とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月15日VS【オリックスバファローズ】戦、戦評

4月15日VS【オリックスバファローズ】戦in『札幌ドーム』
○『11-5』・・・打線が爆発して快勝!
『札幌ドーム』今シーズン初勝利&【菊地 和正】投手プロ初勝利&【金子 誠】選手7試合連続2塁打の日本記録達成!

===《試合前&スターティングメンバー》===

今シーズンまだ勝利のない本拠地『札幌ドーム』での5戦目。
今日こそは初白星を!

今日の先発投手はルーキー【榊原 諒】投手。
そしてスタメンマスクには、同じくルーキー【大野 奨太】選手が起用され、フレッシュなコンビ。
相手投手は左腕【山本】投手なので、スタメンセンターには【森本 稀哲】選手、ファーストには【高橋 信二】選手が起用され、指名打者は【二岡 智宏】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(左)【ターメル スレッジ】選手
5番(一)【高橋 信二】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(指)【二岡 智宏】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【榊原 諒】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの【榊原 諒】投手。
昨日の試合のリプレーのように、先頭打者【大村】選手をツーベースヒットで出塁を許し、いきなりノーアウト2塁の状況。
その後2者連続三振で2アウトを取るも、4番【ローズ】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-1』
さらに【後藤】選手にツーベースヒットを打たれるも、後続を三振で斬って取り、初回1失点も、アウトはすべて三振という立ち上がりです。

そんな【榊原 諒】投手を援護したいファイターズ打線は初回、先頭打者【田中 賢介】選手が単打で出塁すると、すかさず盗塁。
その後三塁まで進塁するも、初回は無得点・・・。
2回裏にも2アウトながら2塁3塁のチャンスを作るも無得点・・・と、なかなか援護が出来ません。

すると3回表、連打と外野へのライナー、そして四球を与えて1アウト満塁のピンチを迎えた【榊原 諒】投手。
続く【後藤】選手の内野ゴロの間に1失点し『0-2』と、序盤で2点を与えてしまいました。

しかしその裏のファイターズ。
この回先頭打者の【田中 賢介】選手がツーベースヒットで出塁すると、【森本 稀哲】選手のタイムリーヒットで生還『1-2』
バッターランナー【森本 稀哲】選手が2塁で憤死して1アウトランナー無しになるも、続く【稲葉 篤紀】選手が単打で出塁、4番【ターメル スレッジ】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『2-2』の同点にすると、2アウト後、【小谷野 栄一】選手が3号逆転ツーランホームランで『4-2』
一挙に逆転をし、先発【榊原 諒】投手に心強い援護射撃です。

2点の援護をもらった【榊原 諒】投手は、4回・5回と三者凡退に切り抜け、勝利投手の権利。
そのままの調子で6回表も登板するも、2本のヒットを打たれて2アウトながら1塁3塁のピンチ。
そこで【坂口】選手にタイムリーヒットを打たれて『4-3』
さらに続く【大引】選手に四球を与えて2アウト満塁となったところで、マウンドを【宮西 尚生】選手に託して降板です。
代わった【宮西 尚生】投手は気合のピッチングで、【大村】選手をセカンドゴロで・・・と思うも、名手【田中 賢介】選手がそれをファンブルして、痛恨のタイムリーエラー『4-4』・・・。
ルーキー【榊原 諒】投手の勝利投手の権利を失うと共に、同点に追いつかれてしまいました。

ところが打線好調のファイターズ。
すでに4回終了次点で10安打放っており、5試合連続の二桁安打。
そして6回裏には、この回先頭打者の【小谷野 栄一】選手がこの日3安打目となる単打で出塁し、【二岡 智宏】選手が四球、【大野 奨太】選手が単打で続いてノーアウト満塁のチャンス。
そこで【金子 誠】選手が、7試合連続の日本新記録となる走者一掃タイムリーツーベースヒットを放ち『7-4』
続く【田中 賢介】選手が内野ゴロで倒れるも、1アウト3塁となり、続く【森本 稀哲】選手のタイムリーヒットで追加点『8-4』
さらに【稲葉 篤紀】選手が四球を選び、【ターメル スレッジ】選手が倒れて2アウト1塁2塁になるも、続く【高橋 信二】選手がエラー出塁して2アウト満塁。
続くこの回2打席目の【小谷野 栄一】選手が、この日4安打目となる2点タイムリーヒットを放ち『10-4』
さらに【二岡 智宏】選手にもタイムリーヒットが生まれ『11-4』・・・と、この回一挙に7得点し、この試合での安打数も『17本』となりました。

その後7回表に【カブレラ】選手にソロホームランを打たれて『11-5』となるも、試合はそのまま終了して『札幌ドーム』初勝利!
先発ルーキー【榊原 諒】投手に勝利投手はつきませんでしたが、3番手の5年目【菊地 和正】投手がプロ入り初勝利。
好調【金子 誠】選手に日本新記録も生まれ、実に気持ちの良い試合となりました。

===《戦評》===

この日の先発、ルーキーの【榊原 諒】投手、5回3分の2イニングを投げて、被安打8、失点4(自責点4)の成績も、奪三振は7と、内容的には文句無しの内容。
6回が踏ん張れなかったのが惜しいですね、勝利投手をつけてあげたかったです。

投手の継投は、2番手【宮西 尚生】投手⇒【菊地 和正】投手で、勝利投手は【菊地 和正】投手に。
これは本人もコメントしていましたが、私も【宮西 尚生】投手に勝利が付くのだと思っていました。
どうあれ5年目にしてプロ入り初勝利を挙げた【菊地 和正】投手、今後の活躍も期待します。

そしてこの日も打線が爆発!
17安打を放ち、チーム打率は脅威の『.329』で12球団ダントツトップ!
得点69も12球団トップで、昨年まででは考えられない数字。
チーム本塁打数も15本?
これまた昨年まででは考えられないな~・・・。

打線の中でも特に絶好調の【金子 誠】選手は、この日、日本新記録となる7試合連続2塁打の記録を樹立。
昨日も4打数2安打3打点の活躍で、目下リーグトップの打率は『.528』と5割を維持。
打撃成績4位には【稲葉 篤紀】選手が『.395』で入り、さらにこの日4安打の【小谷野 栄一】選手も『.333』で堂々の12位。
【田中 賢介】選手が『.318』、【ターメル スレッジ】選手が『.317』と、3割打者がずらりと並ぶ脅威の打線。
いやはや、今シーズンはチームカラーがガラリですね。
この次点で勝率『.500』の4位にいるのが、納得できませんが・・・。

===《最後に》===

さあ、今日はカード勝ち越しを狙っていただきます。
今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、4年目左腕【中山】投手。
左腕対決という事で、今日のスタメンも昨日と同じような感じですかね?
おそらく先発マスクは【鶴岡 慎也】選手で、それ以外は同じかな?
個人的には今日も【大野 奨太】選手で行ってもらいたいのですが・・・。

どうあれ今日も打線爆発、そして【金子 誠】選手のさらなる記録継続を願いつつ・・・とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆♪そ~っとのぞいてみてごらん・・・⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/422-9c9fc5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。