とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月9日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

7月9日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『西武ドーム』
●『2-8』・・・嗚呼投壊の被安打18で5連敗・・・。
立ち上がりの不安定な【涌井】投手を、攻めきれませんでした・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

現在4連敗中で、今日こそは負けられない試合。
なんとしてでも勝利して、気持ち良く北海道に戻っていただきましょう。

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、5年目右腕【涌井】投手。
先発マスクは前回同様【鶴岡 慎也】選手で、スタメンレフトには予想通り【佐藤 吉宏】選手が起用されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【糸井 嘉男】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(左)【佐藤 吉宏】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【武田 勝】投手

===《試合経過》===

初回のファイターズの攻撃。
先頭打者【田中 賢介】選手がツーベースヒットで出塁するも、連続三振で3塁に送る事すら出来ず、4番【高橋 信二】選手が四球を選んで出塁し、2アウトながら1塁2塁とランナーを溜めるも、昨日の試合で復調の兆しを見せた【ターメル スレッジ】選手が空振りの三振で無得点・・・。
アウト3つはすべて三振で、先制点のチャンスを活かせることは出来ませんでした。

それでも2回表。
この回先頭打者の【小谷野 栄一】選手が単打で出塁し、続く【佐藤 吉宏】選手の送りバントで進塁。
さらに【鶴岡 慎也】選手の単打で1アウト1塁3塁とすると、【金子 誠】選手がタイムリーヒットを放って『1-0』
なおも1アウト1塁2塁の場面で【田中 賢介】選手が単打で続き、1アウト満塁の追加得点のチャンスを作るも、好調【糸井 嘉男】選手がセカンドゴロ併殺打・・・。
立ち上がり不安定な好投手【涌井】投手を攻め、ビッグイニングのチャンスでしたが、結局は1得点・・・。
それでも貴重な先制点を奪い、ファイターズ先発投手【武田 勝】投手の好投に期待がかかります。

その【武田 勝】投手、初回は2者連続三振を含む三者凡退で上々の立ち上がりも、先取点をもらった2回裏、1アウトから3連打を浴びて1失点『1-1』
すぐさま同点に追いつかれてしまいました・・・。

さらに3回裏には先頭打者にツーベースヒットを打たれ、きっちりと送られると、タイムリーヒットを打たれて逆転『1-2』
4回裏にも1アウトから4連打を打たれて3失点『1-5』・・・と大きくリードを許して途中降板・・・。
4回持たずの降板に、この時点で4点のビハインド。
相手投手は立ち直りつつある【涌井】投手・・・と、今日の試合は取れても2点~3点の予想なだけに、早い段階で敗戦ムードが漂います・・・。

徐々に調子が上向いてくるライオンズ先発投手【涌井】投手の前に、ファイターズ打線は沈黙の打線・・・。
6回表にこの回先頭打者【高橋 信二】選手がスリーベースヒットを打って出塁し、1アウトから【小谷野 栄一】選手の内野ゴロの間に生還『2-5』
何とか1点返したものの、まともにヒットすら打てません・・・。

しかもその裏、3番手【菊地 和正】投手が、ライオンズ4番【中村】選手に、3戦連発のソロホームランを被弾『2-6』
7回裏には4番手【宮本 賢】投手が先頭打者に四球を与え、送りバントで進塁を許すと、タイムリーツーベースヒットを打たれて『2-7』
さらに8回裏には5番手【宮西 尚生】投手が、【G.G.佐藤】選手にソロホームランを被弾して『2-8』・・・と、先発投手【武田 勝】投手に続いてブルペン陣も総崩れで、被安打はなんと18・・・。

9回表は【三井】投手に三者凡退に抑えられて、試合終了・・・。
この3連戦は3連敗で、これで前のカードから数えて5連敗・・・。
首位【福岡ソフトバンクホークス】に『2.5』ゲーム差と離され、逆に下からは【埼玉西武ライオンズ】が『3.5』ゲーム差で追い上げ。
ちょうど年間の半分の試合が終わった節目の試合は、投壊で大敗・・・。

投手陣の不安定に、今後の不安を懸念する試合となりました。

===《戦評》===

この日の先発投手【武田 勝】投手、立ち上がりは素敵だったんですがね~・・・。
主砲【中村】選手は抑えたものの、4回途中被安打10で降板した時には、その【中村】選手以外の選手に全員安打・・・。
【中村】選手を抑えたのは評価しますが、それ以外がこれでは・・・。
ライオンズのスタメン、左打者は【栗山】選手ただひとり。
あまりにも右打者に打たれ過ぎで、そこが今後の課題でしょうね。
何とか立ち直っていただきたいものです。

結局2番手以降のブルペン陣もその勢いを止める事は出来ず、2番手【江尻 慎太郎】選手が無失点に抑えた以外は、全員失点・・・。
4番手【宮本 賢】投手は1イニングで被安打1なのですが、与四球が2ってのはいただけません。
四球は投手にとってはエラーと同じですからね。
そのあたりもぜひとも調整し直してもらいたいと思います。

打撃陣では、ひとり気を吐いていたのが核弾頭【田中 賢介】選手。
5打数3安打で、打率を再び3割に戻してきました。

ちょっと痛かったのは好調【糸井 嘉男】選手が、チャンスで結果が出せなかったところ。
押せ押せムードの2回表、1アウト満塁の追加点のチャンスで併殺打・・。
あそこでせめて1得点でも出来ていたら、流れは違っていた事でしょう。
まあ勝負の世界ですのでしょうがありませんが、今後のさらなる活躍に期待します。

5連敗で貯金9・・・。
何とか貯金を二桁に戻してもらいたいものですね。

===《最後に》===

さて、今日からは球場を本拠地『札幌ドーム』に移して、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、3連戦。
今日こそ連敗を止めて頂きましょう!
連敗ストッパーに任命された今日の先発投手は、ファーム調整中だった【多田野 数人】投手。
先日のこのブログでも昇格を予想していたひとりですが、正直ファームでの成績もあまり良いとは言えない【多田野 数人】投手。
とは言え、今日は好投を、そして首脳陣の期待通り連敗ストッパーとなってもらいたいものです。

対するマリーンズの先発投手はベテラン右腕【小林宏】投手。
ここまで1勝6敗、防御率『4.26』と考えられないほど良くない今シーズンの成績ですので、ぜひとも打ち崩してもらいたいと思います。

今日のスタメンも、おそらく昨日とほとんど同じ。
スタメンレフトに【坪井 智哉】選手、スタメンマスクに【大野 奨太】選手が考えられますが・・・個人的にはスタメンマスクはやはり【鶴岡 慎也】選手ですね。
まあスタメン発表を待ちましょう。

とにかく連敗脱出に向けて!今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/543-e2cfbfcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。