とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

7月30日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『千葉マリンスタジアム』
○『7-6』・・・6点差を跳ね返して、連夜の劇的な逆転勝利!
連勝を『8』に伸ばし、ガッチリと首位をキープです!

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『千葉マリンスタジアム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日も気持ち良く勝利して、連勝を伸ばしていただきましょう!

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、6年目左腕【成瀬】投手。
スタメンマスクには【鶴岡 慎也】選手。
指名打者に予想通り【二岡 智宏】選手が起用され、スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手。
スタメンセンターに【森本 稀哲】選手が起用され、ここまで4試合ヒットの無い【糸井 嘉男】選手が、5月15日以来のベンチスタートです。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(指)【二岡 智宏】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【ブライアン スウィーニー】投手

===《試合経過》===

昨日の劇的な逆転勝利から一夜明け、その勢いで攻めたいファイターズですが、マリーン先発投手【成瀬】投手からヒットが奪えません。
3回まで3イニング連続で三者凡退に仕留められ、早くも三振も4つ・・・。
攻略の糸口を見つけるには、時間がかかりそうです・・・。

一方、6月11日の交流戦から勝ち星の遠ざかっているファイターズ先発投手【ブライアン スウィーニー】投手、やはり『千葉マリンスタジアム』の独特の風に悩まされ、思い通りのピッチングが出来ません。
ここまで8連敗を喫しているマリーンズ、今日は意識してか、特に粘りの野球。
1回裏、ツーベースヒットとふたつの四球で2アウト満塁のピンチを迎えるも、何とか無失点に抑えた【ブライアン スウィーニー】投手ですが、1イニングに32球の球数・・・。
試合開始早々、今日こそは・・・というマリーンズの意地を感じます・・・。

2回裏はなんとか三者凡退に抑えた【ブライアン スウィーニー】投手ですが3回裏、この回先頭打者の【西岡】選手にスリーベースヒットを打たれると、続く【井口】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて『0-1』
さらに【サブロー】選手を四球で歩かせてノーアウト1塁2塁とすると、【大松】選手にタイムリーヒット『0-2』
さらに内野ゴロの間に得点を許して『0-3』・・・と、一挙に3得点を許してしまいました。

3点を追うファイターズは4回表、この回先頭打者の【田中 賢介】選手がツーベースヒットで出塁すると、【森本 稀哲】選手が単打で繋いでノーアウト1塁3塁。
このチャンスに【稲葉 篤紀】選手がファールフライ、【高橋 信二】選手が空振りの三振、【ターメル スレッジ】選手が外野フライ・・・と、クリーンナップが倒れて結局無得点・・・。
チャンスを活かすことが出来ませんでした。

すると4回裏、この回先頭打者の【福浦】選手を内野ゴロに仕留めて立ち直ったかと思いきや、【ランビン】選手にツーベースヒットを打たれて出塁を許すと、【西岡】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-4』
さらに【井口】選手にツーランホームランを被弾して『0-6』・・・と、序盤で大量6点のリードを許してしまいました・・・。

6失点した【ブライアン スウィーニー】投手ですが、そのまま結局6回まで登板。
5回・6回は立ち直ったものの、6イニングを被安打8、失点6(自責点6)の内容。
球数も127球とかなり多く、7回以降はブルペン陣にマウンドを託して降板し、ベンチで戦況を見守ります。

何とか得点を返したいファイターズは7回表、この回先頭打者、5回裏の守備でフェンスに激突し、大事を取って交代となった【ターメル スレッジ】選手に代わり、6回裏から守備についている【糸井 嘉男】選手が、9号ソロホームランを放って『1-6』
【糸井 嘉男】選手、実に久しぶりのヒットがホームランとなり、これでスランプも脱出できるでしょうか?
そしてこのホームランが、今日のファイターズ劇場の開幕の合図となりました。

7回裏のマウンドには【宮西 尚生】投手が送られ、危なげないピッチングで無失点。
点差は5点。
その5点を追うファイターズの8回表の攻撃は、この回先頭打者【金子 誠】選手がレフト前のヒットで出塁してノーアウト1塁。
続く【田中 賢介】選手が倒れるも、【森本 稀哲】選手が単打で出塁して1アウト1塁2塁。
続く【稲葉 篤紀】選手が三振で倒れて万事休す・・・と思うも、4番【高橋 信二】選手がタイムリーヒットを放って『2-6』
なおも2アウト1塁2塁の場面で、【糸井 嘉男】選手が四球を選んで出塁して2アウト満塁とすると、昨晩のヒーロー【小谷野 栄一】選手が、2点タイムリーツーベースヒットを放って『4-6』
なおも2アウト2塁3塁の場面で、続く【二岡 智宏】選手の内野ゴロを、マリーンズサード【ランビン】選手が悪送球し、それが2点タイムリーエラーとなって『6-6』の同点。
なおも2アウト2塁の場面で、【鶴岡 慎也】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『7-6』・・・と、この回一挙に6点を奪って逆転!
昨晩のミラクルがこの日も健在で、ファンも驚く脅威の粘り。
終盤に来て6点差をひっくり返す、まさかの逆転に成功です!

1点のリードを奪ったファイターズは、勝利の方程式。
8回裏には【建山 義紀】投手が送られると、単打と犠打で2アウト3塁のピンチを迎えるも、無失点。
9回裏には守護神【武田 久】投手が送られ、1アウトからヒットを許すも、後続を落ち着いて打ち取って試合終了!

