とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや貧打で5位転落・・・9月7日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

2008年9月8日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『札幌ドーム』
●【2-5】・・・今日も打線は4安打と低迷・・・。
手痛いカード負け越しで、5位転落・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===
『札幌ドーム』6連戦の最終戦。
ここまで○●○●○とジグザグで来ていますが、今日は勝利で締めていただきましょう!

今日の先発投手は【多田野 数人】投手VS、右腕【一場】投手。
前回登板の【オリックスバッファローズ】戦で5失点・・・と不調だった【多田野 数人】投手、今日は好投を期待しましょう。

今日も指名打者に【稲葉 篤紀】選手で、【ジェイソン ボッツ】選手はベンチスタート。
レフトのポジションに【工藤 隆人】選手で、ライトに【糸井 嘉男】選手。
先発マスクは【鶴岡 慎也】選手です。

また、昨日勝利投手となった【藤井 秀悟】投手が抹消となり、2年目の【植村 祐介】投手が一軍初昇格となりました。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(二)【田中 賢介】選手
3番(指)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【ターメル スレッジ】選手
5番(三)【小谷野 栄一】選手
6番(左)【工藤 隆人】選手
7番(右)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

===《試合経過》===
立ち上がりの【多田野 数人】投手、1回表は三者凡退に抑えたものの2回表、この回先頭打者で昨年までのファイターズ戦士【セギノール】選手に、ソロホームランを被弾【0-1】
さらに3回表にも、2アウト1塁の場面で【セギノール】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて【0-2】と、序盤から2点のリードを許してしまいました。

何とか【多田野 数人】投手を援護したいファイターズ打線ですが、【一場】投手の前に1回・2回と三者凡退。
3回裏にはこの回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が内野安打で出塁し、続く【鶴岡 慎也】選手が送りバントで送って1アウト2塁にするも、後続が倒れて無得点・・・。
今日もつながりが悪い打線に、もどかしさを感じます。

それでも4回裏、この回先頭打者の【田中 賢介】選手が単打で出塁し、続く【稲葉 篤紀】選手が四球でノーアウト1塁2塁。
さらに【一場】投手のワイルドピッチの間に、2塁ランナー【田中 賢介】選手が進塁して1塁3塁とすると、打席の【ターメル スレッジ】選手がタイムリーヒットを打って【1-2】
ここで先発投手【一場】投手をマウンドから降ろし、マウンド上には2番手【佐竹】投手。
なおもノーアウト1塁3塁の場面で、打席には4回表からサードのポジションに入っていた【稲田 直人】選手。
ショートゴロでセカンド封殺も、その間に3塁ランナー【稲葉 篤紀】選手がホームに還り【2-2】の同点。
試合を振り出しに戻しました。

さらなる味方の援護を待ちつつ粘投する【多田野 数人】投手は、毎回のように安打を許しつつも我慢の投球。
7回表は先頭打者にヒットを許すも、併殺打で2アウトランナーなし。
ところがそこから新人【内村】選手にヒットを打たれ、さらに盗塁をされたところで【フェルナンデス】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて【2-3】
再び1点のリードを許してしまいました。

結局【多田野 数人】投手は、7回終了で降板。
7イニングを被安打10、失点3(自責点3)の成績。
打たせて取るタイプなのですが、7回で球数128球とかなり多目・・・。
そこが今後の課題ですね。

8回からファイターズのマウンドには【菊地 和正】投手が登板。
8回表には、この回先頭打者の【山崎】選手に単打を打たれ、送りバントで1アウト2塁。
その後アウトをひとつ取るも、【嶋】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて【2-4】
さらに9回表にも、簡単に2アウトを取った後に【フェルナンデス】選手にツーベースヒットを打たれて2アウト2塁。
【セギノール】選手と勝負を避けて敬遠すると、続く代打の【草野】選手にタイムリーヒットを打たれて【2-5】
力強い投球を感じながらも、2イニングで2失点・・・。
それでも苦しいファイターズ台所事情。
今後も【菊地 和正】投手に期待します。

4回裏に一時同点に追い付いたファイターズ打線ですが、その後は今日も沈黙の打線。
7回裏に【工藤 隆人】選手が2番手【佐竹】投手から単打で出塁したのが唯一のヒットで、その後は8回から【川岸】投手、そして8回途中から【有銘】投手のゴールデンイーグルスの継投の前に無安打・・・。
結局散発4安打で、敗戦・・・。
6連戦最終戦を勝利では飾れず、これで5位転落・・・。

パワーのあるクリーンナップと、早めの冷酷とも思える継投で勝利した【東北楽天ゴールデンイーグルス】
4安打に対して14安打。
先発投手【一場】投手も、4回途中には交代させるし・・・。

敵将ながら天晴れな采配に、確実に作戦負けです・・・と思った試合でした。

===《戦評》===
先発投手【多田野 数人】投手、けっして悪い調子とは見えませんでしたが、良い調子とも思えませんでした。
2回から毎回安打を許していた訳ですから、5回とか6回終了あたりで降板させても良かったのでは?
翌日は休みですからね、投手全員出動させるくらいの気持ちで。

そのあたりの冷酷さと言うか継投策が、やはり【野村】監督は優れていますね。
【梨田】監督の優しい采配も良いですが、冷酷さも無いといけないと思います。
得点を与えないのが、野球ですからね。

この日も打線には何も言えません・・・。
相変わらずの貧打に、もう閉口です・・・。
出塁できなければね、何も出来ませんからね。
もうちょっと動ける選手の起用を望みます。

例えば【紺田 敏正】選手。
代走要員じゃなく、セーフティーで出塁を稼げる選手だと思いますので、例えばこの日の試合だと8回裏の【鶴岡 慎也】選手に代わっての【高橋 信二】選手の場面。
【高橋 信二】選手は、長距離が期待できるわけだから、先頭打者で出す意味はないですよね、この段階で2点のリードを許しているのですから。
ならばここで【紺田 敏正】選手をセーフティーで出塁させ、【金子 誠】選手に送りバントをさせ・・・と。

そして【金子 誠】選手の場面で【ジェイソン ボッツ】選手の代打も、意味がわかりません。
まずは確実に出塁でしょう?
ならばむしろ【飯山 裕志】選手とかの方が期待が持てます。
【高橋 信二】選手とか【ジェイソン ボッツ】選手とかを代打で起用するなら、ランナーが溜まっている場面でないと意味がありません。
とは言え【ジェイソン ボッツ】選手は、代打での期待は薄いですが・・・。

そして途中交代した【小谷野 栄一】選手。
どうやら左脇腹の状態が思わしく無かったとの事ですが、大丈夫でしょうか?
ラストスパートに向けて、きっちりと治してください。

===《最後に》===
さあ、明日からは首位【埼玉西武ライオンズ】との3連戦。
5位転落とは言え、首位とのゲーム差は『9.0』
2位【オリックスバッファローズ】とのゲーム差は『3.0』なので、まだまだクライマックス圏内にはおりますが、それでもこの貧打では・・・。

明日の先発投手は、恐らく【ダルビッシュ 有】投手。
まずは勝利して、ラストスパートに弾みを付けましょう!

シーズン終了まで、残り少なくなりましたが・・・最後の最後までとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/192-00ac5433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。