とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦・・・10月22日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

2008年10月22日。
クライマックスシリーズ第2ステージVS【埼玉西武ライオンズ】戦in『西武ドーム』
●【0-9】・・・完敗で敗戦、そして終戦・・・。
クライマックスシリーズ第2ステージは2勝4敗で敗戦。
それでもここまで楽しませてくれたファイターズ戦士たちには大きな拍手を送りつつ、感謝の気持ちを送りたいと思います。
選手の皆様、お疲れ様でした。
ゆっくりと休養して下さい。

===《試合前&スターティングメンバー》===
『王手』をかけられた、後の無い試合。
何とか勝利して、最終戦まで持ち込みたいところ。

今日の先発投手は【ライアン グリン】投手VS、若きエース【涌井】投手。
クライマックスシリーズ第2ステージ初戦で打ち込まれている【ライアン グリン】投手、この試合は恐らく『1点勝負』となるので、リベンジを期待しつつも早めの継投で失点を最小限に。

今日は先日の予想通り【稲葉 篤紀】選手が指名打者で出場。
さらに、やはり予想通り【坪井 智哉】選手がライトのポジションでスタメン起用です。
先発マスクは【高橋 信二】選手で、好調の【鶴岡 慎也】選手、【ジェイソン ボッツ】選手はベンチスタートとなりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【森本 稀哲】選手
3番(指)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【ターメル スレッジ】選手
5番(三)【小谷野 栄一】選手
6番(捕)【高橋 信二】選手
7番(左)【坪井 智哉】選手
8番(右)【糸井 嘉男】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

===《試合経過》===
立ち上がりの【ライアン グリン】投手は1回裏、1アウトから単打で出塁を許すも、後続を併殺打に打ち取り無失点。
気合いを感じます。

ところが2回裏、簡単に2アウトを取った後に【後藤】選手にソロホームランを被弾【0-1】
さらに3回裏には、これまた2アウトから【片岡】選手に単打を許して2アウト1塁。
【片岡】選手に予想通り盗塁され、続く【栗山】選手に四球を許して2アウト1塁2塁。
ここで【中島】選手にタイムリーヒットを打たれて【0-2】、なおも2アウト1塁3塁から、連続四球で押し出しの失点【0-3】・・・。

ここで先発投手【ライアン グリン】投手は降板し、マウンドには【藤井 秀悟】投手。
ところが好調【後藤】選手に2点タイムリーヒットを打たれて【0-5】・・・と、序盤から完全にライオンズのペースの試合展開です。

一方ファイターズ打線は、ライオンズエース【涌井】投手の前に凡打の山。
6回までランナーを出す事も出来ず、18個のアウトのうち10個が内野ゴロ、三振が3個と、打球を外野に飛ばす事さえまともに出来ません。

3回途中から登板した【藤井 秀悟】投手は、4回・5回を三者凡退に抑えて無失点。
6回には3個の四球で1アウト満塁のピンチを迎えるも、後続を打ち取って無失点・・・と、4回以降は安打を許さず、反撃を期待しつつ6回で降板します。

7回裏からはマウンド上に【武田 久】投手。
簡単に2アウトを取るも、連続単打、さらに好調【後藤】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて【0-6】
またもや2アウトランナー無しの状況からの失点・・・。
ライオンズの勝利に対する執念を感じます。

さらに8回裏からはマウンドに【建山 義紀】投手が登板しますが、1アウトから3連打を打たれ、さらに内野ゴロの間に失点で3失点【0-9】
終盤で完全に敗戦濃厚となる痛い失点を許してしまいました。

9回表のファイターズ、2アウト1塁2塁の得点のチャンスを作るも、最後は【稲葉 篤紀】選手が三振を喫して試合終了。
最後の最後に一矢も報えず、散発3安打で3塁も踏めずに完敗・・・。
最終戦まで持ち込めず、2勝4敗でリーグ3連覇の夢は終了しました。

今日は【涌井】投手の気合いに完敗。
そして勝利に対する強い思いのライオンズ打線に完敗した試合でした。

===《戦評》===
先日のブログにも書いたように、この日は『1点勝負』と読んでいました。
個人的な意見としては、先発投手は【藤井 秀悟】投手で行って欲しかったな・・・と。
本当なら中3日で【ダルビッシュ 有】投手・・・とも思ったのですが、>「来年以降もある事なので、無理はさせられない」と言う【吉井】ピッチングコーチの意見に賛同。
この日勝利で、最終戦に【ダルビッシュ 有】投手が理想ではありましたが・・・。
まあこの日の【涌井】投手の出来ならば、例えば【0-0】の引き分けでも敗退が決まる試合でしたので、無理だったかな?とも思いはしますが・・・。

それにしても、リベンジを果たしたかった【ライアン グリン】投手。
2回裏の【後藤】選手のソロホームランは、まあしょうがないとしても、3回裏。
2アウトから【片岡】選手を出塁させてから、完全にペースを失ってしまいましたね。
もうね、【片岡】選手は確実に盗塁をするんだから、ランナーは無視して打者に集中して欲しかったです。
2塁に行かれようが3塁に行かれようが、本塁に還って来させなければ良い話しですからね。
あそこの失点で、完全に野手のペースも乱してしまった気がしました。

そして投手交代のタイミング。
2アウト満塁から押し出しの四球を与えた【石井】選手の前に【藤井 秀悟】投手だったのが良かったのでは?
そうなると、あくまでも結果論ではありますが、3回裏も1失点で抑えられた可能性があります。
【0-2】ならば、まだ反撃のチャンスがあったと思うのですが・・・。

>「3点まで」と【梨田】監督は言っていましたから、その通りの継投ではありました。
まあ前日ほど解せない継投ではありませんでしたが・・・。

それにしてもこの日は終始、完全にライオンズペース。
ファイターズの攻撃時間の短い事短い事。
もう【涌井】投手の好投に、脱帽するほかありません。
前回の対戦であれだけ好調だった【田中 賢介】選手ですら、打てませんでしたからね。
もう完全に、気合い負けです。

===《最後に》===
選手の皆様、本当にお疲れ様でした。
シーズンの最後まで楽しませていただき、私としては大感謝。
3連覇は果たせませんでしたが、大満足なシーズンでした。

左ふくらはぎの軽い肉離れで苦しんだ【稲葉 篤紀】選手、背中の痛みを薬で抑えつつ試合に出場していた【金子 誠】選手らをはじめ、1年を通して身体を酷使してきた選手の皆様、本当にお疲れ様でした。
投手の皆様も酷使した肩を、ゆっくりと休ませてやって下さい。
来年に向けてゆっくり休養し、また来年熱い戦いを期待します。

選手の皆様、本当にありがとうございました。
また、今年から指揮官を務めた【梨田】監督、重い重圧の中での指揮はかなり疲れたであろうと思います。
オフシーズンはゆっくりと休養して、また来年の戦いに挑んで下さい。

今シーズンは終了してしまいましたが、来シーズンからもとことん応援します!

PS:次回からは今シーズンを振り返った内容を中心にブログを書き綴って行きたいと思いますので、今後もご訪問、よろしくお願いいたします。

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/241-df2baf3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。