とことん日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズについて、とことん書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月29日VS【オリックスバファローズ】戦、戦評

9月29日VS【オリックスバファローズ】戦in『札幌ドーム』
○『12-3』・・・4月8日以来の一試合5本塁打で快勝!
クライマックスシリーズ出場を確定させ、優勝マジックも『7』⇒『5』としました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から本拠地『札幌ドーム』にて、VS【オリックスバファローズ】戦の3連戦。
相性の良いバファローズ相手に、一挙に優勝マジックを縮めてもらいましょう。

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、ドラフト2位のルーキー左腕【伊原】投手。
初対戦の【伊原】投手、ぜひとも打ち込み、プロの厳しさを教えてあげましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
スタメンレフトに【森本 稀哲】選手が起用され、指名打者に【ターメル スレッジ】選手。
左肩の負傷でベンチスタートが続いた【小谷野 栄一】選手が、今日からスタメンサードに戻ってきました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【ブライアン スウィーニー】投手

===《試合経過》===

9月2日以来白星から遠ざかっている先発投手の【ブライアン スウィーニー】投手の立ち上がり。
バファローズ核弾頭、もっか打率2位の好調【坂口】選手に内野安打を打たれると、セカンド【田中 賢介】選手がそれを悪送球してノーアウト2塁。
続く【大村】選手に犠打を打たれて1アウト3塁とされるも、続く【北川】選手をピッチャーゴロ、そして強打者【ローズ】選手を見逃しの三振に斬って取り無失点・・・と、先制のピンチを迎えつつも無失点で切り抜け、上々の立ち上がりです。

一方ファイターズの攻撃は初回、初対戦となるルーキー左腕【伊原】投手に簡単に2アウトとされるも、【稲葉 篤紀】選手が死球を受けて出塁すると、4番【高橋 信二】選手が8号ツーランホームランを放って『2-0』
さらに続く【ターメル スレッジ】選手が、25号ソロホームランを放って『3-0』・・・と、久しぶりに長距離砲2連発で先制です。

3点をもらった【ブライアン スウィーニー】投手ですが2回表、1アウトかれ連続ヒットを打たれて1アウト1塁2塁のピンチ。
その場面はピッチャーゴロ併殺打にて無失点に抑えますが続く3回表、連続安打などで2アウト1塁2塁のピンチを迎えると、【ローズ】選手にタイムリーヒットを打たれて『3-1』・・・と、ここまでファイターズを上回るヒットを打たれ、1点を返されてしまいました。

追加点が欲しいファイターズは5回裏、この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が、9月15日以来となる14号ソロホームランを放って『4-1』とすると、さらに【鶴岡 慎也】選手がツーベースヒットを放って出塁し、その場面でバファローズルーキー左腕【伊原】投手降板・・・。
2番手にベテラン右腕【川越】投手が送られるも、【金子 誠】選手が犠打を決めて1アウト3塁とすると、【田中 賢介】選手がタイムリーヒットを放って『5-1』
なおも1アウト1塁の場面で、続く【森本 稀哲】選手の送りバントをバファローズサード【北川】選手がエラーして1アウト1塁2塁。
バファローズマウンドには3番手、元ファイターズ戦士の左腕【清水】投手が送られるも、【稲葉 篤紀】選手が単打を打って1アウト満塁とすると、続く【高橋 信二】選手の内野ゴロの間に3塁ランナー【田中 賢介】選手が生還して『6-1』
さらに続く【ターメル スレッジ】選手が死球で歩いて2アウト満塁とすると、バファローズのマウンドにはシーズン中盤までクローザーを務めていた【加藤】投手が登板するも、【小谷野 栄一】選手が2点タイムリーヒットを放って『8-1』・・・と、この回一挙に5得点で、試合をほぼ決定付けました。

さらに6回裏。
バファローズのマウンドは代わらずに【加藤】投手で、簡単に2アウトと取られるも、【高橋 信二】選手のファーストゴロをバファローズファースト【岡田】選手がエラーして2アウト1塁。
その場面で、続く【ターメル スレッジ】選手が今日2本目となる26号ツーランホームランを放って『10-1』
さらに、今日スタメン復帰の【小谷野 栄一】選手が、フェンス直撃となるツーベースヒットを放って出塁すると、【糸井 嘉男】選手が、こちらも今日2本目となる15号ツーランホームランを放って『12-1』・・・と、2本のツーランホームランで駄目押しの追加点です。

11点の大量リードをもらった先発投手【ブライアン スウィーニー】投手は、7回表の守備でもハツラツプレー。
この回先頭打者の【横山】選手に単打を許してノーアウト1塁とするも、続く【岡田】選手をファーストゴロに。
セカンドへ送球され、さらにファーストには軽快な動きの【ブライアン スウィーニー】投手がベースカバーに入り、併殺打に仕留めて2アウトランナー無し。
ところがそこから四球と連続タイムリーヒットを打たれて『12-3』とされ、さらに【ローズ】選手にもヒット性のライトへのライナー。
結局【ブライアン スウィーニー】投手はこの回終了後に降板し、被安打10も、失点3(自責点3)に抑える要所を締める好投で、勝ち投手の権利を持ってベンチで戦況を見守ります。

7回裏のバファローズのマウンドには、ドラフト3位入団のルーキー右腕【西】投手が登板。
18歳とは思えない度胸のあるピッチングで、7回・8回を与四球1の無安打での好投を披露し、敵チームながら来年以降が楽しみな投手が出現です。

結局試合はそのまま『12-3』で快勝し、4位【埼玉西武ライオンズ】が敗戦したためにクライマックスシリーズ出場が決定!
優勝マジック対象である【東北楽天ゴールデンイーグルス】も延長戦の末敗戦したため、優勝マジックも『5』へと減りました。

5本塁打を含む11安打・12得点で快勝!
いやはや、何だか久しぶりに気持ちの良かった試合でした。

===《戦評》===

この日の先発投手【ブライアン スウィーニー】投手、毎回のように安打を打たれつつ、大量点に守られての粘投でしたね。
7イニングを被安打10も、失点3(自責点3)に抑える好投。
前々から『男気』は買っていますからね、それに対応するほどの活躍を、今後も期待します。

この日はやはり目立ったのは打線の活発さ。
『札幌ドーム』での5本塁打は、実に2004年5月10日以来!
いやはや、ビックリです・・・。

前のカード、VS【福岡ソフトバンクホークス】との3連戦では、2安打しか打てずにいた【糸井 嘉男】選手が、この日は4打数2安打に、自身初となる2本塁打!
これで復調して残り9試合、大活躍する事を期待しましょう。
そしてクライマックスシリーズでも、打のキーマンとなる事を期待します。

やはり2本塁打を放った【ターメル スレッジ】選手、いやはや相変わらず大活躍でした。
ここに来て完全に日本の投手に慣れたって感じですね、遅いけど・・・。
どうあれ今後も活躍を期待し、来シーズン残留をも願います。

この日からスタメン復帰した【小谷野 栄一】選手、いきなり4打数2安打3打点の活躍!
特に6回裏のツーベースヒットは、当たり的にフェンスオーバーかと思いました。
何とも力強いバッティングに、やはり頼もしさを感じました。
今後も活躍を期待します。

この日はスタメン出場ではなかった【中田 翔】選手が、8回裏に代打で出場しました。
結果はバファローズルーキー右腕【西】投手の前に、ファーストへのファールフライ。
・・・って言うか、あれだけ大量リードの場面、代打に出す必要はなかったのでは?
これでまた1打席使ってしまいました。
今シーズンは60打席以下で抑えたいのに、ちょっと無駄な打席・・・。
守備での出場ならまだしも、代打とは・・・そこは起用をちょっと考えてもらいたいと思う私です・・・。

===《最後に》===

さて、今日も『札幌ドーム』にて、VS【オリックスバファローズ】戦。
今日の先発投手は【糸数 敬作】投手VS、8年目右腕【近藤】投手。

昨シーズンいまいち相性の良くなかった【近藤】投手ですが、今シーズンはこれまで2試合対戦して、1勝1敗、対戦防御率は『5.14』と得意にしています。

一方【糸数 敬作】投手は3試合対戦があり、2勝0敗、対戦防御率『1.59』の好成績。
今日も好投を期待しましょう。

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

【中田 翔】選手、ファーム二冠、おめでとうございます!

『イースタン・リーグ』の全日程が終了し、【中田 翔】選手が『本塁打王』と『打点王』の二冠を獲得。
『本塁打』はリーグ新記録となる『30本』
『打点』も同タイ記録となる『95打点』を挙げての堂々の受賞。
『打率』も『.326』でトップにいたものの、【千葉ロッテマリーンズ】の【ムニス】選手が最終戦に5打席立ち、ファームの規定打席数(108試合×2.7)に到達して急浮上。
『.342』の高打率で首位打者を獲得し、【中田 翔】選手は残念ながら2位。
惜しくもファーム三冠王はなりませんでした・・・。

それでも2年目のシーズンは、立派な数字を残しましたね。
来シーズンはそのパワーをぜひとも一軍で活かし、新人賞を獲得してもらいたいものです。

現在一軍にて出場している【中田 翔】選手。
『新人賞』の規定は、支配下登録5年以内で、前年までの出場が『60打席以下』の選手ですので、現在2年目の【中田 翔】選手が来シーズン『新人賞』を狙うためには、今シーズン一軍での打席数を『60打席以下』に抑えなくてはいけません。
現在一軍での打席数は『37打席』
ぜひとも計算して出場させ、来シーズンの『新人賞』を狙ってもらいたいものですね。

ちなみにクライマックスシリーズは打席数に数えられるのかな・・・?
そうなると厳しいなぁ~・・・。

###
さて、今日からは本拠地『札幌ドーム』にて、VS【オリックスバファローズ】戦の3連戦。
ここまで14勝6敗と得意にしているバファローズですので、連勝して一挙に優勝マジックを減らしてもらいたいものです。

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、ドラフト2位のルーキー左腕【伊原】投手。
【ブライアン スウィーニー】投手の今シーズンの対戦成績は1試合対戦があり、勝ち投手になってはいるものの、被本塁打1を含む被安打7、与四死球5の失点4(自責点4)で、防御率『6.75』
決してよい数字ではありませんが、今日も勝利投手となるよう好投を期待しましょう。
このところ3連敗している【ブライアン スウィーニー】投手ですが、まあそれほど目立ってひどい内容ではないですかね。
味方打線の援護が少なすぎるのも、黒星の原因のひとつ。
今日はそんな味方打線の爆発も期待しましょう。

対するルーキー左腕【伊原】投手とは、これが初対戦。
ここまでシーズン3試合に登板し、0勝2敗、防御率『6.14』ですか。
ぜひともファイターズの強力打線で撃破し、プロの厳しさを教えてあげましょう!

今日も【中田 翔】選手はスタメン出場するでしょうか?
対戦投手がルーキー左腕ですので、本拠地でのプロ入り初本塁打を充分狙える気がします。
ちょっと最近湿った打線に、ぜひともカツを入れる打撃を!
頑張ってもらいたいものです。

今日から対戦する【オリックスバファローズ】は残念ながら、今シーズン最下位が決定しました・・・。
今日からの3連戦はぜひ、来シーズンへ向けての試験的な新人起用を期待します。
報道では来シーズン、前阪神タイガース監督の【岡田】氏が監督就任の候補となっていると。
そうですか、【大石】監督は退任ですか・・・選手時代も含めて好きな方だったんですが・・・。
【大石】監督様、お疲れ様でした。
今シーズンはあと4試合対戦がありますが、良い試合、良い采配を期待します。
勝利は譲りませんが・・・。

どうあれ今日からは、本拠地『札幌ドーム』での試合が8試合続きます。
やはり本拠地での試合は有利。
ここで一挙に優勝へと突き進んでもらいたいと思います。

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月27日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦、戦評

9月27日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦in『福岡ヤフードーム』
●『2-4』・・・終盤に追い上げるも追い付かず、今日も湿ったチーム安打『5』で敗戦・・・。
『福岡ヤフードーム』での今シーズン最終戦を飾れず、優勝マジックも『7』のままです。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日の試合が今シーズン『福岡ヤフードーム』での最終戦。
気持ち良く勝利で飾っていただきましょう!

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、3年目左腕【大隣】投手の左腕対決。
スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
今日は【稲葉 篤紀】選手がベンチスタートとなり、スタメンライトには【森本 稀哲】選手で、3番には久しぶりに【糸井 嘉男】選手が起用されました。
スタメンサードは今日も【高口 隆行】選手で、【小谷野 栄一】選手、【二岡 智宏】選手はベンチスタート。
スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手が起用され、指名打者は【中田 翔】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(右)【森本 稀哲】選手
3番(中)【糸井 嘉男】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(遊)【金子 誠】選手
7番(指)【中田 翔】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(三)【高口 隆行】選手
先発投手【武田 勝】投手

===《試合経過》===

2日連続延長戦、2日間で9時間25分の試合を戦い抜いてのデーゲーム・・・。
共に疲労ピークの両チームの始まりは初回、先頭打者【田中 賢介】選手が四球を選んで出塁すると、続く【森本 稀哲】選手の送りバントをホークス【田上】捕手がエラーしてノーアウト1塁2塁の先制点のチャンス。
ところが、今日3番に起用されている【糸井 嘉男】選手が見逃しの三振で倒れると、4番【高橋 信二】選手が併殺打に倒れて無得点・・・。
初回のチャンスを得点に結び付けられず、悪い空気が流れます。

一方ファイターズ先発投手【武田 勝】投手は、初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がり。
2回・3回にはそれぞれ単打で出塁を許すも、3回裏には【川崎】選手を盗塁で刺して結果的に3人で抑える好投を見せます。

ところが4回裏、この回先頭打者の【本多】選手に単打を許すと、続く【オーティズ】選手にツーランホームランを被弾『0-2』
その後を抑えるも、痛い2失点です。

初回にチャンスを作ったファイターズ打線ですが、それ以降はホークス先発投手【大隣】投手の前に、出塁すら許されません・・・。
初安打は5回表、今日6番で起用されている【金子 誠】選手の単打でしたが、結局後続が倒れて無得点。
攻撃の糸口が見つかりません・・・。

すると6回裏、この回先頭打者の【オーティズ】選手にツーベースヒットを打たれると、3塁へ盗塁。
それを見越して【武田 勝】投手が3塁に送球するもそれが逸れ、【オーティズ】選手が一挙に本塁へ還って『0-3』
これまた痛いミスで、3点目を与えてしまいました・・・。

何とか得点を返したいファイターズは7回表、この回先頭打者の【高橋 信二】選手が単打で出塁すると、続く【ターメル スレッジ】選手がツーベースヒットを放ってノーアウト2塁3塁のチャンス。
続く【金子 誠】選手が三振で倒れるも、今日もスタメン起用されている【中田 翔】選手が、泳ぎながらもセンターへフライを上げ、これがプロ入り初打点となる犠牲フライで『1-3』
終盤に来て何とか1点を返しました。

ところが8回裏。
この回から登板した2番手【坂元 弥太郎】投手、簡単に2アウトを取るも、続く【オーティズ】選手に四球を与えて2アウト1塁。
代走【城所】選手が送られると、自らのボークで進塁させて2アウト2塁とされると、【小久保】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて『1-4』
終盤に来て重い1点を献上してしまいました・・・。

3点を追う最終回、9回表のファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【ターメル スレッジ】選手が内野安打で出塁すると、続く【金子 誠】選手の打球はバウンドの高いセカンドゴロ。
セカンドはアウトになるもダブルプレーは避け、1アウト1塁と変わったところで打席には【中田 翔】選手。
2ストライクと追い込まれるもファールで粘り、結局右中間へのヒットを放て1アウト1塁3塁。
ここでホークスマウンドは2番手【馬原】選手が送られ、ファイターズは代打で【稲葉 篤紀】選手。
期待された【稲葉 篤紀】選手の打球はファーストゴロで、セカンド封殺の間に3塁ランナー【金子 誠】選手が生還して『2-4』
なおも2アウト1塁の場面で代打【坪井 智哉】選手が送られ、ライト前へ抜けるかと思われる打球はホークスセカンド【本多】選手に好捕されて1塁送球アウト・・・。
最終回に粘りをみせるも及ばず、試合終了・・・・。

結局このカードは1勝1敗1引き分けで、今シーズン残り1試合を残して、対戦成績10勝12敗1引き分けと負け越し決定・・・。
『福岡ヤフードーム』での今シーズン最終戦を白星で飾れず、優勝マジックも『7』のまま停滞し、明後日からは北海道に戻ります。

===《戦評》===

この日の先発投手【武田 勝】投手は、決して悪い出来だったとは思いません。
結局は7イニングを投げ、被本塁打1を含む被安打7、失点3(自責点2)の成績。
自責点2とは言え、3点目も自分のミスですが・・・。
本人もコメントしていましたが、左打者に打たれる事が多いですね。
この日の敗戦で、8勝9敗と負けが先行。
まだ今シーズンの登板は残っていますので、ぜひとも好投をし、二桁勝利を狙ってもらいたいと思います。

しかしこの日も打線は湿っていました。
チーム安打5安打ですか・・・とほほほほ・・・。
ところでこの日ベンチスタートだった【稲葉 篤紀】選手は、負傷ですか?
この日は代打で出場して打点は挙げましたが、この3連戦での成績は、12打数無安打で、三振6・・・。
疲れがピークとなっているのでしょうが、頑張ってもらいたいものですね。
残り試合10試合・・・優勝に向けての活躍を期待します。

この日もスタメン出場した【中田 翔】選手は、この日も前日に続いて3打数1安打の活躍。
さらに嬉しいプロ入り初打点も挙げ、存在感を示しています。
次のカードからは、本拠地『札幌ドーム』にて8連戦。
そこでもぜひとも存在感を示して優勝に貢献を、そして来シーズンからは一年を通しての一軍での活躍を期待します!

===《最後に》===

優勝マジックはなかなか減らずに『7』
明日からの本拠地『札幌ドーム』8連戦にて、気持ち良く優勝を決めてもらいたいと思います。

明日からはVS【オリックスバファローズ】戦、3連戦。
ここまで14勝6敗と大きく勝ち越していますので、その勢いで明日からも連勝を期待します。

明日の先発投手はまだ発表となっていませんが、おそらく【糸数 敬作】投手。
ここまで3試合対戦があり、2勝0敗防御率『1.59』の【糸数 敬作】投手。
そのまま勢いで、ぜひとも勝利を収めてもらいたいと思います。

明日からはマジック対象の【東北楽天ゴールデンイーグルス】は、現在2位の【福岡ソフトバンクホークス】との3連戦。
ファイターズとしては好都合の、上位球団同士の潰し合い。
ここで一挙に優勝マジックを減らしましょう!

兎にも角にも優勝目指して、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月26日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦、戦評

9月26日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦in『福岡ヤフードーム』
○『5-4』・・・連日延長12回までもつれた試合は、好調【ターメル スレッジ】選手のソロホームランで終結!
自力で優勝マジックをひとつ減らし、『8』⇒『7』へとしました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

前日4時間40分の死闘を戦ってドローだったファイターズは、今日も【福岡ソフトバンクホークス】との試合。
今日こそは快勝していただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、左腕エース【杉内】投手。
今シーズンはここまで18試合に登板して、被本塁打『15』と、一発病に悩まされている【八木 智哉】投手。
気を抜いたところでの被弾に注意し、今日も丁寧にコーナーをついての好投を期待しましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
左肩を痛めている【小谷野 栄一】選手、昨日の試合でふくらはぎに違和感をおぼえて途中交代した【二岡 智宏】選手は共にベンチスタートで、スタメンサードには予想通り【高口 隆行】選手が起用されて打順2番。
このところ2番に定着していた【森本 稀哲】選手が今日はベンチスタートで、スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手、指名打者に【高橋 信二】選手が起用され、スタメンファーストは8月21日以来4度目のスタメンとなった【中田 翔】選手が起用されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(三)【高口 隆行】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(指)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(一)【中田 翔】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【八木 智哉】投手

===《試合経過》===

前日4時間40分に渡る死闘を繰り広げた両チーム。
今日こそは気持ち良く快勝してもらいたいファイターズですが初回、ホークス左腕エース【杉内】投手の前に、簡単に三者凡退に抑えれてしまいました。

一方ファイターズ先発投手【八木 智哉】投手は初回、いきなり先頭打者の【松田】選手にソロホームランを被弾『0-1』
どうしても今シーズンは一発病を感じる【八木 智哉】投手、いきなりの被弾に立ち上がり、不安を感じます。

それでも2回以降、ヒットで出塁を許すも無失点に抑える【八木 智哉】投手。
すると5回表、2アウトから【金子 誠】選手がツーベースヒットで出塁すると、【田中 賢介】選手が同点となるタイムリーヒットを打って『1-1』
中盤に来て試合を振り出しに戻しました。

ところが6回裏、この回先頭打者の【オーティズ】選手にツーベースヒットを打たれてノーアウト2塁とされると、【小久保】選手にタイムリーヒットを打たれて『1-2』
なおもノーアウト2塁の場面、続く【松中】選手の内野ゴロの間に3塁に進塁を許すと、【多村】選手の犠牲フライで『1-3』・・・と、この回2点を失い、再び追いかける展開へとなってしまいました・・・。

8回表。
この回先頭打者の【田中 賢介】選手が単打で出塁すると、代打【小谷野 栄一】選手、【稲葉 篤紀】選手の内野ゴロの間に進塁して2アウト3塁とすると、ホークスのマウンドは2番手【攝津】投手が送られるも、4番【高橋 信二】選手がタイムリーヒットを放って『2-3』・・・と再び1点差に詰め寄りました。

ところがその裏、ファイターズのマウンドには3番手【菊地 和正】投手が送られるも、四球と単打でノーアウト1塁3塁のピンチ・・・。
【菊地 和正】投手はアウトを取る事無く降板し、マウンドに4番手【宮西 尚生】投手が送られるも、【松中】選手にタイムリーヒットを打たれて『2-4』・・・。
なおもノーアウト1塁2塁の場面で、マウンドには5番手【金森 敬之】投手。
その【金森 敬之】投手は、後続を内野フライと併殺打に抑えてこのピンチを切り抜け、9回の味方の反撃を期待します。

『2-4』で迎えた9回表。
簡単に2アウトを取られたところで代打【坪井 智哉】選手が送られると、期待に応えてツーベースヒットを打って2アウト2塁。
さらに続く【金子 誠】選手がヒットで続いて2アウト1塁3塁とチャンスを広げると、【田中 賢介】選手が粘りに粘って四球を選び、しかもその最後の球がワイルドピッチとなって3塁ランナー【坪井 智哉】選手が生還『3-4』
1塁ランナー【金子 誠】選手も3塁まで進塁してなおも2アウト1塁3塁としたところで、今日ベンチスタートだった【二岡 智宏】選手が代打で送られると、値千金の同点タイムリーヒットを放って『4-4』とし、終盤に来て再び試合を振り出しに戻しました。

9回裏のファイターズのマウンドには、8回途中から登板の【金森 敬之】投手が続投。
ホークス打線を簡単に三者凡退に抑え、試合は昨日に続いて延長戦に突入します。

10回は両チームとも大きなチャンスを作れず無得点で終えると11回表、この回先頭打者の【坪井 智哉】に変わって今日ベンチスタートだった【森本 稀哲】選手が代打で送られると、ホークス4番手【福森】投手から単打を放ってノーアウト1塁。
その後犠打・四球・ワイルドピッチなどで2アウトながら2塁3塁のチャンスを作るも、【稲葉 篤紀】選手が三振に仕留められて無得点・・・。

11回裏のファイターズのマウンドは、6番手で守護神【武田 久】投手が送られて無失点で抑え、今日も12回まで試合がもつれこみました。

12回表、ホークスのマウンドは11回途中から登板している5番手【藤岡】投手。
この回先頭打者の【高橋 信二】選手が空振りの三振に打ち取られるも、続く【ターメル スレッジ】選手がセンターバックスクリーンに値千金の24号ソロホームランを放って『5-4』
今日も総力戦のため、途中からファーストの守備についていた【ターメル スレッジ】選手の意地のホームランで、最終回に勝ち越し点を奪いました。

12回裏には、11回から登板の守護神【武田 久】投手が落ち着いたピッチングを披露し、三者凡退に抑えて試合終了!

今日も4時間45分となった長い試合は、【ターメル スレッジ】選手の価値あるホームランで勝利!
この勝利で優勝マジックを『7』とし、また一歩優勝へ近づきました。

それにしても2試合で24イニング・・・。
両チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。
明日はデーゲームですので、しっかり体力を温存して休憩して下さい。

===《戦評》===

この日の先発投手【八木 智哉】投手、一発病を恐れていたのですが、いきなり初回の先頭打者ですか・・・って感じ。
それでもそれが功を奏したのか、その後は落ち着いたピッチングが見られました。
6回3分の1イニングを、被安打9、失点3(自責点3)の成績。
私の感覚では、まあ先発投手としては合格点ですね。
今後も一発病に気をつけつつ、好投を期待します。

3番手【菊地 和正】投手、4番手【宮西 尚生】投手・・・。
ともにシーズン終盤に来てお疲れモードでしょうか。
両投手ともアウトひとつ取れずに降板・・・。
シーズン終了まで後少し。
どうか踏ん張って、今後の好投を期待します。

そしてそのピンチを見事に救った5番手【金森 敬之】投手。
結局8回裏、ノーアウト1塁2塁のピンチから登板するも、内野フライと併殺打に斬って取ると、10回裏までをパーフェクトピッチング!
いやはや、さすが私が個人的に将来的なクローザー候補としてにらんでいる投手。
今シーズンの防御率も『1.13』と【武田 久】投手と並び、登板試合数はまだ12試合と少ないながら、チームの勝利に大きく貢献してくれています。
今後もさらなる活躍を期待します。

打線はこの日もいまいち湿っていました。
特に不調を感じるのは、【稲葉 篤紀】選手・・・。
この日は6打数無安打で、3三振。
しかも2アウト1塁2塁のチャンスが二度に、2アウト2塁3塁のチャンスでの三個目の三振・・・。
お疲れは解っていますが・・・どうあれ頑張ってもらいたいと思います。
今後も活躍を期待します。

12回表に値千金の24号ソロホームランを放った【ターメル スレッジ】選手ですが、やはりこのところ好調さは感じられません。
このホームランで再び好調を取り戻してもらえたらと思いますので、今後も活躍を期待します。

そしてこの日8月12日以来4度目のスタメン起用となった【中田 翔】選手。
第1打席でいきなり単打を放ち、この日は大きく期待していたのですが、結局は3打数1安打、1三振。
対戦投手は好投手【杉内】投手ですからね、それでもヒットを放ったのは大きな収穫です。
今後もチームを救う打撃と共に、活躍を期待します。

===《最後に》===

さて、今日は『福岡ヤフードーム』での今シーズン最終戦。
連日の延長戦後ながら、今日はデーゲームですか・・・お疲れ様です。
ぜひとも素晴らしい試合を期待します。

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、3年目左腕【大隣】投手との左腕対決。
今シーズンここまで4試合対戦があり、2勝1敗されている【大隣】投手。
ぜひとも打破していただきましょう。
今日も左腕投手が先発なので、【中田 翔】選手がスタメンの予想。
【小谷野 栄一】選手、【二岡 智宏】選手は共にベンチスタートで、今日も【高口 隆行】選手がスタメンサードですかね?

