とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイターズの投手陣(長文)・・・。

【ダルビッシュ 有】投手、交流戦での活躍に、『日本生命賞』を受賞!
交流戦期間内の成績は、防御率『1.15』、勝ち数『4勝』、奪三振数『40』で3冠。
いやはやさすが日本のエース!
この安定感が素晴らしいですね。
受賞おめでとうございます、今後もさらなる活躍を期待します。

さらに昨日は【須永 英輝】投手に、第1子(男児)誕生のニュース。
それはそれは、おめでとうございます!
これからはさらに家族を支える責任感を持って、活躍を期待します。

さて、そんなファイターズ投手陣・・・。
今シーズンは開幕からいまいち安定感に不安があったものの、それでも徐々に安定をしてきました。
そんな投手陣のここまでの現状を見てみましょう。

11【ダルビッシュ 有】投手・・・9勝2敗『1.21』は現在リーグトップ。開幕から安定したピッチングを披露してくれています。

13【須永 英輝】投手・・・今シーズンは大胆にピッチングフォームを修正し、キャンプでは好投を見せて悲願の開幕一軍も、4月27日に登録抹消をされてからはファーム暮らし・・・。現在ファームで先発投手をするも、防御率『4.50』といまいちな成績。お子様も生まれたので、ぜひとも活躍を期待します。

15【榊原 諒】投手・・・ルーキーながら開幕早々に一軍昇格し、4月8日、5枚目の投手として先発登板。その後4試合に登板するも結果が残せず、5月4日に登録抹消されてからは現在ファーム暮らし。ファームでは現在2勝を挙げており、近いうちに再びの昇格候補。

16【多田野 数人】投手・・・開幕から4枚目の投手として期待され、自身の開幕戦は好投も、その後の登板では連敗し登録抹消。再び5月4日に昇格して勝利投手となるも、失点が多く再び登録抹消。現在はファームで3勝を挙げ、再び昇格及びローテーション入りを目指す。

17【宮本 賢】投手・・・ファームでの好投が評価され、5月19日に一軍昇格。現在まで中継ぎとして一軍で7試合に登板し、防御率『1.08』の安定したピッチングを披露。ファームでも17試合に登板して防御率『1.52』と安定しており、今後は先発投手を視野に入れ、プロ初勝利を目指す。

18【藤井 秀悟】投手・・・2枚目の先発投手として期待されるも、開幕直後は不安定なピッチングで早々に登録抹消。それでも5月2日に一軍登録されてからは3勝2敗と好投を見せ、現在の一軍成績は4勝3敗防御率『4.50』。現在は再びファームで調整中。

19【林 昌範】投手・・・開幕前から左の中継ぎとして期待されるも、キャンプ中に首を痛めてファームからのスタート。それでも4月29日に一軍登録されると重要な場面での中継ぎで起用され、ここまで15試合に登板して防御率『3.20』。球速は評価するも、いかんせんコントロールに難ありという印象。

20【糸数 敬作】投手・・・キャンプ中から先発投手としての逸材が光り、5月14日、プロ入り初の一軍登録。1試合中継ぎ登板をした後に5月25日から先発ローテンション入りし、初先発登板を6イニング被安打5の好投も敗戦投手。さらに6月2日には被安打3で完投するも、悔しい敗戦投手。現在6試合に登板して0勝3敗防御率『6.08』の成績も、今後もしばらくはローテーションで起用される予定で、プロ入り初勝利を目指す。

21【武田 久】投手・・・今シーズンから任命された新守護神は、ここまで23試合に登板して、1勝12セーブ、防御率『0.38』の文句の無い内容。ここまで24イニングに登板して被安打21も、自責点は1点で、もう久投手で負けたら仕方がないや・・・と、全幅の信頼を寄せています。

22【建山 義紀】投手・・・ブルペンの長として今シーズンも活躍するも、腰痛で6月15日に抹消。ファームで様子を見てからの一軍登録予定で、現在まだ調整中。それでも今シーズンは、「ここぞ」という所で打たれてしまっている感がありますね・・・。

25【宮西 尚生】投手・・・昨年からフル回転の中継ぎ左腕は今シーズンも健在で、ここまで26試合に登板して3勝、防御率『2.35』。三振が奪える投球が魅力的で、特に右打者の内角に決まる球は観ていても気持ちが良いですね。今シーズンは中継ぎ左腕が増えたため昨シーズンほどに酷使はされず、怪我無く安定したピッチングを期待します。

