とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月28日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

7月28日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『千葉マリンスタジアム』
○『5-1』・・・後半戦スタートを白星で飾り、今シーズン初の6連勝。
千葉ロッテマリーンズ】との対戦成績13勝2敗で、早くもシーズン勝ち越しを決めました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から後半戦スタート。
今日からは『千葉マリンスタジアム』にてVS【千葉ロッテマリーンズ】との3連戦で、お得意様マリーンズに勝利し、後半戦の勢いをつけていただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、ベテラン右腕【小林】投手。
屋外球場が得意な【八木 智哉】投手、中17日の登板となりますが、好投を期待しましょう。
今日のスタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
スタメンレフトに【森本 稀哲】選手が起用され、指名打者に【ターメル スレッジ】選手です。

また、今シーズン開幕メンバーながら、5月10日に登録抹消されていた【紺田 敏正】選手が、今日から一軍登録されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【八木 智哉】投手

===《試合経過》===

初回のファイターズの攻撃。
先頭打者【田中 賢介】選手が四球を選んで出塁すると、続く【森本 稀哲】選手がきっちりと送りバントで2番の仕事を果たし、1アウト2塁。
続く【稲葉 篤紀】選手が死球で歩いて1アウト1塁2塁とチャンスが広がると、4番【高橋 信二】選手の当たりはセンターに抜けそうなゴロも、マリーンズショート【西岡】選手に阻まれて2アウト1塁3塁。
それでもこの先制のチャンスに、今日は指名打者で起用されている【ターメル スレッジ】選手がライトスタンドに特大の13号スリーランホームラン『3-0』
マリーンズ先発投手【小林】投手の立ち上がりを攻め、1ヒットで3得点奪いました。

3点のリードをもらったファイターズ先発投手【八木 智哉】投手は、初回から緩急を使ったピッチング。
変化球も低めに決まり、マリーンズ打線を翻弄して三振の山を築きます。
3回裏にはこの回先頭打者の【田中】選手に初安打を許しますが、後続を三者連続三振に仕留める好投。
マリーンズ打線に、3塁への進塁さえ許しません。

一方2回以降のファイターズ打線。
追加点が欲しいところですが、3回・4回・5回とランナーを出し、送りバントなどでスコアリングポジションまで進めるも、なかなか後続が続かずに得点には結びつきません。

試合は『3-0』のこう着状態のまま進み、7回裏、マリーンズの攻撃。
この回先頭打者の【サブロー】選手に単打を許し、続く【竹原】投手に四球を与えてノーアウト1塁2塁としてしまったところでベンチが動き、ここからは投手の継投策。
この状態で【八木 智哉】投手が降板し、マウンドには2番手【菊地 和正】投手。
【里崎】選手を内野フライに打ち取ったところでマリーンズも代打攻勢となり、それに伴ないファイターズも【宮西 尚生】投手を投入。
代打の代打で送られた【ベニー】選手を空振りの三振で斬って取り、2アウト1塁2塁となったところでまたもや代打が送られると、ファイターズも早々に【建山 義紀】投手を投入。
またもや代打の代打で【バーナムJr.】選手が送られるも、【建山 義紀】投手が期待通りに空振りの三振に斬って取り、結局この回無失点。
この回だけで4人の投手を送り込んだファイターズの継投策で、ノーアウト1塁2塁のピンチを切り抜けました。

そのピンチを切り抜けたすぐ次の回の8回表、この回先頭打者の【稲葉 篤紀】選手、続く【高橋 信二】選手が連続して空振りの三振で倒れるも、続く【ターメル スレッジ】選手が、来日初となる1試合2本塁打の14号ソロホームランを放ち『4-0』
さらに9回表にも、四球とヒットで1アウト1塁3塁のチャンスを作ると、4番【高橋 信二】選手がタイムリーヒットを放って『5-0』・・・と、終盤にきて駄目押しの追加点を奪いました。

5点差のセーブの付かない場面、9回裏のマウンドには【林 昌範】投手。
二者連続の空振り三振で、このまま完封リレーかと思いきや、左腕キラー【竹原】選手に意地のソロホームランを被弾して『5-1』
それでも続く【里崎】選手をこれまた空振りの三振に斬って取り、試合終了!