ちなみに【武田 勝】投手は今シーズン、5度の対戦で1勝1敗、対戦防御率『4.18』ですか・・・。
スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手の予想。
どうあれ好投を期待しましょう。

現在優勝マジックは『7』
ひとつでも減らして、北海道に戻ってもらいたいものです。

『福岡ヤフードーム』での今シーズン最終戦勝利を目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

今日のスタメン

今日も『福岡ヤフードーム』にてVS【福岡ソフトバンクホークス】戦。

今日は予想通りにスタメンサードに【高口 隆行】選手が起用され、スタメンファーストに【中田 翔】選手が起用されました。
スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手で、【高橋 信二】選手が指名打者ですね。
いやはや、こりゃ楽しみなオーダーだ・・・。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(三)【高口 隆行】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(指)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(一)【中田 翔】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【八木 智哉】投手

ちょっとファームっぽいスタメンですが・・・期待しましょう!
今日も間もなく試合開始。
優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月25日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦、戦評

9月25日VS【福岡ソフトバンクホークス】戦in『福岡ヤフードーム』
△『0-0』・・・しびれる展開も最後まで両チーム無得点で引き分け。
試合時間4時間40分、ベンチ入り投手を全員使っての死闘を演じ、優勝マジックを『10』⇒『8』まで減らしました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から敵地『福岡ヤフードーム』に乗り込み、【福岡ソフトバンクホークス】との首位攻防3連戦。
何とか勝利して、優勝マジックをひとつでも減らしてもらいましょう!

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、助っ人右腕【ホールトン】投手。
【ホールトン】投手には、ここまで5試合対戦して4敗を喫しているので、今日こそは打破していただきましょう。

スタメンマスクはいつものルーキー【大野 奨太】選手。
一昨日の試合で左肩を痛めた【小谷野 栄一】選手がベンチスタートで、スタメンサードには【二岡 智宏】選手。
また、ファームから【中田 翔】選手が緊急招集されて一軍登録され、【吉川 光夫】投手が登録抹消となりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【二岡 智宏】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

===《試合経過》===

不利なビジターでの試合、何とか先制点を奪いたいファイターズ打線は初回、1アウトから【森本 稀哲】選手が四球を選んで出塁するも、【稲葉 篤紀】選手が併殺打に倒れて無得点。
2回表には、この回先頭打者【高橋 信二】選手がツーベースヒットで出塁して四球と犠打で1アウト2塁3塁の先制のチャンスを掴むも、【糸井 嘉男】選手のピッチャーゴロで本塁を狙った3塁ランナー【高橋 信二】選手が本塁憤死、2アウト1塁3塁。
1塁ランナー【糸井 嘉男】選手がそこで今シーズン24個目の盗塁を決めて2アウト2塁3塁とするも、続く【大野 奨太】選手が外野フライに倒れて無得点・・・。
さらに3回表、1アウトから【田中 賢介】選手が四球で出塁するも盗塁失敗で2アウトランナー無し。
その場面で続く【森本 稀哲】選手が単打で出塁するも無得点で終わり、なかなか本塁が遠い状況です。

一方ファイターズ先発投手【藤井 秀悟】投手は、初回からテンポの良いピッチング。
初回は簡単に三者凡退に抑え、2回裏も単打を許すも無失点。
3回裏は単打と犠打、四球などで2アウト1塁2塁のピンチを迎えるも、【オーティズ】選手を内野ゴロに打ち取って無失点・・・と、危なげない内容です。

4回表には【高橋 信二】選手のツーベースヒット、5回表には【金子 誠】選手のツーベースヒット・・・と、共に2アウト3塁のチャンスを掴むも本塁に走者を還せないしびれる展開。
試合は両投手が踏ん張り、『0-0』のまま進行します。

6回裏、ふたつの四球で1アウト1塁2塁のピンチを迎え、打席には強打者【松中】選手を迎えた【藤井 秀悟】投手ですが、見事併殺打に打ち取って無失点で抑えると、任務終了。
6イニングを被安打3、無失点で抑え、マウンドをブルペン陣に託します。

7回裏、2番手【江尻 慎太郎】投手が先頭打者を四球で歩かせるも無失点で切り抜けると、8回裏には3番手【宮西 尚生】投手が登板。
この回先頭打者【本多】選手を簡単にピッチャーゴロに打ち取るも、続く【川崎】選手に四球を与えて出塁を許したところでマウンドを【菊地 和正】投手にスイッチ。
ところがその【菊地 和正】投手、【オーティズ】選手にツーベースヒットを打たれて1アウト2塁3塁。
続く【小久保】選手を敬遠の四球で歩かせて1アウト満塁の満塁策を取ったところで降板し、5番手【林 昌範】投手を投入。
【林 昌範】投手は気合いのこもった投球で強打者【松中】選手を内野フライに打ち取ると、それにてお役ごめん。
マウンドには6番手【坂元 弥太郎】投手が投入されると、【多村】選手にカウント『0-3』とするも、最終的にはファーストフライに打ち取って無失点。
投手4人をつぎ込み、何とかこの回も無失点で切り抜け、なおもしびれる試合展開が続きます。

一方、ホークス先発投手【ホールトン】投手から、5安打・3四球を奪うも無得点のファイターズ打線。
その【ホールトン】投手は7回で降板し、ホークス2番手【摂津】投手が送り込まれると、その【摂津】投手に2イニング4三振無安打・・・とまったく打てないファイターズ打線・・・。
『0-0』のまま試合は進行して9回裏、ファイターズのマウンドには【坂元 弥太郎】投手が続投し、単打、犠打、死球で1アウト1塁2塁のピンチを迎えるも後続を併殺打に打ち取り、試合は『0-0』のまま延長戦に突入します。

10回表、2アウトから【田中 賢介】選手がツーベースヒットを放つも、後続が倒れて無得点。
ファイターズのマウンドには10回裏から7番手【武田 久】投手が投入され、こちらも1アウトから単打を許すも無失点に切り抜けます。

11回表、1アウトから【高橋 信二】選手が今日4安打目となる単打で出塁し、代走に送られた【紺田 敏正】選手が盗塁を決めて1アウト2塁のチャンスを作るも、後続が倒れてまたまた無得点。
11回裏はそのまま【武田 久】投手続投で、簡単に三者凡退で無失点で切り抜け、試合は『0-0』のまま最終回を迎えます。

12回表、この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が単打で出塁すると、途中から守備についていた【鶴岡 慎也】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁。
続く【金子 誠】選手が倒れるも、【田中 賢介】選手が敬遠の四球で歩かされ、2アウト1塁2塁のチャンスを迎えるも、続く【森本 稀哲】選手が内野ゴロに打ち取られて無得点・・・。
この時点で勝利が無くなったファイターズは12回裏、マウンドに【金森 敬之】投手を投入。
その【金森 敬之】投手、この回先頭打者の【田上】選手に単打を許すと、代走に俊足【森本】選手で、ノーアウト1塁。
続く【本多】選手は犠打で1アウト2塁、続く【川崎】選手の内野ゴロの間に進塁を許して2アウト3塁。
さらに代打【小斉】選手を四球で歩かせると、代走【明石】選手が送られ、盗塁を決められて2アウト2塁3塁のピンチ。
打席には4番【小久保】選手の絶体絶命のピンチも、最後は空振りの三振に仕留めて試合終了!

ベンチ入り投手全員を使いきり、4時間40分に渡る総力戦は、結局『0-0』の引き分け。
ピンチを抑えた投手陣と、それらを指揮した【梨田】監督の采配に拍手を送りましょう!
あと1本が出なかった打撃陣・・・まあそこは素直に、ホークスの投手陣を褒めますか・・・。

優勝マジック対象の【東北楽天ゴールデンイーグルス】が敗戦し、ファイターズも引き分けながら、優勝マジックはふたつ減って『8』
いよいよ一桁突入で、このまま一挙に突っ走ってもらいたいものです。

それにしても本当に、しびれた試合でした。
両チームの選手の皆様、ご苦労様でした!

今日がナイトゲームで良かったよ・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【藤井 秀悟】投手、意識的にテンポを早めたとのコメントでしたが、好投でした。
結局6イニングを、被安打3、無失点の好投。
勝利投手に値する好投でしたが、それにしてもなかなか白星が付きませんな~・・・。
最後の白星は8月8日。
その後7試合登板しているのに、ひとつ黒星があるだけで、あとは勝敗付かず・・・。
勝敗の付いていない6試合中、チームは4試合で勝利を収めていますからね、何だかもったえない気がします・・・。
それらの試合を観ていて、早目の降板が多かったので、いまいち首脳陣から信頼度が低いのかな?とか思っていたのですが、この日の試合で信頼度はアップできでしょうか?
残り試合から、今シーズンのレギュラーシーズンでの登板は2試合程度。
ぜひとも好投を期待し、クライマックスシリーズ、そして日本一をかけての登板での好投をも期待します。

8回裏、4投手をつぎ込んだ指揮には恐れ入りました。
以前までは・・・いや、この日のそうでしょうが、後ろを計算しての投手起用が裏目に出る事が多かったのですが、この日は積極投入で成功を収めました。
シーズン中、何度となく「なぜまだ引っ張る・・・?」みたいな継投が多かったのですが、この日のような積極継投は良いですね。

しかし、この日で55試合目の登板となった【菊地 和正】投手、このところちょっとお疲れモードですかね?ちょっと最近打たれている印象があります。
おそらく【宮西 尚生】投手の【川崎】選手に対する四球と、【菊地 和正】投手の【オーティズ】選手に打たれたツーベースヒットは計算外。
そのためベンチ入りの投手を全員使う事になってしまいましたが、まあ無失点に切り抜けたから良しとしましょうかね。

そして8番手で12回裏に登板した【金森 敬之】投手、一番しびれる場面で、よく踏ん張りました。
2アウト2塁3塁、打席には強打者【松中】選手・・・。
あそこは歩かせるって作戦もあったのでしょうが、よく空振りの三振に斬って取りました!
そうか、満塁策をとって、下手に『押し出し四球』で試合終了するより、打たれて負けちゃった方がまだ良いって判断か。
もうね、あそこで正直言って打たれても、この日の試合は誰も責められません。
そんあ場面で最高のお仕事をしてのけた【金森 敬之】投手。
私的に将来的にはクローザーを任せてもらいたいと思っている【金森 敬之】投手ですので、非常に嬉しい好投でした。
そんな【金森 敬之】投手を含めて投手陣、今後のさらなる活躍を期待します。

打線では、ひとり気を吐いていたのが【高橋 信二】選手。
5打数4安打活躍で、打率を再び『.310』まで上昇させました。
これはやはり【中田 翔】選手の一軍昇格効果ですかね?
>「ファーストの守備は譲らん!」みたいな・・・。

ところがそれ以外の選手は、すっかり抑えられてしまっていました・・・。
【高橋 信二】選手が出塁して、続く【ターメル スレッジ】選手が・・・とか思うも、4打数無安打、3三振・・・。
スタメンサードで6番に起用された【二岡 智宏】選手は2回表、犠打を決めたところでふくらはぎの違和感をおぼえて交代してしまうし・・・。
怪我も含めて、ちょっと元気が無さ過ぎです。

12回も攻撃があり、チーム総安打8安打・・・。
対するホークスも7安打ですので何とも言えませんが、もうちょっと頑張ってもらいたいものですね。
簡単に言うのも何ですが・・・。
どうあれ今シーズンは強打のファイターズ。
あのたたみ込むような打線をぜひ、復活させてもらいたいものです。
今後の活躍を期待します。

===《最後に》===

さて、今日も『福岡ヤフードーム』にて、VS【福岡ソフトバンクホークス】戦。
今日こそは快勝し、気持ち良く優勝マジックを減らしていただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、エース左腕【杉内】投手の左腕対決。
【杉内】投手か・・・手強いな・・・。

ちなみに今シーズン【杉内】投手とは6度対戦があり、4勝2敗されているも、防御率は『3.02』とまあ平均的な数字。
何とか打破していただきたいと思います。

【八木 智哉】投手は3度の対戦で0勝1敗、防御率『2.45』ですか。
以前は『タカキラー』と呼ばれた【八木 智哉】投手ですからね、今日も好投を期待しましょう!

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手の予想。
そして、昨日はお休みした【小谷野 栄一】選手、具合はどうなんでしょうか?
左腕ですからね、ぜひとも出場をしてもらいたいのですが・・・。
昨日途中交代した【二岡 智宏】選手がおそらく今日はベンチスタートとなると、今日のスタメンサードは【高口 隆行】選手?【飯山 裕志】選手?
そこにギャンブルで昨日一軍昇格した【中田 翔】選手ってのも面白いとは思いますが・・・厳しいか?
今日はスタメンで出てもらいたい【中田 翔】選手ではありますが・・・今日は読めないな~・・・。

どうあれ優勝マジックは一桁の『8』
このまま順調に優勝マジックを減らし、早いところ気分的にラクにさせてもらいたいものです・・・。

今日こそは打線の爆発を期待して!今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

【中田 翔】選手一軍登録、救世主となるか!?いよいよ今日も試合が始まります!

今朝のブログをアップした後にネットニュースをのぞいてみると、ファームから【中田 翔】選手が緊急招集とのニュース。
あらま予想通り・・・とか思いつつ、私の予想ではファームの全日程が終了してからの合流。
ところがまあ緊急事態、今日【吉川 光夫】投手に代わって一軍登録されました。

【小谷野 栄一】選手の左肩に、【高橋 信二】選手の腰痛・・・。
ここまで4連敗中のファイターズ、リーグ優勝へ向けての救世主となるでしょうか!?

さてさて、間もなくVS【福岡ソフトバンクホークス】との試合が開始。
今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、助っ人右腕【ホールトン】投手。
【藤井 秀悟】投手、気合を入れた好投を期待します。

スタメンマスクはいつものルーキー【大野 奨太】選手。
スタメンサードには今朝の予想通り【二岡 智宏】選手が起用され、やはり【小谷野 栄一】選手はベンチスタート。
スタメンレフトに【森本 稀哲】選手で、指名打者は【ターメル スレッジ】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【二岡 智宏】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

助っ人右腕【ホールトン】投手を打破し、ぜひ3連戦初戦を取っていただきましょう!
打線爆発を期待します。

優勝目指して!今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

今日からは予想通り、先発左腕3連戦・・・。

今日から敵地『福岡ヤフードーム』に乗り込んで、首位攻防の天王山VS【福岡ソフトバンクホークス】との3連戦!
・・・とは言いつつ、優勝マジック対象チームが3位の【東北楽天ゴールデンイーグルス】ってのも微妙ですが・・・。
どうあれ優勝マジックを減らすためにも、頑張っていただきましょう!

この3連戦をビジターで行なうと、残りはほとんど本拠地『札幌ドーム』での開催ですか。
唯一追加日程の10月8日に『京セラドーム』があるのみで、まあ現在元気が無いチーム状況としては、好材料ですね。
どうあれ今日からのビジター3連戦を突破し、リーグ優勝を手繰り寄せていただきましょう!

ファイターズの今日からの3連戦、先発投手は予想通り【藤井 秀悟】投手⇒【八木 智哉】投手⇒【武田 勝】投手の予定。
左腕3連戦・・・かなり偏ってはいますがこんな台所事情、それぞれの好投を期待しましょう。

対するホークスの今日の先発投手は、助っ人右腕【ホールトン】投手。
今シーズン5度の対戦で初戦から4連敗を喫しており、前回の対戦の時は勝敗はつけなかったものの、6イニングを被安打6、失点3(自責点3)で、やっとマウンドから引き摺り降ろした【ホールトン】投手。
その時【梨田】監督は、>「勝利と同じくらいの価値」とコメント。
今日こそはそれを勝利にし、黒星をプレゼントしてあげましょう!

対戦成績4勝0敗ながら、対戦防御率は『2.38』と平均的な数字。
ファイターズ先発投手【藤井 秀悟】投手のホークスとの今シーズンの対戦防御率は『1.75』ですので、打線が普通に機能すれば勝利する計算。
ぜひともその計算通り、頑張っていただきましょう!

ファームでは【中田 翔】選手が『三冠王』目前。
本塁打数が『30』と新記録を塗り替えたのと共に、打点も『95』と、現在最多タイ記録。
残り2試合、ぜひとも打点も新記録を打ち立てて『三冠王』を手土産に、一軍に合流してもらいたいと思います。

一昨日の試合で左肩を負傷した【小谷野 栄一】選手は精密検査の結果、異常なしとの診断結果。
今日の試合は様子を見ての出場も、正直ちょっと厳しいですかね・・・?
今日はスタメンサードに【二岡 智宏】選手、スタメンショートに【金子 誠】選手と予想しますがいかがでしょう・・・?

さあ、優勝マジックは『10』
この3連戦、少なくとも2勝1敗で乗り越え、一気に優勝マジックを減らしてもらいたいものです。

優勝マジック対象の【東北楽天ゴールデンイーグルス】は、今日から4位【埼玉西武ライオンズ】との3連戦。
現在3位と4位のゲーム差は『3.0』ですので、ライオンズがスイープすれば同率ですか。
今日は【埼玉西武ライオンズ】も応援しますか・・・。

どうあれ優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月23日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

9月23日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『札幌ドーム』
●『1-6』・・・制球難の【吉川 光夫】投手が初回から失点してこのカード3連敗のチーム4連敗・・・。
VS【埼玉西武ライオンズ】戦は6連敗で、優勝マジックも『10』のまま停滞です・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『札幌ドーム』にてVS【埼玉西武ライオンズ】戦。
このカード2連敗・・・スイープは避けたいので、今日こそは勝利していただきましょう。

今日の先発投手は【吉川 光夫】投手VS、ベテラン右腕【西口】選手。
9月10日のVSライオンズ戦で好投し、9月11日に登録抹消された【吉川 光夫】投手が登録されて即先発。
前回登板の時は被安打3、失点2(自責点2)の好投も、勝敗の付かなかった試合。
今日も好投で、白星を飾っていただきましょう。

対する【西口】投手とは、今シーズン3度目の対戦。
ぜひとも打破していただきましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
それ以外は前日と同じオーダーで、今日も【金子 誠】選手がスタメンショートでの起用です。

また、9月20日に登板するも、腰の張りで5回降板した【ダルビッシュ 有】投手が、今日登録抹消されました。
再登録は10月3日以降・・・。
ここに来て、またもや厳しい戦いを強いられます・・・。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【吉川 光夫】投手

===《試合経過》===

前回の対戦で好投したファイターズ【吉川 光夫】投手。
前回は課題の四死球が『1』と好投をしましたが、今日は初回から制球に苦しみます。

初回、いきなり先頭打者の【片岡】選手に四球を与えて出塁を許すと、続く【栗山】選手の内野ゴロの間に進塁されて1アウト2塁。
さらに続く【中島】選手にも四球を与えて1アウト1塁2塁とすると、続く【中村】選手に前日に続いてのスリーランホームランを被弾『0-3』・・・。
昨年散々言われた制球難・・・。
3失点後は続く打者を連続三振に斬って取りましたが、課題の四球を初回からふたつ与え、それが失点に絡む一番悪いパターンでの立ち上がりです・・・。

さらに3回表、単打とツーベースヒットで1アウト2塁3塁とされると、【後藤】選手に2点タイムリーヒットを打たれて『0-5』
打った【後藤】選手はセカンドで封殺され、好守備に助けられるも、序盤から5点を追いかける展開となってしまいました・・・。

一方ファイターズ打線は、ライオンズ先発投手【西口】投手に上手く打ち取られてしまいます。
初回は2アウトから【稲葉 篤紀】選手が単打で出塁するも、【高橋 信二】選手が空振りの三振に打ち取られて無得点。
4回裏も1アウトから【稲葉 篤紀】選手が単打で出塁するも、【高橋 信二】選手が併殺打に打ち取られて無得点・・・と、2塁に進塁さえ許されない拙攻が続きます・・・。

ファイターズ先発投手【吉川 光夫】投手はその後も制球難が続き、5回表、またもやこの回先頭打者の【片岡】選手に四球を与えると、盗塁も決められてノーアウト2塁。
続く【栗山】選手を内野ゴロに打ち取るも、これ以上点差を広げられたくない状況に、ここでベンチが動いてマウンドには2番手【坂元 弥太郎】投手。
ところがその【坂元 弥太郎】投手も【中島】選手に四球を与えると、その間に2塁ランナー【片岡】選手にこの回ふたつ目の盗塁を決められて1アウト1塁3塁。
その場面で【中村】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-6』・・・と、中盤に来てさらに点差を広げられてしまいました・・・。

さらにこの回の守備で、ファールゾーンへの打球に飛び込んだ【小谷野 栄一】選手が左肩を痛め、5回裏の打席には立つも、6回表から大事を取って交代。
何とか得点をしたい場面で、大きな戦力ダウンです・・・。

6回までライオンズ先発投手【西口】投手に2塁すら踏ませてもらえなかったファイターズ打線ですが7回裏、この回先頭打者の【森本 稀哲】選手が内野ゴロに倒れたところで、ライオンズのマウンドには2番手【星野】投手が登板。
その【星野】投手から【稲葉 篤紀】選手が死球を受けて出塁すると、続く【高橋 信二】選手が単打で続いて1アウト1塁2塁。
そのチャンスに好調【ターメル スレッジ】選手がタイムリーヒットを放って『1-6』
なおも1アウト1塁2塁のチャンスも、後続が倒れて追加点は無し・・・。
それでもなんとか1点を返し、残り2イニングに期待をかけます。

ファイターズのマウンドは、5回途中から登板した【坂元 弥太郎】投手が、6回まで登板して無失点。
7回には【林 昌範】投手が、8回・9回は【金森 敬之】投手が登板して無失点に抑え、最終回の味方打線の逆転に期待をします。

そして迎えた9回裏。
この回先頭打者の【稲葉 篤紀】選手が、前の打席に続いて死球を受けて出塁すると、途中から守備についていた【高口 隆行】選手が今シーズン初打席に入るも外野フライに倒れて1アウト1塁。
それでも続く好調【ターメル スレッジ】選手が単打で出塁して1アウト1塁3塁のチャンスを迎えるも、途中代打から守備についていた【二岡 智宏】選手が内野フライ、続く【糸井 嘉男】選手が外野フライに倒れて試合終了・・・。

序盤の失点が大きく響き、このカード3連敗で、チーム4連敗・・・。
埼玉西武ライオンズ】には6連敗を喫し、今シーズン10勝11敗と負けが先行してしまいました・・・。

今日もチーム安打は6安打・・・。
湿った打線はなかなか復活せず、優勝マジックも『10』のまま・・・と、なかなか一桁にはなりません・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【吉川 光夫】投手、やはり課題の制球難が・・・。
結局4回3分の1イニングを、被安打5、失点6(自責点6)の内容。
奪三振も5と、力はあるんですがね~・・・。
貴重な左腕ですので、今後も頑張っていただきましょう。
活躍を期待します。

4番手で登板の【金森 敬之】投手、8回・9回に登板し、四球と単打でそれぞれランナーを許すも無失点に切り抜ける好投。
前回の登板では3四死球でノーアウト満塁のピンチを迎えるも無失点に切り抜け、この日もそうでしたが良いんだか悪いんだかが良く解りません。
今シーズンここまで10試合に登板して、防御率『1.50』
個人的には将来的にクローザーとして期待している投手ですので、ぜひとも今後の活躍を期待したいと思います。
頑張って下さい。

それにしても打線は相変わらず湿っていました・・・。
チーム総安打数は『6』で、【稲葉 篤紀】選手と【ターメル スレッジ】選手が2安打以外は、【高橋 信二】選手の単打と【金子 誠】選手のフェンス直撃ツーベースヒットのみ。
とにかく打線が繋がらず、それでは得点は難しいですな。

この4連敗中は8得点の23失点・・・これでは勝てないわな・・・。
打線がこんな状態ですので、なおさら投手陣に頑張ってもらわないといけない状況なのに・・・。
どうあれ今日はお休みですので気持ちをリセットし、明日以降『チーム一丸』となって頑張っていただきましょう!

