とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月20日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

7月20日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『札幌ドーム』
○『4-3』・・・後半追い上げられるも、逃げ切って3連勝。
好調【糸井 嘉男】選手、この日も2安打放って、首位打者に踊り出ました!

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から本拠地『札幌ドーム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】との3連戦。
2試合雨天中止が続き、移動日を入れるとまともな試合は4日ぶり。
休養充分!で、9連戦中のマリーンズを、撃破していただきましょう!

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、3年目右腕【大嶺】投手。
【藤井 秀悟】投手は、中5日での登板です。
スタメンマスクは相性の良いルーキー【大野 奨太】選手。
スタメンレフトには、久しぶりに【佐藤 吉宏】選手が起用されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【糸井 嘉男】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(左)【佐藤 吉宏】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの先発投手【藤井 秀悟】投手は、初回を三者凡退に斬って取り、上々の立ち上がり。
2回表に2アウトから連続単打で1塁2塁とされるも、後続を内野ゴロに打ち取り無失点。
【藤井 秀悟】投手対策で右打者をずらりと並べてきたマリーンズ打線ですが、スタメンマスク【大野 奨太】選手との息もピッタリで、3回以降はヒットすら許しません。

そんな【藤井 秀悟】投手を援護したいファイターズ打線は、初回から1アウト1塁2塁のチャンスを作るも無得点。
2回裏には1アウト2塁、3回裏にも2アウト1塁3塁とチャンスを作るも、なかなか先取点を奪えません。

そして迎えた4回裏、この回先頭打者の【小谷野 栄一】選手が今日二本目のヒットで出塁すると、今日スタメンレフトで起用されている【佐藤 吉宏】選手が送りバントを決めて1アウト2塁。
その場面で【大野 奨太】選手が、好投する【藤井 秀悟】選手をバットでもアシストするタイムリーツーベースヒットを放って『1-0』
なおも1アウト2塁の追加点のチャンスで、続く【金子 誠】選手が凡退するも、【田中 賢介】選手が実に25打席ぶりのヒットを放ち、これが実に50打席ぶりのタイムリーヒットとなって追加点『2-0』
その【田中 賢介】選手が盗塁失敗でこの回終了するも、貴重な先制点を奪いました。

さらに5回裏には、この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が、この日2安打目となる8号ソロホームランをセンターバックスクリーン右に打ち込み『3-0』
さらに2アウト後、いまいち打撃不振の【ターメル スレッジ】選手が、これまたセンターバックスクリーンに飛び込む12号ソロホームランを放って『4-0』と、この回2本のソロホームランで追加点を挙げ、マリーンズ先発投手【大嶺】投手を打ち崩しました。

4点のリードをもらったファイターズ先発投手【藤井 秀悟】投手は、6回表を三者凡退に斬って取ると7回表、この回先頭打者の【大松】選手にヒットを打たれたところで降板。
マウンドを2番手【菊地 和正】投手に託し、戦況を見守ります。
ところがその【菊地 和正】投手、今日はいまいちパッとせず、【竹原】選手に単打を許してノーアウト1塁2塁とされると、続く【サブロー】選手にスリーランホームランを被弾『4-3』
その後は無失点に抑えるも、終盤に来て1点差に追い上げられてしまいました。

安心の追加点が欲しいファイターズですが、7回裏にこの回先頭打者の【稲葉 篤紀】選手がツーベースヒットで出塁するも、後続が倒れて無得点。
この回2アウト3塁のチャンスを作ったものの追加点が挙げられず、終盤はブルペンの好投に期待します。

『4-3』で迎えた8回表、マウンドには【建山 義紀】投手が送られると、簡単に三者凡退に斬って取ります。
そのまま9回表には守護神【武田 久】投手で、こちらも何の不安も無く、ふたつの空振り三振を含む三者凡退で試合終了!
これで対マリーンズ戦は4連勝で、対戦成績は10勝2敗。
札幌ドームでの試合も7連勝となりました。

今日の試合でソロホームランを含む3打数2安打の【糸井 嘉男】選手が、『パ・リーグ』打撃成績トップ、首位打者に浮上!
チームもゲーム差無しで2位だった【福岡ソフトバンクホークス】とのゲーム差を『1.0』に広げ、オールスター戦まで残り2試合を残し、再び単独首位に浮上です。

===《戦評》===

この日の先発投手【藤井 秀悟】投手は、非常にテンポ良く投げ込んでいました。
ルーキー【大野 奨太】選手との息もピッタリで、コーナーを突く丁寧なピッチング。
6回3分の0を、被安打3、無失点で降板し、5月29日以来の勝利投手で5勝目(4敗)。
このままの調子で、オールスター戦明けの後半戦も、好投を期待します。

打撃陣では、この日もソロホームランを含む3打数2安打の【糸井 嘉男】選手が、打率を『.338』として首位打者に!
ちなみに2位には『.335』で【稲葉 篤紀】選手、3位には『.332』で【高橋 信二】選手が続き、トップ3がファイターズ戦士ってのは、実に気持ちが良いですね!
8位には【金子 誠】選手、10位に【小谷野 栄一】選手が名を連ね、ベスト10のうち実に5人がファイターズ戦士!
このまま好調打線を持続させ、連勝を伸ばしてもらいたく思います。

【田中 賢介】選手が、実に25打席ぶりのヒットですか!
あまり心配はしていませんが、苦しんでいるのは本人でしょう。
この日は盗塁失敗もあり、非常に苦しい現状。
やはり前々からこのブログで書いているように、打順を入れ替えたらどうかなぁ~・・・?
1番【糸井 嘉男】選手、2番【田中 賢介】選手で、一昨年のように送りバントの成功率が高い繋ぎの2番の方が、気分的にラクなのでは?
首脳陣の方、ぜひともご検討を。

===《最後に》===

さて、今日も『札幌ドーム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日の先発投手は【多田野 数人】投手VS、ベテラン右腕【清水直】投手。
先日のこのブログの先発投手予想の時にご指摘を受けたように、7月11日に登録抹消され、今日から登録可能な【多田野 数人】投手が登録、即先発登板となりました。
前回の登板は7月10日のVS【千葉ロッテマリーンズ】戦で、9回2アウトまでノーヒットピッチングだった事は、まだ記憶に新しいところ。
その時は惜しくも【大松】選手に決め球のフォークボールを打たれてノーヒットノーランは逃しましたが、今日はぜひノーヒットノーランを達成させていただきましょう!

今日のスタメンマスクは、やはりその試合での好リードをした【大野 奨太】選手の予想。
スタメンレフトは【坪井 智哉】選手あたりを起用して来るのかな?と予想されます。

オールスター戦前、残り2試合。
ここは気持ち良く連勝して、前半戦を単独首位で終えてもらいましょう!

今日も勝利を願いつつ、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/559-d5bc7b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。