とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2勝2敗のイーヴンです!・・・10月19日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

2008年10月19日。
クライマックスシリーズ第2ステージVS【埼玉西武ライオンズ】戦in『西武ドーム』
○【7-4】・・・大幅な打線の入れ替えが成功して勝利!
これで2勝2敗のイーヴンに持ち込みました。

===《試合前&スターティングメンバー》===
優勝アドバンテージを含んで、ここまで1勝2敗のファイターズ。
今日勝ってイーヴンに持ち込みたいところ。

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、左腕【帆足】投手の左腕対決。
【帆足】投手との相性をふまえて、今日は打順を大幅に入れ替え、一番相性の良い【稲葉 篤紀】選手は今日もベンチスタートも、次に相性の良い【小谷野 栄一】選手を4番に抜擢し、サードのポジション。
さらに2番には、やはり相性の良い【鶴岡 慎也】選手を初めて起用し、先発マスク。
先発マスクが【鶴岡 慎也】選手なので、【高橋 信二】選手をファーストに。
【ターメル スレッジ】選手が久しぶりにレフトを守り、指名打者には【ジェイソン ボッツ】選手が起用されました。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(捕)【鶴岡 慎也】選手
3番(二)【田中 賢介】選手
4番(三)【小谷野 栄一】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(一)【高橋 信二】選手
7番(指)【ジェイソン ボッツ】選手
8番(右)【糸井 嘉男】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

===《試合経過》===
両投手とも3人で抑えた1回の攻防。
続く2回表ファイターズの攻撃は、4番に抜擢された【小谷野 栄一】選手から。
その【小谷野 栄一】選手は期待に応え、ライト線を破るツーベースヒット。

ところがここでライオンズ【渡辺】監督が、1塁塁審の方のジェスチャーに抗議。
痛烈な打球を避ける際、反射的に両手を挙げてジャンプしつつファールっぽいジェスチャーも、着地後にフェアのジェスチャー。
これがファールのジェスチャーをしたじゃないかと、長い抗議。
話し合いの結果一度は引き下がった【渡辺】監督も、塁審の方の球場マイクでの言い訳にまたもや抗議。
結局試合はノーアウト2塁で続行されるも、球場全体に間延びした空気を作ってしまいました。

長い中断後の攻撃。
【ターメル スレッジ】選手が三振で倒れ、続く【高橋 信二】選手は内野ゴロで、2アウト三塁。
続く【ジェイソン ボッツ】選手の打球は、ボテボテのサードゴロ。
ああ、万事休す・・・と思っているも、ライオンズサード【中村】選手が1塁へ悪送球。
3塁から【小谷野 栄一】選手が生還して【1-0】と、相手のミスに乗じて今日も先取点です。

続く3回表、この回先頭打者の【金子 誠】選手が単打で出塁すると、【森本 稀哲】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁。
ここで2番に抜擢された【鶴岡 慎也】選手が、期待に応えてヒットで出塁、1アウト1塁3塁。
続く【田中 賢介】選手の打球は、大きなバウンドのファーストゴロ。
1塁封殺も、3塁から【金子 誠】選手が生還して【2-0】
なおも2アウト2塁の場面で、【帆足】投手に相性の良い4番【小谷野 栄一】選手が単打で出塁すると、続く【ターメル スレッジ】選手の打球はファイターズファンの待つレフトスタンドへスリーランホームラン【5-0】
今日も序盤で勝利を確信させてくれる大量リードです。

ファイターズ先発投手【武田 勝】投手は、今日もひょうひょうとした緩急ある投球で、4回まで無安打ピッチング。
ところが5回裏、連続安打を打たれてノーアウト1塁3塁。
続く【佐藤】選手のサードゴロを【小谷野 栄一】選手がナイスキャッチするも、3塁ランナーは生還して【5-1】、なおも1アウト2塁。
続く【細川】選手の外野フライの間にタッチアップで3塁に進塁されると、【赤田】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて【5-2】
昨日の試合で零封されたライオンズ打線が、意地を見せます。