===《最後に》===

マジック対象である【東北楽天ゴールデンイーグルス】が昨日勝利したので、優勝マジックは変わらず『10』のまま。
いやはや、足踏みが続いていますね~・・・。
【読売巨人軍】は昨日、早々に優勝を決めたって言うのに・・・。

とにかく今日はお休みでリセットし、明日からのVS【福岡ソフトバンクホークス】との3連戦に挑んでいただきましょう!
明日からはビジターか・・・せめて2勝1敗でしのいでもらいたいのですが・・・ちょっと不安だな~・・・。

明日からの3連戦の先発投手はどうするんでしょう?
【藤井 秀悟】投手⇒【八木 智哉】投手⇒【武田 勝】投手って感じでしょうか?
【多田野 数人】投手?・・・う~ん・・・。

ホークスとの対戦成績を見てみると、【藤井 秀悟】投手が1勝1敗防御率『1.75』で先発投手陣の中ではトップ
【八木 智哉】投手が0勝1敗防御率『2.45』で、【武田 勝】投手が1勝1敗防御率『4.18』
【多田野 数人】投手が0勝1敗防御率『15.75』か・・・。
こう見ると、おそらく【多田野 数人】投手は昇格させないかね・・・。

そしてファームの試合はまもなく終了。
となると、もしかして【中田 翔】選手の昇格も考えられるかも?
ここまでの【中田 翔】選手の一軍出場打席数は『30』
今シーズン『60打席以下』ならば、来年の新人賞の権利がありますからね、昇格の可能性は大きいですね。
昨日の【小谷野 栄一】選手の左肩の状態も気になりますし・・・。

どうあれ優勝マジックは『10』
早いとこそれを一桁に、そしてリーグ優勝を決めてもらいたいと思います。

一日も早い優勝を目指して、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月22日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

9月22日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『札幌ドーム』
●『2-5』・・・今シーズン初対戦の【許】投手を打ち崩せずに敗戦して3連敗・・・。
それでも【東北楽天ゴールデンイーグルス】も敗戦したため、優勝マジックは『11』⇒『10』となりました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も本拠地『札幌ドーム』にて、VS【埼玉西武ライオンズ】戦。
今シーズンの対戦成績10勝9敗と勝ち越していながらも、現在4連敗中・・・。
このカードも勝ち越しを狙うために、今日はどうしても勝利していただきましょう!

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、右腕【許】投手。
今シーズン初対戦の【許】投手、ぜひとも打ち崩していただきましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手で、スタメンショートに5試合ぶりに【金子 誠】選手が復帰。
また、昨日登録抹消された【建山 義紀】投手に代わって、【坂元 弥太郎】投手が5月18日以来となる一軍登録をされました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【ブライアン スウィーニー】投手

===《試合経過》===

ファイターズ先発投手【ブライアン スウィーニー】投手は初回、簡単に2アウトを取るも、【中島】選手に四球を与えて出塁を許すと、続く【中村】選手にツーランホームランを被弾『0-2』
低めの難しい球をすくい上げられた技ありの一発で、初回手痛い2失点です。

今日こそは負けられないファイターズ打線は1回裏、2アウトランナー無しの場面で【稲葉 篤紀】選手がライトスタンドへ17号ソロホームランを放って『1-2』
すぐさま1点差へと追い上げます。

ところがその後は両チームとも得点を挙げられない状況が続きます。
【ブライアン スウィーニー】投手は毎回のように安打を許し、出塁を許すも無失点。
打線は3回・4回・5回と、ヒットのランナーを出塁させるも、本塁が遠い状況です・・・。

こう着した試合が続くも6回表、1アウトから【中村】選手にツーベースヒットを打たれると、続く【石井】選手にもタイムリーツーベースヒットを打たれて『1-3』
なおも四球・単打で2アウト満塁のピンチを招きますが、そこは抑えて6回終了。
それでも得点差を2点にと広げられてしまいました・・・。

さらに7回表。
この回先頭打者の【片岡】選手に単打を打たれて出塁を許すと、盗塁を決められてノーアウト2塁。
続く【栗山】選手の内野ゴロの間に進塁を許して1アウト3塁のピンチを迎えるも、続く【中島】選手のショートゴロの間に本塁突入を試みる3塁ランナー【片岡】選手を、名手【金子 誠】選手が本塁で封殺!
2アウトランナー1塁にし、打席にここまで本塁打と2塁打を打たれている【中村】選手を迎えたところで【ブライアン スウィーニー】投手、降板。
2番手【江尻 慎太郎】投手が空振りの三振に斬って取り、この回は無失点に切り抜けました。

ピンチを切り抜けたファイターズですが8回表、この回からマウンドに3番手【菊地 和正】投手が送られるも、1アウトから連続単打を許して1アウト1塁2塁。
続く【銀仁朗】選手を空振りの三振に斬って取り、2アウト1塁2塁とするも、続く【大崎】選手に2点タイムリーツーベースヒットを打たれて『1-5』・・・。
終盤に来て点差をさらに広げられてしまいました・・・。

ライオンズのマウンドは、先発投手【許】投手が投げ続け、6回以降は安打すら奪えない状況・・・。
そして最終回9回裏、マウンドにはそのまま【許】投手が続投で2アウトランナー無し。
そこで【ターメル スレッジ】選手が、意地の23号ソロホームランを放ち『2-5』とするも、最後は【小谷野 栄一】選手が三振に抑えられて試合終了・・・。

打線は今日も6安打に抑えられ、2試合連続して完投されてしまいました・・・。
これで対ライオンズ戦、5連敗・・・。
優勝マジック対象である【東北楽天ゴールデンイーグルス】も敗戦したため優勝マジックはひとつ減って『10』となりましたが、どうもピリッとしませんなぁ~・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【ブライアン スウィーニー】投手。
結構コーナーに決める良い投球だと思ったのですが、初回の四球&本塁打が悔やまれます・・・。
今シーズン8敗目。
う~ん・・・どうあれ残り試合も数試合、今後の好投を期待しましょう・・・。

約4ヶ月ぶりに昇格してきた【坂元 弥太郎】投手。
この日は4番手で早速登板も、どうしても安定感が感じられません・・・。
結果的に1イニングを被安打1、無失点に切り抜けましたが・・・。
ブルペンが厳しい現状ですので、なんとかこの現状を切り抜ける、そんなピッチングを期待します。

この日の打線も湿っていました。
チーム総安打数『6』
ソロホームラン2本で2得点は挙げられましたが、それ以外に4安打ではやはりつらいです・・・。
お疲れの時期ではありましょうが、何とか早々にこの状況を切り抜けてもらいたいものですね・・・。

===《最後に》===

さて、今日が9連戦最後の試合。
現在4勝4敗の五分ですので、今日は勝利して勝ち越ししていただきましょう!

今日の先発投手は【吉川 光夫】投手VS、ベテラン右腕【西口】投手。
【吉川 光夫】投手前回の対戦では、勝敗は付きませんでしたが6イニングを投げて被安打3、失点2(自責点2)の好投。
今日も好投で、ぜひ白星を勝ち取ってもらいましょう。

対する【西口】投手とは今シーズン2度対戦があり、勝敗は付いていないものの、対戦防御率『4.09』との数字。
本塁打も2本放っていますので、今日こそ打線に期待しましょう。

勝利して、自力で優勝マジックを一桁に!
何はともあれ、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月21日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

9月21日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『札幌ドーム』
●『3-5』・・・先制するも、2本の本塁打を浴びて逆転負け。
優勝マジック『11』は変わりません。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から本拠地『札幌ドーム』に戻っての、VS【埼玉西武ライオンズ】戦、3連戦。
大阪から移動日無しでのデーゲーム・・・とつらい日程ですが、このカードも勝ち越しで、3カード連続勝ち越しを狙っていただきましょう。

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、5年目右腕エースの【涌井】投手。
ぜひとも打破していただきましょう。

今日のスタメンは昨日と全く同じ。
また昨日の試合終了後、ファームから【高口 隆行】選手が招集されて一軍登録され、【建山 義紀】投手と【谷元 圭介】投手が登録抹消となりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(遊)【二岡 智宏】選手
9番(捕)【鶴岡 慎也】選手
先発投手【武田 勝】投手

===《試合経過》===

先発投手【武田 勝】投手は初回、味方のエラーと単打で2アウト1塁3塁のピンチを迎えるも、無失点に切り抜けるまずまずの立ち上がり。
2回、3回もそれぞれ出塁を許すも無失点に切り抜け、コーナーをつくピッチングが冴え渡ります。

昨日悔しい敗戦を喫したファイターズ打線は、1回、2回とライオンズエース【涌井】投手に無得点に抑えられるも、いまいち不安定な投球の【涌井】投手。
すると3回裏、この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が四球を選んで出塁すると、続く【二岡 智宏】選手が単打で出塁してノーアウト1塁2塁。
この場面で【鶴岡 慎也】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁3塁とすると、続く【田中 賢介】選手がショートライナーで倒れるも、続く【森本 稀哲】選手が四球を選んで2アウト満塁。
打席には昨日満塁の場面で三振を喫し、悔しい思いをした主将【稲葉 篤紀】選手。
低めの球をすくい上げると、打球は右中間後方への走者一掃タイムリースリーベースヒットとなり『3-0』
主将の一振りで、嬉しい先制点です。

3点のリードをもらった【武田 勝】投手ですが4回表、この回先頭打者の【後藤】選手に詰まりながらセンター前へ持って行かれ、続く【G.G.佐藤】選手を空振りの三振に斬って取るも、【佐藤】選手に単打を打たれて1アウト1塁2塁。
その場面で【銀仁朗】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて『3-1』とされ、なおも1アウト2塁3塁の場面で、【原】選手にライト前へのヒットを打たれて『3-2』
3塁ランナー生還後、2塁ランナーも本塁を狙うも、ライト【稲葉 篤紀】選手からの好返球で追加点は阻止。
それでもこの回2点を取られ、1点差に詰め寄られてしまいました。

さらに5回表。
この回先頭打者の【栗山】選手に同点となるソロホームランを被弾して『3-3』とされると、単打で2アウト1塁の場面で、【G.G.佐藤】選手に逆転のツーランホームランを被弾『3-5』
この回甘く入ったスライダーを狙い撃ちされ、2本の本塁打を被弾して3失点。
逆転を喫してしまいました・・・。

先発【武田 勝】投手はなおも続投ながら7回表、この回先頭打者の【栗山】選手に単打を打たれたところで降板。
その後は【江尻 慎太郎】投手が単打を許すも無失点に切り抜け、味方の逆転を待ちます。

ところが中盤以降、調子を上げてくるライオンズエース【涌井】投手。
7回裏には1アウトから【糸井 嘉男】選手がシーズン40本目となるツーベースヒットで出塁するも、後続が倒れて無得点・・・。
8回裏は三者凡退に抑えられ、追加点を奪う事が出来ません。

9回表のマウンドには、3番手【金森 敬之】投手。
四球・四球・死球でノーアウト満塁のピンチを迎えるも、後続を打ち取り無失点。
最終回に味方の逆転劇を期待します。

ライオンズのマウンドは【涌井】投手が9回裏も続投。
この回先頭打者の4番【高橋 信二】選手が内野ゴロに倒れるも、続く【ターメル スレッジ】選手がツーベースヒットで出塁して1アウト2塁。
続く【小谷野 栄一】選手、【糸井 嘉男】選手に期待するも、凡退して試合終了・・・。

悔やまれるのは甘く入ったスライダーでの2本の被本塁打・・・。
3連戦初戦を落とし、優勝マジックは『11』のまま変わりません・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【武田 勝】投手。
立ち上がりは素晴らしかったのですが、4回以降いきなり崩れました。
崩れたというより、確実にライオンズは変化球狙い。
そこへ甘く高めに入ったスライダー・・・そりゃ狙い打ちされますわな・・・。
低めへのコントロールがもう少し出来ていれば・・・と、悔やまれます。
二桁勝利へあと2勝。
何とか今シーズンは二桁勝利をするよう、今後の活躍に期待します。

3番手で登板した【金森 敬之】投手。
いきなり3四死球でノーアウト満塁のピンチを迎え、どうなる事かと思われましたが、よく無失点に切り抜けました。
【建山 義紀】投手が登録抹消され、そのポジションはおそらく【菊地 和正】投手が担う事となるのでしょうが、その一角にぜひとも【金森 敬之】投手に食い込んでもらいたいと思います。
今シーズン、対ライオンズ戦には3試合登板し、3回と3分の2イニングを被安打1の防御率『0.00』の成績。
残り試合も少ないですが、この調子で今後も活躍を期待します。

打線はライオンズエース【涌井】投手の前に、5安打・・・。
その中で、このところ連続スタメン出場の【二岡 智宏】選手が3打数2安打の活躍でしたが、3打席目の1アウト2塁の場面での三振がちょっと痛かったですね。
あの場面こそ期待をしていた打席だったのですが・・・。
どうあれ、やはり出場を重ねていると感が戻ってくるのでしょう、このところ私の中で期待できる打者になっています。
守備面もさすがな華麗なプレー・・・。
この調子で今後もさらなる活躍を期待します。

それにしても厳しい日程ですね~・・・。
ファイターズは大阪から移動日無しのデーゲーム。
ライオンズも埼玉から移動でのデーゲームに、やはり疲れますよね、ご苦労様です。
『パ・リーグ』の他球団は、ナイトゲームだったのに・・・。

選手の皆さん、本当にお疲れ様です。
あと2試合、頑張って戦い抜いて下さいませ。

===《最後に》===

そんな訳で今日も、14時からのデーゲーム。
今日こそは勝利して、優勝マジックを減らしてもらいましょう!

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、右腕【許】投手。
【ブライアン スウィ-ニー】投手は、今シーズン2試合対戦があり、対戦成績0勝1敗防御率『9.64』・・・って、こりゃひどいな~・・・。
2試合で被安打13、失点10(自責点10)って・・・。
今日こそは意地を見せ、好投を期待しましょう。

対する【許】投手は、今シーズン初対戦。
0勝1敗防御率『3.32』ですか。
どうあれ打破していただきましょう。

スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手で、それ以外は昨日と同じ予想。
どうあれ頑張っていただきましょう。

このカードも勝ち越し目指して・・・今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月20日VS【オリックスバファローズ】戦、戦評

9月20日VS【オリックスバファローズ】戦in『京セラドーム大阪』
●『2-7』・・・与四球11と締まりの無い試合で敗戦・・・。
優勝マジック『11』のまま、札幌に戻ります。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『京セラドーム大阪』にて、VS【オリックスバファローズ】戦。
スイープ目指して、今日も勝利を願います。

今日の先発投手は、エース【ダルビッシュ 有】投手VS、3年目右腕【小松】投手。
まだ本調子ではない【ダルビッシュ 有】投手ですが、今日は好投を期待しましょう。

スタメンマスクはいつもの【鶴岡 慎也】選手で、それ以外は特に変わり無し。
今日はスタメンライトに【稲葉 篤紀】選手が起用され、【ターメル スレッジ】選手が指名打者です。

また、【糸数 敬作】投手が先発ローテーションの関係で登録抹消され、代わって【江尻 慎太郎】投手が一軍登録されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(遊)【二岡 智宏】選手
9番(捕)【鶴岡 慎也】選手
先発投手【ダルビッシュ 有】投手

===《試合経過》===

昨シーズン15勝を挙げ、見事新人賞を取ったバファローズ【小松】投手も、今シーズンは1勝9敗と不甲斐ない成績・・・。
ところが今日は好投を見せ、2回には2三振を奪われてしまいました。

逆にファイターズ先発投手、エースの【ダルビッシュ 有】投手は、初回から不安定なピッチング。
初回は1アウトから連続四球で1アウト1塁2塁。
続く【ローズ】選手を打ち取るも、今度はワイルドピッチで進塁を許し、2アウト2塁3塁のピンチも、とりあえずは無失点に切り抜けます。

ところが2回裏、単打と犠打、連続四球などで2アウトながら満塁のピンチを招くと、【阿部】選手に押し出しの四球を与えて『0-1』
3回裏にも1アウトから四球を与え、後続を併殺打に打ち取るも、3イニングまでに早くも与四球6の乱調です。

そんな制球に苦しむエース【ダルビッシュ 有】投手を援護したい打線は4回表、この回先頭打者の4番【高橋 信二】選手がツーベースヒットで出塁すると、続く【ターメル スレッジ】選手の外野フライでタッチアップして1アウト3塁。
その場面で続く【小谷野 栄一】選手がタイムリーヒットを放って『1-1』の同点にと、試合を振り出しに戻しました。

ところが依然不安定なピッチングのエース【ダルビッシュ 有】投手はその裏の4回裏、この回先頭打者の【下山】選手に、今日7個目となる四球を与えて出塁を許すと、犠打と内野後の間に進塁を許して2アウト3塁とされると、好調【坂口】選手にタイムリーヒットを打たれて『1-2』
再び試合をリードされてしまいました。

結局先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、5回終了後に早々に降板。
今シーズン最も早く降板し、5イニングを被安打2ながら、与四球7で失点2(自責点2)の成績。
中盤以降のマウンドはブルペンに託し、打線の逆転を願います。

何とか逆転をしたいファイターズ打線は7回表、ここまで被安打6、1失点(自責点1)と好投してきた【小松】投手に代わってこの回から登板の2番手【加藤】投手から、この回先頭打者の【小谷野 栄一】選手が単打で出塁をすると、続く【糸井 嘉男】選手の犠打で1アウト2塁。
続く【二岡 智宏】選手が内野フライに倒れるも、続く【鶴岡 慎也】選手に代わって代打で起用された【稲田 直人】選手がライトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放って『2-2』の同点。
バファローズのマウンドは3番手【清水】投手、4番手【ボーグルソン】投手と投手をつぎ込むも、連続四球で2アウト満塁のさらなるチャンス。
打席には頼れる主将【稲葉 篤紀】選手も、外角ギリギリの球を見逃して、判定はストライクの見逃し三振・・・。
それでもこの回同点に追い付き、【ダルビッシュ 有】投手の負け投手は無くなるのと同時に、チームの勢いを取り戻しました。

ところが8回裏。
ファイターズのマウンドは【ダルビッシュ 有】投手⇒【江尻 慎太郎】投手⇒【林 昌範】投手ときて、この回から【宮西 尚生】投手。
単打と犠打などで2アウト2塁とされたところで、【下山】選手との勝負を避け、敬遠の四球で2アウト1塁2塁としたところで、打席には右打者【山崎浩】選手。
ここで【菊地 和正】投手投入かと思いきやそのまま左腕【宮西 尚生】投手で、なんと勝ち越しのスリーランホームランを被弾『2-5』・・・。
2アウトランナー無しとなったところで、今度はマウンドに【谷元 圭介】投手が投入されるも、連続四球に2点タイムリーツーベースヒットを打たれて『2-7』・・・。
終盤に来て一挙に5点を奪われ、試合はすっかり敗戦ムードが漂います・・・。

9回表、ファイターズの攻撃。
バファローズのマウンドには、今月から守護神にとなった【金子】投手が登板。
ここまで先発で11勝を挙げている【金子】投手の前に、三者凡退で試合終了・・・。

与四球7も被安打2、失点2(自責点2)で抑えた【ダルビッシュ 有】投手の意地も叶わず、敗戦して優勝マジックは変わらず『11』
自軍合与四球11って・・・締まらない試合でした・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、どうやら腰に張りがあったようですね。
与四球7は自己ワースト。
5イニングで降板は、2007年7月13日以来で、奪三振1は2007年7月26日以来との事。
それでも被安打2、失点2(自責点2)に抑えたのはたいしたもの。
次回の登板回避は無いようですので、次回こそいつもの好投を期待しましょう。
今後も活躍を期待します。

この日登録され、2番手で登板した【江尻 慎太郎】投手は、素晴らしい投球でした。
1イニングを3人、球数11球でおさえる好投を見せ、今後の活躍が期待できますね。
頑張って下さい。

4番手【宮西 尚生】投手。
簡単に2アウトまで取ったのですが・・・。
【下山】選手との勝負を避け、2アウト1塁2塁で打席には右打者【山崎浩】選手のところで、私は【菊地 和正】投手を予想していました。
それにしても【山崎浩】選手に被本塁打は予想外でしたね・・・。
頼れる中継ぎ左腕ですので、今後の活躍を期待します。

打線は8安打を放つも、2得点・・・。
やはり悔やまれるのは7回表、2アウト満塁からの【稲葉 篤紀】選手の見逃し三振の場面でしょう。
あそこで1本出ていれば、おそらく試合の流れは大きく変わっていたはず。
まあしょうがないお話しですが、今後の活躍を期待しましょう。

その7回表、代打で起用された【稲田 直人】選手は、素晴らしいお仕事をしてくれました。
本人のコメントで、>「久しぶりに野球が出来て嬉しかったです」
このところ守備固めでの出場が多かったですからね。
打撃センスもある選手ですので、今後はそんな場面でのさらなる活躍を期待します。

===《最後に》===

さて、これでこのカード2勝1敗も、2カード続けて勝ち越し。
今日からは移動日無しで本拠地『札幌ドーム』に移動しての、VS【埼玉西武ライオンズ】戦、3連戦です。

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、5年目エース【涌井】投手。
移動日無しでのデーゲームですか・・・大変でしょうが好投を、そして打破を期待しましょう。

優勝めざして、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月19日VS【オリックスバファローズ】戦、戦評

9月19日VS【オリックスバファローズ】戦in『京セラドーム大阪』
○『4-1』・・・終盤までもつれこんだ投手戦は、【森本 稀哲】選手の3点タイムリースリーベースヒットで終結して3連勝。
このカードも勝ち越しを決め、優勝マジックを『12』⇒『11』に減らしました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『京セラドーム大阪』にて、VS【オリックスバファローズ】戦。
延長戦を制した昨日に続き、今日も勝利でこのカード勝ち越しを決めていただきましょう。

今日の先発投手は【糸数 敬作】投手VS、4年目右腕【平野】投手。
9月2日に登録抹消されて以来の一軍登録、即先発登板となった【糸数 敬作】投手、登板間隔は開いていますがぜひとも好投を期待しましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手で、それ以外も前日と同じメンバーながら、今日はスタメンライトに【森本 稀哲】選手が起用され、【稲葉 篤紀】選手が指名打者での起用。
また、【糸数 敬作】投手が登録されたのに伴ない、【中嶋 聡】兼任コーチが登録抹消となりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(右)【森本 稀哲】選手
3番(指)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(遊)【二岡 智宏】選手
9番(捕)【鶴岡 慎也】選手
先発投手【糸数 敬作】投手

===《試合経過》===

今日も勝利を狙うファイターズ打線ですが、初回は2三振を含む三者凡退に抑えられて無得点。
2回表はこの回先頭打者の【高橋 信二】選手が単打で出塁するも、続く【ターメル スレッジ】選手が併殺打・・・。
それでも【小谷野 栄一】選手が単打、【糸井 嘉男】選手が四球で出塁して繋ぐも、【二岡 智宏】選手が倒れて無得点・・・と、バファローズ先発投手【平野】投手を攻めあぐねます。

一方9月1日以来の登板となった【糸数 敬作】投手の立ち上がり、先頭打者の【坂口】選手を空振りの三振に抑えるも、続く【阿部】選手にツーベースヒット、続く【北川】選手に死球を与えて1アウト1塁2塁のピンチを作るも無失点。
2回裏は三者凡退に抑え、今日はストレートを中心にした『攻めの投球』が感じられます。

ところが3回裏、この回先頭打者、なにわのゴジラ事【岡田】選手に単打を許すと、続く【坂口】選手にもヒットを許してノーアウト1塁3塁。
その場面で【阿部】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-1』と先制点を許して、なおもノーアウト1塁2塁のピンチ。
それでもそこからは立ち直り、追加点は与えない好投で切り抜け、この回を終了しました。

1点をリードされたファイターズ打線は4回表、この回先頭打者の【稲葉 篤紀】選手がツーベースヒットで出塁するも、後続が倒れて無得点。
【糸数 敬作】投手も4回には死球で、5回には単打でそれぞれ出塁を許すも、得点を与えない好投で、試合は投手戦のまま中盤を迎えます。

そして6回表、ファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【田中 賢介】選手が2ストライクからファールで散々粘り、最終的には空振りの三振に倒れるも、そこから【平野】投手のペースが崩れたのか?続く【森本 稀哲】選手、【稲葉 篤紀】選手に連続四球を許して1アウト1塁2塁。
その場面で4番【高橋 信二】選手がファーストゴロに倒れ、セカンドフォースアウトで2アウト1塁3塁とすると、好調【ターメル スレッジ】選手が昨日に続く値千金のバッティングは、センターオーバーのタイムリーツーベースヒット『1-1』
なおも2アウト2塁3塁のチャンスも、続く【小谷野 栄一】選手の打球は鋭い当たりのセンターフライ。
それでも中盤に来て、試合を振り出しに戻しました。

さらに7回表のファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が単打で出塁すると、【二岡 智宏】選手が送りバントを決めて1アウト2塁。
続く【鶴岡 慎也】選手が倒れて2アウトとなるも、【田中 賢介】選手が四球、【森本 稀哲】選手が単打で出塁して2アウト満塁のチャンス。
打席には頼れる男【稲葉 篤紀】選手を迎えるも、結果的にファーストゴロに打ち取られて無得点・・・。
最大のチャンスを無得点で抑えられ、試合は『1-1』の同点のまま終盤を迎えます。

5回裏に単打を許した【糸数 敬作】投手は、6回以降はヒットを許さない好投。
6回裏に四球で出塁を許すも併殺打に打ち取って結果的に3人で攻撃を抑え、それ以降はランナーすら許さない好投を見せてくれます。

そんな好投する【糸数 敬作】投手に白星をプレゼントしたいファイターズ打線は9回表、この回先頭打者の【糸井 嘉男】選手が単打で出塁すると、続く【二岡 智宏】選手の送りバントが内野安打となりノーアウト1塁2塁。
1塁ランナーに【飯山 裕志】選手が代走で送られると、続く【鶴岡 慎也】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁3塁。
続く【田中 賢介】選手が四球を選んで1アウト満塁とさらにチャンスを広げると、続く好調【森本 稀哲】選手の打球は左中間を破る走者一掃のタイムリースリーベースヒットで『4-1』・・・と終盤に来て大きなリードを奪いました。

9回裏、マウンドには【糸数 敬作】投手が続投。
すると9回裏も三者凡退に抑えて試合終了!

