とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダルビッシュ 有】投手、通算500奪三振達成、おめでとうございます!

2008年7月3日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『札幌ドーム』
○【6-4】・・・通算『500奪三振』の金字塔を打ち立てた【ダルビッシュ 有】投手の好投と、1イニング一挙5点の猛攻で逆転勝利!
この3連戦の成績を1勝2敗とし、ライオンズとの連敗も『6』で止めました。

===《試合前&スターティングメンバー》===
首位攻防3連戦の最終戦。
2連敗しているので、これ以上は負けられません・・・。

今日の先発投手は、通算奪三振『500』まで、残り『10』としたエース【ダルビッシュ 有】投手VS、左腕【帆足】投手。
【糸井 嘉男】選手が登録抹消され、【今成 亮太】選手と、一軍初登録の【市川 卓】選手が一軍登録されました。

相手先発投手が左腕という事で、前日好調だった【紺田 敏正】選手、【小田 智之】選手はベンチスタート。
ファーストに【高口 隆行】選手、レフトに【小谷野 栄一】選手、サードには【稲田 直人】選手が起用されました。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(一)【高口 隆行】選手
3番(二)【田中 賢介】選手
4番(右)【稲葉 篤紀】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(左)【小谷野 栄一】選手
7番(三)【稲田 直人】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

===《試合経過》===
ファイターズ先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、初回から気迫溢れるピッチング。
前回の登板同様、追い込んでからの決め球に、【野茂】投手直伝の『フォークボール』を使い、順調な立ち上がりです。

ところが3回表、この回先頭打者の【石井】選手を四球で出塁させ、送りバントと進塁打で2アウト3塁。
続く【片岡】選手の打球はピッチャーゴロ。
それを【ダルビッシュ 有】投手が後逸し、結果的にタイムリーとなる内野安打となり【0-1】と先制を許すも、【鶴岡 慎也】捕手が【片岡】選手を盗塁で刺し、後続を断ちました。

その裏のファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【金子 誠】選手がツーベースヒットで出塁。
その後2アウトを奪われるも、昨日4安打と好調だった【田中 賢介】選手が今日も好調で、タイムリーヒット【1-1】
すぐさま試合を振り出しに戻しました。

ところが4回表のライオンズ。
連続ヒットでノーアウト1塁2塁。
その後2アウトまで奪ったものの、【中村】選手にタイムリーヒットを打たれて【1-2】
再びリードを許します。

さらに6回表のライオンズ。
この回先頭打者の【栗山】選手が、振り逃げで出塁、ノーアウト1塁(記録は【ダルビッシュ 有】投手の暴投)。
続く【中島】選手にレフトオーバーのタイムリーツーベースヒットを打たれて【1-3】
2点のリードを許してしまいました。

それでも絶対に負けられないファイターズは6回裏、この回先頭打者の【稲葉 篤紀】選手が1ヒット1エラーで出塁&進塁。
ノーアウト2塁で、続く【ターメル スレッジ】選手がヒットで出塁、ノーアウト1塁3塁。
続く【小谷野 栄一】選手の打球は、ライオンズ先発投手【帆足】投手のグラブを弾き、【帆足】投手慌てて1塁に送球するも、【小谷野 栄一】選手が気迫のヘッドスライディングでセーフ(記録は【帆足】投手のエラー)。
その間に3塁ランナー【稲葉 篤紀】選手が生還して【2-3】
なおもノーアウト1塁2塁。

さらに続く【稲田 直人】選手が、レフトへタイムリーヒット【3-3】
同点としてなおもノーアウト1塁2塁。
続く【鶴岡 慎也】選手は送りバント失敗で1アウト1塁2塁に変わるも、続く【金子 誠】選手がヒットで出塁し、1アウト満塁。
ここで打席には、一昨日怪我から一軍復帰してきた【森本 稀哲】選手。
ライオンズのピッチャーが【小野寺】投手に代わった矢先、右中間に逆転となるタイムリーツーベースヒット【5-3】
復帰後初打点で、球場のテンションも上がります。