後半戦スタートの大事な試合を、大胆な継投策で逃げ切り白星スタート。
優勝へ向けて、勢い付かせてくれる試合となりました。

===《戦評》===
この日の先発投手【八木 智哉】投手は、見事なピッチング。
結局7回途中で降板するも、6回3分の0イニングを、被安打3、無失点の好投。
三振も8個奪って、今シーズン7勝目(1敗)。
後半戦好スタートで、この勢いで二桁勝利を狙っていただきましょう!
今後もさらなる活躍を期待します。

この日は7回から、投手の継投策が活きました。
先発投手【八木 智哉】投手に疲れが感じられたために・・・と、早めの継投策。
【八木 智哉】投手⇒【菊地 和正】投手⇒【宮西 尚生】投手⇒【建山 義紀】投手・・・と投入し、結局安打を許さない好投で無失点。
それぞれの投手が万端に準備を済ませ、それぞれ与えられた役割を果たす・・・これは実に素晴らしい事ですね。
こういった試合をしていれば、そうそう負ける事は無いでしょう。
ブルペン陣の皆さんも、今後も好投を期待します。

打撃陣では、この日の5得点のうち4得点を叩き出した【ターメル スレッジ】選手でしょう。
来日初となる、1試合2本塁打。
オールスター戦前、7月に入ってなかなか調子が上がってこなかったのですが、これで復活!?
【ルイス ヒメネス】選手が戦力外となってしまいましたからね、今後もこの勢いで頼れる助っ人としての活躍を期待します!

かなり前のブログで、どうしても4番【高橋 信二】選手の活躍を感じられない・・・と書いたのですが、この日も最初の打席は好プレーに阻まれたとは言え、先制のチャンスに内野ゴロ・・・。
次の打席では、1アウト3塁の外野フライでも得点のチャンスに、内野ゴロ・・・。
さらに次の打席でも、2アウト2塁のチャンスに空振りの三振・・・。
4打席目も三振で凡退し、あ~あ・・・と思っていると、9回表の最終打席で待望のタイムリーヒット!
いやはや、安心しました。
あそこでね、凡退していたら、私は何を書いちゃっていた事か・・・。
オールスター戦でも活躍し、期待している選手だからこそ、もっとチャンスで目立ってもらいたい。
4番での起用は正直まだ疑問符ですが、今後も活躍を期待していますので、頑張ってもらいたいものです。

【小谷野 栄一】選手が、この日は5打数3安打。
いやいや、当たりが戻って来ましたね!
この勢いで打率を3割に戻してもらい、後半戦の活躍を期待します。

逆に、オールスター戦前からちょっと当たりの止まっている【糸井 嘉男】選手。
四球での出塁や犠打での活躍は見られるものの、やはり安打が欲しいな~・・・。
本人としても、おそらく今がスランプ中。
1本ヒットが欲しいところだと思いますので、ぜひとも早く1本ヒットを放って、ラクになってもらいたいと思います。
今日以降の活躍に期待します。

===《最後に》===
さて、昨日の勝利でチームは今シーズン初の6連勝。
貯金も最大の17とし、優勝目指してまっしぐらです!
2位の【福岡ソフトバンクホークス】も敗戦し、ゲーム差は『2.0』
このままの勢いで、独走態勢に入っていただきましょう!

今日も『千葉マリンスタジアム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日の先発投手は、マリーンズキラーと命名された【多田野 数人】投手VS、ベテラン右腕【清水】投手。
ぜひとも今日も打ち崩し、連勝を伸ばしてもらいましょう!
今日あたりは、スタメンレフトに【紺田 敏正】選手が起用されるかな・・・?

どうあれ優勝目指して、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/570-5dc6e1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。