【糸数 敬作】投手が被安打5、失点1(自責点1)の完投勝利をして3勝目(5敗)。
これでチーム3連勝で、このカードも勝ち越し決定。
優勝マジックも『11』に減らし、また一歩優勝へと近づきました。

===《戦評》===

この日の先発投手【糸数 敬作】投手は、ストレートを中心にした素晴らしい投球でした。
以前の印象は、変化球で逃げる投球。
この日はコメントでもありましたが、やはりストレートで押すことを試合前から決めていたようですね。
結局被安打5、失点1(自責点1)の完投勝利!
このところお疲れ気味のブルペンを、効率良くお休みさせてくれました。
ローテーションの関係上再び登録抹消され、中継ぎ【江尻 慎太郎】投手と入れ替えとの事ですが、今後も期待できる投球にさらなる活躍を期待します。

それにしても、久しぶりの完投。
9月5日の【武田 勝】投手以来ですか?
そして首脳陣もよく投げ続けさせました。
このところ中継ぎ陣で崩れている試合が多かったですからね、ブルペンの疲れも考慮したのでしょう。
9回裏、3点差の場面、守護神【武田 久】投手投入かと思われたのですが、続投。
【武田 久】投手、このところ連投が続いていましたからね、これは良いお休みになっただろうと思われます。

現在9連戦の真っ只中、移動日無しの強行日程が組まれていますから、選手の皆様はお疲れでしょう。
この日は試合前練習も短縮されたようで、疲労の回避を上手くやっています。
そんな訳で投手陣も、この日はお休み。
こういった試合が続くとラクでしょうが・・・。

打線では、やはり好調ですね【森本 稀哲】選手。
この日は4打数2安打3打点で、四球もひとつ選んでいます。
2番打者として、最高のお仕事をしていますね。
この調子で今シーズン終わりまで活躍を続け、優勝へ導く原動力となってもらいたいと思います。

【糸井 嘉男】選手も、何だかんだ言いつつ好調を維持しています。
この日は3打数2安打で四球での出塁もあり、この日の出塁率は『.750』
打率も『.325』まで上昇させ、現在トップの【鉄平】選手とは『.008』差へと縮めました。
昨日のブログでで、『打率トップの【鉄平】選手に追い付くのは物理的に難しい状況ではありますが・・・』と書かせて頂きましたが、撤回です。
充分射程圏内!
ぜひともこのまま好調を維持し、首位打者へと輝いてもらいたいと思います。
今後のさらなる活躍を期待します。

現在、最も調子の良い選手のひとりである【ターメル スレッジ】選手。
前日は延長11回表に決勝点となるソロホームランを放ち、この日は同点へと追いつくタイムリーツーベースヒット。
チャンスの場面で期待が持てる、現在私の中でかなり上位の選手ですね。
今後もこのまま好調を維持してもらいたいと思います。
さらなる活躍を期待します。

===《最後に》===

さて、今日が『京セラドーム大阪』の今シーズン最終戦・・・かと思えば、あら追加日程があったのですね、10月8日。
どうあれ今日も勝利して、このカードスイープを目指していただきましょう。

今日の先発投手は【ダルビッシュ 有】投手VS、3年目右腕【小松】投手。
昨シーズンは15勝を挙げ、新人賞を獲得した【小松】投手ですが、今シーズンは1勝9敗防御率『7.49』の成績・・・。
我らがファイターズとも今シーズン3試合対戦していますが、すべて負け投手となっており、対戦防御率は『6.50』・・・。
好投手ですので今シーズンの不調は敵ながら心配ですが、今日は(も?)打破させていただきましょう!

対する【ダルビッシュ 有】投手は、やはり今シーズン3試合対戦がありますが、こちらは不敗の3連勝!
対戦防御率も『0.75』と脅威の数字!
今日もその調子のまま、好投を期待しましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手で、それ以外はいつも通りですかね?
今日あたりから【金子 誠】選手のスタメン復帰が予想されますが、まあ【二岡 智宏】選手でも問題なし。
どうあれ活躍を期待しましょう。

今日は日曜日なので、私もゆっくりテレビ観戦。
ビールでも飲みつつ、応援します。

美味しいビールとなるように・・・今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月18日VS【オリックスバファローズ】戦、戦評

9月18日VS【オリックスバファローズ】戦in『京セラドーム大阪』
○『7-6』・・・中継ぎ陣が崩れて延長戦に突入するも、【ターメル スレッジ】選手の本塁打で勝ち越して連勝し、優勝マジックを『14』⇒『12』に減らしました。
先発【八木 智哉】投手好投も、またもや白星には恵まれませんでした・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日は移動日無しで大阪へ移動し、今日から『京セラドーム大阪』にて、VS【オリックスバファローズ】との3連戦。
この3連戦が『京セラドーム大阪』での今シーズン最後の試合となるので、ぜひとも勝ち越しを狙っていただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、4年目右腕【岸田】投手。
8月4日以来白星から遠ざかっている【八木 智哉】投手。
ここまで8勝3敗防御率『2.95』と好投をしているのですが、なかなか味方打線の援護に恵まれません・・・。
また、今シーズンは不用意な被本塁打で失点する場面が多く、今日の試合でもそこを注意していただきたいと思います。

今日は昨日の試合途中、太もも内側の張りを訴えて途中交代した【金子 誠】選手がベンチスタート。
スタメンショートに【二岡 智宏】選手が起用されました。
スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手で、それ以外は前日と同じオーダーです。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(遊)【二岡 智宏】選手
9番(捕)【鶴岡 慎也】選手
先発投手【八木 智哉】投手

===《試合経過》===

のちほどアップします。

===《戦評》===

この日の先発投手【八木 智哉】投手、またもや白星を逃してしまいましたが、好投でした。
【ローズ】選手に1発は浴びてしまいましたが、6イニングを被本塁打1を含む被安打8、失点2(自責点2)の好投。
降板時点で4点のリードをしていたので、久しぶりの勝利投手はほぼ確信していたと思うのですが・・・。
昨日までの時点で規定投球回数に約20イニング足りませんが、防御率『2.95』は現在の先発投手の中では【ダルビッシュ 有】投手に次ぐ好成績。
ちゃんとそのあたりはファンも首脳陣も感じていますので、白星から遠ざかってはおりますが、今後も好投を期待します。

そして2番手【林 昌範】投手・・・って言うか、なぜまた左投手を継投した?
7回から登板し、先頭打者は右打者ながら、その後は二人続く左打者。
なので左投手の【林 昌範】投手ってのはわからなくはないですが、予告先発の『パ・リーグ』としては、先発投手に合わせてスタメンオーダーを組む場合が多く、ならば継投は右投手の方が良いのでは?と個人的に思うのですが・・・。

4点リードのあの場面、まだ【菊地 和正】投手を使う場面ではありませんでしたが、私なら【金森 敬之】投手を送り込みます。
そうじゃなければ、前日の試合で粘りを見せられなかった【建山 義紀】投手を、本人の自信を持たせる意味も含めて。
どうあれ左腕投入の継投には、いまいち納得がいきませんでした。
結果的に勝利したから良いですが、ちょっと解せない投手継投ではありました・・・。

試合後、ファームから【江尻 慎太郎】を昇格させると【梨田】監督のコメント。
このところ崩壊しつつある中継ぎ陣に、良いカンフル剤となる事を期待しましょう。

延長11回表、結果的に決勝本塁打となった22号ソロホームランを放った【ターメル スレッジ】選手、素晴らしい活躍でした!
それまでバファローズ先発投手【岸田】投手に全く合っていませんでしたが、【金子】投手に交代してくれたのがバファローズとしては誤算でしたね。
まあ10イニングまで先発投手【岸田】投手を引っ張りましたので、あそこの継投はしょうがない場面・・・と言うか、よくあそこまで【岸田】投手を引っ張りました。
バファローズは敗戦しましたが、投手継投においては【大石】監督に拍手を送りたいと思います。

【稲葉 篤紀】選手は、9月5日以来の本塁打。
やはり主将が1発を打つと、試合が盛り上がります。
この日は5打数2安打3打点の活躍で、打率も『.311』と若干上昇。
今後も若手に負けない活躍で、チームを牽引してもらいたいと思います。

この日、やはり5打数2安打1打点で、打率を再び『.322』まで上昇させた【糸井 嘉男】選手。
この日もツーベースヒットを放ち、これでツーベースヒットはリーグダントツの39個目。
長打率『.545』は、リーグ3位ですか?
足が速い上に、パワーがある。
守備に関しても肩が強く、本当に素晴らしい選手に成長しました。
残り試合を考えて、打率トップの【鉄平】選手に追い付くのは物理的に難しい状況ではありますが、このまま活躍を続け、少しでも打率を上昇させてもらいたいと思います。
今後も活躍を期待します。

この日のチーム安打数は13安打と、またもや二桁安打の好調な打線。
ところが見てみると、バファローズのチーム安打数は、それを上回る15安打ですか。
それほど打撃的なチームな感じはしないのですが・・・。
と言うか、バファローズの先発オーダー、年齢的に非常に高いですね。
先発投手【岸田】投手と【坂口】選手が若手ですが、それ以外はなんだかみんなおじさん・・・(失礼)。
先発オーダーでそれ以外の20代は【山崎】選手のみで、あとは30代の言わばベテラン揃い。
【ローズ】選手に関しては41歳ですからね、これで大丈夫か?と、敵ながら心配してしまいます・・・。

まあ今シーズンは間もなく終了で、残念ながらこの日の敗戦でバファローズはBクラスが確定。
問題は来シーズンからで、若手は育っているのでしょうか・・・?
Bクラス確定と言う事で、残り試合は来シーズンに向け、若手の経験を中心に選手起用するのはいかがでしょうか?
そうなるとですね、我らがファイターズも若干ラクになるのですが・・・。

===《最後に》===

さて、今日も『京セラドーム大阪』にて、VS【オリックスバファローズ】戦。
今日も勝利して、勝ち越しを決めていただきましょう!

今日の先発投手は【糸数 敬作】投手VS、4年目右腕【平野】投手。
9月1日以来の登板となる【糸数 敬作】投手の現在の成績は、2勝5敗防御率『5.81』ですが、対バファローズ戦となると1勝0敗防御率『2.25』
今日も好投を期待し、白星を挙げてもらいましょう。

一方【平野】投手の今シーズンの対戦成績は、2試合対戦があって2試合とも負け投手に。
対戦防御率も『5.25』ですか。
これは今日も打破していただきましょう!

スタメンマスクは、昨日に続いて【鶴岡 慎也】選手の予想。
それ以外も、【二岡 智宏】選手を含め、昨日と同じオーダーを予想します。
【ターメル スレッジ】選手は守備に就いているほうが調子が良いとコメントしておりましたが、おそらく今日も指名打者。
【ターメル スレッジ】がレフトを守り、【稲葉 篤紀】選手が指名打者で、好調【森本 稀哲】選手がスタメンライトも考えられますが、正直守備力を考えると・・・ねぇ~・・・。

どうあれ着実に減ってきている優勝マジック。
この3連戦が終わると本拠地『札幌ドーム』に戻りますので、その時には優勝マジックを一桁にして戻ってもらいたいものですね。

何はともあれ、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月17日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

9月17日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『札幌ドーム』
○『5-4』・・・今日も二桁安打と打線は上向きも、今日もピリッとしない投手陣・・・。
それでも相手チームの拙攻にも助けられてのギリギリ勝利で、優勝マジックを『16』⇒『14』へと減らしました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『札幌ドーム』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
このカード1勝1敗なので、今日勝利して勝ち越しをしてもらいましょう。

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、ドラ1ルーキー左腕【藤原】投手の左腕対決。
スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手で、それ以外は昨日と同じオーダーです。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの【藤井 秀悟】投手は初回、先頭打者【中村真】選手に散々粘られつつも内野ゴロに打ち取るも、そこから連続安打を許して1アウト1塁2塁。
それでも後続を打ち取る無失点の立ち上がりではあるものの、いまいち安定感が見られません。

このカード勝ち越しを目指すファイターズ打線は初回、先頭打者【田中 賢介】選手が単打で出塁するとすぐさまに今シーズン30個目の盗塁を決め、ノーアウト2塁。
続く【森本 稀哲】選手が四球を選んで出塁すると、【稲葉 篤紀】選手のタイムリーツーベースヒットで先制点『1-0』
なおもノーアウト2塁3塁ながら、【高橋 信二】選手はピッチャーライナー、【ターメル スレッジ】選手は見逃しの三振で2アウト2塁3塁。
万事休すかと思いきや、続く【小谷野 栄一】選手が敬遠の四球で歩いて2アウト満塁の場面で、【糸井 嘉男】選手の打球は当てただけが幸いしてタイムリー内野安打『2-0』
初回に2点を先制し、試合の主導権を握ります。

ところが2回表。
この回先頭打者、左投手対策で先発起用された【中島】選手に、今シーズン初、通算でも6号となるソロホームランを被弾して『2-1』・・・。
いきなり伏兵に、まさかの本塁打を浴びてしまいました。

それでもその裏のファイターズ。
この回先頭打者の【金子 誠】選手が単打で出塁すると、続く【田中 賢介】選手が倒れれるも、昨日から好調を維持している【森本 稀哲】選手が単打で出塁して1アウト1塁2塁。
続く【稲葉 篤紀】選手の外野フライで【金子 誠】選手がタッチアップして2アウト1塁3塁とすると、4番【高橋 信二】選手がしぶとくタイムリーヒットを放って『3-1』
1点取られたすぐ裏に、すぐさま1点を返しました。

ところがところが3回表、単打とふたつの四球でノーアウト満塁のピンチを迎えると、内野ゴロの間に失点をして『3-2』
なおも1アウト2塁3塁の場面、【中島】選手の三遊間のゴロを、ショート【金子 誠】選手がグラブに当てつつもレフト前へそらし(記録は【金子 誠】選手のエラー)、その間に失点をして『3-3』
なおも1アウト1塁3塁の場面で、【宮出】選手に四球を与えて1アウト満塁のさらなるピンチを迎えるも、後続を打ち取ってこの回終了。
それでもこの回2失点で、試合を振り出しに戻されてしまいました・・・。

4回表にも1アウトから【渡辺】選手に単打を打たれ、続く【鉄平】選手は打ち取って2アウトを取るも、続く【山崎】選手のところで早々に【藤井 秀悟】投手降板。
マウンドには【菊地 和正】投手がロングリリーフで送られると、簡単に【山崎】選手を打ち取って無失点。
早めの継投で、首脳陣の勝利への執着がうかがえます。

その首脳陣の期待に応えるよう2番手【菊地 和正】投手は6回までを無失点に抑え、何となく試合が引き締まりを見せる中、6回裏のファイターズの攻撃。
この回先頭打者の【金子 誠】選手が今日猛打賞となる単打で出塁すると、代走に【飯山 裕志】選手が送られ、続く【田中 賢介】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁。
そこで好調【森本 稀哲】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『4-3』と勝ち越しに成功し、リードは1点ながら勝利を手繰り寄せました。

これで勝利投手の権利を得た2番手【菊地 和正】投手、7回表も続投と疑わなかったところ、なんとマウンドには3番手【建山 義紀】投手・・・。
何度も書かせてもらっているように、申し訳無いけど私の中で信頼度の低い【建山 義紀】投手。
この回先頭打者、もっか首位打者の【鉄平】選手を内野フライに打ち取り、今日は大丈夫かな?と思うや否や、連続安打を許して1アウト1塁2塁。
続く代打【セギノール】選手を三振に仕留めて2アウトとするも、【宮出】選手に内野安打を打たれて2アウト満塁。
続く【草野】選手にはいきなり3ボールで、そこから2ストライク3ボールまでするも散々粘られ、それでも見逃せばボールの球もファールにしてくれているのでそのまま凡退を願うも、結局は見切られて押し出し四球で『4-4』
続く代打【リンデン】選手は三振に打ち取ってそれ以上の失点はありませんでしたが、再び試合を振り出しに戻された挙句、【菊地 和正】投手の勝利投手の権利も消滅・・・。
この回終了後、一挙に敗戦ムードが漂います・・・。

するとその裏のファイターズの攻撃。
ゴールデンイーグルスのマウンドには、相性の良くない左腕【佐竹】投手が送られ、この回先頭打者の【ターメル スレッジ】選手はファールフライに倒れて1アウト・・・。
やれやれ・・・と思っていると、続く【小谷野 栄一】選手がレフトスタンドに値千金の10号ソロホームランを叩き込んで『5-4』
いろんな意味で大きなホームランにより、再び勝ち越し点を奪いました!

1点リードで迎えた終盤。
8回表のマウンドには4番手【宮西 尚生】投手が送られ、期待通り三者凡退。
『5-4』のまま9回表、マウンドには定石通り守護神【武田 久】投手。
この回先頭打者の【山崎】選手を見逃しの三振に仕留め、このまま簡単に試合終了へ・・・と思うも、続く【高須】選手に単打を打たれて1アウト1塁。
1塁代走に俊足【内村】選手が送られると、盗塁を決められて1アウト2塁。
打席は代打から守備で出場している【セギノール】選手。
その【セギノール】選手がは、センター前ヒット。
ところが2塁ランナー俊足【内村】選手、打球の勢いでセンターライナー&併殺を恐れ、確実な判断ミスでスタートが遅れ、結局3塁ストップの1アウト1塁3塁。
1塁ランナーには【牧田】選手が代走で起用されてまだまだピンチの場面、打席には代打【憲史】選手。
好打者【憲史】選手に、犠牲フライ、同点を覚悟するも、セカンドゴロ併殺打で試合終了!

いやはや、最後の最後までハラハラさせられた今日の試合。
それでも何とか勝利し、2位【福岡ソフトバンクホークス】が延長戦でサヨナラ負けを喫したので、優勝マジックはふたつ減って『14』

兎にも角にも投手陣・・・。
勝ったからよいけれど、残り試合19試合、踏ん張ってもらいたいと思います。

===《戦評》===

この日の先発投手【藤井 秀悟】投手、3回3分の2イニングを、被安打6、失点3(自責点3)も、内容が悪すぎました。
エラーが絡んだとは言え、1イニングに与四球3はいただけませんな。
前回の登板時、なぜ続投をさせない?とか思いましたが、この日は早々の交代で大正解。
前回・前々回の降板を見ても、首脳陣の信頼度は低いのですね、おそらく。
次回の登板時は、もっと安心感のある投球を望みます。

2番手【菊地 和正】投手は、以前の投球に戻りつつありますね。
インフルエンザ後、いまいち安定感を感じなかったのですが、この日は安心して観ていられました。
これでホールドポイントは『24』となり、リーグ単独3位に浮上!
今後も安定感のある活躍を期待します。

そして3番手【建山 義紀】投手・・・。
私は7回までは【菊地 和正】投手に続投させ、8回から【建山 義紀】投手、もしくは【宮西 尚生】投手と予想をしておりました。
どうあれ被安打3で満塁とし、押し出しの四球で失点1(自責点1)ですか・・・。
本当に安心感が感じられない・・・。
結局【菊地 和正】投手の勝利投手の権利も消滅させてしまい・・・期待はしたいのですが、どうしても出来ない・・・。
申し訳無いけど、ファームでの調整を希望します。
そしてもっともっと終盤とか、クライマックスシリーズとかに万全で一軍登録を。
観ていて安心できる投球を期待します・・・。

守護神【武田 久】投手も、ちょっとハラハラでしたね。
助けられたのは、俊足【内村】選手の打球判断ミス。
【セギノール】選手の打球と共に走塁をしていれば、確実に同点の場面でした。
これはもう、【内村】選手のファインプレーです!?
どうあれこれで『32』セーブ目。
このままトップを快走し、セーブ王を獲得してもらいたいものです。
このままの活躍を期待します。

打線では、値千金の【小谷野 栄一】選手が当然ヒーローですが、それと共に【森本 稀哲】選手が好調です。
この日は3打数2安打1打点で、四球出塁と犠打も記録しています。
実はその犠打のシーン、私はヒットエンドランを期待していました。
4回裏、ノーアウト1塁2塁の場面からの犠打。
結局その回は【森本 稀哲】選手の犠打で1アウト2塁3塁とするも無得点に終わり、ちょっと流れを引き寄せかけたところを再び持って行かれた感がありました。
次の打席では、タイムリーツーベースヒットを放っている【森本 稀哲】選手。
ここへ来て再び1番打者、核弾頭に起用するのはいかがでしょうか?
どうあれ優勝へ向けてのキーマンとなる事を期待します。

【金子 誠】選手、この日は3打数3安打の猛打賞!
私はこの日は【金子 誠】選手はベンチスタートで、【二岡 智宏】選手がスタメンショートと予想をしていたのですが・・・飛び石活躍ですか・・・?
どうあれこれで再び打率を3割に戻しました。
このままの勢いで、再び打率を上げてもらいたいものですね。
活躍を期待します。

なんだかやっと自力で優勝マジックを減らした感じがします・・・。
これで優勝マジック『14』
2位【福岡ソフトバンクホークス】とのゲーム差も『3.5』とし、これでちょっと安心ですね。
このままの勢いで、ドンドン優勝マジックを減らしていただきましょう!

===《最後に》===

さて、今日は移動日無しで大阪へ移動し、『京セラドーム』にてVS【オリックスバファローズ】との3連戦。
なんだかつらそうですが、頑張っていただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、4年目右腕【岸田】投手。
8月4日以来白星から遠ざかっている【八木 智哉】投手、好投はしているのですが、どうしても勝敗の付かないゲームが多いですね・・・。
今日も好投を、そして上向きの打線の援護に期待して、ぜひとも勝利投手となっていただきましょう。

対する【岸田】投手とは今シーズン2試合対戦があり、1勝されています。
それでも対戦防御率は『3.38』ですので、苦手意識はありませんね。
ぜひとも打破していただきましょう!

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手の予想で、それ以外は変わらない予想。
個人的な理想としては、1番に【森本 稀哲】選手で、2番に【田中 賢介】選手を起用してもらいたいですね。
それから、得点圏打率が高い【高橋 信二】選手ではありますが、たまには【小谷野 栄一】選手を4番に起用してもらいたいな・・・とかも思います。

オリックスバファローズ】との対戦成績は、今シーズンここまで12勝5敗。
得意としている球団ですので、このカードも勝ち越し狙って頑張っていただきましょう!
そして優勝マジックをドンドン減らしてもらいたいと思います。

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月16日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

9月16日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『札幌ドーム』
●『3-7』・・・久しぶりの二桁安打も、3得点で敗戦。
中継ぎ不調の敗戦も、優勝マジックはひとつ減って『16』となりました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『札幌ドーム』にてVS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
今日も快勝で、このカード勝ち越しを狙っていただきましょう。

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、3年目右腕【永井】投手。
スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手で、それ以外は前日と同じ、予想通りのオーダーです。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【ブライアン スウィーニー】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの【ブライアン スウィーニー】投手、初回1アウトから単打と四球で1塁2塁とすると、ワイルドピッチでそれぞれ進塁、1アウト2塁3塁。
その場面できっちりと犠牲フライを打たれて『0-1』・・・と、初回から無駄な四球とワイルドピッチが絡んで失点です。

ところがその裏のファイターズ、先頭打者【田中 賢介】選手が四球を選んで出塁すると、すかさず今シーズン29個目となる盗塁を決めてノーアウト2塁。
続く【森本 稀哲】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト3塁とすると、【稲葉 篤紀】選手がタイムリーヒットを放って『1-1』・・・と、すぐさま同点に追い付きました。

ファイターズ先発投手【ブライアン スウィーニー】投手は、初回に先制点を許したものの、2回以降は落ち着いたピッチング。
2回・3回は三者凡退に抑え、4回表は1アウトから【山崎】選手にレフトオーバーのヒットを打たれるも、2塁を狙った【山崎】選手を【森本 稀哲】選手の好返球で捕殺。
結局この回も3人で攻撃を終わらせ、好守備に助けられつつも、今日は期待の持てるピッチングです。

するとその裏、1アウトから【小谷野 栄一】選手が今シーズン4本目となるスリーベースヒットで出塁して1アウト3塁のチャンスを作ると、【糸井 嘉男】選手の打席でゴールデンイーグルス先発投手【永井】投手がワイルドピッチ。
3塁から【小谷野 栄一】選手が生還して『2-1』・・・と、相手のミスに乗じて逆転に成功です。

逆転をしてもらった【ブライアン スウィーニー】投手ですが5回表、単打と四球で1アウト1塁2塁のピンチを招き、さらに送りバントで2アウトながら2塁3塁のピンチ。
その場面で【中村真】選手にセンター前にタイムリーヒットを放たれ『2-2』の同点。
さらに2塁ランナーも本塁を狙うも、センター【糸井 嘉男】選手からの好返球で追加点は防ぎ、それでもこの回、再び同点に追い付かれてしまいました。

さらに6回表。
この回先頭打者の【渡辺】選手に四球を与えて出塁を許すと、続く【鉄平】選手への2球目にボークをとられて進塁、ノーアウト2塁。
その【鉄平】選手も四球で歩かせてノーアウト1塁2塁とさせ、続く【山崎】選手をライトへのファールフライに打ち取るも、セカンドランナータッチアップで1アウト1塁3塁。
この場面で【ブライアン スウィーニー】投手は交代で、マウンドには2番手左腕【林 昌範】投手。
ところが【憲史】選手に簡単に犠牲フライを打たれて『2-3』・・・。
さらに続く【草野】選手の打球は、ショート【金子 誠】選手へのショートゴロ。
セカンド送球も間に合わないタイミングながら、セカンドへの送球をセカンド【田中 賢介】選手がはじいて球は外野へ転々と・・・。
その間にそれぞれ進塁し記録は【草野】選手の内野安打と、【金子 誠】選手の悪送球エラーで、2アウト2塁3塁。
その場面で【リンデン】選手にタイムリーヒットを打たれて『2-4』
さらに代打【高須】選手に2点タイムリーツーベースヒットを打たれて『2-6』・・・と、この回一挙に4失点で、逆転されてしまいました・・・。

さらに7回表。
マウンドは6回表2アウトから登板している【金森 敬之】投手が続投し、1アウトから【渡辺】選手に四球を与えて出塁を許すと、続く【鉄平】選手を内野ゴロに打ち取るも、【山崎】選手にヒットを打たれて2アウト1塁3塁とされ、【憲史】選手にタイムリーヒットを打たれて『2-7』・・・。
この回も1失点で、点差を5点に広げられてしまいました。