なおも押せ押せのファイターズは、代打【小田 智之】選手が倒れて2アウト2塁3塁とするも、続く好調【田中 賢介】選手が、今日も猛打賞の3安打目となるタイムリーヒットで【6-3】
2塁ランナー【森本 稀哲】選手もホームを狙うも、好返球で本塁憤死・・・。
それでもこの回、9人の猛攻で5得点を奪って一挙に逆転。
好投する【ダルビッシュ 有】投手に、大きな援護射撃です。

『点を取ってもらった次の回が大事・・・』とよく言われるように、投手が崩れるのは、責任投球回数が終わる直前の回と、味方に援護をもらった次の回。
ところがさすがエース【ダルビッシュ 有】投手。
7回表は圧巻の『3者連続三振』に斬って取り、ライオンズの追撃を断ちました。

8回表には、この試合10個目となる三振を、もっか『パ・リーグ首位打者』の【中島】選手から奪い、通算500個目の奪三振を記録。
またひとつ大きな金字塔を打ち立てました。

先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、8回を投げて降板。
被安打5、奪三振10、球数114、失点3(自責点3)で、守護神【MICHEAL】投手に後を託します。

守護神【MICHEAL】投手は1失点を許すも、最後の打者、代打の【後藤】選手を三振に斬って取りゲームセット!
【MICHEAL】投手の今期14セーブ目は、【江夏】氏の持つ球団記録『88』に並んで球団タイ記録。
連敗を止め、さらに【埼玉西武ライオンズ】との連敗も『6』で止めた嬉しい勝利。
この首位攻防戦の成績は『1勝2敗』も、首位【埼玉西武ライオンズ】とのゲーム差は『2.0』とまだまだ射程距離内。
5日からの『釧路・帯広』へと勢い付ける試合となりました。

===《戦評》===
この日の先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、申し分ない出来・・・とは言え、3回・4回・6回と、先頭打者を許してそれらが失点に絡んだのは課題でしょう。
それにしても三振を取りに行く決め球の『フォークボール』は、完全に自分のものになりつつありますね。
通算500奪三振、おめでとうございます。
凄い記録だと思うし、これからもドンドンと伸ばしてもらいたいと思います。
それにしても本当に凄い投手に成長したものだ・・・。

打者では、相変わらず好調を保っていた【田中 賢介】選手。
交流戦後の6試合では23打数10安打。
特にこの3連戦では14打数8安打で、打率も一挙に『.309』まで上昇させ、打撃ランキングでも5位に浮上しています。
3番打者として完全に定着した【田中 賢介】選手。
この好調を維持してもらいたいと思います。

そしてこの日活躍したのが【小谷野 栄一】選手。
得点シーンに絡んだのは少なかったですが、4打数3安打、さらに執念のヘッドスライディングでエラー出塁もしており、この日は『出塁率100%』。
こういった気迫溢れるプレーが、チームメイトを鼓舞するんですね。

現在の【小谷野 栄一】選手の立場は、数年前の【森本 稀哲】選手や【田中 賢介】選手のように、対戦投手が左投手の時に主に起用される、しかもユーティリティープレーヤー。
いずれは安定したポジション、そして年間142試合に先発出場できる選手になってもらいたいと思います。

それと、選手会長【金子 誠】選手。
打率がやっと1割台に復活し、嬉しい限りです。
チームを牽引するチームの中心選手ですので、今後もさらなる活躍を期待します。

===《最後に》===
さて、今日はお休みで、明日から『釧路・帯広』への道内遠征、VS【オリックスバッファローズ】戦。
年に1度の待ち焦がれているファンのもとで、素晴らしい試合を期待しましょう。
この2連戦の先発投手は、恐らく【多田野 数人】投手、【武田 勝】投手。
前回、同じバッファローズとの試合で、1勝1敗の同投手の登板試合。
今回の2連戦は、そんな事もふまえて2連勝を!

明日からもとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>
【夏休みは、どこに行こう・・・?】



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/125-19db5ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7月3日vs猫(11) きゅうり味のカツゲンを飲めばいいよ!

【枕】お題「親子ゲーム」のココロだァ!  親子ゲームって6月15日絡みの話やろ?そのままやんか!ってあなた、その昔長渕剛主演のドラマ...

  • 2008/07/04(金) 23:10:22 |
  • 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。