27【江尻 慎太郎】投手・・・昨年一年はリハビリで過ごし、今シーズンも開幕はファームからのスタート。【小林】二軍投手コーチの勧めにより、シーズン途中から投球フォームを修正。5月22日に一軍昇格してからは、重要な中継ぎとして登板回数が増え、現在11試合に登板して、防御率『2.19』の成績。今後もさらに登板機会が増える見込みですね。

29【八木 智哉】投手・・・キャンプから好調さが見え、4月22日に一軍昇格。今シーズン初登板は6イニングを被安打5の好投にも勝敗がつかず、その後の登板でも安定感のあるピッチングを披露して4連勝。途中左肩の違和感で登録抹消されるも、すぐに昇格してすぐに好投。現在7試合に登板して、5勝0敗、防御率『2.18』。今後もローテーションの一枚としての好投が期待されます。

30【坂本 弥太郎】投手・・・昨年はロングリリーフとして好投をし、今シーズンも開幕一軍スタート。ところが今シーズンは安定感に欠け、5月18日に登録抹消。現在ファームでは6試合に登板して、防御率『0.90』と安定した数字を残しつつも、四球が多いのが難点。今シーズンの一軍昇格は、正直厳しい気がします・・・。

33【矢貫 俊之】投手・・・即戦力で期待されたルーキーは長身を使い切れておらず、現在ファーム暮らし。それでも6月23日に【梨田】監督の視察する試合で先発登板し、6イニングを被安打5、失点1(自責点1)の好投で初勝利投手。今シーズン中の一軍昇格の可能性は、ありそうですね。

34【吉川 光夫】投手・・・2007年にルーキーながら先発登板で4勝を挙げた左腕は、昨シーズンは活躍の場が少なく、後半はファーム暮らし。今シーズンもまだ一軍昇格は果たしていないものの、ファームでは先発投手として大活躍。ここまで11試合に登板して、3勝4敗防御率『4.22』。課題は四球で、49イニングで35個は多過ぎ・・・。そこがクリアできれば、今シーズン中の一軍昇格は見込めますね。

35【木下 達生】投手・・・2007年に2勝を挙げたものの、昨年は一軍登板無し。今シーズンも一軍どころがファームでの登板も無く、体力作りを基礎からやり直しているのでしょうか?将来的に先発投手と期待している投手ですので、ぜひとも頑張ってもらいたいと思います。

37【土屋 健二】投手・・・高卒のルーキー左腕は、ファームの先発投手として大活躍。現在まで8試合に登板して、4勝3敗、防御率『4.09』の成績。今シーズン中の一軍昇格はおそらく無いと思われますが、将来的には先発左腕の一枚として期待出来る素材。ファームで益々自信をつけてもらいたいと思います。

38【武田 勝】投手・・・今シーズンも先発投手の一枚として期待され、4月16日の初登板は、好投で勝利投手。ところがそこから本来のピッチングが出来ず、4月30日に登録抹消。再び5月10日に登録されて先発登板し、好投して勝利投手になるも、その後は再び本来のピッチングとは何かが違う・・・。現在10試合に登板し、3勝5敗防御率『3.90』。それでも今後、本来のピッチングに戻る事を期待します。

42【ブライアン スウィーニー】投手・・・昨シーズンはチーム2位の勝利数を挙げた助っ人右腕も、今シーズンはいまいちな調子。現在10試合に登板し、2勝3敗防御率『5.94』。それでもここのところ徐々に本来のピッチングを取り戻しつつある感があり、今後の快進撃に期待しましょう。

43【星野 八千穂】投手・・・昨シーズン中継ぎとして活躍した右腕は、今シーズンは未だファーム暮らし。ファームでは主に中継ぎで18試合に登板し、防御率『1.80』と安定しているだけに、一軍昇格もさほど遠くは無いと予想されます。

44【山本 一徳】投手・・・ルーキーイヤーの2007年に12試合登板した左腕は、昨シーズンは一軍登録無し。ところが今シーズンはファームで好成績を挙げ、6月16日に一軍登録。ところが1試合だけ登板しただけで再び登録抹消され、またもやファーム暮らし・・・。ファームでのここまでの成績は、21試合に登板して、防御率『1.82』と安定した成績。現在中継ぎ左腕が豊富な一軍ですので、ファームでしっかりと数字を残し、機を待ってもらいたいと思います。

