とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月27日VS【横浜ベイスターズ】戦、戦評

5月27日VS【横浜ベイスターズ】戦in『相模原市立相模原球場』
●『4-5』・・・攻撃場面での疑問符が並び、痛恨の3連敗・・・。
『セ・リーグ』野球のつまらなさを、今日も個人的に感じてしまいました・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から【横浜ベイスターズ】との2連戦。
今日は『相模原市立相模原球場』での『セ・リーグ』主催試合です。

今日の先発投手は、予想通り【ブライアン スウィーニー】投手VS、新加入助っ人左腕【ウォーランド】投手。
スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手で、ファーストに【高橋 信二】選手。
前回の試合に続いて【高橋 信二】選手が4番に入り、5番に【小谷野 栄一】選手。
7番に【金子 誠】選手が入り、スタメンオーダーも何の工夫も無い、一番つまらない予想通りです。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(三)【小谷野 栄一】選手
6番(中)【糸井 嘉男】選手
7番(遊)【金子 誠】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(投)【ブライアン スウィーニー】選手

===《試合経過》===

立ち上がりの【ブライアン スウィーニー】投手、先頭打者にいきなりスリーボールとするも、センターフライに打ち取り、さらに後続を連続三振で仕留め、まずまずの立ち上がり。
ところが2回裏、この回先頭打者の【村田】選手にツーベースヒットを打たれ、さらに【吉村】選手に四球を与えると、【ジョンソン】選手にスリーランホームランを被弾『0-3』
いきなり3点のビハインドです・・・。

一方打線はベイスターズ先発投手【ウォーランド】投手の前に毎回三振を喫してしまいますが、4回表、1アウトから【高橋 信二】選手がチーム初安打で出塁すると、【小谷野 栄一】選手が三振で倒れて2アウトとなるも、【糸井 嘉男】選手が対左も苦にせずヒットで2アウト1塁2塁。
続く【金子 誠】選手が4試合ぶりのヒットとなる2点タイムリースリーベースヒットで『2-3』
なおも追加点のチャンスも、【鶴岡 慎也】選手が敬遠の四球で歩かされ、2アウト1塁3塁の場面で打席には【ブライアン スウィーニー】投手・・・。
打撃慣れしていない【ブライアン スウィーニー】投手は三振で倒れ、追加点はならず・・・。
今日もまた『セ・リーグ』主催試合のつまらなさを見せられてしまいました・・・。

2回に本塁打を被弾した【ブライアン スウィーニー】投手ですがその後は好投を続け無失点に。
ところが5回裏、1アウトから【金城】選手のピッチャーゴロを、【ブライアン スウィーニー】投手が1塁悪送球で1アウト2塁・・・。
続く【石川】選手を三振に斬って取るも、【内川】選手にタイムリーヒットを打たれて『2-4』・・・と、自らの凡ミスで追加点を与えてしまいました・・・。

2点リードされた6回表のファイターズの攻撃。
【高橋 信二】選手が単打で出塁し、【小谷野 栄一】選手が三振で倒れるも、【糸井 嘉男】選手が単打で続き、1アウト1塁2塁。
続く【金子 誠】選手の打席で右腕【真田】投手に代わるも、得点圏打率5割を誇る【金子 誠】選手は、期待通りにタイムリーツーベースヒットを放ち『3-4』
なおも1アウト2塁3塁の場面で、【鶴岡 慎也】選手が四球を選び、1アウト満塁のさらなる得点のチャンス。
そこで代打【坪井 智哉】選手が告げられるも、相手投手が左腕【石井】投手にスイッチ。
それを受けて代打の代打で【二岡 智宏】選手が送られると、センターの深い所へ犠牲フライで『4-4』と、最低限の仕事。
なおも2アウト1塁2塁も、【田中 賢介】選手が内野ゴロに倒れてこの回終了・・・。
それでも中盤に来て、試合を振り出しに戻しました。

6回からマウンドには【宮西 尚生】投手が送られ、三者凡退の好投。
7回からは【菊地 和正】投手が送られ、これまた三者凡退の好投・・・と、流れがファイターズに向いています!と、思われましたが・・・。