それでも7回裏、この回先頭打者の【田中 賢介】選手が四球を選んで出塁すると、【森本 稀哲】選手の打球はボテボテのサードゴロ。
ところがそれが内野安打となってノーアウト1塁2塁とチャンスを広げると、続く【稲葉 篤紀】選手の打球はフェンス直撃の当たり。
ところがゴールデンイーグルスセンター【鉄平】選手が捕球体勢に入るフェイクプレーでセカンドランナー【田中 賢介】選手がスタートをきれず、結局あと1~2メートルでフェンスオーバーのあたりも単打とされ、それでもノーアウト満塁の反撃のチャンス。
その場面で4番【高橋 信二】選手が犠牲フライを上げて『3-7』とし、なおも1アウト1塁2塁の場面で、打席には好調【ターメル スレッジ】選手。
ゴールデンイーグルスはその場面で2番手左腕【佐竹】投手を投入し、フルカウントからの外角低めの球、【ターメル スレッジ】選手はボールと判断するも、審判の判定はストライクで、【ターメル スレッジ】選手は見逃しの三振、2アウト1塁2塁。
続く【小谷野 栄一】選手はファーストへのファールフライに倒れて結局この回1得点・・・。
点差は4点としましたが、試合は終盤へと流れます。

8回裏にも1アウト2塁のチャンスを作るも無得点に終わったファイターズ。
8回表は4番手【谷元 圭介】投手が2アウト満塁のピンチを作るも無失点に、9回表は1アウト2塁のピンチから5番手【宮西 尚生】投手が無失点に抑え、残すは9回裏、ファイターズの攻撃。

9回裏、この回先頭打者の【森本 稀哲】選手が今日猛打賞となるツーベースヒットで出塁してノーアウト2塁の反撃の狼煙。
続く【稲葉 篤紀】選手が空振りの三振に倒れるも、【高橋 信二】選手が単打を放って1アウト1塁3塁。
ところが【ターメル スレッジ】選手が三振に斬って取られ、【小谷野 栄一】選手が内野ゴロで試合終了・・・。

無駄な四球に、6回の継投策・・・。
今日はいまいちそんな歯車が噛み合わなかったかな?な試合・・・。
守備では良いプレーが数々見られましたが、それはどちらも一緒か・・・。

どうあれ2位【福岡ソフトバンクホークス】も敗戦してくれたので、優勝マジックが『16』とひとつ減ったのが救いですね。

===《戦評》===

この日の先発投手【ブライアン スウィーニー】投手、4回まではまあ良かったのですが・・・。
本人のコメントにもありましたが、余計な四球が多かったですね。
それからランナーを出してからのピッチング。
あまりにランナーを意識し過ぎて、打者への投球がおろそかになっている感があります。
実際この日はボークも課していますし・・・。
5回3分の1イニングを、被安打4も、失点4(自責点3)の敗戦投手で、防御率が『5.51』
与四球4も多いですが、防御率が・・・。
これでシーズン4勝7敗。
昨日の輝きが戻ってきませんね~・・・。
残り試合も少なくなりましたが、最後まで頑張っていただきたいと思います。

2番手【林 昌範】投手。
悪くは無かったとは思うのですが、この日の主審は低めをあまり取らなかったので、そこらへんでしょうか。
それは4番手【谷元 圭介】投手にも言えたのですが、映像で見ている限りではストライクゾーンに入っているんじゃない?ってきわどい球が数球ありました。
それと【金子 誠】選手の悪送球も絡みましたからね・・・。
中継ぎ陣も失点を許しましたが、見ている限りそれほど悪くは感じない内容。
どうあれ今後も頑張っていただきたいと思います。

打線では、猛打賞の【森本 稀哲】選手、【稲葉 篤紀】選手、素敵な活躍でした。
打線は久しぶりに13安打の二桁安打。
ここで!というところでもう1本が出ていれば・・・って場面がこの日は多かったですね。
いやはや、悔しい敗戦です・・・。

早出特打ちしたルーキー【大野 奨太】選手も、この日は3打数2安打。
成果が出ましたね。
今後もその調子で、打撃でも勝利に貢献してもらいたいと思います。

そして前日のヒーロー【金子 誠】選手、この日はいまいちでした・・・。
【金子 誠】選手で攻撃が終了しているのが3回ありましたか・・・。
記録上の悪送球もあり、ちょっとお疲れ?
まだ20試合ほど残ってますので、ちょっと休養を取って、終盤に体力を温存してもらいたいと思います。
どうあれ今後の活躍も期待します。

===《最後に》===

さて、今日も『札幌ドーム』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、ドラ1ルーキー左腕【藤原】投手。
【藤原】投手は2度対戦があり、0勝1敗、防御率『9.39』と打ち込んでいます。
今日も打ち込んでもらいましょう!

今日のスタメンマスクは、昨日同様ルーキー【大野 奨太】選手の予想。
で、スタメンショートに【二岡 智宏】選手を起用し、【金子 誠】選手はベンチスタートの予想ですね。
スタメンレフトは【森本 稀哲】選手で、指名打者は【ターメル スレッジ】選手でしょう。

どうあれ今日勝利し、このカード勝ち越しを決めてもらいましょう。
そして自力で優勝マジック減らしを!

どうあれ今日も、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月15日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

9月15日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『札幌ドーム』
○『5-2』・・・エース【岩隈】投手を攻略して逆転勝利、2連勝!
9連戦初戦を快勝し、優勝マジックも『17』に。
今シーズン6度目の【糸井 嘉男】選手、【ターメル スレッジ】選手のアベックホームランでの勝率は、6勝0敗、10割です!

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から9連戦。
まずは本拠地『札幌ドーム』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦です。

VSゴールデンイーグルス戦の3連戦、初戦の今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、エース右腕【岩隈】投手。
ここまで4試合に登板して、3勝1敗と相性の良い【武田 勝】投手、今日も好投を期待しましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手で、スタメンレフトに【森本 稀哲】選手、指名打者に【ターメル スレッジ】選手。
一昨日ベンチスタートだった【金子 誠】選手、今日はスタメンショートでの出場です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【武田 勝】投手

===《試合経過》===

恩師【野村】監督率いる【東北楽天ゴールデンイーグルス】に対して、今シーズン3勝1敗と相性の良いファイターズ先発投手【武田 勝】投手の立ち上がり。
いきなり先頭打者【渡辺】選手に四球を与えて出塁を許すと、すかさず盗塁を決められてノーアウト2塁。
続く【高須】選手の内野ゴロの間に進塁を許すと、もっかリーグ首位打者【鉄平】選手に犠牲フライを打ち上げられて『0-1』・・・。

さらに2回表、この回の先頭打者【セギノール】選手から三者連続単打を許してノーアウト満塁のピンチを迎えると、続く【草野】選手の内野ゴロ併殺崩れの間に失点して『0-2』
なおも1アウト1塁3塁とピンチが続くも、【嶋】選手を空振りの三振、【渡辺】選手を外野フライに打ち取ってこの回終了。
ノーアウト満塁のピンチを最小失点で抑え、とりあえず2失点の立ち上がりです。

一方ファイターズ打線は、ゴールデンイーグルスエース【岩隈】投手を初回から攻め、2アウトから連続安打、さらに四球で2アウト満塁のチャンスを作るも、【小谷野 栄一】選手が三振に倒れて無得点。
3回裏にもこの回先頭打者の【田中 賢介】選手が単打で出塁するも、後続が倒れて無得点・・・と、ランナーは出すものの、得点には結びつきません。

ところが4回裏、2アウトから【糸井 嘉男】選手が8月29日以来となる13号ソロホームランをライトスタンドに打ち込んで『1-2』
点差を1点に縮めました。

1回表、2回表に失点を許したファイターズ先発投手【武田 勝】投手ですが、3回以降は得点を許さず、4回以降には出塁すら許さないパーフェクトピッチングで、味方打線の逆転を待ちます。

すると6回裏、1アウトから【ターメル スレッジ】選手が同点となる21号ソロホームランを放って『2-2』とすると、【小谷野 栄一】選手、【糸井 嘉男】選手が連続安打、さらに【鶴岡 慎也】選手が四球を選んで出塁し、1アウト満塁の場面で打席にはこのところ打撃不振の【金子 誠】選手。
ところが【金子 誠】選手の打球は、三遊間を抜ける2点タイムリーヒットで『4-2』
逆転に成功して、なおも1アウト1塁2塁の場面で、【田中 賢介】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『5-2』
なおも1アウト2塁3塁の追加点の場面も、【森本 稀哲】選手がスクイズを空振りして、3塁ランナー【金子 誠】選手が三本間に挟まれてアウトとなると、【森本 稀哲】選手は結局空振りの三振に倒れて3アウト・・・。
それでもこの回一挙に4点を奪い、ゴールデンイーグルスエース【岩隈】投手を攻略しました。

逆転をしてもらった【武田 勝】投手は、7回終了後に降板。
結局4回から7回まではパーフェクトピッチングで、7イニングを被安打4、失点2(自責点2)の内容で、勝利投手の権利を持って降板し、ブルペンにマウンドを託します。

8回表のマウンドには、私的にいまいち信頼度の低い【建山 義紀】投手が登板するも、今日はとても安定感のあるピッチングで、3つの内野ゴロに仕留めて三者凡退無失点。
9回表には守護神【武田 久】投手が登板し、やはり三者凡退に抑えて試合終了!

先発投手【武田 勝】投手は、昨シーズンに並ぶ8勝目(7敗)。
【武田 久】投手は31個目のセーブで、リーグ単独トップ。
優勝マジックも『17』へと縮めました。

【糸井 嘉男】選手と【ターメル スレッジ】選手のアベックホームランは今シーズン6度目で、6勝0敗。
無敗神話は健在です!

===《戦評》===

この日の先発投手【武田 勝】投手は、素晴らしいピッチングでした。
初回は四球と盗塁、犠牲フライでの無安打での失点。
ピンチらしいピンチは2回のみで、その後は全く問題のない投球内容。
これで8勝7敗防御率『3.62』とし、この日の段階で規定投球回数に6イニング足りませんが、立派な成績です。
ちなみに今シーズンの対ゴールデンイーグルス戦は、4勝1敗防御率『2.64』
4連勝で、素敵な楽天キラー!
残り試合も少ないですが、この調子で今後も活躍を期待します。

打線では、やはり【糸井 嘉男】選手と【ターメル スレッジ】選手のホームランが効きました!
このふたりのアベックホームランは今シーズン6度目で、6勝0敗!
ふたりがホームランを打てば勝利する!そんな不敗神話は健在です。
今後もこの調子でホームランを量産し、さらに勝利を重ねてもらいたいと思います。

===《最後に》===

さて、今日も『札幌ドーム』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、3年目右腕【永井】投手。
現在10勝6敗防御率『3.62』の【永井】投手は、先日【野村】監督に、>「今一番安定している・・・」と言わしめた好投手。
対ファイターズ戦での成績は、2戦対戦して1勝1敗防御率『3.27』
ぜひとも打破していただきましょう!

【ブライアン スウィーニー】投手も1勝1敗の対戦成績ながら、防御率は『3.94』か・・・。
何とか好投を期待しましょう。

スタメンマスクは【大野 奨太】選手で、それ以外は昨日と同じスタメン予想。
代わるとすれば、【坪井 智哉】選手がスタメン起用ですかね?
まあそんな感じ・・・。

どうあれ今日も勝利してこのカード勝ち越しを決め、優勝マジックを減らしていただきましょう!
兎にも角にも、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月13日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

9月13日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『札幌ドーム』
○『3-1』・・・エース【ダルビッシュ 有】投手復帰で勝利し、連敗脱出!
シーズン70勝到達で、優勝マジックを『18』に減らしました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『札幌ドーム』にてVS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日までチーム6連敗・・・今日こそ連敗ストップを期待しましょう!

今日の先発投手は【ダルビッシュ 有】投手VS、ベテラン右腕【小野】投手。
故障で離脱していた【ダルビッシュ 有】投手が、8月21日以来の先発登板。
8月22日に登録抹消されてからの、この日登録されて即先発に、エースの復帰の好投を期待しましょう。

スタメンマスクはいつもの【鶴岡 慎也】選手。
スタメンレフトに【森本 稀哲】選手、指名打者に【ターメル スレッジ】選手。
そして、ちょっと不振の【金子 誠】選手が今日はベンチスタートで、スタメンショートに【二岡 智宏】選手が起用されました。

また、登録された【ダルビッシュ 有】投手に代わって【今浪 隆博】選手が登録抹消されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(遊)【二岡 智宏】選手
9番(捕)【鶴岡 慎也】選手
先発投手【ダルビッシュ 有】投手

===《試合経過》===

8月21日以来の先発登板となった【ダルビッシュ 有】投手の立ち上がり、先頭打者の【西岡】選手に内野安打を打たれ、さらに盗塁を許して1アウト2塁。
続く【早坂】選手の送りバントで1アウト3塁とされると、【福浦】選手の打球はやや浅めのレフトフライ。
ところが3塁ランナー俊足【西岡】選手、タッチアップを試みるも、スタメンレフト【森本 稀哲】選手の本塁への送球、そして【鶴岡 信也】選手の体当たりのブロックでアウトにし、初回無失点!
味方の好守備も、先発投手【ダルビッシュ 有】投手を盛り上げます。

一方、今日こそは連敗脱出をしたいファイターズ打線は1回裏、先頭打者の【田中 賢介】選手が内野安打で出塁すると、続く【森本 稀哲】選手の犠打で進塁。
続く【稲葉 篤紀】選手の内野ゴロの間に3塁に進塁して2アウト3塁とすると、4番【高橋 信二】選手がタイムリーヒットを放って『1-0』
さらに2回裏、1アウトから【糸井 嘉男】選手がツーベースヒットで出塁すると、今日スタメンショートで先発出場している【二岡 智宏】選手が、タイムリーツーベースヒットを放って『2-0』・・・と、実に6試合ぶりの先制点です。

一方初回・2回と1本づつ単打を許したファイターズ先発投手【ダルビッシュ 有】投手ですが、3回から5回までは出塁を許さない実に安定感のあるピッチング。
6回表に【里崎】選手に内野安打を打たれるも無失点、7回表には1アウトから【井口】選手にツーベースヒットを打たれるも無失点に抑えます。

ところが8回表、【里崎】選手にツーベースヒットを打たれるなどして2アウト2塁の場面で、【西岡】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて『2-1』
点差を1点に詰められてしまいました。

それでもその裏、2アウトから【小谷野 栄一】選手が9号ソロホームランを放って『3-1』
すぐに1点を返し、久しぶりの勝利にまた一歩近づきました。

9回表のマウンドには、守護神【武田 久】投手が登板。
この回先頭打者の【福浦】選手を内野ゴロに仕留めるも、守備固めで起用されていた【飯山 裕志】選手がそれをお手玉してエラー出塁、ノーアウト1塁。
続く【井口】選手を外野フライに仕留めると、続く【大松】選手の打球は3塁線を痛烈に攻めるも、サード【小谷野 栄一】選手がそれを好捕して2塁封殺2アウト1塁。
ところが続く【橋本】選手に単打を打たれて2アウト1塁3塁のピンチを迎えるも、最後は【今江】選手をショートゴロに仕留め、今度はしっかりと掴んだ【飯山 裕志】選手がセカンドへトスしてアウト、試合終了!

【ダルビッシュ 有】投手の好投に、初回から気合の入った好守備で、連敗脱出!
先発投手【ダルビッシュ 有】投手は、実に8月14日以来の勝利投手となり15勝目(5敗)。
優勝マジックもひとつ縮めて『18』とし、久しぶりの自力でのマジック減らしは気持ちが良いですね。

ラベンダー色の特別ユニフォームでの試合は今日が最終戦。
その最終戦で勝利でき、このまま連勝街道を突き進んでいただきましょう!

===《戦評》===

この日の先発投手【ダルビッシュ 有】投手、いやはや、さすがです・・・。
>「今日はスライダーを少なくしてカーブとまっすぐを中心に投げようと決めていました」と終了後のコメント。
結局この日は8イニングを投げて、被安打6、失点1(自責点1)。
奪三振5は少ないですが、それでも無四死球の見事なピッチング。
やはりチームのエースですね。
残り試合は22試合。
登板機会はあと4~5回でしょうか?
ぜひとも今後も好投を続け、シーズン20勝を目指してもらいたいと思います。
今後も好投を期待します。

9回表に登板した守護神【武田 久】投手、ヒヤヒヤでしたね・・・。
完全に打ち取った当たりを味方がエラーし、そんな時のモチベーションって、どうなんでしょう?
その後【小谷野 栄一】選手の好守備に助けられた場面がありましたが、正直ヒヤヒヤでした。
どうあれ見事無失点に抑えて30セーブ目。
今後もさらなる活躍を期待します。

この日輝いていたのは、【小谷野 栄一】選手。
9号ソロホームランも放ちましたし、何より好守備が光りました。
>「現在12球団で、最高の三塁手じゃないですかね?」とは、GAORA解説者【光山】さんのコメント。
そうですね、すっかり安定感があります。
この日は違いましたが、今シーズンよく見られる、終盤の守備固め時にはファーストに回り、サードに【稲田 直人】選手という場面・・・。
という事は、【稲田 直人】選手の方が、守備が上手いのか?

この日は最終回に名手【飯山 裕志】選手がエラーをしてしまいましたが、それでもやはり鉄壁の安定感を感じるファイターズの守備陣。
この日はさらに【森本 稀哲】選手の捕殺があり、前日は【糸井 嘉男】選手。
内外野、ともに安定感のある守備陣に、今後もさらなる活躍を期待します。

そして、2試合続けて先発出場となった【二岡 智宏】選手。
この日は【金子 誠】選手がベンチスタートで、スタメンショートでの出場に、第1打席ではタイムリーツーベースヒット。
やはり人気球団で長い間レギュラーを務めた実績がありますね、シーズン終盤に来て、非常に活躍が目立っています。
今後もさらなる活躍で、優勝に大きく貢献してもらいたいと思います。

===《最後に》===

昨日は2位の【福岡ソフトバンクホークス】が、最終回に劇的なサヨナラ勝利をおさめたので、優勝マジックはひとつだけ減って『18』となりました。
明日からはファイターズは、『札幌ドーム』にてVS【東北楽天ゴールデンイーグルス】との3連戦。
福岡ソフトバンクホークス】は、VS【オリックスバファローズ】と3連戦ですか・・・。
明日からはファイターズと共に、バファローズも応援しないといけませんな・・・。

そんなファイターズ、明日の先発予想は【武田 勝】投手?いやいや、【ブライアン スウィーニー】投手でしょうか?
ちょっとここに来てローテーションが崩れているので、いまいち予測が立ちませんが、どうあれ好投を期待しましょう。

明日から、各球団は9連戦。
この9連戦が、今シーズンの山場となりそうですね、ぜひとも頑張っていただきましょう!

優勝マジック『18』・・・早く『0』にとなるように、兎にも角にもとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月12日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

9月12日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『札幌ドーム』
●『2-4』・・・先発投手【八木 智哉】投手が好投するも、打線の援護がなく今シーズン2度目の6連敗・・・。
それでも2位【福岡ソフトバンクホークス】も敗戦したため、優勝マジックは『19』となりました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『札幌ドーム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日こそは連敗を止めて、ラベンダー色の特別ユニフォームでの初勝利を目指していただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、2年目右腕【唐川】投手。
比較的常に安定しているピッチングを見せつつも、8月4日以来白星に恵まれていない【八木 智哉】投手、今日こそは打線の援護で白星を。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
マリーンズ先発投手【唐川】投手に相性の良い【二岡 智宏】選手が予想通りスタメンに名を連ね、指名打者の起用となりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【糸井 嘉男】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(指)【二岡 智宏】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【八木 智哉】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの【八木 智哉】投手、初回、3番の【サブロー】選手にツーベースヒットを打たれるも、後続を抑えて無失点。
2回以降も毎回安打で出塁を許すも、2回には【里崎】選手の2塁を狙ったセンターへのヒットを、【糸井 嘉男】選手が強肩で刺してアウトにし、3回にも併殺打でピンチを凌ぐなど、味方の守備にも助けられて無失点で抑えます。

ところが4回表、この回先頭打者の【サブロー】選手にソロホームランを被弾『0-1』
さらに6回表、ノーアウト2塁の場面で、またもや【サブロー】選手に今度はタイムリーヒットを打たれて『0-2』・・・と、【サブロー】選手ひとりにやられつつも、それでも6回を2失点で凌ぎます。

一方ファイターズ打線は、マリーンズ先発投手【唐川】投手に翻弄され、初回は二者連続三振を含む三者凡退で無得点。
2回裏には、【唐川】投手と相性の良い【二岡 智宏】選手のヒットなどで2アウト1塁2塁のチャンスを作るも、【鶴岡 慎也】選手がセカンドライナーで凡退して無得点。
その後は【唐川】投手からヒットすら奪えず、攻略に難攻します。

ファイターズ先発投手【八木 智哉】投手は7回途中、四球のランナーを許して2アウト1塁の場面で降板。
6回3分の2イニングを、被安打9、失点2(自責点2)で降板し、味方打線の逆転を祈りつつ、ベンチで戦況を見守ります。

ファイターズのマウンドは、7回途中から【谷元 圭介】投手が登板し、7回は後続を抑えて無失点。
そのまま8回表も続投をすると、この回先頭打者の【サブロー】選手に、今日4安打目となるツーベースヒットを打たれてノーアウト2塁。
続く【井口】選手をセカンドフライに打ち取ったところで降板し、2番手に【宮西 尚生】投手を投入するも、好打者【大松】選手にタイムリーツーベースヒットを打たれて『0-3』
さらに【里崎】選手に単打を打たれて1アウト1塁3塁、【ベニー】選手に犠牲フライを打たれて『0-4』・・・。
なおも2アウト1塁の場面で【福浦】選手にツーベースヒットを打たれ、1塁ランナー【里崎】選手が一挙に本塁を狙うも、そこは【ターメル スレッジ】選手からの好返球でアウトにしてこの回終了。
それでも終盤に来て、点差を4点にと広げられてしまいました・・・。

何とか点を返したいファイターズは8回裏、この回先頭打者の【二岡 智宏】選手が今日2本目の単打で出塁してノーアウト2塁。
続く打席、代打の【稲田 直人】選手が内野ゴロに倒れ、ランナーが入れ替わって1アウト1塁とされるも、続く代打【坪井 智哉】選手が単打を放って1アウト1塁2塁。
その場面で選手会長【田中 賢介】選手がタイムリーヒットを放って『1-4』
なおも1アウト1塁3塁のチャンスで、続く【糸井 嘉男】選手の内野ゴロの間に3塁ランナー【坪井 智哉】選手が生還して『2-4』
なおも2アウト1塁、打席には主将【稲葉 篤紀】選手で、同点の一発を期待するも、レフトフライに倒れてこの回終了・・・。
それでも再び点差を2点まで縮めました。

9回表、『2-4』の場面ながら、マウンドには守護神【武田 久】投手。
9月2日以来実戦マウンドが無く、調整も兼ねながらの登板と共に、今日こそは落とせないという首脳陣の思いのこもった起用に期待通り三者凡退に抑え、最終回、味方打線の逆転に期待します。

9回裏、マリーンズのマウンドには【シコースキー】投手。
この回先頭打者の【高橋 信二】選手が意地のファーストへの内野安打で出塁して反撃を見せるも、続く【ターメル スレッジ】選手が併殺打、最後は【小谷野 栄一】選手が空振りの三振に打ち取られて試合終了・・・。

これでチーム6連敗。
得意とするマリーンズ相手に連敗し、このカード負け越し決定。
2位の【福岡ソフトバンクホークス】も敗戦したため優勝マジックは『19』まで減りましたが、相変わらずラベンダー色の特別ユニフォームで、勝てません・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【八木 智哉】投手、6回3分の2イニングを被安打9、失点2(自責点2)の内容でしたが、内容的に悪くは見えませんでした。
味方の好守備に助けられた場面も多々ありましたが、それでも打線の援護には恵まれません・・・。
最後に勝利投手となったのは8月4日で、その後この日まで5試合登板するも2敗。
現在17試合に先発登板して、8勝3敗防御率『2.95』は立派な数字。
今シーズン、あと3~4試合の登板でしょうか?
ぜひとも今後も好投を続け、二桁勝利を目指して下さい。
好投を期待します。

そして4番手で、久しぶりの【武田 久】投手。
9月2日以来の登板も、三者凡退で切って取る安定感のあるピッチング。
登板間隔があいていたからでの登板もあるでしょうが、この試合は絶対に落とせないという首脳陣の思いが感じられ、非常にこの起用には好感が持てました。
次戦はぜひともセーブの付く場面での登板を!
そんな試合を期待しましょう。
どうあれ【武田 久】投手、今後の活躍も期待します。

打線では、やはり【二岡 智宏】選手はマリーンズ先発投手【唐川】投手と相性が良いですね。
この日は3打数2安打で、これで今シーズン8打数6安打。
スタメン起用の期待に、見事応えてくれました。
昨日のブログで先発起用は予想していましたが、それは【金子 誠】選手に代わってスタメンショートとの予想。
ちなみにこの日の【金子 誠】選手は、2打数ノーヒット、1三振・・・。
ちょっとお疲れモードの【金子 誠】選手、やはりスタメンショートで【二岡 智宏】選手を起用した方が良かったのでは・・・なんてのは、結果論ではありますが・・・。
どうあれ【二岡 智宏】選手、今後のさらなる活躍を期待します。

この日はチーム安打は『6』と抑えられてはしまいましたが、それでも守備では好プレーが数多く見られました。
特に光っていたのは【糸井 嘉男】選手で、2回表の【里崎】選手のフェンス直撃の打球を素早く処理し、2塁でアウトにしたのは大きなプレー。
1回表にも【井口】選手の大飛球を好捕しており、あそこらへんのプレーでチームの連敗脱出を予感したのですが・・・。

打撃ではいまいちお疲れな【金子 誠】選手も、やはり守備には安定感。
3回表に打ち取った併殺打も、実に綺麗なプレーでした。
やはりファイターズは守備に安定感のあるチーム。
【清水】外野守備走塁コーチも、>「内外野共に守備は言うことがない。このままできることを続けていけば、勝てるよ」とコメントしていましたが、まさにおっしゃる通り。
今後もそんな安定感のあるプレーを見せていただきたいと思います。

===《最後に》===

さて、今日も『札幌ドーム』にてVS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日はいよいよ【ダルビッシュ 有】投手復帰で、ぜひとも連敗脱出をしていただきましょう!

