とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25日VS【オリックスバファローズ】戦、戦評

8月25日VS【オリックスバファローズ】戦in『京セラドーム大阪』
●『10-11×』・・・序盤劣勢から9回表に逆転するも、結局延長戦にもつれ込んだ末にサヨナラ負け・・・。
打線が粘りを見せるも投手陣が崩れ、今シーズンワーストの6連敗です。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日からVS【オリックスバファローズ】との3連戦。
初戦の今日は『京セラドーム』での試合です。

今日の先発投手は、3年目右腕【植村 祐介】投手VS、ベテラン左腕【山本】投手。
プロ入り初先発投手となる【植村 祐介】投手は、一軍登録されて即先発。
ぜひとも好投を期待しましょう。
スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手で、指名打者には【ターメル スレッジ】選手。
【村田 和哉】選手がスタメンレフトでの起用です。

また、【飯山 裕志】選手がインフルエンザの疑いで抹消され、一軍帯同していた【今浪 隆博】選手が一軍登録。
【真喜志】内野守備コーチも、インフルエンザの疑いです・・・。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【村田 和哉】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【植村 祐介】投手

===《試合経過》===

ここまでシーズンワーストタイの5連敗中のファイターズ。
負けられない今日の試合、初回に【田中 賢介】選手が単打で出塁するも、併殺打に倒れて無得点・・・。
どうもまだ歯車が上手く回りません。

今日がプロ入り初先発投手となる3年目右腕【植村 祐介】投手の立ち上がり、初回にいきなり先頭打者【坂口】選手に単打を許し、送りバントも決められるものの、後続を打ち取って無失点の上々の立ち上がり。
ところが2回裏、この回先頭打者の【大村】選手に単打を許すと、内野ゴロの間に進塁されて1アウト2塁。
続く【岡田】選手に四球を与え、さらに最後の球がワイルドピッチとなり、1アウト1塁3塁。
さらに続く【鈴木】選手の打席でまたもやワイルドピッチで3塁ランナーが生還し『0-1』
その【鈴木】選手には、今日早くもふたつ目の四球を与えて1アウト1塁2塁とすると、続く【小瀬】選手に内野安打を打たれて1アウト満塁。
その場面で【坂口】選手にきっちりと犠牲フライを打たれて『0-2』・・・と、余計な四球とワイルドピッチが原因で、序盤から失点です。

さらに3回裏にも、単打とタイムリーツーベースヒットで『0-3』
ファイターズも4回表に【高橋 信二】選手のタイムリーヒットで『1-3』と1点返すも4回裏、四球で出塁を許したランナーを1塁に置いて、【坂口】選手にツーランホームランを被弾『1-5』・・・。
許した四球がことごとく得点に絡み、4回、1アウトも取れずに【植村 祐介】投手は降板。
多くの反省点を残して、次回の登板に望みをかけます。

6回裏にも単打と犠打、そしてタイムリーヒットを打たれて『1-6』と5点のリードを許したファイターズ。
試合中盤にして、早くも敗戦色濃厚です・・・。

ところがここから巻き返すファイターズ。
7回表、2アウトから【小谷野 栄一】選手、【糸井 嘉男】選手が連続安打で出塁すると、代打【二岡 智宏】選手がタイムリーヒットを放って『2-6』
さらに8回表、この回先頭打者の【田中 賢介】選手が、今日猛打賞となる単打で出塁し、代打【中田 翔】選手が倒れるも2塁に進塁し、【稲葉 篤紀】選手の内野安打で1アウト1塁3塁。
そこで再び【高橋 信二】選手がタイムリーヒットを放って『3-6』・・・と、ジワリジワリと追い上げます。

すると9回表、この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手がツーベースヒットで出塁すると、代打【坪井 智哉】選手がタイムリーヒットを放って『4-6』
さらに、続く【金子 誠】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『5-6』と1点差にすると、【田中 賢介】選手が送りバントでチャンスを広げ、代打【稲田 直人】選手が値千金の同点タイムリーヒットを放って『6-6』
さらに【稲葉 篤紀】選手がヒットで出塁すると、またまた【高橋 信二】選手が2点タイムリーツーベースヒットを放って『8-6』・・・と、土壇場にきて逆転成功です!

