とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

9月10日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『西武ドーム』
●『4-5』・・・今シーズン初先発の【吉川 光夫】投手が好投するも、中継ぎが崩れてスイープ、さらに4連敗・・・。
またもや【T】投手に、さすがの私も怒り気味です・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『西武ドーム』にてVS【埼玉西武ライオンズ】戦。
今シーズン、今日が『西武ドーム』での最終戦です。

今日の先発投手は【吉川 光夫】投手VS、ベテラン右腕【西口】投手。
今シーズン初昇格&初先発投手の3年目右腕【吉川 光夫】投手、課題はコントロールですがどうでしょう?
ぜひとも好投で、連敗ストッパーとなっていただきましょう。

【吉川 光夫】投手の昇格で、昨日敗戦投手となった【多田野 数人】投手、このところあまり調子の良くなかった【江尻 慎太郎】投手が登録抹消。
ファームから【谷元 圭介】投手も昇格してきました。
【江尻 慎太郎】投手・・・もっと調子のよろしくない中継ぎ右腕がいると思うのですが・・・。

スタメンマスクは予想通り【鶴岡 慎也】選手。
体調不良で昨日の試合ベンチスタートだった【稲葉 篤紀】選手が指名打者で先発出場し、スタメンライトには【森本 稀哲】選手が起用されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(右)【森本 稀哲】選手
3番(指)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【吉川 光夫】投手

===《試合経過》===

今シーズン初先発となる【吉川 光夫】投手、初回から140km台中盤のストレートが走ります。
全体的に球が高目ながら、コントロールには問題なし。
1回裏、【栗山】選手に粘られた末に四球を与えてしまいましたが、最終的に与えた四球はこのひとつだけ。
今日から一軍復帰のライオンズ主砲【中村】選手の第1打席はライトフライに抑え、初回は2奪三振を奪う無失点の上々の立ち上がり。
球が高いだけにそれを修正しないと長距離を誇るライオンズ打線は怖いですが、どうあれ丁寧なピッチングが感じられる立ち上がりです。

そんな【吉川 光夫】投手を援護したいファイターズ打線は2回表、この回先頭打者の【ターメル スレッジ】選手が四球を選んで出塁し、【小谷野 栄一】選手は凡退するも、今日7番で起用されている【糸井 嘉男】選手が内野安打で出塁して1アウト1塁2塁。
続く【鶴岡 慎也】選手がストレートの四球で歩いて1アウト満塁の先制のチャンスを得るも、【金子 誠】選手が空振りの三振、【田中 賢介】選手が内野ゴロに倒れて無得点・・・。
3回表も1アウトから、今日2本目のツーベースヒットで【稲葉 篤紀】選手が出塁するも、後続が倒れて無得点・・・と、ライオンズ先発投手【西口】選手を攻め立てるも、あと1本が出ません・・・。

一方3回までノーヒットで抑えていた【吉川 光夫】投手ですが4回裏、この回先頭打者の【栗山】選手に初安打を許し、続く【中島】選手を空振りの三振に打ち取るも、主砲【中村】選手にツーランホームランを被弾『0-2』・・・。
久しぶりの一軍復帰の【中村】選手に一発を浴びて2失点も、その後は落ち着いて追加点を与えない好投を見せてくれました。

そんな好投を見せる【吉川 光夫】投手を援護したいファイターズ打線は5回表、この回先頭打者の【田中 賢介】選手が俊足を見せて内野安打で出塁すると、続く【森本 稀哲】選手がセーフティーバント。
結果的にそれはアウトになるも、送りバント成功の形となり、1アウト2塁。
さらに続く【稲葉 篤紀】選手が、今日猛打賞となる単打で出塁して1アウト1塁3塁とすると、4番【高橋 信二】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『1-2』
なおも1アウト2塁3塁の場面で、【ターメル スレッジ】選手がレフトに犠牲フライを打ち上げて『2-2』の同点・・・と、点を取られたすぐ次の回に、試合を振り出しに戻しました。

さらに7回表、1アウトから【森本 稀哲】選手が単打、【稲葉 篤紀】選手が今日4本目となる単打で出塁して1アウト1塁3塁とすると、【高橋 信二】選手の打席でライオンズ2番手【木村】投手が、四球と共にワイルドピッチ。
3塁から【森本 稀哲】選手が生還して『3-2』
さらに1塁ランナー【稲葉 篤紀】選手も一挙に3塁まで進塁して、1アウト1塁3塁。
その場面でまたもや【ターメル スレッジ】選手がレフトに犠牲フライを打ち上げて『4-2』・・・と、終盤に来て逆転しました。

