とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度の1アウト満塁のチャンスを効率的に活かせず・・・3位後退のピンチ・・・

2008年7月26日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『札幌ドーム』
●【3-6】・・・今季初先発の【金澤 健人】投手好投も、1アウト満塁の追加点のチャンスを活かせずに敗戦・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===
首位攻防戦の第2戦。
勝ってゲーム差を縮めていただきましょう。

今日の先発投手は、ファイターズ移籍後初先発の10年目【金澤 健人】投手VS、2年目右腕【岸】投手。
今日は【稲葉 篤紀】選手がベンチスタートで、ライトのポジションには【紺田 敏正】選手が入り、レフトには【工藤 隆人】選手。
4番はファーストの【高橋 信二】選手が任され、先発マスクは【鶴岡 慎也】選手。
指名打者に【小田 智之】選手です。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(右)【紺田 敏正】選手
3番(二)【田中 賢介】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【小田 智之】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(遊)【金子 誠】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(左)【工藤 隆人】選手

===《試合経過》===
今日も気持ち良く勝ちたいファイターズ打線は2回裏、この回先頭打者の【小田 智之】選手の単打からチャンスを作り、またライオンズのミスも絡んで3得点。
なおも1アウト満塁で追加点のチャンスも、【田中 賢介】選手、【高橋 信二】選手が倒れて追加点はならずも、【3-0】と試合の主導権を握り、先発投手【岸】投手を早々にマウンドから引きずり下ろしました。

ファイターズ移籍後初先発となる【金澤 健人】投手は、ヒットを打たれるも粘りのピッチング。
3回表にヒットと死球、盗塁も絡んで1アウト1塁3塁とされ、続く【ブラゼル】選手にタイムリーヒットを打たれて1点取られるも、続く【G.G.佐藤】選手を併殺打に仕留めて追加点は与えず【3-1】
守備にも助けられての好投に、移籍後初の勝利投手がよぎります。

追加点が欲しいファイターズ打線は4回裏、3回から登板している【キニー】投手に対してこの回先頭打者の【工藤 隆人】選手が単打で出塁し、四球と犠打で1アウト2塁3塁。
続く【田中 賢介】選手が敬遠で歩かされ、2回に続いて1アウト満塁のチャンスを得るも、今日4番の【高橋 信二】選手が三振、期待された【小田 智之】選手も内野ゴロに倒れて無得点・・・。
好機に得点が取れず、好投する【金澤 健人】投手を援護しきれません・・・。

そんな【金澤 健人】投手は、5回を投げて被安打6、失点1(自責点1)で勝利投手の権利を持って降板。
勝利投手をブルペンに託します。

ファイターズのマウンドには、6回から【金森 敬之】投手。
ここのところ好調で首脳陣からの信頼度も上がっており、2点差の場面での登板となった【金森 敬之】投手でしたが、どうも制球が定まらずに1アウト満塁のピンチ。
そこで代打【佐藤】選手にきっちりと犠牲フライを打たれて【3-2】
さらに、好調【片岡】選手には、痛恨のタイムリーツーベースヒットを打たれて【3-4】と、逆転されてしまいました・・・。

それでもまだ1点差。
何とか逆転を狙うファイターズ打線は、6回以降も毎回ランナーを出すも6回・7回と連続併殺打でチャンスを潰し万事休す・・・。

9回表には【建山 義紀】投手がマウンドに上がるも、死球と3本のヒットで2失点【3-6】
試合を決定付けられてしまいました・・・。

反撃を期待したファイターズ打線でしたが9回裏、この回先頭打者の【森本 稀哲】選手が2塁打で出塁するも、後続は【グラマン】投手に抑えられて試合終了・・・。

悔しい逆転負けに、チャンスで1本出ていれば・・・そんな試合でした。

===《戦評》===
この日スタメン落ちした【稲葉 篤紀】選手は、やはり本調子では無いようですね。
8回に代打で出場し、きっちりとヒット。
頼れる【稲葉 篤紀】選手は、指名打者で良いので出場させて欲しかったです。

4番に座った【高橋 信二】選手は、やはりプレッシャーがあったのでしょか?
2打席目・3打席目は、共に満塁のチャンスでことごとく凡退。
4打席目もノーアウト1塁のチャンスに併殺打・・・。
あそこで1本出ていれば・・・一番つらいのは本人でしょうから、これにめげず今後も活躍を期待します。

先発投手の【金澤 健人】投手、毎回被安打でランナーを許すも1失点と、合格点ですね。
個人的に言わせて頂くと、実はこの日に入れ替わりで抹消された【坂元 弥太郎】投手の先発登板を期待しているのですが・・・まあどちらの投手も、今後も活躍を期待します。

そして2番手で登板した【金森 敬之】投手。
個人的に非常に応援している選手ですので残念な結果でしたが、これにめげずに今後も活躍をして下さい。
ここのところの登板は、敗戦処理とか、大勝している試合とか。
それがこの日は、2点リードでの登板・・・という事は、首脳陣も期待しているという事。
今後もこの期待に応えられるよう、頑張ってもらいたいと思います。

そしてこの日も審判による『誤審』らしき場面が数回見られました。
まずは5回表のライオンズの攻撃。
1アウト1塁2塁の場面で【金澤 建人】投手の投球を【鶴岡 慎也】捕手が前にはじくと、それを見た2塁ランナー【栗山】選手が3塁へ。
慌てつつも3塁に【鶴岡 慎也】捕手が送球して、アウト。
ファイターズとしては助かった場面でしたが、あれは確実に足の方が早かったです・・・。

さらに6回表。
逆転を許した後に登板した【宮西 尚生】投手、相手打者は【栗山】選手。
2ストライクからの3球目、確実に空振りした投球を【鶴岡 慎也】捕手が前に弾くと、判定は『ファール』
結局は内野ゴロに仕留めましたが、あれはちょっと・・・気合が抜けてしまう判定です。

もうひとつはファイターズ攻撃の7回裏。
ノーアウト1塁の場面で、打席には【高橋 信二】選手。
ボテボテの当たりは投手の頭を超え、ショート【中島】選手がキャッチ。
セカンド【片岡】選手にパスして2塁を踏み、1塁に送球ダブルプレー!も・・・確実に1塁ランナー【田中 賢介】選手の2塁到達の方が早かったのですが・・・。

先日の『誤審』騒動以来、どうも目立つ『誤審』・・・。
その場その場では判りづらい事は理解できますが、もうちょっとしっかりとした判定をお願いしたいものです・・・。

===《最後に》===
さて、この日の敗戦で、3位【福岡ソフトバンクホークス】とのゲーム差が『0.0』となってしまいました。
今日の先発投手は【ライアン グリン】投手VS、右腕【西口】選手。
ローテーションを飛ばして調整していた【ライアン グリン】投手は、本拠地『札幌ドーム』の大声援を受けて好投できるか?
3位転落の危機を、救出できるか?
そしてこの日湿った打線は、爆発できるのか?

いろんな望みを託しつつ・・・今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>
【お中元にも・・・】



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/148-5830d67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。