2点リードで迎えた9回裏、マウンドには定石通り守護神【武田 久】投手登板!
ところが、この回先頭打者の【坂口】選手、続く【阿部】選手に連続安打を打たれてノーアウト1塁2塁とされると、代打【北川】選手をショートゴロでセカンドアウトにするも、【金子 誠】選手が悪送球で3塁ランナー生還『8-7』
なおも1アウト1塁の場面で【ローズ】選手に四球を与え、続く【大村】選手のライトフライで2アウト1塁3塁とされたところで、【大引】選手に同点タイムリーヒットを打たれて『8-8』・・・。
守護神投入も守備の乱れもあり、延長戦に突入となりました。

10回表のファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が死球で出塁すると、代打から守備についていた【坪井 智哉】選手が送りバントで1アウト2塁。
続く【金子 誠】選手が凡退し、【田中 賢介】選手が敬遠で歩かされて2アウト1塁2塁となると、やはり代打から守備についていた【稲田 直人】選手が勝ち越しとなる2点タイムリーヒットを放って『10-8』・・・と、延長戦で再び2点のリードとなりました。

さあ!そのまま【武田 久】投手続投で、気持ちの良い逆転勝利を!と思うや、マウンドにはまさかの【建山 義紀】投手・・・。
前々から書いているように、私の中で信頼度の非常に低い【建山 義紀】投手は、この回先頭打者【一輝】選手を打ち取るも、四球と単打で1アウト1塁2塁とされると、【阿部】選手に再び同点にされる2点タイムリーヒットを打たれて『10-10』・・・。
なおも1アウトで、2塁にサヨナラのランナー。
その場面で、続く【前田】選手を内野ゴロに打ち取るも、進塁を許して2アウト3塁とされると、【ローズ】選手を敬遠の四球、さらに【大村】選手も敬遠気味の四球で歩かせ2アウト満塁とされると、【大引】選手にサヨナラタイムリーヒットを打たれて『10-11×』・・・試合終了・・・。

なぜ10回裏のマウンドに【建山 義紀】投手を?
【武田 久】投手続投では、いけなかったのか?
なんとも解せない継投ながら、やはり【宮西 尚生】投手、【菊地 和正】投手の離脱は痛いですな~・・・。

これで今シーズンワーストの6連敗・・・。
最後は意地で粘りを見せたものの、なかなか連敗地獄からは抜け出せません・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【植村 祐介】投手は、本人のコメントでもありましたが、やはり四球が多かったですね。
不用意な四球が得点に絡む悪いパターン。
ワイルドピッチも得点に絡み、典型的な自滅パターンでした。
結果は3回3分の0イニングを、1被本塁打を含む被安打7、与四球4、失点5(自責点5)の内容。
もうちょっとコントロールを制御できれば一軍でも通用するとは思いますので、次回のチャンスを与えられた時にはぜひとも好投をしてアピールしてもらいたいものです。
今後の活躍を期待します。

この日はブルペン、大忙しでした。
継投は、【植村 祐介】投手⇒【山本 一徳】投手⇒【谷元 圭介】投手⇒【榊原 諒】投手⇒【林 昌範】投手⇒【武田 久】投手⇒【建山 義紀】投手・・・と、7人も投入。
その中で、このところ登板機会の多い【谷元 圭介】投手、この日は2イニングに登板して被安打2、失点1(自責点1)の投球内容でしたが、安定感が見られます。
現在【菊地 和正】投手が離脱している状況で、充分そのポジションを担っていると思われますね。
今後も活躍を期待しましょう。

そして7番手、【建山 義紀】投手・・・。
大変なポジションだとは理解していますが、それにしても・・・。
敬遠もありましたが、与四球3はちょっと・・・。
どうしてもゴメンナサイ、私の中で信頼度が低いのは否めず、10回裏登板のコールを聞いた段階で、脳裏にサヨナラ負けがよぎってしまいました・・・。