対するマリーンズの先発投手はベテラン右腕【小野】投手。
今シーズンは2試合の対戦があり1勝されていますが、それほど苦手意識はありません。
ぜひとも打破していただきましょう!

今日こそは連敗脱出を、そして優勝目指して・・・今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月11日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

9月11日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『札幌ドーム』
●『2-3』・・・【藤井 秀悟】投手好投するも、打線にあと1本が出ずに5連敗・・・。
それでも2位の【福岡ソフトバンクホークス】が逆転負けを喫したので、優勝マジックはひとつ減って『20』となりました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から本拠地『札幌ドーム』に移動してのVS【千葉ロッテマリーンズ】との3連戦。
ここまでチーム4連敗・・・地元の元気をもらって、自力で優勝マジックを減らしていただきましょう。

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、ベテラン右腕【清水直】投手。
スタメンマスクはいつものルーキー【大野 奨太】選手で、スタメンレフトに【森本 稀哲】選手、スタメンライトに【稲葉 篤紀】選手、指名打者に【ターメル スレッジ】選手。

また昨日好投しつつも白星を逃した【吉川 光夫】投手は、明日登録予定の【ダルビッシュ 有】投手との入れ替えの関係で、登録抹消となりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

===《試合経過》===

今日こそ連敗を止めて、自力で優勝マジックを減らしたいファイターズ。
先発投手【藤井 秀悟】投手は初回からテンポの良い投球で、マリーンズ打線を抑え込みます。
3回表に【ベニー】選手に初安打を許し、四球などで2アウト1塁3塁のピンチを迎えるも、無失点に切り抜けました。
ところが4回表、この回先頭打者の【サブロー】選手にソロホームランを被弾『0-1』
先制点を与えてしまいました。

一方ファイターズ打線は初回から【森本 稀哲】選手の単打と【稲葉 篤紀】選手の四球で1アウト1塁2塁のチャンスを作るも無得点。
その後もマリーンズ先発投手【清水】投手に抑えられていましたが、先制点を許したすぐ裏の4回裏、この回先頭打者の【稲葉 篤紀】選手が単打で出塁すると、4番【高橋 信二】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『1-1』の同点。
なおもノーアウト2塁の場面で、続く【ターメル スレッジ】選手が単打で続いてノーアウト1塁3塁とすると、【小谷野 栄一】選手のサード併殺打の間に3塁ランナー【高橋 信二】選手が生還して『2-1』・・・と、あっさり逆転に成功しました。

ところが5回表、この回先頭打者の【南】選手に今シーズン初本塁打となるソロホームランを被弾して『2-2』の同点に追い付かれると、6回表には単打と死球で2アウト1塁2塁とされると、昨日体調不良で途中交代していた【井口】選手にタイムリーヒットを打たれて『2-3』・・・と、中盤で再び逆転を許してしまいました。

何とか追い付きたいファイターズ打線、4回裏から毎回安打でランナーを出すも、あと1本が出ません。
5回裏には2アウト1塁2塁のチャンスも、【稲葉 篤紀】選手がフェンス越えまであと少し足りない大きなセンターフライに倒れて無得点。
7回裏には1アウトから代打【稲田 直人】選手が単打、【金子 誠】選手が四球を選んで1アウト1塁2塁も、後続が倒れて無得点。
8回裏にも、2アウトから好調【ターメル スレッジ】選手が猛打賞となる単打で出塁し、【小谷野 栄一】選手が四球を選んで出塁して2アウト1塁2塁のチャンスを作るも、【糸井 嘉男】選手が空振りの三振に倒れて無得点・・・と、本塁が遠いです・・・。

ファイターズのマウンドは、先発投手【藤井 秀悟】投手が6回終了後に降板。
被安打6、失点3(自責点3)の好投も、1点のリードを許している段階での降板に、味方打線の逆転を祈りつつ、ベンチで戦況を見守ります。
7回表は2番手【菊地 和正】投手が登板し、1四球を与えるも奪三振2、無安打で無失点。
8回表からは【林 昌範】投手が登板し、9回表までの2イニングをパーフェクトに抑え、最終回の味方の反撃に期待をします。

そして迎えた9回裏。
この回先頭打者は、途中から守備についていた【鶴岡 慎也】選手に代わって代打【坪井 智哉】選手。
期待通りに内野安打で出塁すると、【金子 誠】選手の送りバントで1アウト2塁。
続く【田中 賢介】選手が空振りの三振に倒れて2アウト2塁とされると、打席には代打【二岡 智宏】選手。
同点、あわよくば逆転を期待するも、得意のライト方面への大きな打球は、ライトの頭を超える事無くライトフライで試合終了・・・。

つねにランナーを出す主導権を握っていた試合展開も、あと1本が出ずに敗戦で5連敗・・・。
2位【福岡ソフトバンクホークス】が最終回に逆転されて敗戦をしたおかげで優勝マジックはひとつ減り『20』となりましたが、なかなか自力で優勝マジックを減らす事が出来ません・・・。

あと1本・・・。
なかなかラベンダー色の特別ユニフォームで、勝てませんなぁ~・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【藤井 秀悟】投手は、好投を見せてくれました。
6イニングを被安打6、失点3(自責点3)は、先発投手として合格点。
被安打6のうち、2本がソロホームランっていうのが大きいですね。
しかも10年目【南】選手には、今シーズン初ホームランを打たれて・・・あれは完全な失投の高目に浮いた変化球。
悔やまれる失投ですが、今後も好投を、そして活躍を期待します。

打線では、やはり【ターメル スレッジ】選手が好調ですね。
この日は4打数3安打の活躍。
打点は挙げられなかったものの、かなり信頼できる存在に、4番に据えたらどうなんでしょう?
3番・4番と左が続きますが、3番【稲葉 篤紀】選手に対する攻め方も変わってくるはず。
この日は4番【高橋 信二】選手も、タイムリーヒットを放ちましたが・・・。

どうあれ打率も『.266』まで上昇させ、リーグ24位まで上がってきた【ターメル スレッジ】選手。
今後もさらなる活躍を期待します。

【金子 誠】選手、久しぶりのヒットが出ました!
この日は2打数1安打、1四球に1犠打で、良い活躍をしてくれました。
縁の下の力持ち!
今後もそんな活躍を期待します。

それにしても、ラベンダー色の特別ユニフォーム、勝てません・・・。
このユニフォームで戦って、今シーズンまだ勝利なしですか?
これはもしかして、悪いアイテムなのかも・・・。
何とかこのユニフォームで勝利して、そんな厄を払ってもらいたいものです・・・。

===《最後に》===

さて、今日も本拠地『札幌ドーム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
相変わらず仲良く【福岡ソフトバンクホークス】が敗戦してくれているので優勝マジックは消滅しませんが、毎日綱渡りには疲れました・・・。
今日こそは快勝して、自力で優勝マジックを減らしていただきましょう!

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、2年目右腕【唐川】投手。
ここまでマリーンズ戦に4戦登板して、3勝0敗、防御率『2.86』と相性の良い【八木 智哉】投手、今日も好投を期待します。
対する【唐川】投手のファイターズ戦の成績は、3試合に登板して0勝2敗、防御率『7.20』
この相性の良さから、今日は打線爆発を期待しましょう!

そしてその【唐川】投手と特に相性の良いのが【二岡 智宏】選手。
今日は【金子 誠】選手に代わって、スタメンショートと予想します。

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月10日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

9月10日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『西武ドーム』
●『4-5』・・・今シーズン初先発の【吉川 光夫】投手が好投するも、中継ぎが崩れてスイープ、さらに4連敗・・・。
またもや【T】投手に、さすがの私も怒り気味です・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『西武ドーム』にてVS【埼玉西武ライオンズ】戦。
今シーズン、今日が『西武ドーム』での最終戦です。

今日の先発投手は【吉川 光夫】投手VS、ベテラン右腕【西口】投手。
今シーズン初昇格&初先発投手の3年目右腕【吉川 光夫】投手、課題はコントロールですがどうでしょう?
ぜひとも好投で、連敗ストッパーとなっていただきましょう。

【吉川 光夫】投手の昇格で、昨日敗戦投手となった【多田野 数人】投手、このところあまり調子の良くなかった【江尻 慎太郎】投手が登録抹消。
ファームから【谷元 圭介】投手も昇格してきました。
【江尻 慎太郎】投手・・・もっと調子のよろしくない中継ぎ右腕がいると思うのですが・・・。

スタメンマスクは予想通り【鶴岡 慎也】選手。
体調不良で昨日の試合ベンチスタートだった【稲葉 篤紀】選手が指名打者で先発出場し、スタメンライトには【森本 稀哲】選手が起用されました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(右)【森本 稀哲】選手
3番(指)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【吉川 光夫】投手

===《試合経過》===

今シーズン初先発となる【吉川 光夫】投手、初回から140km台中盤のストレートが走ります。
全体的に球が高目ながら、コントロールには問題なし。
1回裏、【栗山】選手に粘られた末に四球を与えてしまいましたが、最終的に与えた四球はこのひとつだけ。
今日から一軍復帰のライオンズ主砲【中村】選手の第1打席はライトフライに抑え、初回は2奪三振を奪う無失点の上々の立ち上がり。
球が高いだけにそれを修正しないと長距離を誇るライオンズ打線は怖いですが、どうあれ丁寧なピッチングが感じられる立ち上がりです。

そんな【吉川 光夫】投手を援護したいファイターズ打線は2回表、この回先頭打者の【ターメル スレッジ】選手が四球を選んで出塁し、【小谷野 栄一】選手は凡退するも、今日7番で起用されている【糸井 嘉男】選手が内野安打で出塁して1アウト1塁2塁。
続く【鶴岡 慎也】選手がストレートの四球で歩いて1アウト満塁の先制のチャンスを得るも、【金子 誠】選手が空振りの三振、【田中 賢介】選手が内野ゴロに倒れて無得点・・・。
3回表も1アウトから、今日2本目のツーベースヒットで【稲葉 篤紀】選手が出塁するも、後続が倒れて無得点・・・と、ライオンズ先発投手【西口】選手を攻め立てるも、あと1本が出ません・・・。

一方3回までノーヒットで抑えていた【吉川 光夫】投手ですが4回裏、この回先頭打者の【栗山】選手に初安打を許し、続く【中島】選手を空振りの三振に打ち取るも、主砲【中村】選手にツーランホームランを被弾『0-2』・・・。
久しぶりの一軍復帰の【中村】選手に一発を浴びて2失点も、その後は落ち着いて追加点を与えない好投を見せてくれました。

そんな好投を見せる【吉川 光夫】投手を援護したいファイターズ打線は5回表、この回先頭打者の【田中 賢介】選手が俊足を見せて内野安打で出塁すると、続く【森本 稀哲】選手がセーフティーバント。
結果的にそれはアウトになるも、送りバント成功の形となり、1アウト2塁。
さらに続く【稲葉 篤紀】選手が、今日猛打賞となる単打で出塁して1アウト1塁3塁とすると、4番【高橋 信二】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『1-2』
なおも1アウト2塁3塁の場面で、【ターメル スレッジ】選手がレフトに犠牲フライを打ち上げて『2-2』の同点・・・と、点を取られたすぐ次の回に、試合を振り出しに戻しました。

さらに7回表、1アウトから【森本 稀哲】選手が単打、【稲葉 篤紀】選手が今日4本目となる単打で出塁して1アウト1塁3塁とすると、【高橋 信二】選手の打席でライオンズ2番手【木村】投手が、四球と共にワイルドピッチ。
3塁から【森本 稀哲】選手が生還して『3-2』
さらに1塁ランナー【稲葉 篤紀】選手も一挙に3塁まで進塁して、1アウト1塁3塁。
その場面でまたもや【ターメル スレッジ】選手がレフトに犠牲フライを打ち上げて『4-2』・・・と、終盤に来て逆転しました。

ファイターズ先発投手【吉川 光夫】投手は7回裏も続投かと思いきや、マウンドには2番手【菊地 和正】投手。
結局【吉川 光夫】投手は6イニングで勝利投手の権利を持って降板し、被安打3、失点2(自責点2)の好投でマウンドをブルペンに託し、ベンチで今シーズン初勝利をほぼ確信しつつ戦況を見つめます。

7回裏、ライオンズの攻撃。
マウンドの【菊地 和正】投手、簡単に1アウトを取るも、続く【G.G.佐藤】選手に単打を打たれて1アウト1塁。
続く【三浦】選手の打席で左の好打者【石井義】選手が代打で告げられると、ファイターズのマウンドは3番手【宮西 尚生】投手に交替。
普段は温存する中継ぎ陣も、なぜか今日はあっさりと見切りをつける継投に疑問を感じつつ、その【宮西 尚生】投手は粘られた末に四球を与えて1アウト1塁2塁。
ライオンズは代打攻勢で、続く【細川】選手の打席で【佐藤】選手が代打で告げられると、ファイターズのマウンドも4番手【建山 義紀】投手に交代。
【宮西 尚生】投手は四球を与えたものの、コントロールは低めに集まっていたのに・・・と思いつつ疑問の投手交代に、私の中で敗戦のにおいを感じると、案の定単打を打たれて1アウト満塁。
さらに続く【赤田】選手に犠牲フライを打たれて『4-3』・・・と疑問の継投で、点差を縮められてしまいました・・・。

さらに8回裏、ファイターズのマウンドには、まさかの【建山 義紀】投手続投・・・。
さらに敗戦のにおいを感じると、【栗山】選手を空振りの三振に。
簡単に1アウトを取り、これはいけるかな?と思うや否や、【中島】選手、【中村】選手に連続安打を許して1アウト1塁3塁。
1塁ランナーには【中村】選手に代わって俊足【大崎】選手が代走で送られると、その作戦が大成功され、続く【後藤】選手に逆転となる2点タイムリーツーベースヒットを打たれて『4-5』・・・。
そこでファイターズマウンドには今日一軍昇格した【谷元 圭介】投手が送られて無失点に抑えるも、時すでに遅し・・・。
好投した【吉川 光夫】投手の勝利投手は消滅し、4連敗の足音が聞こえ出しました・・・。

9回表、ファイターズの攻撃。
ライオンズのマウンドには、今シーズン初対戦となる左腕【松永】投手。
打順は1番【田中 賢介】選手からも、簡単に2アウトを取られ、打席には今日ここまで4打数4安打の【稲葉 篤紀】選手。
土壇場の同点ホームランを期待するも、最後は手の出ない素晴らしい球が決まり、見逃し三振で試合終了・・・。

せっかくの【吉川 光夫】投手の好投も、結局逆転負けで4連敗・・・。
普段は温存する投手交代も、今日は早々に見切りをつける疑問の残る継投策・・・。
そして今日も【建山 義紀】投手が踏ん張れず、【後藤】選手に打たれた逆転2点タイムリーヒットは、ライト【紺田 敏正】選手とセンター【糸井 嘉男】選手のお見合いの結果とは言え、そこまでピンチを広げた段階に問題がある訳で・・・。

どうあれ2位【福岡ソフトバンクホークス】も仲良く敗戦してくれたおかげで優勝マジック消滅は避けられ、とりあえずひとつ減らして『21』
とは言え、やはり1998年の悪夢が、私の脳裏を横切ります・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【吉川 光夫】投手、好投でした。
課題であるコントロールは、この日は問題なし。
立ち上がりは若干球が高めに浮いていたように見えましたが、途中からは修正できていましたね。
6イニングを被安打3、失点2(自責点2)は、先発投手としては文句無く合格点。
この調子でシーズン終盤、活躍を期待します。

それにしてもこの日の7回裏の投手交代は、ちょっと疑問符だったですね~・・・。
2番手【菊地 和正】投手にしろ、3番手【宮西 尚生】投手にしろ、もうちょっと投げさせれば良いのに・・・。
特に3番手【宮西 尚生】投手、四球を与えて>「はい、交代」は、ちょっとねぇ~。
四球を与えつつも、低めにコントロールされていた印象はあったのですが・・・。

それ以前に思ったのは、【吉川 光夫】投手の降板。
これは試合終了後の【梨田】監督のコメントで、>「7回表の攻撃が長かったので」との事ですが、6イニング92球。
微妙な変え時ではありますが、投げさせてから途中で交代も考えられただろうに・・・。

4番手【建山 義紀】投手・・・。
いつも書かせて頂いているように、申し訳無いけど私の中では信頼度の低い投手。
この日も投手交代で、正直私の中で諦めモードが出てしまいました・・・。
7回裏に交代した内容を見て、8回裏の続投はやめて欲しかったですね。
これならね、ファーム調整を言い渡された【江尻 慎太郎】投手のほうが、まだ私の中で信頼度が高いです。

【建山 義紀】投手のファンの方、本当にゴメンナサイ。
こんな事を書きつつも好投を期待しているつもりなのですが、ことごとく裏切られてしまうので・・・。
先日お子様が生まれてから、2戦2敗・・・。
ご家族のためにも、もっともっと活躍する事を期待します。
信頼度の上がるピッチング、好投を期待しますので頑張って下さい。

打線では、体調不良で指名打者出場の【稲葉 篤紀】選手が5打数4安打と大活躍でした。
この日は打点は付きませんでしたが、今シーズン初となる1試合4安打で、シーズン終盤での活躍が期待出来ます。
打率も再び『.312』まで上昇。
このままの勢いで、今後も活躍を期待します。

きっちりとふたつの犠牲フライを打ち上げた【ターメル スレッジ】選手、やはりこのことろ球が見えているようですね。
本音を言えばタイムリーヒットが欲しい場面ではありつつも、最低限の仕事はきっちりと出来ています。
このところすっかり頼れる存在に、今後もさらなる活躍を期待します。

【金子 誠】選手、ちょっと当たりが止まっていますね・・・。
この日も4打数無安打でここ4試合ヒットが無く、打率もついに『.298』と3割を切ってしまいました・・・。
ここ4試合は、13打数無安打1打点で三振4・・・。
ちょっとお疲れモードでしょうか?
ここはひとつお休みでリフレッシュして、ちょっとショートを【二岡 智宏】選手に任せても良いのでは?と思います・・・。

===《最後に》===

さて、今日からは本拠地『札幌ドーム』に戻っての、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦3連戦。
ここまで16勝4敗と大きく勝ち越しているマリーンズですので、今日からの3連戦で再び勢いをつけてもらいましょう!

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、ベテラン右腕【清水】投手。
スタメンマスクはいつもの【大野 奨太】選手の予想で、今日も【稲葉 篤紀】選手は指名打者の予想。
スタメンレフトは【ターメル スレッジ】選手、スタメンライトは【森本 稀哲】選手で、理想としてはスタメンショートは前述したように【二岡 智宏】選手。
となると、打順は9番に【糸井 嘉男】選手ですな・・・。

どうあれ連敗脱出をしていただきましょう!
そして優勝マジックも、確実に減らしてもらいたいと思います。
【ダルビッシュ 有】投手は、13日のVSマリーンズ戦で復帰との事。
エースの復帰で再び連勝街道を突き進み、気持ち良くリーグ優勝を決めてもらいたいと思います。

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月9日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

9月9日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『西武ドーム』
●『4-7』
・・・序盤3被弾が響いて敗戦し、3連敗・・・。
失点はすべて被本塁打で、ここに来てなかなか優勝マジックが減りませんなぁ~・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『西武ドーム』にてVS【埼玉西武ライオンズ】戦。
勝ち越し狙って、頑張っていただきましょう。

今日の先発投手は【多田野 数人】投手VS、ベテラン左腕【石井一】投手のメジャー経験者対決。
雑草魂を見せていただき、好投を期待しましょう。

前日の試合、体調不良で途中交代した【稲葉 篤紀】選手はベンチスタート。
予想通り3番に【糸井 嘉男】選手が起用され、スタメンライトに【森本 稀哲】選手。
スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手で、指名打者に【二岡 智宏】選手。
スタメンマスクは前回の登板時同様、やはり【大野 奨太】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(右)【森本 稀哲】選手
3番(中)【糸井 嘉男】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(指)【二岡 智宏】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【多田野 数人】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの【多田野 数人】投手、いきなり初回先頭打者【片岡】選手にソロホームランを浴びて『0-1』とされると、2回裏には【G.G.佐藤】選手にツーランホームランを被弾『0-3』
3回裏にも【石井義】選手にスリーランホームランを被弾し『0-6』・・・と、序盤にいきなり3被弾で6失点・・・。
序盤から大きなビハインドを背負ってしまいました。

今日まで2連敗、今日こそは負けられないファイターズ。
初回は先頭打者【田中 賢介】選手が単打で出塁すると、シーズン27個目の盗塁を決め、さらに送りバントで1アウト3塁のチャンスを作るも無得点。
3回表には、1アウトから【田中 賢介】選手が四球を選んで出塁し、すぐさまシーズン28個目となる盗塁を決めて1アウト2塁。
さらに続く【森本 稀哲】選手が単打で出塁して1アウト1塁3塁のチャンスを作るも、今日3番に起用されている【糸井 嘉男】選手が併殺打に倒れて無得点・・・と、ランナーを3塁に進めるも、得点が奪えません。

ところが6点を失った後の4回表、2アウトから【小谷野 栄一】選手が単打で出塁すると、今日指名打者で起用されている【二岡 智宏】選手が、4号ツーランホームランを放って『2-6』
さらに6回表には、二者連続四球を選んでノーアウト1塁2塁の場面で、好調【ターメル スレッジ】選手が2点タイムリーツーベースヒットを放って『4-6』・・・と、徐々に追い上げムードとなっていきます。

ところが熾烈な3位争いの中もう負けられないライオンズは、6回途中から好調な中継ぎ陣を送り込んできます。
2番手には【大沼】投手、3番手には【星野】投手が送られ、ともに今シーズン相性の良くない投手。
両投手からヒットすら打つ事が出来ず、6回途中から3イニングをパーフェクトに抑え込まれてしまいました・・・。

ファイターズも6回から中継ぎ陣を送り込み、4番手【宮西 尚生】投手が【G.G.佐藤】選手にソロホームランを被弾して『4-7』とされてしまいましたが、それでも安定した中継ぎ陣。
試合は9回表に流れ、逆転を狙います。

ライオンズのマウンドには、4番手【ベイリス】投手。
これまで3試合の対戦があるも、完璧に押さえ込まれている【ベイリス】投手から9回表、この回先頭打者の【小谷野 栄一】選手が今日猛打賞となる単打で出塁して反撃ムードを作ると、打席には代打【坪井 智哉】選手。
ところが、あえなく空振り三振で1アウト・・・。
さらに代打【稲葉 篤紀】選手が送られるも、外野フライで2アウト。
最後は【金子 誠】選手が外野フライに倒れて試合終了・・・。

序盤の6失点が響き、追い上げきれずに3連敗・・・。
今日の2位【福岡ソフトバンクホークス】の試合如何では優勝マジックも消滅するところでしたが、ホークスも敗戦したため優勝マジックはひとつだけ減って『22』

中継ぎ陣がそれなりに安定しているだけに、先発投手が安定しないと勝てませんな・・・な試合でした・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【多田野 数人】投手。
前回の登板は9月3日のVS【千葉ロッテマリーンズ】戦で、5回で降板して6失点。
この日は5回途中で降板して、6失点・・・共に3回までの失点で、立ち上がりが悪すぎますね。
前回のマリーンズ戦は風の難しい『千葉マリンスタジアム』での試合だったので、まあしょうがないかと思ったのですが、この日は風の影響の少ないドーム球場。
こんな具合では、大事な今後の試合は任せられませんな!
昨日のブログにも書きましたが、ルーキー捕手【大野 奨太】選手との相性はどうなんでしょう?
この日の試合後、二軍で再調整通告・・・。
また今シーズン一軍での登板機会が与えられるのなら、やはりそこらへんもリフレッシュした方が良いのではないのでしょうか?
どうあれ今後の活躍を期待しましょう。

2番手以降の中継ぎ陣は安定していました。
実はライオンズとは相性の良くない3番手【菊地 和正】投手でしたが、この日は不安なく三者凡退。
4番手【宮西 尚生】投手は先頭打者にソロホームランを被弾してしまいましたが、それ以降は二者連続三振を含む三者凡退。
中継ぎ陣が安定しているだけに、なおさら先発投手の不安定さが露呈されますね。
どうあれ今後も安定した中継ぎ陣に期待します。

打線は、ライオンズ先発投手【石井一】投手を攻め立てていましたが、2番手以降には全く対応出来ませんでした・・・。
その中で当たっていたのは、4打数3安打の【小谷野 栄一】選手。
打率も『.306』まで上昇させてきましたね。
個人的には再び4番に戻していただきたいと思うのですが・・・いかがでしょう?

そしてこの日、ベンチスタートの【稲葉 篤紀】選手に代わって久しぶりに3番で起用された【糸井 嘉男】選手でしたが、この日はいまいち機能しませんでした。
3番での打率は良かったので、期待していたのですが・・・。
特に3回表、1アウト1塁3塁の場面での併殺打は痛かったですね・・・。
あそこはまだ『0-3』と試合が拮抗している場面でしたので、あそこでタイムリーヒットが出ていれば流れが変わっていた事でしょう。
どうあれ今シーズンは大きく成長し、今後も活躍を期待している選手ですので、さらなる活躍を期待します。

8月2日以来となる4号ツーランホームランを放った【二岡 智宏】選手。
あの追撃のホームランは拍手ものですが、その前の打席がいただけません・・・。
2回表、1アウト2塁の場面で、見逃しの三振・・・。
現在のファイターズの打順では、8番打者が一番打率の低い打者。
そうなると7番打者の活躍がカギを握っている試合が多く、まあそこに対するプレッシャーもあるのでしょうが、7番打者が頑張ってもらわないとなおさら8番打者が力んでしまいます。
最近は出番も少なく、自分のテンションを持ち上げるのも大変だとは思いますが、そこは一流球団でレギュラーを長年務めてきたベテランの経験値で、チームを引っ張る存在感を見せ付けてもらいたいと思います。
今後のさらなる活躍を期待します。

===《最後に》===

さて、今日も『西武ドーム』にて、VS【埼玉西武ライオンズ】戦。
今日の試合が今シーズン最後の『西武ドーム』での試合。
スイープは避けてもらいたいので、ぜひとも今日こそは連敗脱出を狙っていただきましょう!