8回表、ファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が、今日猛打賞となるライト前ヒットで出塁するも、【金子 誠】選手の打席で盗塁失敗・・・。
【金子 誠】選手も倒れて2アウトランナーなしとなるも、続く【鶴岡 慎也】選手がツーベースヒットで出塁、2アウト2塁。
ここで打席に【菊地 和正】投手に代わって・・・と思うも、そのまま【菊地 和正】投手が打席に送られ、空振り三振、無得点・・・。

すると8回裏、そのまま続投の【菊地 和正】投手が【村田】選手にソロホームランを被弾し『4-5』・・・。
結局それが決勝点となり、試合はそのまま終了でチーム3連敗・・・。
なぜ8回表のあの場面で、【菊地 和正】投手を打席に送ったのか?
7回裏は好投したとは言え・・・どうも腑に落ちません。
今日の敗戦は、完全に指揮官の作戦ミス。

それにしても本当に『セ・リーグ』主催試合ってのは・・・と思わされた試合でした・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【ブライアン スウィーニー】投手。
2回のスリーランホームランは痛かったですが、内容は決して悪くは無かったと思います。
ただいただけなかったのは、自らの送球ミスをきっかけに失点した5回裏・・・。
この日の試合は、あそこがひとつのカギでした。

打撃面では、この日も二桁安打とまあ順調。
この日は【高橋 信二】選手、【糸井 嘉男】選手が猛打賞の活躍に、【金子 誠】選手が4試合ぶりのヒットと3打点。
ただ前回の試合で久しぶりにヒットを打った【小谷野 栄一】選手が復活したと思いきや、この日は4打数無安打3三振で、完全に流れを切ってしまいました・・・。
ただこの日は【金子 誠】選手が好調でしたのでね、それらをフォロー出来ましたが、【小谷野 栄一】選手の完全復活を願う次第でございます・・・。

それにしてもこの日も、個人的に面白く感じなかった『セ・リーグ』野球・・・。
4回表、2点返してなおも2アウト3塁の場面。
打順は8番【鶴岡 慎也】選手⇒9番【ブライアン スウィーニー】投手。
作戦なので解りますが、案の定【鶴岡 慎也】選手を敬遠の四球で歩かせ、【ブライアン スウィーニー】投手が三振・・・。
4回ですしね、好投している【ブライアン スウィーニー】投手を交代する訳にもいかないのは十分承知。
これが指名打者が使える『パ・リーグ』主催試合なら、そのまま緊迫した場面が続くのに・・・。
やはり『セ・リーグ』野球には、興醒めしてしまいます・・・。

そんな『セ・リーグ』主催試合で、もっと解せなかったのは、8回表の攻撃。
2アウトながらランナー2塁の場面で、なぜ打席に【菊地 和正】投手をそのまま送る?
7回は好投をしていたからって、8回・9回の中継ぎがいない訳ではないでしょう?
あれは完全に『延長戦』を意識した、守りの野球。
そんな保守的な考えが、結果的に敗戦に繋がったんだと思います。

あそこの場面でね、私は【中田 翔】選手や、対右の場面だったので、守備固め的に思われつつも何だかんだで打撃が良い【稲田 直人】選手なんかを代打で送ってもらいたかったですね。
それでね、例えば三振をしても、それは攻めた姿勢からの結果であって、納得ができます。
ところがね、そのまま【菊地 和正】投手って・・・。
【菊地 和正】投手が、もしかしたら打撃が凄い得意なのかも知れません。
知れませんが、少なくとも打席に立っている回数を考えたら【中田 翔】選手や【稲田 直人】選手の方が確率的に高いでしょ?

