とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月17日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

9月17日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『札幌ドーム』
○『5-4』・・・今日も二桁安打と打線は上向きも、今日もピリッとしない投手陣・・・。
それでも相手チームの拙攻にも助けられてのギリギリ勝利で、優勝マジックを『16』⇒『14』へと減らしました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『札幌ドーム』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
このカード1勝1敗なので、今日勝利して勝ち越しをしてもらいましょう。

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、ドラ1ルーキー左腕【藤原】投手の左腕対決。
スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手で、それ以外は昨日と同じオーダーです。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの【藤井 秀悟】投手は初回、先頭打者【中村真】選手に散々粘られつつも内野ゴロに打ち取るも、そこから連続安打を許して1アウト1塁2塁。
それでも後続を打ち取る無失点の立ち上がりではあるものの、いまいち安定感が見られません。

このカード勝ち越しを目指すファイターズ打線は初回、先頭打者【田中 賢介】選手が単打で出塁するとすぐさまに今シーズン30個目の盗塁を決め、ノーアウト2塁。
続く【森本 稀哲】選手が四球を選んで出塁すると、【稲葉 篤紀】選手のタイムリーツーベースヒットで先制点『1-0』
なおもノーアウト2塁3塁ながら、【高橋 信二】選手はピッチャーライナー、【ターメル スレッジ】選手は見逃しの三振で2アウト2塁3塁。
万事休すかと思いきや、続く【小谷野 栄一】選手が敬遠の四球で歩いて2アウト満塁の場面で、【糸井 嘉男】選手の打球は当てただけが幸いしてタイムリー内野安打『2-0』
初回に2点を先制し、試合の主導権を握ります。

ところが2回表。
この回先頭打者、左投手対策で先発起用された【中島】選手に、今シーズン初、通算でも6号となるソロホームランを被弾して『2-1』・・・。
いきなり伏兵に、まさかの本塁打を浴びてしまいました。

それでもその裏のファイターズ。
この回先頭打者の【金子 誠】選手が単打で出塁すると、続く【田中 賢介】選手が倒れれるも、昨日から好調を維持している【森本 稀哲】選手が単打で出塁して1アウト1塁2塁。
続く【稲葉 篤紀】選手の外野フライで【金子 誠】選手がタッチアップして2アウト1塁3塁とすると、4番【高橋 信二】選手がしぶとくタイムリーヒットを放って『3-1』
1点取られたすぐ裏に、すぐさま1点を返しました。

ところがところが3回表、単打とふたつの四球でノーアウト満塁のピンチを迎えると、内野ゴロの間に失点をして『3-2』
なおも1アウト2塁3塁の場面、【中島】選手の三遊間のゴロを、ショート【金子 誠】選手がグラブに当てつつもレフト前へそらし(記録は【金子 誠】選手のエラー)、その間に失点をして『3-3』
なおも1アウト1塁3塁の場面で、【宮出】選手に四球を与えて1アウト満塁のさらなるピンチを迎えるも、後続を打ち取ってこの回終了。
それでもこの回2失点で、試合を振り出しに戻されてしまいました・・・。

4回表にも1アウトから【渡辺】選手に単打を打たれ、続く【鉄平】選手は打ち取って2アウトを取るも、続く【山崎】選手のところで早々に【藤井 秀悟】投手降板。
マウンドには【菊地 和正】投手がロングリリーフで送られると、簡単に【山崎】選手を打ち取って無失点。
早めの継投で、首脳陣の勝利への執着がうかがえます。

その首脳陣の期待に応えるよう2番手【菊地 和正】投手は6回までを無失点に抑え、何となく試合が引き締まりを見せる中、6回裏のファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【金子 誠】選手が今日猛打賞となる単打で出塁すると、代走に【飯山 裕志】選手が送られ、続く【田中 賢介】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁。
そこで好調【森本 稀哲】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『4-3』と勝ち越しに成功し、リードは1点ながら勝利を手繰り寄せました。