今日の先発投手は、今シーズン初昇格の3年目左腕【吉川 光夫】投手が、一軍登録されて即先発登板。
どうしてもコントロールに難があり、四死球を多く与えてしまうイメージが払拭されませんが、連敗脱出の救世主となるような投球を期待しましょう!

対するライオンズの先発投手は、ベテラン右腕【西口】投手。
今シーズンの対戦は、1試合だけですね。
勝敗は付いていませんが、その時は2本の本塁打を含む6安打で、3得点挙げています。
今日もその調子で、ぜひとも打破していただきましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手の予想。
そして【稲葉 篤紀】選手は出場するのでしょうか?
出場するとすれば指名打者の予想で、スタメンライトに【坪井 智哉】選手でしょう。
もしまた今日もベンチスタートなら、指名打者に【ターメル スレッジ】選手で、スタメンレフトに【森本 稀哲】選手が起用される予想・・・ん?となると、【坪井 智哉】選手はどちらにしろスタメンライトの予想となるのか?
どうあれがんばって頂きましょう。
今日こそ活発な打線を!

連敗脱出に向けて、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月8日VS【埼玉西武ライオンズ】戦、戦評

9月8日VS【埼玉西武ライオンズ】戦in『西武ドーム』
●『0-5』・・・好投手【涌井】投手に6安打完封に抑えられて完敗。
2位【福岡ソフトバンクホークス】とのゲーム差が『2.5』に縮んでしまいました・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から今シーズン最後の関東での試合、『西武ドーム』にてVS【埼玉西武ライオンズ】戦の3連戦。
このカードも勝ち越しを狙っていただきましょう!

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、5年目エース【涌井】投手。
エースを打破して初戦を取り、勢いをつけてもらいましょう!

スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手。
スタメンレフトに【坪井 智哉】選手が起用され、指名打者に好調【ターメル スレッジ】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【糸井 嘉男】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(左)【坪井 智哉】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【ブライアン スウィーニー】投手

===《試合経過》===

初戦を取りたいファイターズは、序盤からライオンズエース【涌井】投手を攻めたてます。
1回表、1アウトから【糸井 嘉男】選手が出塁すると、続く【稲葉 篤紀】選手が倒れるも4番【高橋 信二】選手が単打で出塁して2アウト1塁2塁。
ところが先制のチャンスの場面も、好調【ターメル スレッジ】選手が空振りの三振に倒れて無得点・・・。
2回表はこの回先頭打者の【小谷野 栄一】選手がストレートの四球を選んで出塁すると、続く【坪井 智哉】選手がセーフティーバントを決めてノーアウト1塁2塁。
またもや先制のチャンスも、続く【大野 奨太】選手が送りバント失敗で1アウト1塁2塁。
続く【金子 誠】選手はピッチャーゴロの併殺打に倒れて無得点・・・と攻めたてるものの、あと1本が出ません・・・。

一方シーズン後半になって調子を上げてきているファイターズ先発投手【ブライアン スウィーニー】投手は、初回からランナーを背負うも粘りのピッチング。
1回裏には2アウトから死球とヒットで2アウト1塁3塁のピンチを招くも、無失点。
2回裏は単打と犠打などで2アウトながら3塁のピンチを招くも無失点に凌ぎ、ハラハラされつつも期待通りのピッチングを繰り広げてくれています。

ファイターズ打線は、3回表には2アウト満塁のチャンスを無得点。
4回表には1アウト2塁のチャンスを作るも無得点・・・と、どうしても【涌井】投手を攻めきれません。

すると『0-0』で迎えた5回裏のライオンズの攻撃。
1アウトから【片岡】選手にツーベースヒットを許すと、続く【栗山】選手に四球。
その間に盗塁も許して1アウト1塁3塁とされるも、続く【中島】選手を空振りの三振に仕留めて2アウト1塁3塁。
このまま抑えてくれるかと思いきや、【後藤】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-1』
なおも2アウト1塁2塁の場面で、続く【石井】選手を四球で歩かせて2アウトながら満塁にしてしまうと、続く【G.G.佐藤】選手に走者一掃の3点タイムリーツーベースヒットを打たれて『0-4』・・・。
突然の乱調で、4失点してしまいました・・・。

4点を追うファイターズ打線。
今シーズンは終盤に強いファイターズ打線ですが、徐々に調子を上げてくるライオンズエース【涌井】投手の前に、出塁すら許されない状況となります。
しかも主将【稲葉 篤紀】選手が体調不良のため途中交代・・・。
敗戦の影が徐々に忍び寄ります・・・。

ファイターズのマウンドは6回裏から【江尻 慎太郎】投手が登板するも、2イニング目の7回裏、2アウトから四球と単打で2アウト1塁3塁のピンチを招くと、またもや【G.G.佐藤】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-5』・・・さらに敗戦色が濃厚となってきました・・・。

何とか完封負けを逃れたいファイターズ打線は8回表、2アウトから【ターメル スレッジ】選手が今日2個目の死球で出塁するも無得点。
9回表には、この回先頭打者の【坪井 智哉】選手が今日2本目のヒットで出塁するも、代打【稲田 直人】選手、代打【紺田 敏正】選手、さらに【田中 賢介】選手が倒れて試合終了・・・。

チーム総安打数6。
四死球4も、好投手【涌井】投手に肝心なところはしっかりと締められて完封負け。
今日はすっかり完敗です・・・。

今日は2位【福岡ソフトバンクホークス】が勝利し、優勝マジック『23』は変わらない上に、ゲーム差も『2.5』まで縮められてしまい、ちょっと1998年の悪夢を思い出してしまいました・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【ブライアン スウィーニー】投手。
毎回ランナーを背負うも、粘りのピッチングを見せてくれていたのですが・・・。
4失点した5回裏、1失点後の2アウト1塁2塁の場面での【石井】選手に対する四球が余計でしたね。
あそこの場面を1失点に凌いでいれば、状況は変わっただろうと思われます。
結局5イニングで降板し、被安打7、失点4(自責点4)で敗戦投手。
これで対ライオンズ戦は、0勝1敗の防御率『9.64』ですか・・・とほほほほ・・・。
今後の活躍を期待するばかりでございますな・・・。

打線に関しては、スタメンレフトで出場した【坪井 智哉】選手ただひとりが輝いて見えました。
4打数2安打も、2打席目は振り逃げ出塁。
1打席目はノーアウト1塁の場面でセーフティーバントで出塁。
2打席目は先頭打者で振り逃げで出塁。
4打席目も先頭打者で内野安打で出塁・・・と、全力プレーで常にチャンスを作っていたのですが、活かせませんでした・・・。
貪欲に・・・チームを引っ張るベテランの活躍に、もっともっと見習ってもらいたいものですね。
今後もさらなる活躍を期待します。

体調不良で途中交代した【稲葉 篤紀】選手、大丈夫でしょうか?
体調不良って、何?
またもやインフルエンザですか?
どうあれ身体を休め、終盤に向けて休養を取った方が良いのでしょうか?
無理せず身体を休め、万全の体調で今後も試合に挑んで下さいませ、どうぞお大事に・・・。

===《最後に》===

さて、今日も『西武ドーム』にて、VS【埼玉西武ライオンズ】戦。
最低カード勝ち越しを狙うためにも、今日はぜひとも勝利していただき、優勝マジックも減らしていただきましょう。

今日の先発投手は【多田野 数人】投手VS、ベテラン左腕【石井 一久】投手。
【多田野 数人】投手の対ライオンズ戦の成績は、1試合に登板して勝敗がついていないものの、6イニングに登板して、被安打2、失点2(自責点2)の防御率『3.00』
今日もその調子で、好投を期待しましょう。

対する【石井 一久】投手との対戦成績は、やはり1試合対戦があり、4安打2得点も、勝ち投手になられています・・・。
見ているからにも打ちづらそうな【石井 一久】投手ですが、ぜひとも打破してもらいましょう。

今日は昨日体調不良で途中交代した【稲葉 篤紀】選手がスタメンから外れ、3番には【糸井 嘉男】選手が起用される予想。
スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手、ライトに【森本 稀哲】選手で、指名打者に【二岡 智宏】選手・・・って感じでしょうか?
そしてスタメンマスクは、ルーキー【大野 奨太】選手?
前回組んだ9月3日のVS【千葉ロッテマリーンズ】戦が散々だったので、個人的には【鶴岡 慎也】選手を希望しますが、首脳陣の方々はどう判断しているのか?夕方のスタメン発表を待ちますかね・・・。

どうあれカード勝ち越しのためにも、今日は勝利して頂きましょう!
兎にも角にも、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

今日からのVS【埼玉西武ライオンズ】戦3連戦のローテーション・・・。

3年目左腕【吉川 光夫】投手、一軍昇格のニュース!
おおそうですか、それはそれは・・・。

1年目の2007年ははフル稼働で19試合に登板し、4勝3敗防御率『3.66』と申し分の無い成績に、2008年以降の左の先発に期待をしていたのに、コントロールに難があり、2年目の2008年には7試合登板で2勝4敗防御率『6.23』・・・。
昨年秋にはハワイのウインターリーグに参加し、今シーズンは復活を目指していたものの、ファーム暮らしの毎日・・・。
今シーズンはこのまま終わってしまうのかと思いきや!

現在ファームでの成績は、6勝7敗防御率『4.09』
それほどパッとした成績ではないものの、このところ調子を上げているのでという事で、白羽の矢が立ったと。

登板予定は、9月10日のVS【埼玉西武ライオンズ】戦で、となるとこの3連戦は、【ブライアン スウィーニー】投手⇒【多田野 数人】投手⇒【吉川 光夫】投手・・・となるのですね。
今シーズン初の一軍マウンド、ぜひとも頑張っていただきましょう!

そして【ダルビッシュ 有】投手も、一軍に合流とのニュース。
登板日はまだ未定ながら、9月17日のVS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、または9月18日のVS【オリックスバファローズ】戦が有力との事。
頼もしいエースの復帰で、一挙に優勝へ加速してもらいたいところ。
どうあれ頑張っていただきましょう!

さて、今日からは『西武ドーム』にて、VS【埼玉西武ライオンズ】との3連戦。
今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、5年目右腕【涌井】投手。

【涌井】投手とは今シーズン4度の対戦があり、対ファイターズ戦の【涌井】投手の成績は、1勝2敗防御率『3.68』
あまり良い数字とは言えませんね。
ぜひとも今日も打破していただきましょう!

ちなみに【ブライアン スウィーニー】投手は、今シーズンライオンズ相手に1試合登板し、勝敗が付いていないものの、防御率『12.46』の散々な数字・・・。
その時は5回途中、6失点で降板・・・。
う~ん、今日こそは頑張っていただきましょう。

スタメンマスクは【大野 奨太】選手の予想で、スタメンレフトに【森本 稀哲】選手、指名打者に【ターメル スレッジ】選手ですかね?
先日の日曜日はちょっと悔しい敗戦でしたので、今日こそは気持ち良く勝利していただきましょう!

何はともあれ、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月6日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

9月6日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『Kスタ宮城』
●『3-4×』・・・延長戦突入目前の9回2アウトから満塁にされてサヨナラ負け・・・。
打線も中盤からは完璧に抑えられ、このカード2勝1敗です・・・。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『Kスタ宮城』にてVS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
今日の試合が、今シーズン最後の『Kスタ宮城』です。

今日の先発投手は【八木 智哉】投手VS、2年左腕【長谷部】投手。
8月4日以来勝ち星に恵まれていない【八木 智哉】投手、今日こそは白星を!

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
今日はスタメンライトに【森本 稀哲】選手が起用され、指名打者に【稲葉 篤紀】選手です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(右)【森本 稀哲】選手
3番(指)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【八木 智哉】投手

===《試合経過》===

初回のファイターズの攻撃。
先頭打者【田中 賢介】選手が単打で出塁すると、【森本 稀哲】選手がきっちりと送りバントで1アウト2塁。
続く今日指名打者の【稲葉 篤紀】選手は四球を選んで出塁して1アウト1塁2塁の先制のチャンスを作るも、4番【高橋 信二】選手がサードゴロで併殺打に倒れて無得点・・・。

それでも2回表、1アウトから【小谷野 栄一】選手、【糸井 嘉男】選手が連続安打で出塁し、【鶴岡 慎也】選手が粘って四球を選んで1アウト満塁とすると、【金子 誠】選手がセンターへ大きな犠牲フライ『1-0』
その間に2塁ランナー【糸井 嘉男】選手もタッチアップして2アウト1塁3塁のさらなる追加点のチャンスも、【田中 賢介】選手が粘りつつも空振りの三振に斬って取られてこの回終了。
それでも何とか先取点を奪いました。

一方ファイターズ先発投手の【八木 智哉】投手は、初回から四球を与えるいまいち不安定な立ち上がり。
1点を先制してもらった2回裏、この回先頭打者の【セギノール】選手に四球を与えると、続く【草野】選手に単打を許してノーアウト1塁2塁。
その後1アウトを取るも、【宮出】選手に単打を打たれて1アウト満塁とされたところで、【中谷】選手の打球は大きく跳ね上がるセカンドゴロ。
バッターランナーはアウトにするも、3塁走者【セギノール】選手が生還して『1-1』の同点に追い付かれてしまいました。

同点にされたすぐ次の回の3回表、この回先頭打者の【森本 稀哲】選手がツーベースヒットで出塁すると、【稲葉 篤紀】選手が今日2個目の四球を選んで出塁してノーアウト1塁2塁とすると、【高橋 信二】選手がきっちりと送りバントを決めて1アウト2塁3塁。
このチャンスでこのところ好調の【ターメル スレッジ】選手が2点タイムリーヒットを放って『3-1』・・・と、すぐさまリードを広げました。

ところが依然安定感が戻らない【八木 智哉】投手、3回裏は三者凡退に抑えるも4回裏、1アウトから【草野】選手に四球を与え、【リンデン】選手に単打を打たれて1アウト1塁3塁とされたところで、【宮出】選手に犠牲フライを打たれて『3-2』
さらに5回裏、この回先頭打者の【高須】選手に単打を打たれ、続くもっか首位打者の【鉄平】選手を見逃しの三振に抑えて1アウト1塁としたところで【八木 智哉】投手は降板。
マウンドには2番手【菊地 和正】投手が送られるも、【山崎】選手に単打を打たれて1アウト1塁2塁。
さらに続く【セギノール】選手にタイムリーヒットを打たれて『3-3』・・・と、継投が裏目に出て、中盤に来て同点に追い付かれてしまいました・・・。

3回までに5安打3得点のファイターズですが、4回以降は沈黙の打線・・・。
7回表にこの回先頭打者の【田中 賢介】選手が単打で出塁し、送りバントと敬遠の四球で1アウト1塁2塁のチャンスを作るも、後続が倒れて無得点・・・。

それでもファイターズ中継ぎ陣も踏ん張り、3番手【江尻 慎太郎】投手は無失点。
4番手【林 昌範】投手も7回裏、1アウトから四球と2塁打で1アウト2塁3塁のピンチを迎えるも、【草野】選手をセンターフライに。
そこで3塁ランナー【山崎】選手がタッチアップして本塁を狙うも、センター強肩【糸井 嘉男】選手が本塁にワンバウンドで好返球!
タッチアウトでダブルプレーに仕留め、守備陣も盛り立てます。

何とか勝ち越したいファイターズは9回表、マウンドにはゴールデンイーグルス守護神【福盛】投手が送られるも、四球と犠打、内野ゴロで2アウト3塁のチャンス。
打席には今日指名打者で起用されている【稲葉 篤紀】選手も、前の打席に続いての、今日4個目の敬遠四球で2アウト1塁3塁。
選択された4番【高橋 信二】選手との勝負は、バウンドの高いピッチャーゴロ・・・。
追加点を奪えず、試合は9回裏に持ち越されます。

9回裏のマウンドには、8回2アウトから登板している【建山 義紀】投手が続投。
この回先頭打者の【鉄平】選手をセンターフライ、【山崎】選手を空振りの三振に仕留めて簡単に2アウトを取るも、【セギノール】選手に四球を与えて2アウト1塁。
続く打席は好打者、左の【草野】選手で、ここで【宮西 尚生】投手に交代かと思うも、そのまま続投で、単打を打たれて2アウト1塁2塁・・・。
ここでマウンドへ【梨田】監督が行くも、なおも続投の【建山 義紀】投手は、続く【リンデン】選手にも四球を与えて2アウト満塁のさよならのピンチ。
打席には代打【中村真】選手が送られ、3球目を叩かれてセンターへの大飛球。
センター【糸井 嘉男】選手がダッシュで追い付くも、風に押し戻された打球は予測より手前に落下し、【糸井 嘉男】選手の右手に当たってそのまま地面に・・・。
記録はヒットとなり、サヨナラ負けで試合終了・・・。

両軍合わせて17個の四死球・・・と、いまいち締まらなかった今日の試合は、9回裏2アウトランナー無しからのサヨナラ負け・・・。
何だかな~・・・な、試合でした・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【八木 智哉】投手、それほど不安定には見えませんでしたが、いまいちコースに決まりませんでしたね。
勝ち投手の権利前の5回途中で降板・・・。
結果論ではありますが、2番手【菊地 和正】投手が失点を許したのですから、あそこは続投させても良かったのではないでしょうか・・・?
粘らせてみたり、あっさり見切ったり・・・ちょっと采配に疑問符が残る場面が多々あります・・・。
どうあれ【八木 智哉】投手、ちょっとここ最近勝敗には見放されていますが、今後も活躍を期待します。

そして5番手【建山 義紀】投手。
簡単に2アウトまで取ったのですがね~・・・。
2アウトから【草野】選手に単打、【リンデン】選手に四球で1塁2塁としたところで、私は【宮西 尚生】投手を予想していました。
【梨田】監督もマウンドまで行ったのに、そのまま続投とは・・・。
あの場面こそ粘らせずに見切る場面だと思ったのですが・・・。

最後の打球を捕球し損ねた【糸井 嘉男】選手。
あれは非常に難しい打球でした。
風にも押し戻され、目測を誤った感じ。
よく追い付いたのですが、あと一歩でした・・・。
7回裏には捕殺の好プレーをしていますので、最後のプレーは過去のものとし、今後も活躍を期待します。

打線ではこの日も2打点を挙げた【ターメル スレッジ】選手が好調ですね。
7回表の2アウト1塁2塁の場面も期待をしたのですが、あえなく凡退・・・。
まあね、当然そんないつもいつも上手く打てる訳がない訳で、まあしょうがない結果。
特に二日続けてホームランを放っていますからね、ゴールデンイーグルスサイドも警戒を強めている訳で・・・。
どうあれ今後も活躍を期待します。

前日活躍するも、この日はまったくだった【高橋 信二】選手・・・。
第1打席は併殺打、第4・第5打席は3番の【稲葉 篤紀】選手が敬遠の四球で、4番【高橋 信二】選手との勝負を選択されておりつつも、両打席とも注文通りに凡退・・・。
確実になめられている訳ですから、もうちょっとファイターズファンの期待に応えた活躍を期待したいものです・・・。
どうあれ今後の活躍に期待します。

===《最後に》===

昨日の敗戦で、優勝マジックは変わらずに『23』
2位【ソフトバンクホークス】とのゲーム差も『3.5』と縮められ、どうあれ明日からのVS【埼玉西武ライオンズ】戦で頑張っていただきましょう。

明日からは『西武ドーム』にての3連戦。
ここまで10勝5敗と大きく勝ち越しているので、この3連戦も最低勝ち越しを狙ってがんばて頂きましょう!

明日の先発投手は、全く予想がつきません。
中5日で【ブライアン スウィーニー】投手?それとも【植村 祐介】投手に、もう一度チャンスを?と思うも、昨日のファームで登板しているのでそれは無し・・・と。
う~ん・・・今日の夕方の発表を待ちましょう・・・。

どうあれ優勝目指して・・・とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月5日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

9月5日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『Kスタ宮城』
○『10-3』・・・【ターメル スレッジ】選手の2試合連続本塁打などが飛び出し、3試合ぶりの二桁安打で快勝!
【武田 勝】投手も好投を見せて完投勝利で、このカード勝ち越しを決めました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『Kスタ宮城』にてVS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
今シーズンここまでイーヴンの対戦成績ですので、今日の勝利で勝ち越してもらいましょう!

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、4年目右腕【青山】投手。
【青山】投手は今シーズン初先発登板で、ぜひとも打ち崩して頂きましょう。
【武田 勝】投手は、ここまでゴールデンイーグルス戦に3試合登板して、2勝1敗防御率『1.69』
今日も好投を期待します。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
スタメンレフトに予想通り【森本 稀哲】選手が起用され、【ターメル スレッジ】選手が指名打者です。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【鶴岡 慎也】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【武田 勝】投手

===《試合経過》===

立ち上がりの【武田 勝】投手は1回裏、2アウトから今日スタメン起用のもっか首位打者【鉄平】選手にツーベースヒットを打たれると、続く4番【山崎】選手にツーランホームランを被弾『0-2』
【山崎】選手はこのホームランが今シーズン33号で、【門田】氏に並んで41歳のシーズン最多タイ記録です。

2点を追うファイターズ打線は3回表、1アウトから【金子 誠】選手が死球で出塁すると、【田中 賢介】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『1-2』
バッターランナー【田中 賢介】選手は本塁送球間に3塁に進塁して1アウト3塁とすると、続く【森本 稀哲】選手が四球を選んで1アウト1塁3塁。
続く【稲葉 篤紀】選手の打球はファーストゴロも、ゴールデンイーグルスファースト【セギノール】選手がエラーし、それがタイムリーエラーとなって『2-2』の同点。
なおも1アウト1塁2塁の場面で、4番【高橋 信二】選手がタイムリーヒットを放って『3-2』と逆転に成功すると、続く【ターメル スレッジ】選手が連日となる20号スリーランホームランを放って『6-3』・・・と、この回一挙に6得点で、逆転に成功です。

ファイターズ打線はその後も5回表には連打と四球で1アウト満塁のチャンスを作ると、【鶴岡 慎也】選手がスリーバントスクイズを決めて『7-2』
さらに6回表には2アウト2塁の場面で、4番【高橋 信二】選手が今日猛打賞、2打点目となるタイムリーヒットを放って『8-2』とすると、すかさず盗塁を決め、続く【ターメル スレッジ】選手が四球を選んで2アウト1塁2塁とチャンスを広げたところで、【小谷野 栄一】選手がタイムリーヒットを放って『9-2』と点差を広げ、ゴールデンイーグルス先発投手【青山】投手を打ち崩しました。

一方初回に2失点した【武田 勝】投手ですが、その後はいつものような相手打者を翻弄するピッチング、打たせて取るピッチングで内野ゴロの山を築き、得点を許しません。

8回表には、【稲葉 篤紀】選手が8月16日以来となる15号ソロホームランを放って『10-2』
ファイターズ先発投手【武田 勝】投手は9回裏にもそのまま続投し、【憲史】選手にソロホームランを被弾して『10-3』とされるも、後続を打ち取って試合終了!

【武田 勝】投手は4月16日以来となる完投勝利で7勝目(7敗)。
ゴールデンイーグルスとの対戦成績も3勝1敗としました。

3試合ぶりに二桁安打を放った活発な打線で、このカード勝ち越し決定。
やはり1イニング6得点とかってのは、気持ちが良いですなぁ~・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【武田 勝】投手は、いつものように相手を翻弄する打たせて取るピッチング。
27個のアウトの内訳は、三振が5個に、内野ゴロが14個。
フライアウトは7個、ライナー1個で、低めにコントロールされていたのがこの結果からもわかります。
益々安定感を増してきた感のある【武田 勝】投手。
これで7勝7敗のイーヴンですので、今シーズンはこのまま二桁勝利を期待しましょう。
今後の活躍も期待します。

打線では、2試合連続の本塁打を放った【ターメル スレッジ】選手、体調不良から復帰してから、球が見えているようですね。
この日は2三振も奪われましたが、ちょっと前までのような淡白な三振は見られなくなった気がします。
これでシーズン20本塁打!
残り試合もホームランを量産し、チーム勝利に貢献して下さい。
今後も活躍を期待しています。

そして、何だか久しぶりに全開で活躍を見せてくれた感のある【高橋 信二】選手。
この日は5打数3安打2打点の猛打賞の大活躍の上、シーズン6個目となる盗塁も決めました。
ちょっと前は何だかチャンスを潰してしまう事の多かった気がした【高橋 信二】選手ですが、この日の活躍は素敵でしたね。
今後もこのような活躍を期待します。

やはり体調不良から復帰後、よく当たっている【小谷野 栄一】選手は、この日も2安打で打率『.304』のリーグ11位。
そしてやはり体調不良から復帰後の【糸井 嘉男】選手はこの日4打数1安打も、2塁打は36個目でリーグダントツ。
打率は『.322』の2位と、リーグトップの【鉄平】選手の『.339』からは離されてしまってはいますが、ぜひともこのまま活躍を続けてもらいたいと思います。
両選手の今後の活躍も期待します。

ゴールデンイーグルスの【山崎 武司】選手、41歳のシーズンタイ記録に並ぶ33号ホームラン、おめでとうございます。
今シーズンの残り試合は30試合。
このまま記録を伸ばしてもらい、ぜひとも【埼玉西武ライオンズ】の【中村】選手と共に熾烈なホームラン王争いを繰り広げてもらいたいと思います。
こちらも他球団ながら、今後の活躍を期待します。

===《最後に》===

さて、今日も『Kスタ宮城』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
今日はデーゲームですね。
私は今日は『鎌ヶ谷ファイターズスタジアム』に行こうかと思いつつ、ちょっと疲れで身体が動きませんな・・・。
もう少し様子を見てから判断しますかね・・・。

どうあれ今日の一軍の試合、先発投手は【八木 智哉】投手VS、2年目左腕【長谷部】投手の左腕対決。

【八木 智哉】投手はここまでゴールデンイーグルス戦には3試合登板し、2勝1敗、防御率『3.43』
今日も好投を期待しましょう。

対する【長谷部】投手とは今シーズン5試合対戦があり、【長谷部】投手の成績は、1勝3敗、防御率『4.78』
打ち込んでいますね、今日も打ち込んでいただきましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手。
スタメンレフトは【森本 稀哲】選手で、指名打者に【ターメル スレッジ】選手・・・と、おそらく昨日と同じオーダーの予想。
今日も快勝していただき、このカードスイープを狙っていただきましょう!