46【植村 祐介】投手・・・昨年初めて一軍昇格を果たして2試合登板した将来エース候補の右腕は、今シーズンは未だファーム暮らし。ここまでファームで10試合に登板し、防御率『4.45』の成績は、いまいち納得のいかない数字・・・。北海道【北照高校】時代、現在【東北楽天ゴールデンイーグルス】に所属する【田中】投手と投げ合った右腕は、早くその才能を開花してもらいたいところ。しっかりとファームで投げ込み、早く【田中】投手との対戦が観たいものです。

47【菊地 和正】投手・・・今シーズン、肉体改造をして鍛え上げられた身体は脅威的に成長をし、開幕一軍入りを果たして、ここまで大活躍。一軍登録投手最多の28試合に登板し、プロ入り初勝利を含む1勝1敗、防御率『2.41』の成績。三振が取れる投球で、三振数も中継ぎ陣ではダントツの31奪三振。今後もさらなる活躍を期待し、将来的には先発投手も任せてもらいたいと思います。

48【谷本 圭介】投手・・・ルーキーながら開幕一軍入りを果たし、中継ぎで期待されつつも、いまいち結果は残せずに現在ファーム暮らし。それでも一軍で13試合に登板し、2勝を挙げるも、防御率は『6.19』。ファームでの現在の調子も思わしくなく・・・頑張ってもらいたいと思います。

49【ライアン ウィング】投手・・・中継ぎ左腕として期待された助っ人は、キャンプ中に左肩を痛めてリタイヤ・・・。結局その後一軍どころかファームでの登板機会もなく、6月3日に精密検査のため帰国。おそらくそのまま退団となる見込みで・・・すっかり無駄金を使ってしまいましたね・・・。

57【松山 傑】投手・・・ファームでいきなり奪三振ショーで幕開けした今シーズン。ところがその後は安定感を欠き、現在までファームで6試合に登板して、防御率『13.50』の成績。現在は主に体力作り中ですかね?まだ20歳ですので、数年後の飛躍に期待しましょう。

59【金森 敬之】投手・・・2007年の交流戦から頭角を現した右腕ですが、昨年のオフ、練習中に捻挫。今シーズンは5月5日に一軍昇格するも、結果が残せずにすぐに登録抹消。現在までファームでは、主にクローザーとして18試合に登板し、防御率『1.83』と安定した成績。近いうち一軍昇格は見込めそうですね、頑張っていただきましょう。

60【伊藤 剛】投手・・・11年目を迎えるベテラン右腕は、今シーズンはあまり登板機会が無く、ファームで4試合に登板して、防御率『11.25』の成績。おそらく今シーズンはこのまま一軍からお呼びがかかる事はない見込みで、正直今シーズンが正念場かと・・・。人間性は非常に評価されているので、コーチなどになると良いのでは?と思われます・・・。

66【ダース ローマシュ匡】投手・・・2008年5月6日のVS【埼玉西武ライオンズ】戦にて初めて一軍昇格をして登板し、勝敗はつかずとも好投をしたので、今年はブレークか!?と思っていたのですが・・・。ファームのオープン戦では積極的に起用されていたものの、シーズンに入ってからは未だ登板無し。ルーキーイヤーの2007年も未登板で、主に体力作り。相当大事に教育されているのでしょうか?球速には問題が無いのですが、とにかく課題はコントロール・・・。活躍を期待するひとりですので、頑張ってもらいたいと思います。

67【豊島 明好】投手・・・ルーキーイヤーの昨年は開幕一軍入りした左腕も、今シーズンは未だ一軍昇格は無し。ファームでのここまでの成績は、6試合に登板して、防御率『4.00』。今後の中継ぎ左腕の中心として、数年後の活躍に期待します。

68【浅沼 寿紀】投手・・・高卒2年目左腕は、まだまだ体力作り中。ここまでファームで3試合に登板するも、防御率は『9.00』。こちらも数年後の活躍に期待しましょう。

70【津田 大樹】投手・・・今シーズン、背番号を48から70に『降格』された2年目右腕は、現在もっぱら体力作り。今シーズンは未だファームでも未登板。こちらも数年後の活躍に期待ですかね。

とまあ、こんな感じのファイターズ投手陣。
いやはや、好き放題書かせて頂きましたが、どうあれ今後『打高投低』と言われないよう、活躍を期待する次第でございます、はい。

投手王国目指して・・・とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/521-70fd719f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。