先発投手【武田 勝】投手は5回、被安打3、失点2(自責点1)の好投で降板し、6回裏からマウンドには【多田野 数人】投手。
ところがその【多田野 数人】投手は連続四死球を与え、すぐさま降板。
ノーアウト1塁2塁の場面で【武田 久】投手にマウンドを譲ります。
その【武田 久】投手、犠牲フライで1点を失い【5-3】とされるも、6回は見事な火消し。
さらに7回裏も3人で抑え、レギュラーシーズン後半の不安を、すっかり拭い去ってくれました。

4回以降ヒットが出ないファイターズ打線。
何とか追加点が欲しいところですが8回表、この回先頭打者の【森本 稀哲】選手が内野安打で出塁すると、続く【鶴岡 慎也】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁。
さらに【田中 賢介】選手が、マウンド上、代わったばかりの【三井】投手の初球を捕らえ、センターの頭上を破るタイムリースリーベースヒットで【6-3】
貴重な追加点を挙げました。

さらに9回表、この回先頭打者の【高橋 信二】選手が四球を選んで出塁すると、代打【高口 隆行】選手がスリーバントを決めて送りバント成功、1アウト2塁。
続く【糸井 嘉男】選手が、このシリーズ初安打を放って1アウト1塁3塁としたところで、打席には代打【飯山 裕志】選手。
ライオンズ内野陣が警戒している中、それでも見事にスクイズを決めて【7-3】と、再びリードを広げ、最終回を守護神【MICHEAL】投手に託します。

ところがその【MICHEAL】投手、簡単に1アウトを取るも、代打【大島】選手にヒットを打たれて1アウト1塁。
続く代打【石井】選手を外野フライに打ち取るも、タッチアップで2アウト2塁。
さらに代打【ボカチカ】選手にヒットを打たれて2アウト1塁3塁とされ、続く【赤田】選手にタイムリーヒットを打たれて【7-4】
なおも2アウト1塁2塁の場面で、打席には【片岡】選手。
ホームランを打たれれば同点の緊張した場面で、硬さからなのか?ワイルドピッチでそれぞれ進塁、2アウト2塁3塁。
それでも最後は【片岡】選手を空振りの三振に仕留めて試合終了!

最後はハラハラさせられたものの、これでこの3連戦を2勝1敗として、2勝2敗のイーヴン。
休みを挟んで後半の3連戦に、優勝への望みをつなぎました!

===《戦評》===
この日は相性を見込んでの大幅な打順入れ替えが成功しました。
比較的安全策をとると思われていた【梨田】監督ですが、なんだ、やれば出来るじゃないですか!
さすがに2番【鶴岡 慎也】選手は、私も予想だにしておりませんでした。

そして選手たちも、そんな相性通りの仕事。
2安打の【小谷野 栄一】選手に、2番に抜擢された【鶴岡 慎也】選手に、選手会長【金子 誠】選手。
選手たちに緊張も全く見られません。

そしてこの日も、集中打。
得点を挙げた2回・3回・8回・9回以外のイニングは、すべて3人で攻撃終了。
この集中力には、頭が下がります。

この日の先発投手【武田 勝】投手は、球が高めに浮いていましたが、それでもらしいピッチング。
緩急ある投球で、ライオンズ打線を翻弄していましたね。
そして3番手で登板した【武田 久】投手、完全復活の予感です。
シーズン中の良い投球が戻っていましたね。
頼もしい存在の復活で、3連覇達成を予感させてくれます。

===《最後に》===
さあ、対戦成績をイーヴンとして、明日からの後半戦。
対戦成績イーヴンとは言いつつ、実際にはファイターズの2勝1敗で、流れは完全にファイターズ。
ベンチの空気も、ファイターズには余裕すら見えます。

今日がお休みで、明日からの最長3連戦。
明日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手ですかね?
個人的には【藤井 秀悟】投手の『奇襲』も良いとは思うのですが・・・。

どうあれ流れはファイターズ。
シーズン3位からの優勝は、今までありません。
ぜひともその歴史を塗り替えて3連覇を!

優勝に向けて、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/238-f0839a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。