とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤に5点のビハインドをひっくり返すも、ライオンズ打線の『技あり』に大敗・・・。

2008年7月1日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『札幌ドーム』
●【7-12】・・・大逆転劇を見せるも、一枚上手だったライオンズ打線の『技あり』に大敗・・・【森本 稀哲】選手の復帰戦は、勝利で飾れませんでした・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===
今日から首位攻防の3連戦。
初戦に勝利して、弾みをつけたいところ。

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手。
交流戦での好投に、首脳陣から信頼を得た【ブライアン スウィーニー】投手。
ライオンズ打線を黙らせるピッチングを期待です。
対するライオンズの先発投手は、左腕の【石井一】投手。
前回の対戦で敗戦を喫しているので、今日は打破していただきましょう。

今日の試合から、骨折離脱していた【森本 稀哲】選手が戻ってきました。
早速定位置の1番センターです。
ファーストには【高橋 信二】選手で、これで骨折離脱していたふたりが復帰。
頼れる選手が戻って来て、チームに明るさも戻ってきました。
レフトにはユーティリティープレーヤー【小谷野 栄一】選手が入り、サードには【高口 隆行】選手・・・と、ともに左腕【石井】投手対策です。

1番(中)【森本 稀哲】選手
2番(三)【高口 隆行】選手
3番(二)【田中 賢介】選手
4番(右)【稲葉 篤紀】選手
5番(一)【高橋 信二】選手
6番(指)【ターメル スレッジ】選手
7番(左)【小谷野 栄一】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手

===《試合経過》===
先発投手【ブライアン スウィーニー】投手は、立ち上がりからピリッとしないピッチング。
初回、簡単に2アウトを取るも、四球の【中島】選手を置いて、4番【ブラゼル】選手にツーランホームランを被弾【0-2】
さらに2回には、1アウトから4連打と犠牲フライで3失点【0-5】
いきなりファンとして、テンションダウンの序盤です。

ところが気合漲るファイターズ打線は2回裏、この回先頭打者の【高橋 信二】選手が、ファンの待つレフトスタンドへ反撃ののろしのソロホームラン【1-5】
【ターメル スレッジ】選手が死球で出塁し、続く【小谷野 栄一】選手が三振で倒れるも、続く【鶴岡 慎也】選手がツーベースヒットで出塁、1アウト2塁3塁。
ここで【金子 誠】選手がセンター前へ弾き返し、タイムリーヒット【2-5】
打順1番に帰り【森本 稀哲】選手が四球で歩き1アウト満塁とすると、【高口 隆行】選手がレフトへ2点タイムリーヒット【4-5】
【田中 賢介】選手が倒れて2アウトになるも、頼れる4番【稲葉 篤紀】選手がライトへ2点タイムリーヒットで【6-5】と、この回一挙に6点返して、なんと逆転に成功です。

一挙に『札幌ドーム』の雰囲気が盛り上がり、逆転をしてもらった【ブライアン スウィーニー】投手に期待しますが、まだどうもピリッとしないピッチング。
毎回ランナーを許し、4回には1アウト2塁3塁のピンチ。
それでも守備に助けられて何とか無失点に切り抜け、結局5回を投げて被安打7、与四球4、失点5(自責点5)も、勝ち投手の権利を持って、ブルペンにつなぎました。

6回のマウンドには【宮西 尚生】投手。
ピシッと抑えたいところでしたが、2アウトから【中島】選手に同点のタイムリーツーベースヒットを打たれて【6-6】
続く【ブラゼル】選手に四球を与えたところでマウンドを【坂元 弥太郎】投手に託すも、【G.G.佐藤】選手に低めの球をレフトスタンドに運ばれて、まさかのスリーランホームランを被弾【6-9】
再び逆転されてしまいました。

さらに8回からマウンドに上がった【歌藤 達夫】投手ですが、この回先頭打者の【片岡】選手に単打を許し、盗塁、犠打に犠飛で1失点【6-10】
さらに死球に2連打で1失点【6-11】と、大きくリードを許します。

8回裏に【ターメル スレッジ】選手のスリーベースヒットと、代打【小田 智之】選手のタイムリーヒットで1点返し【7-11】とするも、反撃もここまで。
9回のマウンドには、今日【森本 稀哲】選手とともに一軍再昇格してきた【金森 敬之】投手が登板するも、失策絡みで1失点【7-12】
大敗で首位攻防戦第1ラウンドは完敗となり、骨折離脱から復帰した【森本 稀哲】選手の復帰戦は、勝利では飾れませんでした・・・。

===《戦評》===
この日の試合は、投手陣ですね。
立ち上がり5失点を喫してしまった【ブライアン スウィーニー】投手。
どうも球が高めに浮いてしまっていました。
その後は抑えるも、ヒヤヒヤのピッチング。
5イニングで四球4も、ちょっと無駄でしたね。

そして2番手【宮西 尚生】投手に、3番手【坂元 弥太郎】選手。
・・・とは言え、ここはタイムリーヒットを放った【中島】選手と、逆転スリーランホームランを放った【G.G.佐藤】選手のバッティングに「さすが・・・」と言うべきか?
特に【G.G.佐藤】選手のホームランは、あれはもう『技あり』で、けっして【坂元 弥太郎】投手の失投ではありませんね。
ここはライオンズ打線の方が上だったと言うしかないでしょう・・・。

そして4番手【歌藤 達夫】投手。
俊足【片岡】選手を出塁させたところが、リズムのズレを作ってしまったようですね。
盗塁→犠打→犠飛で失点・・・。
ところがこれで気持ちを切り替えれればまだ良かったものの、死球に連打で失点・・・。
貴重な中継ぎ左腕ではありますが・・・ちょっと今後の起用に赤信号です。

5番手の一軍復帰登板の【金森 敬之】投手。
先頭打者に単打を許した後は、3つの内野ゴロ。
結果的には失策が絡んで1失点となってしまいましたが、こちらは合格登板だと思いました。

そして打線。
2回の攻防は素晴らしかったですね。
まだ怪我が完治していない【高橋 信二】選手の5号ソロホームランから始まり、2つの四死球と4本のヒットを集中させて6得点!
早い回から先発投手【石井】投手を引きずり降ろし、さらなる得点を期待したのですが、結局はその後は沈黙の打線・・・。
ライオンズのブルペンに抑え込まれてしまいました。

左投手に対する右打者(逆も)にこだわる首脳陣は、先発投手【石井】投手が降板したのち、もっと早い回から左打者【稲田 直人】選手や、【紺田 敏正】選手を送り込む事は考えられなかったのでしょか?
替えるとなると、定着している選手以外・・・例えば【高口 隆行】選手や【小谷野 栄一】選手の場面であったと思うと、そんなタイミングは無かったのかな?
3回以降は攻撃も、打者自体もいまいち単調・淡白に見えてしまいました・・・。

===《最後に》===
さて、大事な首位攻防戦の初戦を落としてしまったファイターズ。
今日の先発投手は、ちょっと勝ち星から遠ざかっている【ライアン グリン】投手VS、満を喫して登板の【涌井】投手。
今日は自慢のレフティー打線で、是非とも【涌井】投手を打ち崩していただきましょう!
そして【ライアン グリン】投手、恐らく観戦に来るだろう、大好きな息子【カイル】君のためにも、格好良いお父さんを見せて下さい!
好投を期待しています。

今日は絶対に負けられない試合。
今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ】関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>
【夏ばてにも・・・サプリメントで健康維持】


スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightersmania.blog21.fc2.com/tb.php/122-c3d82114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。