とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月17日VS【阪神タイガース】戦、戦評

6月17日VS【阪神タイガース】戦in『京セラドーム』
○『10-5』・・・猛打爆発、21安打で快勝!
先発【八木 智哉】投手、無傷の5勝目!

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『京セラドーム』にて、VS【阪神タイガース】との交流戦。
ここまで対戦成績1勝1敗1引き分け。
今日が最終戦ですので、ぜひともカード勝ち越しを目指していただきましょう。

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、元ファイターズ戦士、ベテラン左腕の【下柳】投手。
ここまで4勝0敗の【八木 智哉】投手、前回の登板では手痛い同点ホームランを被弾してしまいましたから、今日は注意していただきましょう。

今日はまだ足の具合が完璧ではない【稲葉 篤紀】選手がベンチスタートで、スタメンライトには【森本 稀哲】選手。
打順3番には【糸井 嘉男】選手が起用されました。
【森本 稀哲】選手のライトって・・・あまり記憶が無いですね・・・。
スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(右)【森本 稀哲】選手
3番(中)【糸井 嘉男】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(遊)【金子 誠】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(投)【八木 智哉】投手

===《試合経過》===

初回のファイターズの攻撃。
先頭打者【田中 賢介】選手がいきなりツーベースヒットで出塁すると、【森本 稀哲】選手がきっちり送って1アウト3塁。
続く【糸井 嘉男】選手、そして今日も4番の【高橋 信二】選手が連続タイムリーツーベースヒットを放って『2-0』
今日も初回に得点を奪い、これで5試合連続して初回の得点です。

立ち上がりの【八木 智哉】投手は1回表、単打と犠打で1アウト2塁とされるも、後続を落ち着いて打ち取り無失点。
ところが2回裏に【桜井】選手に特大のソロホームランを被弾し『2-1』と、今日もまた被本塁打での失点です。

3回表、この回先頭打者の【高橋 信二】選手、続く【ターメル スレッジ】選手が連続単打で出塁すると、【小谷野 栄一】選手が送って1アウト2塁3塁。
そこで【金子 誠】選手が、狭い三遊間をゴロで抜けるタイムリーヒットを放って『3-1』と、再び点差を2点に広げました。

ところが3回裏、簡単に2アウトを取った後に、【関本】選手にツーベースヒット、【新井】選手に単打を打たれて2アウト1塁3塁とされると、【金本】選手にタイムリーヒットを打たれて『3-2』
2アウトからの3連打で、再び点差を1点にと縮められてしまいました。

追加点が欲しいファイターズ打線は5回表、この回先頭打者の【高橋 信二】選手が四球を選んで出塁すると、続く【ターメル スレッジ】選手が単打で出塁してノーアウト1塁3塁。
【小谷野 栄一】選手がきっちりと犠牲フライを上げて『4-2』と、再び2点差に。
さらに6回表には、この回先頭打者の【田中 賢介】選手が左中間に打球を運び、タイガース守備陣が交錯している間に快足を飛ばしてスリーベースヒット、ノーアウト3塁。
さらに【森本 稀哲】選手も右中間へタイムリースリーベースヒットを放ち、珍しい連続スリーベースヒットで『5-2』
さらに1アウト後、4番【高橋 信二】選手がタイムリーツーベースヒットを放ち、この回長打3本で2得点、『6-2』と点差を広げました。

4点のリードをもらった【八木 智哉】投手ですが6回裏、1アウトから単打と四球で1アウト1塁2塁とされたところで降板。
勝利投手の権利を持ったまま、マウンドを2番手【江尻 慎太郎】投手に託します。
その【江尻 慎太郎】投手、四球を与えて2アウト満塁のピンチを招きますが、【関本】選手を見逃しの三振に斬って取り無失点。
ピンチを脱しました。

6回までにすでに13安打放っているファイターズ打線は、さらに打線の勢いを増します。
7回表、この回先頭打者の【金子 誠】選手が倒れるも、【鶴岡 慎也】選手、代打【坪井 智哉】選手、【田中 賢介】選手が連続単打で出塁して1アウト満塁とすると、【森本 稀哲】選手がセンター前へ2点タイムリーヒットで『8-2』
続く【糸井 嘉男】選手が倒れるも、4番【高橋 信二】選手が、今日4安打目となるタイムリーヒットを放って『9-2』と、この回も5安打を集中させて3得点。
ほぼ勝利を確定させました。