これで勝利投手の権利を得た2番手【菊地 和正】投手、7回表も続投と疑わなかったところ、なんとマウンドには3番手【建山 義紀】投手・・・。
何度も書かせてもらっているように、申し訳無いけど私の中で信頼度の低い【建山 義紀】投手。
この回先頭打者、もっか首位打者の【鉄平】選手を内野フライに打ち取り、今日は大丈夫かな?と思うや否や、連続安打を許して1アウト1塁2塁。
続く代打【セギノール】選手を三振に仕留めて2アウトとするも、【宮出】選手に内野安打を打たれて2アウト満塁。
続く【草野】選手にはいきなり3ボールで、そこから2ストライク3ボールまでするも散々粘られ、それでも見逃せばボールの球もファールにしてくれているのでそのまま凡退を願うも、結局は見切られて押し出し四球で『4-4』
続く代打【リンデン】選手は三振に打ち取ってそれ以上の失点はありませんでしたが、再び試合を振り出しに戻された挙句、【菊地 和正】投手の勝利投手の権利も消滅・・・。
この回終了後、一挙に敗戦ムードが漂います・・・。

するとその裏のファイターズの攻撃。
ゴールデンイーグルスのマウンドには、相性の良くない左腕【佐竹】投手が送られ、この回先頭打者の【ターメル スレッジ】選手はファールフライに倒れて1アウト・・・。
やれやれ・・・と思っていると、続く【小谷野 栄一】選手がレフトスタンドに値千金の10号ソロホームランを叩き込んで『5-4』
いろんな意味で大きなホームランにより、再び勝ち越し点を奪いました!

1点リードで迎えた終盤。
8回表のマウンドには4番手【宮西 尚生】投手が送られ、期待通り三者凡退。
『5-4』のまま9回表、マウンドには定石通り守護神【武田 久】投手。
この回先頭打者の【山崎】選手を見逃しの三振に仕留め、このまま簡単に試合終了へ・・・と思うも、続く【高須】選手に単打を打たれて1アウト1塁。
1塁代走に俊足【内村】選手が送られると、盗塁を決められて1アウト2塁。
打席は代打から守備で出場している【セギノール】選手。
その【セギノール】選手がは、センター前ヒット。
ところが2塁ランナー俊足【内村】選手、打球の勢いでセンターライナー&併殺を恐れ、確実な判断ミスでスタートが遅れ、結局3塁ストップの1アウト1塁3塁。
1塁ランナーには【牧田】選手が代走で起用されてまだまだピンチの場面、打席には代打【憲史】選手。
好打者【憲史】選手に、犠牲フライ、同点を覚悟するも、セカンドゴロ併殺打で試合終了!

いやはや、最後の最後までハラハラさせられた今日の試合。
それでも何とか勝利し、2位【福岡ソフトバンクホークス】が延長戦でサヨナラ負けを喫したので、優勝マジックはふたつ減って『14』

兎にも角にも投手陣・・・。
勝ったからよいけれど、残り試合19試合、踏ん張ってもらいたいと思います。

===《戦評》===

この日の先発投手【藤井 秀悟】投手、3回3分の2イニングを、被安打6、失点3(自責点3)も、内容が悪すぎました。
エラーが絡んだとは言え、1イニングに与四球3はいただけませんな。
前回の登板時、なぜ続投をさせない?とか思いましたが、この日は早々の交代で大正解。
前回・前々回の降板を見ても、首脳陣の信頼度は低いのですね、おそらく。
次回の登板時は、もっと安心感のある投球を望みます。

2番手【菊地 和正】投手は、以前の投球に戻りつつありますね。
インフルエンザ後、いまいち安定感を感じなかったのですが、この日は安心して観ていられました。
これでホールドポイントは『24』となり、リーグ単独3位に浮上!
今後も安定感のある活躍を期待します。

