とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首位攻防戦に2連敗。先発マスクの【小山 桂司】捕手のリードは・・・。

2008年7月2日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『札幌ドーム』
●【6-8】・・・この日の試合も序盤のリードが響き、追い上げ届かずライオンズ戦6連敗・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===
首位攻防戦の第2戦目。
引き離されないように、連敗は避けたいところ。

今日の先発投手は、ここのところ勝利投手に恵まれていない【ライアン グリン】投手。
対するライオンズは、満を喫してエース右腕【涌井】投手。
【高橋 信二】選手が登録抹消・・・。
やはり無理がたたったのでしょうか?
早く完治させて、復帰を待ってます・・・。

右腕が先発という事で、スターティングメンバーは私が試合開始直前に予想したオーダーでほぼ正解。
先発マスクに【小山 桂司】選手が入りました。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(左)【紺田 敏正】選手
3番(二)【田中 賢介】選手
4番(右)【稲葉 篤紀】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(一)【小田 智之】選手
7番(三)【稲田 直人】選手
8番(捕)【小山 桂司】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

===《試合経過》===
先発投手【ライアン グリン】投手、初回簡単に2アウトを奪うものの、続く【中島】選手にソロホームランを被弾【0-1】

ところが1回裏。
1アウトから【紺田 敏正】選手がヒットで出塁し、すぐさま盗塁。
続く【田中 賢介】選手のレフトへのヒットで、俊足【紺田 敏正】選手が生還して【1-1】
すぐさま同点に追いつきます。

ところが2回表。
連続四球でノーアウト1塁2塁。
送りバントで送られて、犠牲フライで1失点【1-2】
さらにタイムリーヒットとツーランホームランを被弾し【1-5】
昨日に続いて序盤で大量リードを許します。

追いつきたいファイターズは3回裏、この回先頭打者の【金子 誠】選手死球、【森本 稀哲】選手四球、さらに【紺田 敏正】選手がきっちりと送りバントを決めて、1アウト2塁3塁。
続く【田中 賢介】選手が、初回に続いて2点タイムリーとなるツーベースヒットを放ち【3-5】
逆転への望みをつなぎます。

ところが、どうも制球が定まらない先発投手の【ライアン グリン】投手。
5回表に先頭打者から3連打を浴びて2失点【3-7】
その後ツーアウトを取るも、ヒットを許したところで降板・・・。
4回2/3を被安打9、失点7(自責点6)、球数98球・・・と試合を作れずに、ブルペンに託します。

その後を引き継いだ2番手投手は、昨日私が『赤信号』を灯した【歌藤 達夫】投手。
6回表、ツーアウトから【中島】選手にソロホームランを被弾し【3-8】・・・。
決定的なホームランを被弾してしまいました・・・。

それでも6回裏のファイターズは、この回先頭打者の【田中 賢介】選手がツーベースヒットで出塁。
【稲葉 篤紀】選手の内野ゴロの間に進塁し、1アウト3塁。
そして、続く【ターメル スレッジ】選手のタイムリーヒットで【4-8】と、食い下がります。

さらに8回裏。
この回からマウンドには左腕【星野】投手が上がるも、この回先頭打者の【田中 賢介】選手がこの日4安打目となるヒットで出塁。
続く【稲葉 篤紀】選手もヒットで続き、1アウト1塁3塁。
そして【ターメル スレッジ】選手の打席で、ライオンズ【星野】投手がワイルドピッチ。
3塁から【田中 賢介】選手が生還して【5-8】
【稲葉 篤紀】選手は一挙に3塁に進塁し、ノーアウト3塁。
さらに【ターメル スレッジ】選手のファーストゴロを、1塁手【ブラゼル】選手がエラーし、3塁から【稲葉 篤紀】選手が生還して【6-8】
なおもノーアウト1塁でさらなる追加点のチャンスも、後続が倒れて追加点は奪えず。
期待は最終回に持ち越されるも、最終回は昨日に続いて【グラマン】投手に3人で抑えられて試合終了・・・。

後半の追い上げムードも虚しく、首位攻防戦で手痛い2連敗。
ライオンズ戦は6連敗となり、ゲーム差も『3.0』と広げられてしまいました・・・。

===《戦評》===
この日の試合は、先発投手【ライアン グリン】投手の制球難・・・と言いたいところですが、私的には先発マスク【小山 桂司】捕手のリード・・・かと思いました。
徹底的なまでの外角攻め。
2回表には、それで無駄な連続四球。
そこから4失点・・・と、試合のテンションを下げてしまった感があります。

中盤以降内角を要求するも、今度はそれを狙い撃ちされての失点・・・。
ちょっと単調過ぎたリード。
また、5回には牽制球が悪送球となり、進塁を許し・・・。
結果論ではありますが、やはり現時点でキャッチャーは、【鶴岡 慎也】捕手の方が信頼があるかと・・・。

一方、打線は好調でしたね。
ライオンズ先発の、エース【涌井】投手から8安打。
6個の三振を奪われるも、4点を奪う大健闘!
【涌井】投手から3安打を含む4安打固め打ちの【田中 賢介】選手は当然の事ながら、得点シーンには絡みませんでしたが、先発出場の【小田 智之】選手も2安打放ち、果敢に攻め立てました。

そして先発レフトの【紺田 敏正】選手。
初回に単打と盗塁、第2打席にはきっちりと送りバントを決め、2番の役割を存分に果たしていました。
この日の試合、打線で言えば勢いはファイターズにあったと思います。

===《最後に》===
さあ、今日も絶対に負けられない首位攻防戦第3ラウンド。
今日の先発投手は、エース【ダルビッシュ 有】投手VS、左腕【帆足】投手。

左右投手に左右される首脳陣。
この日好調だった【小田 智之】選手とか【紺田 敏正】選手とかは、やはり外して来るのかな~?
あまりこだわる必要は無いと思うんだけど・・・。
とは言え、【高橋 信二】選手が登録抹消されているので・・・。

と、それをふまえて私の予想先発オーダーは・・・。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(左)【紺田 敏正】選手
3番(二)【田中 賢介】選手
4番(右)【稲葉 篤紀】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(一)【小谷野 栄一】選手
7番(三)【高口 隆行】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

2番に(三)【高口 隆行】選手、レフトのポジションに【小谷野 栄一】選手も考えたんですが、そうするとファーストのポジションがいない・・・。
なので、恐らく好調【紺田 敏正】選手を、対左ではありますが、先発オーダーに入れてくるでしょう。
・・・と言うか、それが私の希望です・・・。

『パ・リーグ』順位表、3位に【東北楽天ゴールデンイーグルス】が上がってまいりました。
しかも【北海道日本ハムファイターズ】とのゲーム差は『2.0』
今日は負けられません!
エース【ダルビッシュ 有】投手の好投と、打線爆発を願いつつ・・・。

今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>
【夏に向けて・・・】


スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/124-2a9c9788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7月2日vs猫(10) ナイフでイナフ 投手編

【枕】お題「中途半端じゃ間がもたぬ」のココロだァ!  自分小学校中学年あたりからここまでHBCラジオ一筋でして、あの頃ベストテン北海...

  • 2008/07/04(金) 23:09:07 |
  • 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。