ファイターズ先発投手【吉川 光夫】投手は7回裏も続投かと思いきや、マウンドには2番手【菊地 和正】投手。
結局【吉川 光夫】投手は6イニングで勝利投手の権利を持って降板し、被安打3、失点2(自責点2)の好投でマウンドをブルペンに託し、ベンチで今シーズン初勝利をほぼ確信しつつ戦況を見つめます。

7回裏、ライオンズの攻撃。
マウンドの【菊地 和正】投手、簡単に1アウトを取るも、続く【G.G.佐藤】選手に単打を打たれて1アウト1塁。
続く【三浦】選手の打席で左の好打者【石井義】選手が代打で告げられると、ファイターズのマウンドは3番手【宮西 尚生】投手に交替。
普段は温存する中継ぎ陣も、なぜか今日はあっさりと見切りをつける継投に疑問を感じつつ、その【宮西 尚生】投手は粘られた末に四球を与えて1アウト1塁2塁。
ライオンズは代打攻勢で、続く【細川】選手の打席で【佐藤】選手が代打で告げられると、ファイターズのマウンドも4番手【建山 義紀】投手に交代。
【宮西 尚生】投手は四球を与えたものの、コントロールは低めに集まっていたのに・・・と思いつつ疑問の投手交代に、私の中で敗戦のにおいを感じると、案の定単打を打たれて1アウト満塁。
さらに続く【赤田】選手に犠牲フライを打たれて『4-3』・・・と疑問の継投で、点差を縮められてしまいました・・・。

さらに8回裏、ファイターズのマウンドには、まさかの【建山 義紀】投手続投・・・。
さらに敗戦のにおいを感じると、【栗山】選手を空振りの三振に。
簡単に1アウトを取り、これはいけるかな?と思うや否や、【中島】選手、【中村】選手に連続安打を許して1アウト1塁3塁。
1塁ランナーには【中村】選手に代わって俊足【大崎】選手が代走で送られると、その作戦が大成功され、続く【後藤】選手に逆転となる2点タイムリーツーベースヒットを打たれて『4-5』・・・。
そこでファイターズマウンドには今日一軍昇格した【谷元 圭介】投手が送られて無失点に抑えるも、時すでに遅し・・・。
好投した【吉川 光夫】投手の勝利投手は消滅し、4連敗の足音が聞こえ出しました・・・。

9回表、ファイターズの攻撃。
ライオンズのマウンドには、今シーズン初対戦となる左腕【松永】投手。
打順は1番【田中 賢介】選手からも、簡単に2アウトを取られ、打席には今日ここまで4打数4安打の【稲葉 篤紀】選手。
土壇場の同点ホームランを期待するも、最後は手の出ない素晴らしい球が決まり、見逃し三振で試合終了・・・。

せっかくの【吉川 光夫】投手の好投も、結局逆転負けで4連敗・・・。
普段は温存する投手交代も、今日は早々に見切りをつける疑問の残る継投策・・・。
そして今日も【建山 義紀】投手が踏ん張れず、【後藤】選手に打たれた逆転2点タイムリーヒットは、ライト【紺田 敏正】選手とセンター【糸井 嘉男】選手のお見合いの結果とは言え、そこまでピンチを広げた段階に問題がある訳で・・・。

どうあれ2位【福岡ソフトバンクホークス】も仲良く敗戦してくれたおかげで優勝マジック消滅は避けられ、とりあえずひとつ減らして『21』
とは言え、やはり1998年の悪夢が、私の脳裏を横切ります・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【吉川 光夫】投手、好投でした。
課題であるコントロールは、この日は問題なし。
立ち上がりは若干球が高めに浮いていたように見えましたが、途中からは修正できていましたね。
6イニングを被安打3、失点2(自責点2)は、先発投手としては文句無く合格点。
この調子でシーズン終盤、活躍を期待します。

それにしてもこの日の7回裏の投手交代は、ちょっと疑問符だったですね~・・・。
2番手【菊地 和正】投手にしろ、3番手【宮西 尚生】投手にしろ、もうちょっと投げさせれば良いのに・・・。
特に3番手【宮西 尚生】投手、四球を与えて>「はい、交代」は、ちょっとねぇ~。
四球を与えつつも、低めにコントロールされていた印象はあったのですが・・・。