余裕をもったファイターズは8回裏、昨日一軍昇格してきたばかりの左腕【山本 一徳】投手を4番目の投手としてマウンドへ。
ところがこの回先頭打者の【桜井】選手に、フルカウントまで粘られた末に、今日2本目のソロホームランを被弾『9-3』
さらに【鳥谷】選手の打球は打ち取ったかと思えたも、セカンド【田中 賢介】選手のグラブのわずか下を通り、ツーベースヒットとなり、ノーアウト2塁。
続く【狩野】選手を内野ゴロに打ち取って1アウト2塁としたところで降板。
マウンドを5番手【菊地 和正】投手に託します。
その【菊地 和正】投手、代打の【林】選手を三振に斬って取りますが、【赤星】選手に単打を、そして【関本】選手に2点タイムリーヒットを打たれて『9-5』・・・と、終盤に来て点差を4点にと縮められてしまいました。

ところが止まらないファイターズ打線は9回表、この回先頭打者で、途中の守備から入っていた【飯山 裕志】選手がショートオーバーの単打で出塁すると、続く【田中 賢介】選手が、今日なんと5安打目となる単打で出塁、ノーアウト1塁2塁。
続く【森本 稀哲】選手はセーフティー気味の3塁前への犠打も、それが内野安打となり、【森本 稀哲】選手も今日3安打目を放ち、ノーアウト満塁。
続く【糸井 嘉男】選手は、押し出しとなる死球を受け『10-5』、なおもノーアウト満塁。
さらなるビッグイニングのチャンスも、途中から守備に入っていた【稲田 直人】選手が空振りの三振。
やはり途中の守備から入っていた【村田 和哉】選手の打球はサード正面へのゴロで、本塁に送球されて2アウト。
続く打席は今日スタメン野手で唯一安打の無い【小谷野 栄一】選手。
ネクストバッターズサークルでは【中田 翔】選手が控えるも、その【小谷野 栄一】選手はセンターフライに倒れてスリーアウト・・・。
【中田 翔】選手の打順が回ってくる事はなかったものの、この回さらに追加点で、最終回は守護神【武田 久】投手にすべてを任せます。

中6日の登板となった【武田 久】投手は危なげないピッチングで、最後は連続三振に斬って取り試合終了!
【田中 賢介】選手5安打、【高橋 信二】選手4安打、【森本 稀哲】選手3安打・・・と、3人の猛打賞を出し、チーム安打数は21安打。
チーム打率も『.291』と再び2割9分台に乗せ、快勝でこのカード2勝1敗1引き分けの勝ち越し。
【福岡ソフトバンクホークス】が敗戦したので、再びリーグ単独首位にとなりました。

それにしても21安打で10得点は、少ない感じ・・・。
残塁14は、ちょっといただけなかったですかね・・・な、試合でした。

===《戦評》===

この日の先発投手【八木 智哉】投手は、これで7試合に先発登板して5勝0敗、防御率『2.18』
この日も余計な被本塁打がありましたが、それでも安定感を感じます。
結局5回3分の1イニングを投げて、被安打8の失点2(自責点2)ですからね、素晴らしい成績です。
このままローテーションを守り、今シーズンは二桁勝利を望みます。

4番手で登板した【山本 一徳】投手。
結果的には3分の1イニングの登板で、被本塁打を含む被安打2、失点2(自責点2)の内容も、それほど悪いピッチングではありませんでした。
球は走っていましたからね、今後も良いピッチングが期待出来ると思いますので、頑張ってもらいたいものです。

ところでその【山本 一徳】投手がマウンドに送られた時の、テレビアナウンサーの方・・・。
>「ファイターズは千葉県の『鴨川』にファームがあり・・・」って、ちょいと待てよと。
それは『鎌ヶ谷』の間違いですね?
確かにその昔は『鴨川』でキャンプをしていましたが・・・訂正してもらいたかったな~・・・まあ良いか・・・。

さて、この日は21安打を放った打線。
【田中 賢介】選手は6打席回ってきて、5打数5安打1四球で、打率『.311』
【高橋 信二】選手は5打席回ってきて、4打数4安打1四球で、打率『.337』
【森本 稀哲】選手は6打席回ってきて、4打数3安打1四球1犠打。
いやはや、素晴らしいですね。

もうあと3打席で規定打席に到達する【糸井 嘉男】選手の打率も『.327』
この日も2安打放った【金子 誠】選手の打率は『.328』
この日欠場した【稲葉 篤紀】選手の打率も『.335』と、ずらりと並んだ3割打者。
いや~、昨年の打線では考えられなかったですな~・・・。

まだ【糸井 嘉男】選手が規定打席に到達していないのでランキングされていませんが、現段階で打率ベスト10に4人のファイターズ戦士!
これでね、今ちょっと当たりの止まっている【小谷野 栄一】選手が復活し、怪我から復帰したばかりの【ターメル スレッジ】選手に当たりが戻ったら、本当に怖い打線になりますね。
『打線は水物』とは言いますが、この好調をこのまま維持し、ぜひとも強力打線でリーグ制覇を狙ってもらいたいものです。

===《最後に》===

さて、今日・明日は試合はお休みで、土曜日から『マツダスタジアム』にて【広島東洋カープ】との交流戦2連戦。
いよいよその2連戦で交流戦全日程が終了です。

東洋カープとのここまでの対戦成績は、1勝1敗。
現在交流戦成績は11勝10敗1引き分けですので、とにかくまず1勝して、交流戦勝ち越しを、そして東洋カープに勝ち越しを狙ってもらいましょう!