10回裏1アウト後、【小瀬】選手、【坂口】選手と左打者が続く場面で、やはり【宮西 尚生】投手の離脱は大きいですね。
あの時点ですでに【山本 一徳】投手、【林 昌範】投手・・・と、ベンチ入りしていた左腕は使いきっていましたから、もう【建山 義紀】投手に任せるしかありませんでした。
残っていた投手は【江尻 慎太郎】投手ひとりで、その後の延長戦も考えたら使えませんしね・・・。

って言うか、なぜ9回裏に登板した【武田 久】投手を、続投させなかったのでしょうか?
9回裏に同点にされてしまったとはいえ、10回裏を抑える可能性は、確実に上回っていたと思うのですが・・・。
どうあれ残念なサヨナラ負けに、今後は頑張っていただきましょうと言うしかありませんな・・・。

打線は、終盤に非常に強い粘りを見せてくれました。
7回表からジワジワと追い上げ、9回表に6安打集中させて一挙5得点で逆転!
復活した【糸井 嘉男】選手はやはり頼もしく、代打で繋いだ【坪井 智哉】選手には、やはりベテランの味を感じました。
1点を追う場面で、確実に送りバントを決める【田中 賢介】選手の職人芸。
そしてそれに応える代打【稲田 直人】選手は、出場機会が少ないながらも、確実にチャンスで活躍をしてくれています。
その【稲田 直人】選手は延長戦にもつれ込んだ10回表にも勝ち越しのタイムリーヒットを放っており、確実にヒーローインタビューは【稲田 直人】選手と思っていたのですが・・・。

この日は【田中 賢介】選手、【稲葉 篤紀】選手、【高橋 信二】選手が3安打の猛打賞で、チーム安打も17安打!
復活してきた【小谷野 栄一】選手、【糸井 嘉男】選手にもヒットが生まれ、どうあれ徐々にチーム全体が復活の兆しですね。
あとはまだ登録できない投手陣、【宮西 尚生】投手、【菊地 和正】投手の復活が待ち遠しく、そこまでは我慢の試合でしょう。

打線が粘るも、投手が粘りきらずに残念なサヨナラ負けを喫してしまい、今シーズンワーストの6連敗となってしまいましたが、2位の【福岡ソフトバンクホークス】もこの日敗戦したので、ゲーム差は変わらず『3.0』
それをプラスにとらえて、今後の巻き返しを期待しつつ、応援を続けましょう!

===《最後に》===

さて、今日から球場を『スカイマーク』に変えての、VS【オリックスバファローズ】戦、2連戦。
今日の先発投手は、先日の土曜日にファームで3イニングを投げ、被安打0、奪三振4の無失点と好投をした【糸数 敬作】投手が一軍登録され、7月7日以来の登板で、プロ2勝目を目指して先発登板。
連敗ストッパーとなるか?
好投を期待しましょう。

対するバファローズの先発投手は、もう8年目となるのですね、右腕【近藤】投手。
ぜひとも昨日のような強力打線で、打破していただきましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手の予想で、それ以外もほとんど昨日と同じオーダーの予想。
代わるとすれば、スタメンレフトに【坪井 智哉】選手を起用するかな?ってところでしょうかね。
そうなると打順は、2番に【糸井 嘉男】選手が起用されるのでしょう。

どうあれ連敗を止めてもらいましょう!
今日こそは、特に投手陣に踏ん張りを見せてもらいたいものです。

何はともあれ、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

武田久選手、打たれたとは言え、アンラッキーな部分もあったし、間違いなく10回は抑えてくれる、と思っていたので、僕も建山、と聞いた時、耳を疑いました。まあ、あの時点で右サイドスローの2人しか残ってない、ってのが…。榊原をもう少し引っ張って、林は残しておきたいところでしたよね。

  • 2009/08/26(水) 13:47:27 |
  • URL |
  • リカルド #-
  • [ 編集]

いやはや、おっしゃるとおりです。
久投手の失点は、マックの一塁送球エラーが絡んでいましたからね、あれで降板は・・・。
間もなく【宮西】投手と【菊地】投手が復帰とのニュース。
それまで本当投手陣には、踏ん張っていただきましょう。

  • 2009/08/26(水) 17:34:33 |
  • URL |
  • みなつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/603-67a89253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。