序盤の6失点を跳ね返す、終盤の脅威の粘りで8連勝。
マリーンズとの対戦も9連勝となり、首位をガッチリとキープ。
昨日の勝利もミラクルでしたが、今日の勝利もそれに匹敵するほどのミラクルに、やはり諦めないもんですね。
そして大きいのは、やはりエラーなどのミス。
守備の安定したチームは、やはり強い!・・・そんな事も改めて感じさせてくれた試合でした。

===《戦評》===

この日の先発投手【ブライアン スウィーニー】投手、やはり風に苦しんだのでしょうか?初回から定まらない制球。
そして初回から粘るマリーンズ打線に、必用以上に球数を要し、完全にリズムを狂わされていました。
1回裏の投球数が32球・・・。
6イニングで降板して、127球は多いですね。

懸念される今後の登板ですが、ローテーションを守れるのか?
ファームから【土屋 健二】投手が昇格との話しが出ていますので、もしかしたら一時中継ぎにまわる可能性は考えられそうですね。
どんな状況でも投げられる投手ですので、なんとか昨年のリズムを取り戻してもらいたいものです。
今後の好投を期待します。

そして2番手で登板した【宮西 尚生】投手、益々自信を感じさせてくれました。
当たっている【大松】選手、前日4安打の【竹原】選手を内野ゴロに仕留め、仕上げは4番も打つ【橋本】選手を見逃しの三振。
いやはや、本当に素晴らしい投手に成長しましたね。
将来的には先発投手を任せるのかな?

結局この【宮西 尚生】投手が勝ち投手となり、気が付きゃ今シーズン5勝目。
今後も引き続き、頼れる中継ぎ左腕としての活躍を期待します。

正直あの場面では、前日に続いて【宮本 賢】投手を予想していました。
5点差ありましたからね。
そこに【宮西 尚生】投手を投入した【梨田】監督、【ブライアン スウィーニー】投手を6回まで引き伸ばした段階で、この日の試合は諦めていたのかと思ったのですが、そうではなかったって事があの継投でわかりました
前日のミラクルがありますからね、野球は最後まで諦めない・・・そんな気持ちが伝わる継投に、ちょっと感動すら覚えた7回の投手起用でした。

打撃陣では、途中出場の【糸井 嘉男】選手が、待望の後半戦初安打!
しかも巻き返しの狼煙となる、9号ソロホームラン!
2打席目も四球を選び、素晴らしい活躍。
これで本人もラクになった事でしょう。
今後のさらなる活躍を期待し、再び打率トップまで踊り出てもらいたいと思います。

そして後半戦調子の良い【小谷野 栄一】選手。
この日は8回表、2アウト満塁から、またもや期待に応える2点タイムリーツーベースヒット!
この日も前日に続いて4打数2安打の活躍で、打率も『.304』まで上昇。
打点も57まで増やし、リーグ単独4位に浮上。
後半戦3試合の成績は、13打数7安打。
これはもう、完全復活ですね!
今後もさらなる活躍を期待します。

そして『6-6』の同点から、逆転となるタイムリーツーベースヒットを放った【鶴岡 慎也】選手。
このところ打撃に好調さを感じます。
本人は代打を送られるかと思ったとコメントしていますが、ここぞというところでの打撃は私も評価しているところ。
今後も自信を持って、リードに、そして打撃にと活躍を期待します。

それにしても連日のミラクル勝利!
この粘り強さは、本物ですね。
このまま首位を独走し、優勝に向けて突っ走っていただきましょう!

===《最後に》===

今日からは本拠地『札幌ドーム』に戻り、VS【福岡ソフトバンクホークス】との首位攻防の3連戦。
ここで勝利を重ね、首位を動かぬものとしていただきましょう!

今日の先発投手は【ダルビッシュ 有】投手VS、助っ人右腕【ジャマーノ】投手。
オールスター戦で打球の直撃を受け、心配された【ダルビッシュ 有】投手でしたが、予定通りに先発登板との事。
無理せず、それでもいつものような好投を期待します。

ホークス先発投手【ジャマーノ】投手は、いまいちどんな投手かわかりませんね~。
ここまで6試合に登板して、4勝1敗、防御率は『3.47』
初対戦となりますからね、ぜひとも見極めて、攻略をしてもらいたいと思います。

今日のスタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
昨日の5回裏の守備で、フェンス直撃しつつも好捕した【ターメル スレッジ】選手は、今日は指名打者での出場予想。
スタメンレフトに、やはり【森本 稀哲】選手で、スタメンセンターに【糸井 嘉男】選手となるのでしょう。
個人的な希望としては、【紺田 敏正】選手をスタメン起用してもらいたいのですが・・・。

どうあれ首位攻防戦。
ゲーム差は『3.0』ありますから、首位が入れ替わる事はありませんが、ここはやはり3連勝して、大きく引き離してもらいたいと思います。

チームの連勝もどんどん伸ばして・・・このカードもとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

やはりスウィーニー投手が6回まで投げてくれたからこその逆転だど僕は思いました

6点取られても次の回に向けてキャッチボールをする姿には本人のやる気などを十分に感じました

  • 2009/07/31(金) 11:43:02 |
  • URL |
  • K-18 #-
  • [ 編集]

>K-18さま
昨年、【武田 勝】投手が骨折した時に、先発を自ら申し出た【ブライアン スウィーニー】投手。
あの心意気というか男気で、私はファンになっています。
今シーズンは援護も少なく苦しんでいますが、本当、頑張ってもらいたい投手ですよね。
正直中継ぎへの転向も考えられますが、どんな環境でも好投を望みます。

  • 2009/07/31(金) 11:55:17 |
  • URL |
  • みなつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/573-00ef0358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。