そして3番手【建山 義紀】投手・・・。
私は7回までは【菊地 和正】投手に続投させ、8回から【建山 義紀】投手、もしくは【宮西 尚生】投手と予想をしておりました。
どうあれ被安打3で満塁とし、押し出しの四球で失点1(自責点1)ですか・・・。
本当に安心感が感じられない・・・。
結局【菊地 和正】投手の勝利投手の権利も消滅させてしまい・・・期待はしたいのですが、どうしても出来ない・・・。
申し訳無いけど、ファームでの調整を希望します。
そしてもっともっと終盤とか、クライマックスシリーズとかに万全で一軍登録を。
観ていて安心できる投球を期待します・・・。

守護神【武田 久】投手も、ちょっとハラハラでしたね。
助けられたのは、俊足【内村】選手の打球判断ミス。
【セギノール】選手の打球と共に走塁をしていれば、確実に同点の場面でした。
これはもう、【内村】選手のファインプレーです!?
どうあれこれで『32』セーブ目。
このままトップを快走し、セーブ王を獲得してもらいたいものです。
このままの活躍を期待します。

打線では、値千金の【小谷野 栄一】選手が当然ヒーローですが、それと共に【森本 稀哲】選手が好調です。
この日は3打数2安打1打点で、四球出塁と犠打も記録しています。
実はその犠打のシーン、私はヒットエンドランを期待していました。
4回裏、ノーアウト1塁2塁の場面からの犠打。
結局その回は【森本 稀哲】選手の犠打で1アウト2塁3塁とするも無得点に終わり、ちょっと流れを引き寄せかけたところを再び持って行かれた感がありました。
次の打席では、タイムリーツーベースヒットを放っている【森本 稀哲】選手。
ここへ来て再び1番打者、核弾頭に起用するのはいかがでしょうか?
どうあれ優勝へ向けてのキーマンとなる事を期待します。

【金子 誠】選手、この日は3打数3安打の猛打賞!
私はこの日は【金子 誠】選手はベンチスタートで、【二岡 智宏】選手がスタメンショートと予想をしていたのですが・・・飛び石活躍ですか・・・?
どうあれこれで再び打率を3割に戻しました。
このままの勢いで、再び打率を上げてもらいたいものですね。
活躍を期待します。

なんだかやっと自力で優勝マジックを減らした感じがします・・・。
これで優勝マジック『14』
2位【福岡ソフトバンクホークス】とのゲーム差も『3.5』とし、これでちょっと安心ですね。
このままの勢いで、ドンドン優勝マジックを減らしていただきましょう!

===《最後に》===

さて、今日は移動日無しで大阪へ移動し、『京セラドーム』にてVS【オリックスバファローズ】との3連戦。
なんだかつらそうですが、頑張っていただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、4年目右腕【岸田】投手。
8月4日以来白星から遠ざかっている【八木 智哉】投手、好投はしているのですが、どうしても勝敗の付かないゲームが多いですね・・・。
今日も好投を、そして上向きの打線の援護に期待して、ぜひとも勝利投手となっていただきましょう。

対する【岸田】投手とは今シーズン2試合対戦があり、1勝されています。
それでも対戦防御率は『3.38』ですので、苦手意識はありませんね。
ぜひとも打破していただきましょう!

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手の予想で、それ以外は変わらない予想。
個人的な理想としては、1番に【森本 稀哲】選手で、2番に【田中 賢介】選手を起用してもらいたいですね。
それから、得点圏打率が高い【高橋 信二】選手ではありますが、たまには【小谷野 栄一】選手を4番に起用してもらいたいな・・・とかも思います。

オリックスバファローズ】との対戦成績は、今シーズンここまで12勝5敗。
得意としている球団ですので、このカードも勝ち越し狙って頑張っていただきましょう!
そして優勝マジックをドンドン減らしてもらいたいと思います。

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/626-6daa9103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。