とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月14日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦、戦評

7月14日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦in『福岡ヤフードーム』
●『1-2』・・・久しぶりの先発登板となった【藤井 秀悟】投手が粘投するも、打線が奮わずる敗戦。
3連戦初戦を落とし、このカードでの首位浮上はなくなりました・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から球場を『福岡ヤフードーム』に移しての、VS【福岡ソフトバンクホークス】戦、3連戦。
現在ゲーム差『1.5』ですので、この3連戦で3連勝すれば首位奪回となる、今日は大事な初戦です。

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、3年目左腕【大隣】投手。
ファーム調整していた【藤井 秀悟】投手は、6月5日以来の先発登板。
好投を期待しましょう。

先発マスクは相性の良いルーキー【大野 奨太】選手。
指名打者に予想通り【二岡 智宏】選手が起用され、スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【糸井 嘉男】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(指)【二岡 智宏】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

===《試合経過》===

首位攻防の3連戦初戦、負けられないファイターズは何とか先制点を狙います。
ところが初回は2者連続三振を含む三者凡退。
2回表にはこの回先頭打者【高橋 信二】選手が単打で出塁するも、結局盗塁失敗で三者凡退。
ホークス先発投手【大隣】投手に、苦戦を強いられます。

一方6月5日以来の先発登板となった【藤井 秀悟】投手。
初回は三者凡退で抑えるも、2回裏には単打とふたつの四球で2アウト満塁のピンチ。
それでもこの回は何とか無失点で抑え、気迫のピッチングを見せてくれます。

ところが3回裏、1アウトからランナーを許すと、3番【オーティズ】選手に低めの球を上手くすくい上げられ、痛恨のツーランホームランを被弾『0-2』
その後は6回途中に降板するまで、1安打1四球しか与えず無失点だっただけに、非常に悔やまれる1球となりました。

2点を先制されたファイターズ。
毎回のようにヒットでランナーを出すも連打は奪えず無得点。
そして6回表、2アウトから好調【糸井 嘉男】選手が内野安打で出塁すると、すかさず盗塁を決めて2アウト2塁。
その場面で頼れる男【稲葉 篤紀】選手がタイムリーヒットを放ち『1-2』と、中盤に来て点差を1点に縮めました。

ファイターズは6回途中からブルペン陣を投入して追加点を与えない完璧なリレー。
ところがホークスの中継ぎ陣も安定感があり、7回以降、その中継ぎ陣から得点を奪う事が出来ません。

そして9回表。
この回先頭打者の【稲葉 篤紀】選手が倒れるも、【高橋 信二】選手がこの日2本目の単打で出塁。
そこで代走【村田 和哉】選手が送られると、すかさず盗塁を決めて1アウト2塁の、一打同点のチャンス。
ところがホークス守護神【馬原】投手の前に、【ターメル スレッジ】選手、【小谷野 栄一】選手が連続三振を喫して試合終了・・・。

投手陣が踏ん張る両チームの熱い戦いは、ホークスに1点差で敗戦し、3連戦初戦黒星。
【オーティズ】選手に打たれたあのホームランが、非常に悔やまれます・・・。

それでも実に引き締まった、白熱した首位攻防の試合となりました。

===《戦評》===

この日の先発投手【藤井 秀悟】投手は、なかなかの粘投でした。
結果的に5回3分の1イニングを投げて、被安打4、失点2(自責点2)の好投。
打線の援護があれば・・・。
今後の好投を期待します。

中継ぎ陣も安定していましたね。
ただ8回に登板した4番手【林 昌範】投手はヒットと四球を与えて1アウト1塁2塁のピンチ。
ところがその時点ですぐさま【建山 義紀】投手に切り替えて無失点に切り抜けた首脳陣の決断力の早さ、これは大きかったですね。
あの時点でもう1点でも与えていたら、確実に最終回の盛り上がりが欠けていました。
これは首脳陣の決断力に、大きな拍手を送りましょう。

打線は完璧にホークス投手陣に抑えられてしまいました。
ホークスのチーム防御率は、『パ・リーグ』トップの『3.35』
ここのところ安定しているファイターズの防御率は、『パ・リーグ』2位の『3.66』ですから、試合を左右するのはやはり先発投手ということになるのでしょうか・・・。

そんな中【稲葉 篤紀】選手、【高橋 信二】選手が共に2安打を放ち、好調打線をアピール。
好調【糸井 嘉男】選手も内野安打に17個目の盗塁・・・と機動力を発揮し、得点に繋げたのはやはり素晴らしいプレー。
これらの選手の好調さは目立つのですが、それ以外の選手が正直いまいちな状態であるのは否めません・・・。

特に【ターメル スレッジ】選手は、怪我から復帰後、いまいち自分のスィングが出来ていない様子。
この日は四球を選んでの出塁はありましたが、3打数無安打。
しかも最後の同点のチャンスに、空振りの三振は、正直痛いですね。
相手が好投手【馬原】投手だったとはいえ、もうちょっと粘りを見せてもらいたいものです。
何とか復調する事を期待します。

===《最後に》===

大事な首位攻防3連戦の初戦を落とし、これでこのカードでの首位奪回はなくなりましたが、それでも残り2戦は勝利していただき、なんとかゲーム差を『0.5』まで縮めていただきましょう!

今日の先発投手は【ダルビッシュ 有】投手VS、4年目右腕【藤岡】投手。
今回は中6日での登板となるエース【ダルビッシュ 有】投手、できる事ならノーヒットノーランなんかを決めちゃってもらいたいものですね。
好投を期待しましょう。

今日は右腕投手の先発ですので、個人的な理想としては、スタメンレフトに【佐藤 吉宏】選手なんかを起用してもらいたいと思います。
で、指名打者に、復調を願う【ターメル スレッジ】選手。
・・・とは思いつつ、今日も昨日と同じスタメンが予想されるかな?
スタメンマスクは間違いなく【鶴岡 慎也】選手ですが、指名打者に【二岡 智宏】選手。
先日のサヨナラヒットの余韻もありますし、昨日の試合でも1安打放っていますからね、調子が上向きなのは確実ですから。

どうあれもう今日は負けられません!
これ以上ゲーム差を離されちゃうとね、ちょいと厳しいので、なんとしても勝って頂きましょう!

オールスター戦前までに首位浮上を目指して!今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/550-74c6bcbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。