この最終2連戦のファイターズの予想先発投手は【ダルビッシュ 有】投手⇒【糸数 敬作】投手。
まずは【ダルビッシュ 有】投手で交流戦勝ち越しを決めていただき、ラクな気持ちで【糸数 敬作】投手に繋いで、【糸数 敬作】投手にプロ入り初勝利を!
そして気持ち良く交流戦を終えて、再びリーグ戦で火花を散らしていただきましょう!

交流戦勝ち越しを目指して・・・とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

こちらにも注目!
☆【楽天市場】父の日特集⇒


###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

おひさしぶりです。
また愚痴っぽくなりますが、あいも変わらず梨田はつまらない野球やってるみたいですね。また、中田のことになりますが、普通の監督なら小谷野一塁に回すのではなく中田を起用したと思いますけどね。9回のノーアウト満塁でも無策でしたね。稲田に代打中田で小谷野を三塁に戻し、一塁中田でもいいわけですよ。それか、このところ全然打てない内容も悪い小谷野に代打中田でもいいわけですよ。残りイニング1回で5点差しかも抑えのエースの投入も決まってたみたいだしね。それなのに使えませんか。中田もそうだけど、久も信用ないってこと?本来8回の段階でもほぼ試合が決まった状態でした。普通ならそこで中田ですよ。使わないどころか守備固めして逆に追い上げられるって。う~~ん、どう考えても梨田の考えてることが理解できません。私が、相当な馬鹿なのでしょうか。前日の試合の中田の起用の仕方もみなつさんがおっしゃるようにさっさと適当な場面で使って批判をかわすような厄介払い的な起用に私も見えました。使うのはいいんですが、中田に対する期待感を全然感じない起用なんですよね。梨田には中田が守備に入ると必ず失敗することが決まってるのでしょうか。そうとしか思えない起用がずっと続いてるんですよね。
梨田は捕手の大野を寵愛してますけど、捕手のほうがずっと試合への影響力が大きいし、常にリードなど失敗すると失点する可能性を秘めたポジションですよね。そこにはまだまだ未熟な大野を使えるのに中田は使えませんか。捕手だって現時点じゃ高橋の方が大野より上だと思いますけどね。私には監督梨田は元阪神の岡田とだぶります。ずばり言うと焼畑野球なんです。ある程度計算できる戦力にこだわり次なる戦力になる選手の育成を怠っているのです。JFKの酷使による勝利至上主義。これらが確実に現在の阪神の凋落の原因になっているのです。以前から書いてますけどプロは勝つだけじゃダメです。勿論勝つことは大事なのですがファンをひきつける魅力あるチーム作り、そして試合をしないとだめなのです。今の北海道でのハム人気があるのも戦力だけじゃない新庄の魅力があったのは確かじゃないですかね。首位を走ってるチームの監督に次期監督の話が出ること自体が問題を抱えていると思いますが、間違っているでしょうか。梨田の偏った選手起用はほんとに試合をつまらなくさせます。ファンの期待に答えてくれません。プロとして大いに問題ありです。

  • 2009/06/18(木) 14:31:11 |
  • URL |
  • ばおばぶ #-
  • [ 編集]

>ばおばぶさま
コメントありがとうございます。

私も昨日、最低でも9回表の【小谷野 栄一】選手のところで代打【中田 翔】選手を期待していました。
【中田 翔】選手は大阪で大人気ですからね、おそらく9回2アウト満塁の場面で起用すれば、たとえアウトとなっても盛り上がっただろうし、大敗をしていたタイガースファンの方々も試合を楽しめたと思います。

【武田 久】投手の投入は、中6日開いていたので予想はしていましたので、まあ良しとしましょう。

【大野 奨太】選手・・・。
まだまだ攻め方が甘いですね。
どうしても外角に逃げてしまう。
そこらへんは【高橋 信二】選手とダブってしまいます。
期待度が高いのはわかりますが、個人的には【今成 亮太】選手のリードの方が好きだな~。
でも今後も昇格の見込みが少ないのは、酷ですね・・・。

交流戦も残り2試合。
その後リーグ戦に戻り、そこからの【中田 翔】選手の起用方法が気になります。
本当、我々ファンとしては、面白い試合を観たいですよね。
勝つのは良いですけど、それだけでは・・・ねぇ~・・・。

  • 2009/06/18(木) 17:36:35 |
  • URL |
  • みなつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/512-2c22fbd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。