それ以前に思ったのは、【吉川 光夫】投手の降板。
これは試合終了後の【梨田】監督のコメントで、>「7回表の攻撃が長かったので」との事ですが、6イニング92球。
微妙な変え時ではありますが、投げさせてから途中で交代も考えられただろうに・・・。

4番手【建山 義紀】投手・・・。
いつも書かせて頂いているように、申し訳無いけど私の中では信頼度の低い投手。
この日も投手交代で、正直私の中で諦めモードが出てしまいました・・・。
7回裏に交代した内容を見て、8回裏の続投はやめて欲しかったですね。
これならね、ファーム調整を言い渡された【江尻 慎太郎】投手のほうが、まだ私の中で信頼度が高いです。

【建山 義紀】投手のファンの方、本当にゴメンナサイ。
こんな事を書きつつも好投を期待しているつもりなのですが、ことごとく裏切られてしまうので・・・。
先日お子様が生まれてから、2戦2敗・・・。
ご家族のためにも、もっともっと活躍する事を期待します。
信頼度の上がるピッチング、好投を期待しますので頑張って下さい。

打線では、体調不良で指名打者出場の【稲葉 篤紀】選手が5打数4安打と大活躍でした。
この日は打点は付きませんでしたが、今シーズン初となる1試合4安打で、シーズン終盤での活躍が期待出来ます。
打率も再び『.312』まで上昇。
このままの勢いで、今後も活躍を期待します。

きっちりとふたつの犠牲フライを打ち上げた【ターメル スレッジ】選手、やはりこのことろ球が見えているようですね。
本音を言えばタイムリーヒットが欲しい場面ではありつつも、最低限の仕事はきっちりと出来ています。
このところすっかり頼れる存在に、今後もさらなる活躍を期待します。

【金子 誠】選手、ちょっと当たりが止まっていますね・・・。
この日も4打数無安打でここ4試合ヒットが無く、打率もついに『.298』と3割を切ってしまいました・・・。
ここ4試合は、13打数無安打1打点で三振4・・・。
ちょっとお疲れモードでしょうか?
ここはひとつお休みでリフレッシュして、ちょっとショートを【二岡 智宏】選手に任せても良いのでは?と思います・・・。

===《最後に》===

さて、今日からは本拠地『札幌ドーム』に戻っての、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦3連戦。
ここまで16勝4敗と大きく勝ち越しているマリーンズですので、今日からの3連戦で再び勢いをつけてもらいましょう!

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、ベテラン右腕【清水】投手。
スタメンマスクはいつもの【大野 奨太】選手の予想で、今日も【稲葉 篤紀】選手は指名打者の予想。
スタメンレフトは【ターメル スレッジ】選手、スタメンライトは【森本 稀哲】選手で、理想としてはスタメンショートは前述したように【二岡 智宏】選手。
となると、打順は9番に【糸井 嘉男】選手ですな・・・。

どうあれ連敗脱出をしていただきましょう!
そして優勝マジックも、確実に減らしてもらいたいと思います。
【ダルビッシュ 有】投手は、13日のVSマリーンズ戦で復帰との事。
エースの復帰で再び連勝街道を突き進み、気持ち良くリーグ優勝を決めてもらいたいと思います。

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

打ち勝っている時は目立たなかった梨田監督の謎采配ですが、競った試合では致命的ですね…。僕は昨日、8回頭から最近好調の林を使ってほしかったし、宮西の時に前倒しで建山を投入するくらいなら、1,3塁になった時、武田久でいいじゃない!と思いました。打線の方もですが、調子のいい悪いを見極めて、柔軟な選手起用をしてほしいですよね。

  • 2009/09/11(金) 11:57:57 |
  • URL |
  • リカルド #3e17pcOc
  • [ 編集]

1、3塁の場面、私も【武田 久】投手を希望していました。
兎にも角にも【宮西 尚生】投手の交代タイミング。
2ボールからの交代って、投手の起用に対する不信感を抱くと思うのですが、信頼されていないって・・・。

どうあれ今日は頑張ってもらいたいもですね。

  • 2009/09/11(金) 17:39:51 |
  • URL |
  • みなつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/620-a2635448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。