とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【多田野】投手の好投と、打線が噛み合った嬉しい勝利!

2008年7月5日VS【オリックスバッファローズ】戦in『釧路市運動公園市民球場』
○【4-3】・・・鬼門『釧路』で嬉しい勝利!

===《試合前&スターティングメンバー》===
年に1度の道東シリーズ初戦。
移動でハプニングがありましたが、1992年以来勝利の無い鬼門『釧路』のファンの前で、ともに勝利に酔いしれたい・・・。

今日の先発投手は、ここのところ勝ち星に恵まれていない【多田野 数人】投手VS、右腕【オルティズ】投手。
【多田野 数人】投手の課題は『ボーク』
今日はそれを意識しての好投を望みます。
対する【オルティズ】投手は、その試合に勝ちはしましたが、前回の初対戦で6イニング4安打に抑えこまれた投手。
今日は打ち崩してもらいましょう。

その【オルティズ】投手は右腕という事で、ファイターズの打線は自慢のレフティー打線。
昨日私が予想をしたオーダーそのままで、個人的な理想オーダーに、期待が持たれます。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(左)【紺田 敏正】選手
3番(二)【田中 賢介】選手
4番(右)【稲葉 篤紀】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(一)【小田 智之】選手
7番(三)【稲田 直人】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

===《試合経過》===
先発の【多田野 数人】投手は初回、いきなり先頭打者の【坂口】選手を振り逃げで出塁させてしまします。
その後2アウトを取るも、4番の【ローズ】選手にライトオーバーのタイムリーツーベースヒット【0-1】
中継した【田中 賢介】選手のホームへの送球が逸れる間に、【ローズ】選手は3塁へ(記録は【田中 賢介】選手のエラー)、2アウト3塁。
続く【下山】選手にレフト前へタイムリーヒットを打たれて【0-2】とするも、その【下山】選手を盗塁で刺してこの回終了。
いきなり2点のビハインドです。

ファイターズ打線は初回、連続安打と送りバントでチャンスを作るも無得点。
ところが2回裏、この回先頭打者の【小田 智之】選手がヒットで出塁、ノーアウト1塁。
その後後続が倒れて2アウト3塁となったところで、続く【金子 誠】選手の打球はピッチャーのグラブを弾くタイムリー内野安打【1-2】と、1点を返します。

さらに3回裏、この回先頭打者の【紺田 敏正】選手が四球を選んで出塁、ノーアウト1塁。
続く好調【田中 賢介】選手のヒットでノーアウト1塁3塁とすると、続く【稲葉 篤紀】選手のタイムリーヒットで【2-2】の同点。
あっさりと試合を振り出しに戻しました。

そして5回裏、再びこの回先頭打者の【紺田 敏正】選手が単打で出塁、ノーアウト1塁。
すかさず盗塁をすると、打席の【田中 賢介】選手は四球を選んで出塁、ノーアウト1塁2塁。
続く【稲葉 篤紀】選手の打球は、右中間を真っ二つに破るタイムリーツーベースヒット【4-2】
【稲葉 篤紀】選手の2打席連続タイムリーで、ついに逆転に成功です。

初回2失点の【多田野 数人】投手は、2回以降落ち着いたピッチング。
ランナーを出しても『ボーク』を意識して慎重な投球。
6回表に【ローズ】選手にソロホームランを被弾し、【4-3】と1点差に追いつかれるも、自己最高の7つの三振を奪って6回で降板。
勝ち投手の権利を持って、マウンドをブルペンに託します。

7回のマウンドを託された【建山 義紀】投手は、見事なピッチングで無安打・無失点。
8回からは【武田 久】投手が登板し、やはり3人をパーフェクトピッチング。
相性から9回表、先頭打者【ローズ】選手まで対戦した【武田 久】投手は、その【ローズ】選手を三振に仕留めてお役目ごめん。
9回1アウトからは守護神【MICHEAL】投手が登板し、ふたりをあっさり抑えて試合終了!

1点差を逃げ切り、先発投手【多田野 数人】投手は、6月12日以来の4勝目。
【MICHEAL】投手は球団新記録となる通算『89』個目のセーブをあげ、鬼門『釧路』での嬉しい勝利となりました。

===《戦評》===
この日の試合は、先発投手【多田野 数人】投手の好投と、ファイターズ戦士たちの執念が噛み合った勝利となりました。
6イニングを投げた【多田野 数人】投手は、被安打6と、相変わらず安定したピッチング。
初回は自身のワイルドピッチから得点を許してしまいましたが、その後の安定したピッチングはさすがと言えるでしょう。

そして相変わらず打撃好調の【田中 賢介】選手は、この日も2打数2安打。
打率も『.313』と、チームトップまで踊り出ました。
【稲葉 篤紀】選手も好調で、気が付けば8試合連続安打。
通算1,500安打まで、残り『10』としました。

また、この日先発メンバーで名前を連ねた【紺田 敏正】選手も好調で、2打数2安打に1盗塁。
初回の安打はノーアウト1塁からのセーフティーバントで、足の使える素晴らしい2番バッターとして定着しつつあります。
今シーズンは【田中 賢介】選手が3番に定着した事で、なかなか安定しない2番打者。
そろそろ【紺田 敏正】選手で安定の兆しです。

そして、相変わらず安定をしているブルペン陣。
この日は3人のブルペンで、パーフェクト継投。
後ろがしっかりしているチームは、やはり強いですね。
今年不調の【千葉ロッテマリーンズ】のブルペンと比較すると、つくづくそう思います。
【千葉ロッテマリーンズ】にも頑張って欲しいのですが・・・。

どうあれ鬼門『釧路』で、嬉しい勝利。
交通のハプニングで、急遽陸路で4時間かけて移動となったファイターズ戦士たちは、その大変な環境にも多くのファンの皆様が応援してくれている事に、いつも以上に力が入ったのでしょう。
移動の疲れも微塵も見せないプロ意識に、またひと回り大きく、そして結束力が強まった気がしました。

===《最後に》===
さて、今日の試合は球場を『帯広の森野球場』に移しての試合。
今日の先発投手は、先日復帰して早々勝利投手になった【武田 勝】投手VS、右腕【金子】投手。
前回の対戦で4安打に抑えこまれている【金子】投手攻略が、今日の勝敗のカギでしょう。
右腕の先発で、今日のオーダーも昨日と全く同じと予想。
【武田 勝】投手の好投と、打線の爆発を今日も期待します。

道東シリーズ第2戦。
是非とも広い北海道のファンの皆さんに、勝利をプレゼントして欲しいと思います。

こちら東京、鎌ヶ谷のファームでは、新加入助っ人【ジェイソン ボッツ】選手がホームランを量産しています。
出場3試合目で、すでに3号ホームランを放ち、スイッチヒッターの【ジェイソン ボッツ】選手は、どちらの打席でもホームランが放てる事を見せ付けてくれています。
早ければ8日の【千葉ロッテマリーンズ】戦から一軍合流。
新しい打線で、首位【埼玉西武ライオンズ】への追撃体制を整えられる事でしょう!

どうあれ今日の試合に勝って、弾みをつけたいところ。
今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>
【ガソリンが高くなりましたが、こちらに入れば特典満載!】



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/127-495db370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。