おそらくね、それも『延長戦』を見込んでの作戦。
『延長戦』になった時、さらなるチャンスの場面で【中田 翔】選手を起用しようと思っていたのかも知れませんが、そんな守りの姿勢が結果的に失敗した訳ですよね。
『野球は9回で終わるもの』という姿勢で、もっともっと攻め続けてもらいたかったと思います。

個人的な意見としては、【二岡 智宏】選手を代打で送った場面、あそこを【中田 翔】選手に任せてもらいたかったですね。
ファームでも使用しているこの球場、【中田 翔】選手はホームランも放っていますからね。
【二岡 智宏】選手は犠牲フライという最低限の仕事はしましたが、今後のチームの勢いをつけるためにも、若い選手に責任感と自信を持たせてやりたかった場面だったと思いました・・・。

どうあれこの日の試合の敗戦は、指揮官の完全なる作戦ミス。
消極的な攻撃が、敗戦を呼び込んでしまったのだと思います。
もっともっと積極的な攻撃を!と、そんな野球を私は期待いたします・・・。

===《最後に》===

さて、どうあれ今日こそは連敗を脱出してもらいましょう!
そして気持ち良く札幌へ!

今日の予想先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、浜の番長【三浦】投手。
となると、今日の先発マスクは【大野 奨太】選手VS【細山田】選手のルーキー対決!
これはこれは、こちらも見ものですな~、注目です。

それ以外はおそらく昨日と同じオーダーですね。
個人的な理想としては、スタメンレフトに【村田 和哉】選手を起用してもらいたいと思いますが・・・。

今日の横浜地方、天気予報は『雨』
現在も東京は雨降りで、今日の試合は明日に順延さる可能性が大きいです・・・。
ちなみに明日に順延した場合、それぞれ投手はスライドとなるでしょう。
出来ればね、今日開催してもらった方が、次のカードへの移動がラクなので理想ですが、まあ屋外球場はお天気には勝てませんから・・・。

とにもかくにも連敗脱出を目指して!今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

こちらにも注目!
☆【楽天市場】父の日特集⇒


###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

セ・リーグの野球はつまらないとか言ってる分際で、セ・リーグの野球にあわせた采配ができないとか言って梨田をバカにするのはどうかと思いますね。

  • 2009/05/28(木) 10:14:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

そんなつもりは全く無いのですが・・・。

コメントありがとうございます。
【梨田】監督をバカにしているつもりは毛頭ございません。
今回の作戦は、完全に消極的にいった采配がミスだったのだろうと書きたかった訳でございまして。

『セ・リーグ』の野球は、私は慣れていないせいで非常に繋がりが悪く、面白く感じないのは正直な感想。
それでも、交流戦ならしょうがない事、ルールですからね。
それに対して【梨田】監督が対応していないとは全く思ってはおりません。
そのような内容を書いたつもりは全く無いのですが、そのように受け取られてしまったのならそれは私の文章力の無さですね、反省いたします。

ちなみにあの8回表の攻撃は、『セ・リーグ』采配うんぬん以前の問題では無いでしょうか?
どうやら【菊地 和正】投手は、打撃では投手の中でもっとも上手くは無いひとりだそうで・・・。
【梨田】監督の思惑は、【菊地 和正】投手が凡退しても、9回の攻撃が1番から始まるから・・・との理由。
打撃での8回表の得点より、【菊地 和正】投手の8回裏の好投を期待して・・・とはわかりますが、実際ブルペンでは【江尻 慎太郎】投手も【建山 義紀】投手も【武田 久】投手も仕上がっていた訳ですから、あそこはやはり代打を送って、その後はブルペン陣に頼った方が良かったかと思われます。
同じ敗戦でも、その方が『攻め』を感じ、私としても『最善を尽くしたのに負けちゃった、しょうがないか・・・』となったのですが・・・。

ご訪問ありがとうございます。
ちなみに私はプロ野球選手に限らず、いろんな世界で成功している方々を非常に尊敬しております。
なので、選手の方々、監督を含め、決して『呼び捨て』にすることはございません。
コメントで、【梨田】監督の事を【梨田】と呼び捨てにされるのはどうかと思いますので、そこはお気を付け下さい・・・。

  • 2009/05/28(木) 11:29:48 |
  • URL |
  • みなつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/478-24c32824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。