優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月4日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、戦評

9月4日VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦in『Kスタ宮城』
○『9-2』・・中盤まで接戦も、相手のミスに乗じて大量点を奪い快勝!
7安打で9得点と、効率の良い得点での勝利です。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日から『Kスタ宮城』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦、3連戦。
ここまで対戦成績8勝9敗と負け越しているので、この3連戦で勝ち越しをしてもらいましょう!

今日の先発投手は【藤井 秀悟】投手VS、ドラ1ルーキー左腕の【藤原】投手。
スタメンマスクはいつもの【大野 奨太】選手で、スタメンレフトに【森本 稀哲】選手が帰って来ました。

また【中田 翔】選手は登録を抹消され、体調不良で離脱していた【飯山 裕志】選手が一軍登録。
これでインフルエンザの影響で離脱していた選手たちが、すべて戻ってきました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【森本 稀哲】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【藤井 秀悟】投手

===《試合経過》===

このところ好投しつつも8月8日以来白星に恵まれていない【藤井 秀悟】投手、初回はツーベースヒットと四球で2アウト1塁2塁のピンチを迎えるも、元ファイターズ戦士【セギノール】選手を三振に仕留めて無失点の立ち上がり。

ところが2回裏、単打とふたつの内野ゴロの間に2アウト3塁、さらに四球で2アウト1塁3塁とされると、【渡辺】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-1』
なおも2アウト1塁2塁の場面で、【高須】選手にタイムリーヒットを打たれて『0-2』・・・と、ボール先行の不安定な投球で、2点を先制されました。

一方1回・2回とルーキー左腕【藤原】投手に無安打に抑えられていたファイターズ打線は、失点をしたすぐ次の回の3回表、1アウトから【金子 誠】選手が11号ソロホームランを放って『1-2』
さらに【田中 賢介】選手がツーベースヒットで出塁すると、スタメン復帰の【森本 稀哲】選手がタイムリーツーベースヒットを放って『2-2』の同点。
さらに【稲葉 篤紀】選手、【高橋 信二】選手が連続四球を選んで1アウト満塁のさらなる得点のチャンスも、【ターメル スレッジ】選手が内野フライ、【小谷野 栄一】選手が外野フライに倒れて追加点は無し・・・。
それでも、序盤に試合を振り出しに戻しました。

その後は両チームとも、こう着した試合展開。
ファイターズ先発投手【藤井 秀悟】投手は毎回安打を許し、5回裏にはツーベースヒットと犠打、さらに四球・死球で1アウト満塁のピンチを迎えるも後続を併殺打に仕留めて無失点。
さらに6回裏、1アウトから連続安打を許して1アウト1塁2塁とされたところで降板。
その後2番手【菊地 和正】投手が無失点に抑えたおかげで【藤井 秀悟】投手、今日も勝敗がつかない状態での降板となりました。

7回表のファイターズの攻撃。
ゴールデンイーグルスのマウンドには、2番手【川岸】投手が登板するも、この回先頭打者の【大野 奨太】選手がツーベースヒットを放ってノーアウト2塁。
2塁ランナーに代走で、俊足【紺田 敏正】選手が起用されると、続く【金子 誠】選手の送りバントをゴールデンイーグルス捕手【嶋】選手が3塁に送球するも、【紺田 敏正】選手の足が速くて野選となり、ノーアウト1塁3塁。
その場面で投手が3番手【有銘】投手に代わるも、続く【田中 賢介】選手が死球でノーアウト満塁。
続く【森本 稀哲】選手が内野のインフィールドフライに倒れるも、【稲葉 篤紀】選手、【高橋 信二】選手が連続押し出し四球を選んで『4-2』
なおも1アウト満塁の場面で、第2打席も1アウト満塁のチャンスを凡退していた4打席目の【ターメル スレッジ】選手が、ライトスタンドへ19号満塁ホームランを放って『8-2』
ここまでこう着していた試合も、相手のミスや四死球が絡んでこの回一挙に6得点。

さらに8回表にも、ふたつの四球が絡んで2アウト1塁2塁としたところで、4番【高橋 信二】選手がタイムリーヒットを放って『9-2』
終盤に来て、試合を一挙に決めました。

6回途中から登板した2番手【菊地 和正】投手は7回も無失点抑えると、8回裏には【林 昌範】投手が、9回裏には【金森 敬之】投手がそれぞれヒットのランナーを許すも、無失点に抑えて試合終了!
終わってみれば『9-2』の快勝で、カード初戦を気持ち良く勝利しました。

チーム7安打で9得点の効率の良い勝利。
野選に四死球が絡んでの大量得点に、やはり野球はミスが出た方が負けるよな・・・とつくづく思わされた試合でした。

===《戦評》===

この日の先発投手【藤井 秀悟】投手は、ボール先行の苦しい投球。
結局5回3分の1イニングを、被安打9、失点2(自責点2)の内容で、この日も勝敗がつきませんでした。
これで最後に白星を挙げた8月8日以降、4試合連続で勝敗のつかないピッチング。
それでも防御率は『3.31』とまあ安定してはいるので、今後も活躍を期待しましょう。

2番手で登板した【菊地 和正】投手は、やはり安定感がありますね。
6回途中、1アウト1塁2塁のピンチで登板し、ひとつの死球を与えて満塁とするも、無失点。
続投となった7回裏には、連続三振を含む三者凡退に抑える安定したピッチング。
いやはや、やはり今シーズンは頼りになる中継ぎ右腕です。
このままの調子で、シーズン終了まで好投を期待します。

打線は前日に続いて湿りがちも、それでも7安打で9得点は効率が良いですね。
四死球が9個・・・と、確実にゴールデンイーグルスの、特に中継ぎ陣の乱調に助けられた試合でした。

その中で、期待に応えて満塁ホームランを放った【ターメル スレッジ】選手、いやはや素晴らしいです。
今シーズン2本目となるグランドスラム!
3回表に同じ状況で凡退していましたからね、気合が入っていたのでしょう。
この日のホームランが19号で、20号目前!
ぜひともこの調子で、今後もホームランを期待したいと思います。

そして復活スタメンとなった【森本 稀哲】選手が、嬉しい同点タイムリーツーベースヒット!
復活初安打が貴重な同点タイムリーヒットで、本人もひと安心でしょう。
今後もさらなる活躍を期待します。

このところ打率を下げていた【金子 誠】選手は、この日はソロホームランを含む2打数2安打1打点の活躍で、打率を再び『.308』まで上昇させました。
4打席立って、本塁打・単打に犠打野選に四球。
出塁率10割は、やはりチームとして頼りになりますね。
今後もさらなる活躍で、今シーズンは最終的に3割を残せるよう頑張って下さい。

どうあれこの日の勝利で、優勝マジックを減らしました。
2位の【福岡ソフトバンクホークス】が今日の試合で、9回裏に逆転サヨナラ勝利をしているので、優勝マジックは『24』
マジックを一つ減らして、優勝目指してまっしぐらです!

===《最後に》===

さて、今日も『Kスタ宮城』にて、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦。
昨日の勝利で、今シーズンの対戦成績を9勝9敗のイーヴンに持ち込みましたので、今度は勝ち越しを狙っていただきましょう!
開幕3連敗の『借金』を完済し、今度は『貯金』を作ってもらいましょう!

今日の先発投手は【武田 勝】投手VS、4年目右腕【青山】投手。
【青山】投手とは今シーズン2試合対戦があるものの、ともに中継ぎでの対戦。
3イニングの対戦で、まだ安打は放っていませんな・・・。
今日はぜひとも打破していただきましょう!

一方【武田 勝】投手は、今シーズン3試合対戦して、2勝1敗、防御率『1.69』
昨年は恩師【野村】監督に読まれていた感がありましたが、今シーズンはそれも感じさせません。
21回3分の1イニングに登板して、被安打15、失点4(自責点4)の成績ですか。
この調子で今日も好投を、そして勝利投手を狙っていただきましょう。

先発マスクは【鶴岡 慎也】選手の予想で、それ以外のスタメンは昨日と変わらない予想。
右投手なのでスタメンレフトに・・・と思いましたが、おそらく今日のスタメンレフトも【森本 稀哲】選手。
もし変わるとすれば、スタメンライトに【森本 稀哲】選手が起用され、指名打者に【稲葉 篤紀】選手が起用されるかな?くらいでしょうが、まあそれは確率低いな。
ちょっと調子を落としている【糸井 嘉男】選手がベンチスタートで、スタメンに【坪井 智哉】選手?
まあそれも考えられますが・・・どうあれ首脳陣の人選に、スタメン発表を待ちましょう。

何はともあれ優勝目指して、今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月3日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

9月3日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『千葉マリンスタジアム』
●『1-7』・・・ここまで対マリーンズ戦4勝負け無しの【多田野 数人】投手が序盤につかまり敗戦・・・。
対マリーンズ戦、今シーズン初の負け越しです。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『千葉マリンスタジアム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日も勝利で、カード勝ち越しを決めていただきましょう!

今日の先発投手は【多田野 数人】投手VS、左腕【成瀬】投手。
ここまで対マリーンズ戦4勝負け無しの【多田野 数人】投手、今日も好投を期待しましょう。
スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手。
指名打者には予想通り【二岡 智宏】選手が起用され、スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手が起用されました。

また、小指の骨折で離脱していた【森本 稀哲】選手が今日から一軍復帰。
代わって【村田 和哉】選手が抹消とまりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【糸井 嘉男】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(指)【二岡 智宏】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【多田野 数人】投手

===《試合経過》===

あとでアップしまするる・・・。

===《戦評》===

この日の先発投手【多田野 数人】投手は、まあ粘れなかったですね・・・。
何とか5イニングを投げきったものの、被安打8、失点6(自責点6)の散々な結果・・・。
正直2回途中ぐらいで交代かと思ったのですが・・・。
どうあれ今後の活躍に期待しましょう。

2番手で登板した、久しぶりの【金森 敬之】投手。
1アウトから連続安打と【金子 誠】選手の悪送球で満塁とされたものの、よく併殺打で踏ん張りました。
久しぶりの一軍マウンドは、やはり難しいのでしょう・・・。
どうあれ今後も頑張って下さい。

4番手で登板した【江尻 慎太郎】投手は、どうしても安定感を感じませんね。
この日の試合でも、1イニングを被安打2、失点1(自責点1)の内容に、もうちょっと頑張っていただきたいと思います。
今後の活躍に期待します。

打線は、この日はすっかりお休みモード・・・。
その中で、2安打放った【小谷野 栄一】選手と、ソロホームランを放った【大野 奨太】選手の活躍が光っていましたね。
この日のチーム総安打は6安打。
この日は小休止で、今後の打線爆発を期待します。

それにしてもこの日の終盤には主力選手に代打が送られ、最終的にはファーストに【中田 翔】選手、ショートには【今浪 隆博】選手、センターにこの日復帰した【森本 稀哲】選手、ライトに【紺田 敏正】選手・・・と、ファームのような布陣・・・。
ちなみにこの3連戦の初戦も同じような布陣で、ちょっと諦めモードを感じました。
それでもまあ、いろんな選手にチャンスがあるのは良い事。
このチャンスを活かして、今後の活躍を期待します。

とは言え、この日の試合終了後、【中田 翔】選手は予想通りファーム行きを通達されました・・・。
ファームからは発熱で離脱していた【飯山 裕志】選手が昇格。
まあ予想通りではありますが【中田 翔】選手、今後も頑張って下さい。

===《最後に》===

さて、今日からは球場を『Kスタ宮城』に移動しての、VS【東北楽天ゴールデンイーグルス】戦の3連戦。
初戦の今日は【藤井 秀悟】投手VS、ドラ1ルーキー左腕【藤原】投手との左腕対決。
【藤原】投手とはここまで1試合対戦があり、その時は1回3分の2イニングで6得点挙げ、敗戦投手に。
今日も撃破し、プロの厳しさを教えてあげましょう!

一方【藤井 秀悟】投手は、2試合に登板して1勝1敗。
対戦防御率は『7.00』とあまり良くはありませんが、頑張っていただきましょう。

スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手の予想。
指名打者に【ターメル スレッジ】選手、スタメンレフトに【森本 稀哲】選手が理想なのですが・・・今日も指名打者に【二岡 智宏】選手かなぁ~・・・?
いまいち信用度が高くないんだよな・・・。

どうあれ勝利して、優勝マジックを減らしていただきましょう!
今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

祝!【森本 稀哲】選手、一軍復帰!

今朝のブログで『間もなく復帰か?』と書いていた【森本 稀哲】選手が、今日から一軍復帰。
それに伴い、【村田 和哉】選手が登録抹消となってしまったのは淋しい限りですが、心強い外野の右打者が帰って来ました!
終盤のこの時期に一軍復帰が間に合ったのは嬉しいですね、ぜひとも活躍を期待しましょう。

さて、今日も『千葉マリンスタジアム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日の先発投手は【多田野 数人】投手VS、左腕【成瀬】投手。
今シーズン対マリーンズ戦で4勝している【多田野 数人】投手、好投を期待します。
そして好調打線で【成瀬】投手を打破していただきましょう!

そんな訳で、今日のスタメンは・・・。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(中)【糸井 嘉男】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(左)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(指)【二岡 智宏】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【多田野 数人】投手

指名打者には予想通り【二岡 智宏】選手で、スタメンマスクに【大野 奨太】選手を起用してきましたか・・・。
頑張っていただきましょう。

今日も勝利で優勝へ一直線!
今日もとことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

9月2日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦、戦評

9月2日VS【千葉ロッテマリーンズ】戦in『千葉マリンスタジアム』
○『3-1』・・・【ブライアン スウィーニー】投手の好投で9月初勝利!
攻撃面では残塁の多い拙攻が目立ちましたが、それでも勝利して優勝マジックを『25』にしました。

===《試合前&スターティングメンバー》===

今日も『千葉マリンスタジアム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
小雨のそぼ降る中の試合も、勝利を祈願しましょう。

今日の先発投手は【ブライアン スウィーニー】投手VS、ベテラン右腕【小林宏】投手。
8月13日以来の先発登板となる【ブライアン スウィーニー】投手が、一軍登録されて即先発。
これまで4試合に登板して0勝2敗と今シーズンまだ勝ち星のないマリーンズ相手ですが、好投を期待しましょう。

スタメンマスクはルーキー【大野 奨太】選手で、私個人的にはいまいち相性は良いとは思えないのですが・・・。
そしてスタメンレフトには、私も個人的に応援をしている【村田 和哉】選手で、指名打者に【ターメル スレッジ】選手です。

また、インフルエンザの影響で離脱していた【金森 敬之】投手が一軍登録され、それに伴ない昨日の先発投手【糸数 敬作】投手と、ルーキー【榊原 諒】投手が登録抹消となりました。

1番(二)【田中 賢介】選手
2番(左)【村田 和哉】選手
3番(右)【稲葉 篤紀】選手
4番(一)【高橋 信二】選手
5番(指)【ターメル スレッジ】選手
6番(三)【小谷野 栄一】選手
7番(中)【糸井 嘉男】選手
8番(捕)【大野 奨太】選手
9番(遊)【金子 誠】選手
先発投手【ブライアン スウィーニー】投手

===《試合経過》===

ここまでチーム2連敗を喫しているファイターズは、マリーンズベテラン右腕【小林】投手を序盤から攻め立てます。
初回は三者凡退に終わるも2回表、この回先頭打者の【高橋 信二】選手が四球を選んで出塁すると、続く【ターメル スレッジ】選手が内野ゴロに倒れてランナーが入れ替わるも、【小谷野 栄一】選手、【糸井 嘉男】選手が連続単打で出塁して1アウト満塁。
この満塁のチャンスにルーキー【大野 奨太】選手が空振りの三振に倒れて2アウトとされるも、続く【金子 誠】選手が2点タイムリーツーベースヒットを放って『2-0』

さらに3回表には、1アウトから【稲葉 篤紀】選手が内野安打で出塁。
続く【高橋 信二】選手の内野ゴロでランナーが入れ替わり、【ターメル スレッジ】選手の内野安打で2アウト1塁2塁とすると、【小谷野 栄一】選手がタイムリーヒットを放って『3-0』
さらに【糸井 嘉男】選手が単打で出塁して2アウトながら満塁とチャンスを広げると、打席にはルーキー【大野 奨太】選手。
前の打席に続いて満塁のチャンスでの打席に、またもや空振りの三振・・・も、序盤に3点のリードを奪いました。

一方ファイターズ先発投手【ブライアン スウィーニー】投手は、初回から安定したピッチング。
初回は三者凡退、2回裏は名手【稲葉 篤紀】選手のまさかの落球で初めてのランナーを許すものの、後続を落ち着いて打ち取り無失点。
3回裏に【里崎】選手に初安打を許すものの、結局併殺打に打ち取って無失点・・・と、4回までは2塁への進塁をも許さない好投で、マリーンズ打線を抑え込みます。

5回裏にこの回先頭打者の【福浦】選手にツーベースヒットを打たれ、ノーアウト2塁とこの試合初めて得点圏にランナーを許した【ブライアン スウィーニー】投手ですが、続く【井口】選手を内野ゴロに仕留め、その間に進塁を許して1アウト3塁。
続く【里崎】選手も内野ゴロに仕留め、本塁突入を狙った【福浦】選手を本塁封殺して2アウト1塁。
続く【神戸】選手を空振りの三振に斬って取り、この試合唯一のピンチを、ファイターズ自慢の固い守りで無失点に抑えました。

追加点が欲しいファイターズですが、4回以降は好投手【小林】投手の前に凡打の山・・・。
3得点は挙げたものの、初回から7回まで毎回三振を奪われ、追加点を奪う事が出来ません。
8回表には【高橋 信二】選手、【ターメル スレッジ】選手の連続単打でノーアウト1塁2塁の追加点のチャンス。
そこで好投手【小林】投手をマウンドから引き摺り降ろし、マリーンズマウンドは2番手2年目右腕【伊藤】投手。
その場面で【小谷野 栄一】選手がきっちりと送りバントを決め、さらに【糸井 嘉男】選手は敬遠の四球で歩かされて1アウト満塁。
この満塁の場面で、今日3度目の満塁での打席となるルーキー【大野 奨太】選手でしたが、ここは代打【坪井 智哉】選手が送られるも、内野ゴロで本塁封殺2アウト満塁。
続く【金子 誠】選手は外野フライに倒れ、追加点のチャンスを逃してしまい、試合は終盤に進みます。

好投した【ブライアン スウィーニー】投手は、7回終了後で降板。
7イニングを被安打4、無失点に抑え、勝利投手の権利を持って降板し、ベンチで戦況を見守ります。

8回裏のマウンドには【建山 義紀】投手。
いきなりこの回先頭打者の【里崎】選手にツーベースヒットを打たれてノーアウト2塁のピンチを作ると、続く代打【早川】選手の打球はラッキーなショートへのライナーで1アウト2塁。
続く【西岡】選手の内野ゴロの間に進塁を許して2アウト3塁とされると、腰痛からスタメンを外れていた代打【サブロー】選手に、レフト線を破るタイムリーツーベースヒットを打たれて『3-1』
続く【橋本】選手は内野ゴロに打ち取り1失点で抑えはしましたが、終盤に来てハラハラの展開です。

9回表にもこの試合4度目となる2アウト満塁のチャンスを作ったファイターズですが、追加点は奪えずに得点『3-1』のまま、試合は9回裏へと突入します。
9回裏は定石通り、守護神【武田 久】投手が登板。
2アウトから【福浦】選手に単打、【井口】選手に与四球で2アウト1塁2塁のピンチを迎えるも、最後は【里崎】選手を内野ゴロに仕留めて試合終了!

4度の満塁のチャンスをいまいち活かせずに残塁12も、二桁10安打、3得点で勝利して連敗脱出!
9月初白星と共に、優勝マジックを『25』としました。

これでマリーンズとの対戦成績は16勝3敗。
今シーズンはすっかりお客様だな~・・・な、試合でした。

===《戦評》===

この日の先発投手【ブライアン スウィーニー】投手は、おそらく今シーズン最高の出来。
今シーズンマリーンズ戦初勝利で、これでシーズン4勝5敗と、借金1となりました。
スタメンマスクのルーキー【大野 奨太】選手とはいまいち合わないと思っていたのですが、登板後のコメントで、>「調子も良かったですし、奨太(大野選手)がとてもいいリードをしてくれました」とのコメント。
いつだかの映像では、露骨に合わない表情をしていたのですが、そうではなかったのですね、良かった良かった。
どうあれ今後も好投をし、自己成績をイーヴンにしてもらいたいと思います。
今後も好投を期待します。

そのルーキー【大野 奨太】選手、2度の満塁のチャンスで2度の空振りの三振・・・。
『俺が決めてやる!』くらいのプレッシャーがあったのでしょう、この試合勝利したから良いですが、負けていたらおそらく戦犯ですな、こりゃ・・・。
しかも2アウトランナー無しの第3打席では、レフト前へのヒット・・・。
まあ投手交代と共にとのタイミングもあったのでしょうが、3度目の満塁の場面での打席では、さすがに代打を送られてしまいました・・・。
先日は予想していなかった満塁ホームランを放っていますからね、長打力は認めています。
今後はそんなプレッシャーに負けないような打撃を、経験の上積み上げてもらいたいものです。
好リードと共に、そんな活躍も期待します。

この日の試合でマルチヒットを放ったのは、【ターメル スレッジ】選手、【小谷野 栄一】選手、【糸井 嘉男】選手。
この結果を見ると、やはりインフルエンザでこの3人が離脱していた時の攻撃力ってのは、低下していたんだな・・・と思わされますね。
【糸井 嘉男】選手の打率は、この日の2安打で再び『.330』の打撃第2位。
このままの調子で、ぜひシーズン終了時には首位打者を期待します。
【小谷野 栄一】選手も打率を『.304』まで上昇させ、この日は何だか久しぶりの打点で、打点を『72』としました。
【ターメル スレッジ】選手も打率を『.261』まで上昇させ、チームに貢献してくれています。
インフルエンザで離脱していた分を、今後の活躍で取り戻してください。
今後の活躍を期待します。

そして、昨日行なわれたファームの試合で、【森本 稀哲】選手が指名打者で復活しました。
第1打席でいきなり右中間を破るツーベースヒット!
2打席で交代しましたが、2打数1安打の活躍で、一軍復帰は間もなくそうですね。
ぜひとも早期復活を期待しましょう!

昨日のブログでも書きましたが、【中田 翔】選手がイースタンリーグ新記録となるシーズン28本目のホームランを放ちました!
打点も『90』とし、これも新記録ですか?
まあファームではありますが、おめでたい事ですね、おめでとうございます。
今度はそのパワーを、ぜひとも一軍で見せ付けて下さい。
とは言え、現在一軍での打席数は『29』・・・この『千葉マリンスタジアム』の試合終了後に、鎌ヶ谷残留かな・・・?と、そんな予感がします・・・。
どうあれ今後の活躍を期待します。

最近ちょっとニュースにしていなかった【鵜久森 淳志】選手ですが、このところ当たりが戻ってきていて、昨日も15号ホームランを放つ4打数2安打の活躍!
先月の22日には4打数3安打の固め打ちで打率を『.276』と上げていたのですが、その後24日から3試合連続ホームランを放つなどさらなる大活躍で、打率も昨日の試合終了後には『.302』と3割台まで上昇!
この2週間ほどの間に、5本塁打を放つ大活躍をしています。
外野の右打者が不足している現在の一軍の状況、ぜひとも一軍登録してもらいたいものですね。

===《最後に》===

さて、今日も『千葉マリンスタジアム』にて、VS【千葉ロッテマリーンズ】戦。
今日も雨が気になりますが、勝利していただきましょう!

今日の先発投手は【多田野 数人】投手VS、左腕【成瀬】投手。
8月6日以来の登板となる【多田野 数人】投手、これまでマリーンズには5戦登板して4勝0敗防御率『3.82』と相性が良いですからね、ぜひとも好投を期待しましょう。

対する【成瀬】投手とは今シーズン2試合しか対戦がありませんが、0勝1敗防御率『3.45』と、まあ攻略しています。
今日も打ち崩していただきましょう。

スタメンマスクは【鶴岡 慎也】選手の予想。
で、スタメンレフトに【ターメル スレッジ】選手で、指名打者に【二岡 智宏】選手・・・となるのでしょうか?
個人的な理想としては、指名打者に【高橋 信二】選手で、スタメンファーストに【中田 翔】選手。
または先述しましたが、【鵜久森 淳志】選手を一軍登録し、指名打者に【ターメル スレッジ】選手、スタメンレフトに【鵜久森 淳志】選手ってのも良いですね。
せっかく鎌ヶ谷が近いので、ちょっとそんな冒険もよろしいかと?
対マリーンズには、今シーズン圧勝もしていますし・・・。

どうあれ今日も頑張っていただきましょう!
そんな訳で今日も、とことん応援です!

###訪問してみて下さい###
☆【北海道日本ハムファイターズ関連グッズを、楽天市場検索⇒
☆ビールでも飲みながら、野球観戦しましょうか・・・⇒
☆私のお店にも訪問してみて下さい⇒
☆こちらのブログにもご訪問ください⇒
☆何でもかんでもお徳にネットでショッピング⇒

###ブログランキングにも参加しております###
↓↓このブログは、現在こんな順位にランキングされています・・・。
面白いと思った方、ポチッとクリック・・・お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

<PR>



テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。