴岡 慎也】選手に代わって代打で起用された【稲田 直人】選手がライトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放って『2-2』の同点。
バファローズのマウンドは3番手【清水】投手、4番手【ボーグルソン】投手と投手をつぎ込むも、連続四球で2アウト満塁のさらなるチャンス。
打席には頼れる主将【稲葉 篤紀】選手も、外角ギリギリの球を見逃して、判定はストライクの見逃し三振・・・。
それでもこの回同点に追い付き、【ダルビッシュ 有】投手の負け投手は無くなるのと同時に、チームの勢いを取り戻しました。

ところが8回裏。
ファイターズのマウンドは【ダルビッシュ 有】投手⇒【江尻 慎太郎】投手⇒【林 昌範】投手ときて、この回から【宮西 尚生】投手。
単打と犠打などで2アウト2塁とされたところで、【下山】選手との勝負を避け、敬遠の四球で2アウト1塁2塁としたところで、打席には右打者【山崎浩】選手。
ここで【菊地 和正】投手投入かと思いきやそのまま左腕【宮西 尚生】投手で、なんと勝ち越しのスリーランホームランを被弾『2-5』・・・。
2アウトランナー無しとなったところで、今度はマウンドに【谷元 圭介】投手が投入されるも、連続四球に2点タイムリーツーベースヒットを打たれて『2-7』・・・。
終盤に来て一挙に5点を奪われ、試合はすっかり敗戦ムードが漂います・・・。

9回表、ファイターズの攻撃。
バファローズのマウンドには、今月から守護神にとなった【金子】投手が登板。
ここまで先発で11勝を挙げている【金子】投手の前に、三者凡退で試合終了・・・。

与四球7も被安打2、失点2(自責点2)で抑えた【ダルビッシュ 有】投手の意地も叶わず、敗戦して優勝マジックは変わらず『11』
自軍合与四球11って・・・締まらない試合でした・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、どうやら腰に張りがあったようですね。
与四球7は自己ワースト。
5イニングで降板は、2007年7月13日以来で、奪三振1は2007年7月26日以来との事。
それでも被安打2、失点2(自責点2)に抑えたのはたいしたもの。
次回の登板回避は無いようですので、次回こそいつもの好投を期待しましょう。
今後も活躍を期待します。

この日登録され、2番手で登板した【江尻 慎太郎】投手は、素晴らしい投球でした。
1イニングを3人、球数11球でおさえる好投を見せ、今後の活躍が期待できますね。
頑張って下さい。

4番手【宮西 尚生】投手。
簡単に2アウトまで取ったのですが・・・。
【下山】選手との勝負を避け、2アウト1塁2塁で打席には右打者【山崎浩】選手のところで、私は【菊地 和正】投手を予想していました。
それにしても【山崎浩】選手に被本塁打は予想外でしたね・・・。
頼れる中継ぎ左腕ですので、今後の活躍を期待します。

打線は8安打を放つも、2得点・・・。
やはり悔やまれるのは7回表、2アウト満塁からの【稲葉 篤紀】選手の見逃し三振の場面でしょう。
あそこで1本出ていれば、おそらく試合の流れは大きく変わっていたはず。
まあしょうがないお話しですが、今後の活躍を期待しましょう。

その7回表、代打で起用された【稲田 直人】選手は、素晴らしいお仕事をしてくれました。
本人のコメントで、>「久しぶりに野球が出来て嬉しかったです」
このところ守備固めでの出場が多かったですからね。
打撃センスもある選手ですので、今後はそんな場面でのさらなる活躍を期待します。

===《最後に》===

さて、これでこのカード2勝1敗も、2カード続けて勝ち越し。
今日からは移動日無しで本拠地『札幌ドーム』に移動しての、VS【埼玉西武ライオンズ】戦、3連戦です。

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、5年目エース【涌井】投手。
移動日無しでのデーゲームですか・・・大変でしょうが好投を、そして打破を期待しましょう。

優勝めざして、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/629-b920baeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。