とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイターズ、この1年を振り返る・・・(其の十八)

【読売巨人軍】にトレード移籍した【MICHEAL】投手が、オーストラリアから緊急帰国して巨人軍の球団事務所で会見。
両親ともジャイアンツファンだという事で、何だかウキウキモードの【MICHEAL】投手。
さらに、気分を一新するために、登録名も【M・中村】にするそうで・・・。
なんだろう、ちょっと興醒め・・・。
応援する気が失せてしまいました・・・。
まあとにかく、頑張って下さい・・・。

それにしても【読売巨人軍】、このオフは熱いですね。
【清水】選手も、【埼玉西武ライオンズ】に金銭トレード。
先日は【小坂】選手も【東北楽天ゴールデンイーグルス】に金銭トレードで放出し、若返りを図っている模様。
まあね、毎年のように大枚をはたいてよそのチームの4番打者を集めるような事より、何百倍も良い事だと思います。

###
(公式戦・第14節~第15節)
7月22日からは地元『札幌ドーム』にて2カード6連戦。
始めは【千葉ロッテマリーンズ】との3連戦で、この日から『WE LOVE HOKKAIDO シリーズ2008』と名打ってのシリーズで、黒を基調とした特別ユニフォームでの試合。
試合前には【森本 稀哲】選手のパフォーマンスも見られました。

初戦の先発投手はしばらく勝ち星から遠ざかっている【ブライアン スウィーニー】投手。
打線が4回まで3得点してくれ、その後2失点するも粘りの投球で6回途中を被安打6、失点2の好投。
6回途中からは【建山 義紀】投手、【武田 久】投手、【MICHEAL】投手のリレーで無失点。
チームは勝利で、【ブライアン スウィーニー】投手は6月21日以来の7勝目です。

2戦目は、ファームで調整していた【藤井 秀悟】投手が登録され、先発投手。
それに伴ないこの日23歳の誕生日である【村田 和哉】選手が登録抹消となりました・・・。
試合はマリーンズ先発投手【清水】投手との投手戦。
6回まで【1-1】の同点も、7回表に3連打を打たれて2失点。
その裏に1得点をするも追いつかず、悔しい敗戦。
それでも6回途中から登板した【金森 敬之】投手が、3イニングを被安打2、無失点の好投
試合には負けましたが、大きな収穫です。

3戦目。
前日に敗戦投手となったものの好投した【藤井 秀悟】投手が登録抹消され、替わって【伊藤 剛】投手が再昇格
この日は【ダルビッシュ 有】投手の先発で勝利を確信していたものの、【橋本】選手に満塁ホームランを被弾するなど、8イニング被安打11、失点5の内容。
打線も援護できずに敗戦。
マリーンズ先発投手【大嶺】投手に、プロ入り初勝利を献上してしまい、このカードは1勝2敗と負け越してしまいました。

25日からは、もっか首位の【埼玉西武ライオンズ】との3連戦。
現時点で『4.5』ゲーム離されているので、この3連戦でそれを縮めたいところ。
この日の先発投手は【多田野 数人】投手で、初回から丁寧なピッチング。
打線は2回裏に【小谷野 栄一】選手の2号ソロホームランで先制し、6回表に同点にされるも、その裏に再び【小谷野 栄一】選手のタイムリーヒットで勝ち越し
8回・9回は【武田 久】投手、【MICHEAL】投手の勝利の方程式で逃げ切って勝利。
【埼玉西武ライオンズ】とのゲーム差を『3.5』まで縮めました。

2戦目は、ファームから【金澤 健人】投手が登録され、そのまま今シーズン初の先発投手
それに伴ない【坂元 弥太郎】投手が登録抹消とまりました。
その【金澤 健人】投手は、毎回安打を打たれるも、5イニングを被安打6、失点1の好投。
打線も2回裏に4安打、犠打に敵のフィルダースチョイスも手伝って3得点。
【金澤 健人】投手は勝利投手の権利を持って降板するも、先日好投した2番手【金森 敬之】投手が捕まって3失点で逆転。
最終回にも【建山 義紀】投手が3安打を打たれて2失点で、この試合は敗戦。
7人の投手陣をつぎ込んできたライオンズに、悔しい敗戦です。

3戦目。
この日から『北京オリンピック』出場に伴ない【ダルビッシュ 有】投手が登録抹消
そして【ライアン グリン】投手が登録され、この日の先発投手です。
7月16日以来の登板となった【ライアン グリン】投手は、立ち上がりにいきなりヒットを許すも、その後は気合いのピッチング。
7回表に【佐藤】選手にツーランホームランを被弾するも、7イニングを被安打3、失点2の好投。
打線は2回裏に【稲葉 篤紀】選手の13号ソロホームランで先制するも、その後は沈黙。
それでも好投した【ライアン グリン】投手に黒星を付けまいと、8回裏に再び【稲葉 篤紀】選手のタイムリーヒットで同点にすると、そのまま試合は延長戦へ。
すると10回表、9回から登板していた【武田 久】投手が1失点。
10回裏には代打【ジェイソン ボッツ】選手のヒットを皮切りに、2アウトながら1塁2塁のチャンスを作るも無得点で敗戦。
このカードは1勝2敗で、【埼玉西武ライオンズ】とのゲーム差は『5.5』まで広がってしまいました。

28日からは福岡に移動して【福岡ソフトバンクホークス】との2連戦。
この日【ターメル スレッジ】選手が一軍登録され、替わって【ライアン グリン】投手が登録抹消となりました。
初戦は初回からホークス先発投手【パウエル】投手を攻め、一挙3得点。
その後もヒットを重ね、得点を重ねての大勝。
打線は14安打10得点を挙げ、そのうち12安打9得点が1番から5番までの打者にて。
その中でも、この日2番に起用された【工藤 隆人】選手が、5打数4安打2打点2得点の大活躍。
投げては先発投手【武田 勝】投手が、7イニング被安打5、失点1の好投で5勝目。
移動の疲れもなんのそので、気持ちの良い勝利です。

2戦目。
ホークス先発投手は、ファイターズの【陽 仲壽】選手の実兄【陽】投手が、初めての先発登板。
ところが制球が定まらず、四球・犠打・死球・四球・死球で、労せず押し出しの1得点。
なおも1アウト満塁の場面で、2番手【高橋】投手から、【高橋 信二】選手のタイムリーツーベースヒットに、【鶴岡 慎也】選手の2点タイムリーヒットで初回から一挙に5得点。
その後は4安打に抑えられるも、その5点を先発投手【ブライアン スウィーニー】投手が守りきり、【建山 義紀】投手、【武田 久】投手、【MICHEAL】投手のリレーで勝利。
【ブライアン スウィーニー】投手は8勝目を挙げ、チームもこのカード2連勝。
オールスター戦前の区切りの試合を勝利で締めくくり、首位【埼玉西武ライオンズ】とのゲーム差も『4.5』で、前半戦を終了しました。

オールスター戦明けは、『北京オリンピック』召集のために【ダルビッシュ 有】投手と【稲葉 篤紀】選手を欠いての試合。
きつい試合を余儀なくされる、厳しい展開が待っています・・・。

(続く・・・)

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>


スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/267-836b303f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。