とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイターズ、この1年を振り返る・・・(其の九)

今年の『沢村賞』は、ゴールデンイーグルスの【岩隈】投手に決定ですか。
おめでとうございます。

この『沢村賞』って、『15勝』『150奪三振』『10完投』『防御率2・50』『200投球回』『登板25試合』『勝率6割』の7項目が選考対象で、【岩隈】投手と【ダルビッシュ 有】投手のふたりだけが達成。
北京オリンピックの影響で1ヶ月近くチームを離れながら7項目達成の【ダルビッシュ 有】投手にも『ダブル受賞』との検討があったものの、>「久しぶりの20勝であり被本塁打がわずか3本など中身も良かった」との理由で【岩隈】投手に。
何だ、つれないですな~・・・。

そんな事で【ダルビッシュ 有】投手は、今年は『三井・ゴールデングラブ賞』のみの受賞。
『沢村賞』を意識していただけに、実に残念ですね。

そして、今シーズン初めてFA権を得た【建山 義紀】投手と、やはりFA権を得た【稲葉 篤紀】選手の残留が、ほぼ決定。
来シーズンも期待の戦力で、巻き返しを期待しましょう。

そう言えば、元ファイターズ戦士【井場 友和】投手が、トライアウトに参加すると。
2006年に戦力外通告を受けた後は、チャイニーズ台北の【興農ブルズ】でプレーし、現在は四国・九州アイランドリーグ【長崎】でプレー。
ぜひとも再びプロのマウンドに立って欲しいと願います!

そう言えば【鎌倉 健】投手は、どこにいるのだろう・・・。

###
(公式戦・第7節)
4月29日からは『千葉マリンスタジアム』にてVS【千葉ロッテマリーンズ】との3連戦。
中継ぎで思った結果が出せなかった【菊地 和正】投手が登録抹消され、『左母指末節骨骨折』でファーム調整中だった【稲田 直人】選手が一軍復帰となりました。

この日の先発は【武田 勝】投手の予定。
ところが試合前、マリーンズの打撃練習の打球が直撃し、『左親指末節骨骨折』との診断
急遽マウンドには、翌日登板予定だった【ブライアン スウィーニー】投手が志願登板となりました。
その【ブライアン スウィーニー】投手が気合のピッチングで、6イニングを被安打5、無失点の好投。
打線は、【陽 仲壽】選手にプロ入り初ホームランが生まれ【2-0】とリードするも、3番手【武田 久】投手が被安打2、与四球2と乱れて終盤同点に。
それでも9回表に【森本 稀哲】選手のタイムリーヒットで勝ち越し、そのまま勝利。
【ブライアン スウィーニー】投手に勝ち星は付かなかったものの、全員野球で3連敗だった嫌な空気を拭い去りました。

2戦目の先発投手は、【武田 勝】投手のアクシデントのため、急遽中5日で【ダルビッシュ 有】投手が登板。
その【武田 勝】投手が『左親指末節骨骨折』の診断で登録抹消されると、替わって【宮本 賢】投手がプロ入り初一軍登録
そしてこの試合から【稲葉 篤紀】選手が4番に起用され、好調【田中 賢介】選手が3番に起用。
1番【森本 稀哲】選手は変わらないものの、2番打者が入れ替わりオーダーとなり、この日は【工藤 隆人】選手が2番に。
試合は初回からファイターズ打線が爆発し、苦手だったマリーンズ【渡辺】投手から早々に3得点。
その後も小刻みに得点を重ねて、終始指導権を握る試合展開。
4番に起用された【稲葉 篤紀】選手が期待に応えて4安打の固め打ち。
先発【ダルビッシュ 有】投手はいつに無く不調なピッチングも、前日の試合でまたまた不安を残した【武田 久】投手、そして守護神【MICHEAL】投手が得点を許さない好投で、2連勝です。

3戦目の先発は【吉川 光夫】投手。
ここまで1勝4敗の【吉川 光夫】投手は6イニングを投げ、好守に助けられたとは言え、被安打3、無失点の好投。
課題の四球は『3』で、久しぶりの勝利投手です。
打線は4番に座った【稲葉 篤紀】選手が5打点の大活躍。
また、4番手でプロ初登板となった【宮本 賢】投手は、いきなりヒットを打たれ、その後三振を取るも1失点のほろ苦デビュー
それでもこのカードは3連勝で、地元『札幌ドーム』に帰ります。

5月2日からは、地元『札幌ドーム』にて【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
初戦のこの日は前日勝利投手となった【吉川 光夫】投手が登録抹消となり、替わって逆輸入ルーキー【多田野 数人】投手が一軍登録
待ちに待った先発登板で、ついにそのベールを脱ぎます。
ゴールデンイーグルス先発投手は、もっか防御率トップの【岩隈】投手も、この日は初回から2得点。
そして5回途中、3連打を含む4安打で3得点追加し、マウンドから引きずり降ろしました。
ファイターズ先発【多田野 数人】投手は、まだ骨折の具合が完全ではないものの、7イニングを投げて被安打1、無失点の好投で、プロ入り初勝利投手
【武田 勝】投手の抜けたローテーションに、新しい1枚が加わりました。

2戦目、前日好投した【多田野 数人】投手が再びファーム調整で登録を抹消
さらに【高口 隆行】選手も登録抹消され、替わって【三木 肇】選手、そして今シーズン初めて【伊藤 剛】投手が一軍登録されました。
この日の先発投手は、なかなか勝利投手に恵まれない【藤井 秀悟】投手が先発登板。
ところがこの日は制球が定まらず、さらには4回表に【鉄平】選手の打球を直撃した事もあり、4回途中、被安打5、失点4(自責点2)で降板。
その後は【坂元 弥太郎】投手が好投をし、打線も【森本 稀哲】選手が3安打、この日も2番で起用の【工藤 隆人】選手が4安打、3番に定着した【田中 賢介】選手が3安打と、この3人で10安打6打点。
5月に入って負け無しの、チーム5連勝です。

3戦目先発投手は、なかなか打線の援護に恵まれない【ライアン グリン】投手。
前日に活発だった打線はウソのように静まりかえり、ゴールデンイーグルス先発【田中】投手の前に9回途中まで6安打、1得点。
7イニングを投げた【ライアン グリン】投手は、被安打8、失点3で、今シーズン早くも5敗目。
ここまで好投を続けていた2番手【星野 八千穂】投手も、下位打線からの連打で1イニング被安打4、4失点の大乱調で、この日は大敗。
それでもこのカードも2勝1敗と勝ち越し、チームも2位に浮上しました。

この第7節は、5勝1敗と実に気持ち良く、総得点も6試合で33点。
前節の貧打と分配できないものかね・・・とか思いつつ・・・。

いよいよ次節は、現在『2ゲーム差』で追いかけている首位【埼玉西武ライオンズ】との直接対決。
ここで一挙に首位浮上を狙います!

(続く・・・)

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/254-2b6c4f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。